FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

ショッキング

米の粉の滝ドライブインから月山道路を少し戻って、六十里越道路に入ります。
いよいよ本日の本命「七ツ滝」に向けて出発です。

俺:「しかし、凄い色彩だな…」

月山も、有名な紅葉の名所です。
ただ、わたくしの個人的な感想ですが、例えば、松川渓谷とか日光などと比べると、月山の紅葉には、際立った特徴があって、

俺:「全てが、橙色に染まって観える…」

普通、こう何て云うか、モミジの深紅からカエデの黄金まで、紅葉ってのには色の幅があるのではないかと思うのです。
もちろん、雨天という条件もあるのでしょう。
でも、確かに、眼の前にある月山の紅葉は、本当に橙一色

俺:「むう。圧倒されるわ」

この景色をカメラに収めてみたい!

が、しかし…

月山道路は山形県の大動脈の一つで、交通量が半端なく、
わたくしごときが、ベスト・ポジションに車を停めて、撮影に勤しむためには、よほど“心臓が毛むくじゃら”でないと、ムリではないかと思われます。

実際に、地元のカメラマンがザックを背負って、道路端にサクサク三脚を立ててるのを見ると、その手慣れ具合が凄まじい。

俺:「こういうところにも、プロとアマって、あるのかも知れんな…」

七ツ滝_その4
【七ツ滝(落差90m)・主部アップ】
 (山形県鶴岡市田麦俣七ツ滝)

俺:「息子よ。遂に、リベンジを果たしたぞお!」

そして、「七ツ滝」前で吠えるわたくし。
トヨタ・クラウンでお越しの、年配のカメラマンご夫婦が、ビックリしたご様子でこちらを見ていますが…。

吠えたいんだから、仕方がない。

数日続いていた雨のお陰で、水流は充分です。
これぞ、わたくしたちの求めていた「七ツ滝」!

七ツ滝_その5
【七ツ滝・全景】

うむ。
夏には見ることのできなかった滝壺まで、紅葉の向こうに透けておる。
思わず知らず、笑いが漏れてくるわたくし。

俺:「フフフ。ハハハハハ!」

しかし、ここでショッキングな事件が…


【七ツ滝・主部を別の角度から】

子:「あれ? お父さん、突然、画面の色彩がキツくなったよ?」
娘:「ホントだ。なんで?」
兄:「このエフェクト、妙じゃね?」
妻:「何かあったの?」

うわ、みんなの視線が痛い。

俺:「すみません。PLフィルターを落としました」

沈黙。

みんな:「「はああ??」」

そうなのです。
どうやらこの辺りで、PLフィルターが弛んで落ちてしまったらしい。
帰宅後、カメラをメンテしようと思って荷をほどいたら、わたくし、もう顔面蒼白

子:「なにやってんだよ! あれがなきゃ、滝の美に迫れないじゃんか!」
娘:「モッタイなさ過ぎ!」
兄:「かなり高額なんだろ!」
妻:「こ、これは…」

みんなに責められるわたくし。
特に、妻のリアクションが怖すぎる!

俺:「あの…その…七ツ滝の美を撮影できたってことで、許して?」

沈黙。

俺:「それで…あの…また、PLフィルター買ってもいいかなあ?」

妻:「ちょっと待って」(微笑)



人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/112-4e408236
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示