FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

秋の空

俺:「蔵王山頂は、間違いなく吹雪だな」

強い風にチラチラと飛ばされてくる雪。
でも、太陽の光は雲間から絶えず差し込んでいるので、様相は「晴れ雪」

陽の光が当たると、どうしても逆光になります。
そこで、雲に太陽が隠れた瞬間を狙って、カメラのシャッターを切るのですが…。

意外と雪雲が分厚くて、今度は暗くなり過ぎてしまう。

俺:「むう。上手くいかんな。もう少し粘ってみるか…」


不動滝(落差50m)・正面より落口をアップ】
 (宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有地内賽ノ磧)

滝そのものは、澄川の本流に懸かっているだけあって、凄い迫力です。
この「不動滝」に匹敵するような「落差が50m以上ある本流滝」となると、
尾瀬の三条の滝は、別格としても、

先ほど観瀑したばかりの秋保大滝
新潟県の妙高高原に懸かる苗名滝
もうあと、これくらいしか思い浮かびません。

一瞬、薄曇りになったところを、慌ててシャッターを切ってみました。

が…

俺:「うわわ。今日は、なんか調子悪いわ…」

不動滝@蔵王_その2
【不動滝・全景】

兄:「それにしても、この滝、すげーな!」

映像が「不動滝」になった途端、目の色が変わる次男君たち。

子:「三階の滝秋保大滝に囲まれて、すごく不運な滝だよね」
俺:「確かに、そうかもな」
子:「滝そのものは、間違いなく百選レベル! それも、かなりの上級クラス!!」
兄:「まったくだ! せっかくの大滝が埋没してるわ!!」

瀑煙を上げる「不動滝」に、兄弟そろって、若干、興奮気味です。

俺:「直瀑好きは、案外、三階の滝よりも、『不動滝』の方がハートに来ちゃったりして」
子:「へ? 三階の滝より上って、それはありえないだろ?」
兄:「俺は、ビリビリ来てるぜ!
娘:「それだけじゃないから!」

おや。
お嬢さんまで興奮気味ですか?

娘:「これ、今年一番の紅葉滝だから!」


【不動滝・遠景】

お嬢さん、紅葉の海にポッカリと浮かび上がる、この「不動滝」の姿に、
ノックアウトされたご様子です。

娘:「ここ、もう一回再生しようよ!」
俺:「同じ滝ばかり観過ぎだろ。そろそろ、飽きてきたんですけど」
娘:「この美しさがわからないなんて、人生、損してる」

すっかり、やられてますな。

妻:「あなた、さっきの秋保大滝三階の滝は、どうなっちゃったの?」
娘:「過去の話はどうでもいいの。 『不動滝』の圧勝!
兄:「過去になるのが速すぎね?」
子:「ふ。やはりな」
娘:「なによ」
子:「だって、ボクは初めから三階の滝一筋。コロコロ変わった~りし~ない~♪」
娘:「ムカ!」
子:「君にピッタリのことわざを授けよう」

次男君の変なポーズ。

子:「おとめ心と秋の空!」


沈黙。


娘:「…どういう意味だっけ?」



人気ブログランキングへ
……不発……
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/110-ca6ac8b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示