FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

蛇谷の主

子:「ぼく、『姥ヶ滝』って、もっと滑滝っぽい感じだと思ってた」


姥ヶ滝(落差111m)・全景】  (石川県白山市中宮 『白山スーパー林道』

そもそも「姥ヶ滝」というのは、その滝姿が、老婆が髪を振り乱したように見えるところから、付いた名だそうですが…

子:「だって、どう見たって、老女が白髪を振り乱すレベルを超えてるよ!」

老女って…

兄:「これは、ズバリ白竜だな!」
子:「いや、昇竜だろ!」
娘:「暴れ竜だよ!」

そう!
法面のあちこちを瀑水が跳ね跳んでいる様は、まさに竜の如く!

妻:「つまり、凄いってことね」


【姥ヶ滝・上段部アップ】

「姥ヶ滝」の対岸正面には、混浴の露天風呂「親谷の湯」があります。

しかし、ゴウゴウと滝の飛沫が温泉まで飛んでくるので、
その日は、ゆっくりお湯につかっていられるような状況ではありませんでした。

瀑音しかしない、人気の無い滝前で、
ズブ濡れになりながら、ひたすら「姥ヶ滝」をカメラに収めるわたくし。

妻:「温泉に入れなかったなんて、残念だったわね」
娘:「お父さんしかいなかったんだから、入っちゃえばよかったのに」

妻と娘は、大の温泉好き。

俺:「いやしかし、カッパを脱いだが最後、全てがびしょ濡れになるんだぞ?」
妻:「まあ、そうでしょうけど」
俺:「その後ずっと濡れ濡れってのは、風邪をひくだけだろ」
娘:「そこで敢えて入るからこそ、思い出になるじゃん」
俺:「全力でお断りします」
娘:「ショボ~」
俺:「それに、いつ誰が来るかも分からないところで、裸族になるのは、抵抗があるぞ」
娘:「そうか…。それは問題だ…」

最近、お嬢さんらしく、恥じらうようになった娘。

娘:「だからって、水着で温泉入るなんて、ありえないもん」
俺:「そうだけど、しかし、俺様の肉体美を、敢えて世間様にお見せする必要だってないもん」
娘:「に、肉体美?」

沈黙。

子供たち:「「「オエェェェ」」」

まったくもって失礼な奴らです。


【姥ヶ滝・遠景】

妻:「つくづく不思議な形をした滝ね」
子:「滝って、水流が多いほどスゴくなるけど、特に、この『姥ヶ滝』は別格だと思うんだ」
兄:「まあ、百選に選ばれたってのも分かるわ」
娘:「だね!」

子:「『姥ヶ滝』こそ、蛇谷の主!




↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/106-f870a36b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示