FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

離島の滝

夏が初まったばかりの頃です。

娘:「ねね、百選の中で一番有名な滝って、どれだろ?」
子:「条件によって変わるけど、順当に行けば三大瀑布じゃね?」
妻:「そうね」

華厳の滝
袋田の滝
那智の滝


娘:「じゃあ、その条件を変えたら?」
子:「例えば、三大難関滝とか?」

茶釜の滝
双門の滝
御来光の滝


娘:「これ、いいね!」
子:「あと、三大行き難い滝とか」

壇鏡の滝
大川の滝
マリュドゥの滝


妻:「えっと、これはどういう基準の滝なの?」
子:「離島の滝」
娘:「あ~」
妻:「確かに、それは行き難いわ」
俺:「フム」

ふむ……。

壇行の滝・雄滝_その2
壇鏡の滝・雄滝(落差40m)上段部】(島根県隠岐郡隠岐の島町那久)

ということで、チャレンジしてみました、壇鏡の滝

俺:「車で行くとフェリー代が高くなるので、島に渡ってからレンタカー」
娘:「へえ」
俺:「荷物は最小限」
妻:「でしょうね」
俺:「究極の弾丸日帰りツアー!」
子:「ほほう」

正確に言うと、隠岐の島に滞在するのが“日帰り”。
島根県の港までは車で行き、当然、道の駅で車中泊。

壇行の滝・雄滝_その1
【壇鏡の滝・概観】

妻:「水量が少なくない?」
子:「まあ、離島やし」
娘:「でも、これ、お天気、雨だよね?」
子:「だから離島やし」

むしろ、こんな小さな島に、こんな立派な滝がかかっていること自体が、奇跡なのではないでしょうか。

俺:「まあ、美しい滝やった」
子:「正統派の直瀑だよねえ」
娘:「これで、もうちょっと青空だったり、水量が多かったりすれば良かったのに」

そこはそれ、一期一会ですから。
特に、遠方の滝は運頼み。

俺:「しかし、それでも隠岐の島のクライマックスではあるぞ」
娘:「マジ?」
子:「いや、異議あり」

そこに、いつものバイブルを引っ張り出してくる次男君。

子:「ほら、見て。隠岐の島は、美瀑・高瀑の宝庫なのだ」
娘&妻:「「!!」」

あ、いや、それは……。
あまり期待しないで欲しい。




人気ブログランキング
こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示