10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

全国区

俺:「八重滝群ってさ…」
娘:「うん」
俺:「滝の連なり方が、どことなく轟九十九滝群を彷彿とさせないか?」
娘:「え、あれ? そうだっけ?」

いま一つ、ピンと来ない様子の娘。

子:「だよねえ。一つ一つの滝の規模が全然違うし」
妻:「むしろ、竜吟の滝群の方が、実態に近いんじゃないの?」

え? あれあれ?

娘:「やっぱ、そうだよね」

いやいや、あちら竜吟は地元の観光地にしか過ぎないのに対し、
こちらは日本の滝百選。何と言っても全国区ですから。

俺:「論より証拠! 見よ!」

姥滝_その1
姥滝(落差3m)全景】(島根県雲南市掛合町 『竜頭八重滝自然公園』

俺:「どうや!」
子&娘:「「う~ん」」
俺:「ほら! 轟九十九滝群横見の滝に似てるだろ?」
子&娘:「「う~ん」」
妻:「横見の滝って、落差何メートルだっけ?」
俺:「10mや」
子:「で、こちらは3mですか~。話になりませんゼ」

むう。
わたくしの意見と家族の意見とが、どうしても一致しません。

俺:「おかしいな。なら、こっちの映像を見てくれ」

姥滝_その2
【姥滝・俯瞰】

子:「いやこれ、観光地化するために、カスにも名前を付けたとかじゃ…」
俺:「カスって…お前な」
娘:「竜吟の滝群って、梵天の滝が3mだったよね?」
子:「だな。昇竜の滝も3m。えびす滝三の滝が5m」
娘:「数字でみると、こっちの方がそっくり?」

むむう。なんか言い返せない……。

妻:「1mってのもあったわね」
子:「あんま滝ね」


間。


妻:「つまり、竜吟峡全国区版?
俺:「いやしかし……う~む」
子:「少なくとも、轟九十九滝群と比べるのは失礼だよねえ」
娘:「全国区……




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

それなりに

俺:「そういうワケで、滝尻滝は中々のゴルジュ滝だったんだけどね」
子:「うむ」
俺:「その後が、なんだか小滝が続くんだよ」
妻:「竜吟峡みたいな感じ?」

いや、そうですね。
あそこまで小粒ではありませんね。

俺:「もうちょっとスケールは大きいぞ」
子:「そりゃまあ、百選滝だし、小さかったら問題だろ」
娘:「つまり、その小滝ってのが、どの程度の小滝なのかが問題なワケだ」
妻:「それね」
俺:「まあ、映像を見て欲しい」

紅葉滝_その1
紅葉滝(落差3m)・全景】(島根県雲南市掛合町『竜頭八重滝自然公園』

子:「落差3mってか。これは厳しくね?」
娘:「一応、滝には見えるけど?」
妻:「少なくとも詐欺には当たらないんじゃない?」

いや、詐欺って……。

子:「次の滝はどうなの?」
俺:「こちらの映像をどうぞ」

河鹿滝_その1
河鹿滝(落差3m)全景】(島根県雲南市掛合町『竜頭八重滝自然公園』

子:「はあ?」
娘:「ゲ~」
子:「これ、3mないだろ!」
妻:「でも、2mはあるでしょ」

確かに、落差は3mも無いかもしれません。
でも、豊富な水量を落口に集めて一気に滝壺へと叩き込む様は、
それなりに滝の名に恥じないのではないでしょうか。

娘:「そう言われると、う~ん…」
子:「落差、無いけどな!」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示