02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

魔法が醒める

浅間大滝から駐車場へ戻ると、今度は下流に向かって歩いて行きます。

子:「浅間大滝とセットの魚止めの滝!」
俺:「それや」
娘:「ねね、どうだった?」
俺:「それなりに美しい滝ではあった」
妻:「あら、おざなりな感想」

魚止めの滝@熊川_その1
魚止めの滝(落差10m)・概観】(群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢 『熊川』)

浅間大滝は、滝そのものが樹木に包まれていて、
「爽やかな木陰と、透明な水」って感じだったのです。

俺:「だが、魚止めの滝は明るく開けていたんだ」
娘:「問題ないじゃん」
俺:「そうして目に付く滝壺の泡の吹きだまり」
娘:「アワ?」
俺:「そう。川の汚れを連想させるアレな」
子:「へ?でも、透明な水なんだろ?」
俺:「木陰で見るとね」

そうなのです。

明るく開けた魚止めの滝まで来ると、何もかもがよく見え過ぎるせいか、
却って水の濁りが気になって、仕方がなくなってしまったのです。

子:「う~む、そうなのか……」

そうなると、わたくし、
さっき浅間大滝で感動した色々が、急に色褪せてきてしまったのでした。

魚止めの滝@熊川_その2
【魚止めの滝・上部アップ】

妻:「地図だと、上流にゴルフ場や住宅地があるわ」
娘:「あ~、悪い方にアタリだ」
子:「なんて残念」

あれですね、
浅間大滝だけ観瀑して、とっとと帰って来た方が良かったのかも知れません。

俺:「そして美しく感じたのは、もはや新緑だけだった」
妻:「……」
子:「なんだろ、浅間大滝で掛けられた魔法が、急激に醒めたみたいな……」
娘:「悲しいね」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

直に触れたい

さて。
次なる目的地として、わたくし、「浅間大滝」に行こうとしました。

俺:「しかし、ナビは最低必要だし、国土地理院地図も大活躍だったわ」

そうなのです!

やはりと言うべきか、順当と言うべきか。
『ぐんま滝めぐり90選』の地図情報だけでは、とうてい「浅間大滝」に辿り着くことができなかったのです。

俺:「デフォルメされた地図の効能は、実に半端無い」
娘:「だからその本、本当に意味あんの?」
俺:「あれだ、『概要だけ教えるので、後は自分で地図見てね』ってヤツね」
娘:「それってガイド本としてどうなの!」

う~む。
でも、まあ、残念ながら、「伝説の検証」は、これで答えが出たでしょう。

・それは、“伝説”ではなく、単なる事実であった。


妻:「ガイド本じゃなくて、目安本なのよ、きっと」
娘:「……」

浅間大滝_その2
浅間大滝(落差10m)・全景】(群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢 『熊川』

「浅間大滝」は、まさに観光滝としての面目躍如という感じ。
駐車場から近く、滝壺まで近づくことも可能です。

俺:「ただ、沢靴が有ると無いとでは、感動の度合いが変わると思う」

もちろんわたくし、沢靴を履いていましたので、
滝側まで接近し、撮影という名のマイナス・イオン浴を堪能させて頂きました。

俺:「だけど、普通の靴で行くと、ヌメッた岩場で転倒する危険がある」

とくに子供連れの場合は、
少し離れた場所から眺めることになります。

俺:「それでも、滝の飛沫は楽しめるんだけど…」
娘:「けど?」
俺:「滝の感動が半減するのは、避けられないと思ったわ」

・身を切るような冷水。
・ベールのような飛沫。
・美しい緑。
・キラキラ輝く木漏れ日。
・透き通った滝壺。


俺:「こう、直に触れたい滝なんだな」
娘:「ふ~ん」

浅間大滝_その1
【浅間大滝・別角度から】

娘:「だったら、別に沢靴じゃなくても、その場で裸足になればいいじゃん」
俺:「だから『身を切るような冷水』なのよ」
妻:「ああ……」

素足では、岩や礫で裂傷を負いそうですし、
そもそも水温が低いので、5分と持たないと思います。

娘:「確かに、それはキツそうだ」
妻:「だから沢靴が必須なワケね」
俺:「まあな」
娘:「ナルホドね~」

とまれ、
お手軽且つ美しい滝でした。




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

伝説の検証

俺:「見よ。この勝利の証を!」

ようやく手に入れることができた『ぐんま滝めぐり90選』
絶版になって久しく、古本でしか手に入らない状態が続いていたのですが、
先日、遂に、某書店さんの店頭で新品を発見したのでした。

娘:「え?黄ばんでるよ?」
俺:「お宝となって、長らく棚に埋もれてたからや」

出版されたのが2000年ですから、もう16年も前の本になります。
なので、新品であっても、多少の劣化は仕方がないのではないでしょうか。

俺:「しかし、群馬の滝巡りには欠かすことができないバイブルなのだよ」

そしてこの『ぐんま滝めぐり90選』には、ひとつの“伝説”がありました。

娘:「伝説?」
俺:「ああ。何でも、このガイドブックだけでは、滝に辿り着けないらしい」
娘:「はあ?その本、意味あんの?」

この、何と言いますか、
掲載地図がシンプルにデフォルメされ過ぎていて、
かえって使えないそうなのです。

俺:「と言うワケで」
娘:「……」
俺:「ジャーン!今回の遠征では、この“伝説”を検証してみました!」

不動の滝_その1
川原湯不動の滝(落差100m)中下段概観】(群馬県吾妻郡長野原町川原湯)

まず目指したのが、落差100mの高瀑「川原湯不動の滝」

妻:「で、どうだったの?」

『ぐんま滝めぐり90選』によると、
川原湯神社に車をとめて、徒歩で5分とのことだったのですが……

俺:「大きな新しい橋が出来てて、そこから観瀑できるようになってたわ」
妻:「ああ、八ツ場(やんば)ダムが出来るんだっけ」
俺:「おう、それ」

いずれ、ダム湖をまたぐことになるだろう、この不動大橋
橋の歩道には真新しい滝の看板が、橋の脇には新築の御堂が建っていました。

娘:「古いのはダムに沈んじゃうんだ」
俺:「せやな」
妻:「滝も水没するのかしら……」
俺:「まあ、下段部はダメなんじゃないかなあ」

不動の滝@群馬_看板
【川原湯不動の滝・橋上に新設された看板】

俺:「でも、メリットもあるんだぜ?」
娘:「何?」

以前の古い観瀑台から見ることができたのは、下段部40mのみ。
それが、不動大橋の新設によって、
中段部のほぼ全景が観瀑できるようになったのです。

俺:「『ぐんま滝めぐり90選』によると、中段部の落差は20mなんだが…」
娘:「もっとあるよ、コレ」
俺:「そうなのよ」

以前は、危険すぎて近づくことができなかった中段部。
落差も、おおよその推測値だったのでしょう。
ところが、全景が見渡せるようになると、より正確な落差が分かってくる……。

妻:「恐らく40~50mにはなるわね」
俺:「国土地理院地図でも、全部で100m以上になるから、妥当なところだな」
娘:「ねね、アップにして?」
俺:「まかせなさい」

不動の滝_その2
【川原湯不動の滝・中段部の直瀑部分】

娘:「悪くないじゃん」
妻:「これは、ダムの功罪、相半ばする感じね」
俺:「欲を言えば、もうちょい水量が多いと良かったんだけどね」

結局、「伝説の検証」第一弾川原湯不動の滝は、

行けることは行けた。
しかし、地図そのものは、古過ぎて使い物にならなかった。

というのが結論でございました。

娘:「なんか先が不安……」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

革命!

俺:「それは、俺の常識を根底から覆した!」
娘:「大げさ~」
子:「だいたい最初からズレてるモノを、常識とは言わね~」
妻:「でも、あなたがそこまで言うなんて、一度味わってみたくなるわね」

それはまさに衝撃!

わたくし、長野市の最奥・鬼無里へ「文殊滝」観瀑に行って来たのですが、
その途中のいろは堂で買った「おやき」が、無茶苦茶美味かったのです!

俺:「これぞ、信州フード界の革命である!」
妻:「はいはい」
俺:「俺の記憶では、最早、文殊滝おやきは固く結びついている!」
子:「いや、勝手に結びつかれてもなあ」
俺:「とにかくおやきなのだ!」
娘:「しつこい」
俺:「お……」


沈黙。


文殊滝_その1
文殊滝(落差78m)・概観】(長野県長野市鬼無里土倉 『裾花川』

かなりの落差があるにもかかわらず、
緑の季節になると、アッと言う間にその全景が見えなくなる文殊滝

先:「奥据花自然園で、最盛期の水芭蕉を撮ってみたいですか?」
俺:「いえ、滝オンリーで!」
先:「やっぱり……」

とある先達の事前レクチャーによると、水芭蕉が咲く頃には、
文殊滝は、新緑でもってその姿がかなり隠れてしまうらしい。

先:「なら、ズバリ四月の中頃、奥据花自然園の開園直前がオススメです」

なんだか日時の指定が極めてピンポイント。

俺:「どうしてでしょう?」
先:「あの滝は、周りに桜の木が何本もあるんですよ」
俺:「ほう!」
先:「滝の全景と一緒に、満開の桜が楽しめるハズです」
俺:「ふおおお!!」

この、ありがたくも貴重な情報を得たわたくしは、
に彩られた文殊滝を撮影すべく、早速、計画を実行に移したのでした。

先:「あと、滝が西向きなので、午後の方が水流を明るく撮影できますね」
俺:「重ね重ね、ありがとうございます」

文殊滝_その2
【文殊滝・上段部と桜のアップ】

文殊滝は、その知名度に反して、
観瀑向けのインフラがありません。

俺:「唯一、道路沿いに、ポツンと看板が立ってるだけだったわ」

車通りがほとんど無かったので、その看板側に車を路駐させると、
わたくし、カメラ機材を担いで、
撮影にベストな場所を探します。

俺:「そうして三脚を立てると、まずはビデオを撮り始めた」
子:「で?」

しばらく手の空いたわたくしは、
先ほど買ったばかりのおやきを取り出すと、パクッと口にしたのでした。

俺:「そしたら絶叫した」
子:「は?」
俺:「近くで農作業してたおばさんに、ドン引きされた」
娘:「はあ」
俺:「目からはウロコが落ちまくり」

わたくし、以前に高速のSAで野沢菜のおやきを食べたことがあったのですが、
その時の感想は、率直に言って、

・ガワがゴワゴワ
・具が少ない
・噛み切れない
・にじみ出る汁が悲惨
・とにかくマズイ

だったのです。

俺:「ところが、いろは堂おやきは皮がモチモチ!」
娘:「ふむ」
俺:「具がたっぷり!」
子:「おお」
俺:「それはそれはジューシーな具材が奏でる交響曲!」
娘:「う~ん」
俺:「タイトルは革命!
妻:「そこまで言うなら、お土産で買ってきてよね」
俺:「ウム、そのつもりで多めに買ったんだが、その場で食べ尽くしました」
子:「……」


沈黙。


文殊滝_その3
【文殊滝・主部】

俺:「こうして俺の中で、文殊滝おやきが固く結びついたワケです」
子:「それは運命。シンフォニーか!」
娘:「……」
妻:「文殊滝、いい滝なのに、あなたの話題はおやきばっかり」

あまりに強烈なおやき体験だったので、それは仕方がありませんな。

俺:「むしろ、おやきによって文殊滝の魅力が増したと考えるのはどうだろう」
娘:「はあ?頭大丈夫?」
子:「ボク、現物が無いから、そんなの想像できないわ」
俺:「そこで、みんなに提案したい」

PC画面を家族に向けるわたくし。

俺:「今からネットで、いろは堂のおやきを注文してみない?」


間。


妻:「全種類で!」
子:「ボクも!」
娘:「あたしも!」




人気ブログランキングへ
決してステマではありません。……
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示