04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

感謝です

俺:「ここもかよ……」

そうなのです。
またまた、滝へのアプローチ道路が、自然災害復旧工事のため、
時間帯毎に交通規制されていました。

俺:「これで滝前が荒れていたら、もう泣くしかねえな」

もう、ほぼ諦めて、覚悟を決めていたわたくしでした。
ところが!

宇嶺の滝_その1
宇嶺の滝(落差70m)・全景】(静岡県藤枝市瀬戸ノ谷 『宇嶺沢』

子:「これはアタリだ!」
娘:「キレイな直瀑!」
妻:「これぞ、静岡の名瀑って感じね」

あまりの素晴らしさに、滝前に立った時、
わたくし、何度もガッツポーズしてしまいました。

俺:「そうだろそうだろ」

写真や映像からも、その素晴らしさが伝わるのでしょう。
家族も大絶賛です。

兄:「ようやく滝らしい滝が来たか」

宇嶺の滝_その2
【宇嶺の滝・落口付近アップ】

子:「落口の奥にもゴルジュが続いているぜ」
娘:「ねね、小滝が幾つもありそう」
子:「宇嶺の滝が、連瀑帯のトリを務めてるってワケか!」
兄:「これはロマン」
妻:「…そうなの?」

あ、いや、
落口の上流部は地形的にかなり厳しくて、
そこまで確認できませんでした。

俺:「美瀑に辿り着けた感激で、それどころじゃなかったし」

宇嶺の滝_その3
【宇嶺の滝・中段部アップ】

娘:「涼しげだね~」
子:「お母さん、こういうの好きでしょ」
妻:「そうね。真夏の納涼向きかも」

ちなみにわたくし、交通規制の時間帯に合わせるためもあって、
滝前で2時間ほど、
納涼を兼ねて、瞑想させて頂きました。

俺:「至福だったわ」
兄:「瞑想って…寝てただけじゃね?」

む。

子:「……」
娘:「……」
妻:「……」

とまれ!

宇嶺の滝
この百選級の良瀑に出会えたことに感謝です




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ドカーン

俺:「ここも、ひょっとしてひょっとするのか…?」

滝までの道中、
路肩崩壊などで交通規制がかかっていたので、
ネガティブな予感はしていたのです。

俺:「うああやっぱり……」

しかし、実際に目の当たりにすると、
その落胆感は半端ありませんでした。

福養の滝_その1
福養の滝(落差130m)・概観】(静岡県静岡市葵区大間 『藁科滝ノ沢』

子:「ここも倒木……」

そうなのです。
滝の手前に、上流から流されてきたと思われる流木の山がドカーン

娘:「滝に近づいて、接写すればよかったのに」
俺:「その前に、倒木の塊に撮影の情熱を吸い取られたわ」
子:「まさかのエナジー・ドレイン」
兄:「まるで魔物じゃね?」

車道が通行止めだったので、
通行止めゲート手前の草地に車を乗り入れ、
そこから徒歩で車道を歩いてゆくと、ようやく見えてくる観瀑道の入り口。
そこから荒れ気味の道を下ること、約20分。

俺:「ホントは10分で着くらしいんだがな」
娘:「苦労に見合わないね」
俺:「分かってくれるか!」
妻:「もったいない。緑がキレイなだけに」

その新緑の樹木も
枝が折れたり曲がったりで、
覆いかぶさるように滝の景観を邪魔していました。

子:「静岡県筆頭の高瀑なんだけどねえ」

福養の滝_その2
【福養の滝・中段部アップ】

妻:「滝そのものは、いい感じじゃない」
兄:「う~ん、惜しい」
娘:「この中段部の水流なんかステキなのに」
子:「磨きぬかれた岩肌が、滝の貫禄を感じさる」

まあ、もともとが観光滝ですし。

子:「これは、いつものあれだ」
娘:「何?」
子:「滝は一期一会!




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

やすらぎ

滝自体、そんなに落差は無いのですが、
バランスの良い滝姿と、澄んだ滝壺の水に、
わたくし、ガッツリ魅了されてしまいました。

龍王滝_その1
龍王滝(落差6m)・全景】(静岡県浜松市天竜区佐久間町 『河内川』

兄:「ええ感じやん」
妻:「写真だと静寂。でも、動画だと躍動感が伝わってくるわね」
俺:「エヘン!」
子:「これでもっと落差があれば、尚よかったな」
娘:「あたし、動画より写真の方が好き」

こういう滝に出会うと、
「滝って、落差だけじゃない」ということを、改めて思わせてくれます。

子:「は?落差こそ滝の核心要素だろう!」
娘:「違うでしょ。やすらぎこそ命!」
子:「なんだそりゃ、やすらぎって」
娘:「滝周りの環境とか水音とか、全体の雰囲気じゃん!」
子:「ハン! 落差無くして、滝に意味なし!」

そして始まる、次男君と娘のいつもの言い争いに、
ヤレヤレってな感じの長男君と妻。

兄:「お前らな…」
妻:「まったく。単なる嗜好の違いでしょう?」

ちなみにわたくし、やすらぎ派だぞ!

兄&妻:「「お…」」


沈黙。


龍王滝_その2
【龍王滝・落口アップ】

娘:「う~ん、やっぱりやすらぎを感じるよ~」
兄:「滝壺のエメラルド・グリーンがポイントだな」
娘:「それそれ!」
妻:「ちょっと浄蓮の滝と似てないかしら?」

フム。
云われてみれば、似てなくもないか?

娘:「うん、似てるかも」
子:「つまりコレ、もう少し落差があって、歴史を背負ってたりしたら…」
俺:「たら?」
子:「百選滝だったかも知れんの?」


間。


子:「ゴメンないわ」
兄:「うん、ないな」

確かに、そこまで秀瀑ではないか……。

龍王滝_その3
【龍王滝・下部アップ】

娘:「ではでは、龍王滝を一言でまとめよう!」
妻:「静寂」
子:「佳作」

佳作って……。

兄:「やっぱここは、やすらぎだろ」
娘:「だよね!」
俺:「ウムウム」

そう。
やすらぎを感じさせてくれる
地方の良滝との出会いでした。




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ダメージ

俺:「去年て、なんか大雨災害とかあったんだっけ?」
子:「なんで?」
俺:「いやもう、滝前が倒木だらけでさ……」
娘:「局地的大雨警報!」
俺:「あ~……」

うん、
警報とか、そういう話ではないんだよ。

機織淵_その1
機織淵(落差30m)・全景】(静岡県浜松市天竜区佐久間町 『機織沢』

そう、この機織淵
尋常じゃない倒木の数で、滝前がすっかり荒れ果てていたのです。

娘:「うわ~残念」
俺:「草ボウボウで、踏み跡も無かった」
子:「観瀑に来る人が、ほぼいないということだな」
俺:「案内板もヨレヨレだったわ」
兄:「しかも、この手前のシダがよ」
俺:「そうなのよ」

撮影のために、わざわざ草を除けて整地までしたのに
このありさま。

娘:「ホント鬱蒼としてる」
兄:「蚊のたぐいが涌いてきそうや」
俺:「おう、小さな羽虫がいっぱいいたぜ」
娘:「ゲロゲロ~」

機織淵_その2
【機織淵・上部アップ】

俺:「一番ダメージを感じたのが、滝の上部だ」

倒木によって、機織淵のハイライトが隠れてしまって、
滝の景観に、まさに大きなダメージを与えていました。

娘:「もったいな~」
妻:「ほんとね~」

滝姿が端整なだけに、
残念がる娘と妻。

子:「これさ、間滝のケースと似てね?」
娘:「間滝?」
子:「そう。岩盤の上に表土が乗っかっているだけなので、大量の雨が降ると、表層土砂が樹林ごと一気に崩れ落ちるヤツ」


間。


娘:「あ~なるほど」
妻:「そうかも」
兄:「しかし原因が判明したところで、倒木は無くなりましぇ~ん」

機織淵_その3
【機織淵・滝壺アップ】

俺:「フ。時が経てば、いずれ復活するだろう」
子:「……」
兄:「……」
娘:「先が長すぎ!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

もはや…

俺:「おう……」

この予想以上の水流の無さよ。

天竜布滝_その1
布滝(落差50m)・主部アップ】
(静岡県浜松市天竜区水窪町山住 『浜松市 音・かおり・光資源百選』より)

太平洋側の大都市に数えられる浜松市。
県庁が無いにもかかわらず、
その人口は、静岡県内最大の80万人を誇っています。

もっとも、東京都や横浜市の首都圏と、名古屋市の中部圏に挟まれて、
その注目度は、さほど高くないのではないでしょうか。

妻:「そもそも名古屋の衛星都市と思ってる人が、結構いるんじゃない?」

この浜松市が実にユニークな取り組みをしている、
ということで注目されたのが、「浜松市 音・かおり・光資源百選」
その27番目に選定されているのが、この「布滝」なのです

が……。

子:「また、渇水かよ」
娘:「最近、こういうの多くない?」

うむ。すまない。

天竜布滝_その2
【布滝・上部アップ】

妻:「ご当地限定の百選なんだから、ピンからキリまであるのが普通でしょ」

確かに、全国レベルの「日本百選」に比べれば、
多少、質が落ちるのが混じるのは、仕方が無い事なのかも知れませんが。

娘:「つまり布滝がキリなの?」
兄:「いやまて、それはヒドイ」
子:「でも、ピンじゃないだろ」
俺:「……」
娘:「あ、でも水量が少ないから、冬は立派な氷瀑になっちゃうとか……」
子:「南国静岡でぇ?」
娘:「うん、ないね」

何と言いましょうか、
「滝型を濡らす、盛大な水の滴れ」

天竜布滝_その3
【布滝・全景】

俺:「実は、川を挟んだ滝の正面に、布滝温泉って宿屋があったんだけどな」
みんな:「「おおっ!」」
俺:「休業やったわ」
みんな:「「おお……」」

滝も温泉も、
どうやら、中途半端な時期に訪問してしまったようです。

子:「もはや、じゃなくてだよ、コレ」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示