FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

三重構造

チラチラとそれらしい記事も出始めたので。

さて、わたくしことBuddhistは、国政にまつわるお手伝いをさせて頂いてきました。
そもそもの出発点は、

この大和の国・日本を、中国共産党の帝国主義的侵略から守る

ことでした。

その出発点から見ると、
現在の保守勢力には、看過できないブレが生じているように見えます。



桑ノ木滝_その3
【桑ノ木の滝】



【壱】
現政権は三重構造
マスゴミが日々報じている上っ面が第一層。
次に、所謂、不法に日本に“寄生”して“特権”を貪って来た在日等の反日分子排除に向け、着実に法整備が進んでいる第二層。
そして、その奥で、中国共産党と急速に歩み寄り出している第三層。


【弐】
今回の解散・総選挙は、与党内では一ヶ月前には指示が出ており、準備が進んでいた。
最大の狙いは政権の延命


【参】
消費税の3%引き上げにより、事実上、アベノミクスは失敗したと認定できる。
それはGDPを見れば明らか。
政府の大本営発表は、消費税をさらに10%にしたいがため、成長しているように見せているだけ。
この糊塗が剥がれて支持率が落ちない内に、政権を立て直す必要がある。


【肆】
そのためのバックに、中国共産党を利用する。
また、経済界からの強い圧力も、中国共産党への歩み寄りを決定付けた。


【伍】
下村文化大臣のスキャンダルが報道され始めた。
この方の政治生命はまもなく終わると思われるが、
閣僚三人目の辞任は、現政権にとって致命傷となる。
これをかわすための選挙でもあること。


【陸】
結果として、総理の靖国参拝は無し。
小笠原のサンゴ強奪も野放し。


【漆】
売国奴・財務省による消費税10%は、日本経済の大混乱を招く。



阿弥陀ヶ滝_その4
【阿弥陀ヶ滝】



政権の当初は、真の保守でした。
であればこそ、消費税8%も已む無しかと思っておりました。

しかしその後、その保守系のブレーンを次々と切り捨て、
売国奴・財務省、及び中国共産党と組みするに到って、
その軸足は、完全に左翼的な政策へ切り替わったと見るべきかと。

「中国共産党を、助長させてはならない!」
そのために、微力ながら力を尽くして来たのですが……。

日本政治の貧困に、心から涙するものです。




人気ブログランキングへ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示