10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

観瀑の神器

娘:「うわ、ここから沢登りしないとダメじゃん!」

高山大山林道を山吹峠に向かって登ってゆく途中、
道が大きなカーブを描きながら沢を超えるところで車を止め、沢の奥を覗くと、
木々の向こうにチラッと滝が懸かっているのが見えます。

俺:「ウ~ム」

しかし、滝に近づこうと思ったら、どうしてもこの小沢を遡行せざるを得ない。

俺:「どうする?」

本日の装備は、ハイキングに特化しています。
なので、晩秋の冷え切った沢水には、とてもじゃないが耐えられません。

自分の装備をシゲシゲと眺めると、チッと舌打ちする娘。

俺:「距離的には、200mくらいしかないけど」
娘:「あ~あ、やっぱやめとく。お父さんだけでどうぞ」
俺:「いいのか」
娘:「だって、熱出して一週間寝込む未来が見える……」
俺:「ウ~ム」

百間滝_その1
百間滝(落差35m)・遠景】  (岐阜県高山市上宝町金木戸)

娘:「お父さーん、大丈夫ー?」

沢床に降りると、足を濡らさないよう、ヒョイヒョイと石伝いに移動するわたくし。
古ぼけた旧橋で待機している娘の姿が、たちまち藪に隔てられて見えなくなります。

で、姿が見えなくなると不安になるのか、
大声で呼びかけてくる娘。

俺:「まかせろ~!」

ハイキングに特化した装備ではあるのですが、
最近のわたくしは、どこの滝見に行くときも、靴だけは必ず沢靴です。

最後の最後、沢靴が無かったために、クライマックスに迫れなかった滝見とか。
頑張って衆目に耐えつつ沢靴で行った結果、思わぬ果実を手にすることができた滝見とか……。

そう!
わたくしにとって沢靴とは、まさに観瀑の神器

今日みたいに入水を避ける場合でも、沢靴は大活躍!
万が一、水に濡れても安心ですし、
何より、岩をグリップするこの安定感がたまりません。

俺:「ふおおおー!」

百間滝_その2
【百間滝・アップ】

娘:「おかえり! どうだった?」
俺:「最高やったわ!」

車まで戻ってくると、早速、娘と映像の確認。

娘:「あれだ、沢上谷でも思ったけど、沢靴って、しみじみ必需品だ」
俺:「うむ、そうだな」
娘:「あたしの沢靴、もう小さくて履けないんだよね」
俺:「う……む」
娘:「ね?」
俺:「……」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

三重構造

チラチラとそれらしい記事も出始めたので。

さて、わたくしことBuddhistは、国政にまつわるお手伝いをさせて頂いてきました。
そもそもの出発点は、

この大和の国・日本を、中国共産党の帝国主義的侵略から守る

ことでした。

その出発点から見ると、
現在の保守勢力には、看過できないブレが生じているように見えます。



桑ノ木滝_その3
【桑ノ木の滝】



【壱】
現政権は三重構造
マスゴミが日々報じている上っ面が第一層。
次に、所謂、不法に日本に“寄生”して“特権”を貪って来た在日等の反日分子排除に向け、着実に法整備が進んでいる第二層。
そして、その奥で、中国共産党と急速に歩み寄り出している第三層。


【弐】
今回の解散・総選挙は、与党内では一ヶ月前には指示が出ており、準備が進んでいた。
最大の狙いは政権の延命


【参】
消費税の3%引き上げにより、事実上、アベノミクスは失敗したと認定できる。
それはGDPを見れば明らか。
政府の大本営発表は、消費税をさらに10%にしたいがため、成長しているように見せているだけ。
この糊塗が剥がれて支持率が落ちない内に、政権を立て直す必要がある。


【肆】
そのためのバックに、中国共産党を利用する。
また、経済界からの強い圧力も、中国共産党への歩み寄りを決定付けた。


【伍】
下村文化大臣のスキャンダルが報道され始めた。
この方の政治生命はまもなく終わると思われるが、
閣僚三人目の辞任は、現政権にとって致命傷となる。
これをかわすための選挙でもあること。


【陸】
結果として、総理の靖国参拝は無し。
小笠原のサンゴ強奪も野放し。


【漆】
売国奴・財務省による消費税10%は、日本経済の大混乱を招く。



阿弥陀ヶ滝_その4
【阿弥陀ヶ滝】



政権の当初は、真の保守でした。
であればこそ、消費税8%も已む無しかと思っておりました。

しかしその後、その保守系のブレーンを次々と切り捨て、
売国奴・財務省、及び中国共産党と組みするに到って、
その軸足は、完全に左翼的な政策へ切り替わったと見るべきかと。

「中国共産党を、助長させてはならない!」
そのために、微力ながら力を尽くして来たのですが……。

日本政治の貧困に、心から涙するものです。




人気ブログランキングへ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

名前の由来

娘:「ねね、五郎七滝ってヘンな名前!」
俺:「しかし、蓑谷三滝の中で、一番落差のある滝である!」
娘:「でもって、雪輪がキレイだね~」
俺:「遠景だけどな~」

我が家では、滑滝が描き出す水紋のことを雪輪って呼んでます。
オリジナル出典は、愛媛県の百選滝である「雪輪の滝」

娘:「こういうの見ると、滑滝もイイなって思えてくるから不思議」

ふむ。
来年は、「雪輪の滝」に行ってみようかしら……。

五郎七滝_その2
五郎七滝(落差80m)・遠望】  (岐阜県高山市上宝町鼠餅 『沢上谷』

俺:「ちなみに、五郎七滝の名前の由来、知りたいですか?」
娘:「む。お父さんがそうやって聞くってことは、何かあるんだね」


間。


娘:「…まず、人の名前でしょ」
俺:「ピンポーン」
娘:「あと……あ! まさかニコニコ滝と同じパターン?」
俺:「ピンポーン!」

そうなのです!
五郎七という名の方が、この滝へ滑り落ちてしまった処から、
この名が付いたらしいのです。

娘:「げげ。あそこに落ちちゃったワケだ……」
俺:「落差は80m」
娘:「ふつう、助かると思う?」
俺:「俺は落ちないけどな」
娘:「うわ~、ほんとにニコニコ滝と同じじゃんか~」

五郎七滝_その1
【五郎七滝・主部アップ】

娘:「アチョ!」

そして唐突に、再び空手の演武を始める娘。

娘:「トオッ!」

あの~、
ビデオ撮影してるんで、静かにしてくれませんかね?

娘:「イヤな話を聞いちゃったから、パワー入れてる」
俺:「なんじゃそりゃ!」
娘:「あたしの演武の音で、ビデオの値打ちも上がるからね!」


……。


娘:「デヘ」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

痛し痒し

俺:「蓑谷三滝の中で、一番キレイな直瀑であるん___」
娘:「しょぼ~」
俺:「だが……」
娘:「秋も終りだから、仕方ないけどさ」

山犀滝_その1
山犀滝(岩洞滝)(落差40m)・遠望】  (岐阜県高山市上宝町鼠餅 『沢上谷』

この滝、次男君のバイブルによると、山犀滝(さんさいだき)という名で紹介されています。

ところが、あちらこちらの沢上谷(そうれだに)遡行記録には、
岩洞滝(がんどたき)と記されているものが結構あって、
どうやら、こちらの「岩洞滝」が、正式な名称のようなのです。

なのですが…

子:「バイブルの権威を傷つけることは許されない」

…そうなので、ここ「Waterfalls in Japan」では、
敢えて「山犀滝」とさせて頂きました。

山犀滝_その2
【山犀滝・落口】

娘:「ねね、カメラの遠望、あたしにも見せて」
俺:「ホレ!」
娘:「落ち葉がスゴ~イ!」

こう、沢の滑床に積もった落ち葉を、沢水が掻き分けて滝になってゆく様が、
なんとも不思議な感じ。

俺:「やっぱ、山犀滝のベストシーズンは、新緑期か紅葉期だろうなあ」
娘:「あたしたち、ちょっと遅かった?」
俺:「二週間遅れたわ」

でも、そのおかげで、
娘と二人で、この景色を独占できるのですけどね。

娘:「なんだかオフ・シーズンも、痛し痒しだ」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 1 |  cm: 0
go page top

テヘヘ

俺:「この谷は、夏になると沢登りのメッカになるそうだ」
娘:「ふ~ん。ここから入渓するの?」
俺:「…してみたい?」
娘:「今日は寒いからパス」

まて。
誰が今日沢登りすると言った。

蓑谷大滝_その1
蓑谷大滝(落差30m)・遠望】  (岐阜県高山市上宝町鼠餅 『沢上谷』

沢上大滝を観瀑した後、沢上谷遡行の起点となる広場を過ぎると、
ひたすら坂道を登っていきます。

娘:「アスファルト…」
俺:「歩き易いだろ。沢上谷を遡行し終えると、この道路を下ってくるらしいぞ」
娘:「ワイルド感が不足」
俺:「はあ? じゃ、沢登りに切り替えますか?」
娘:「うわあアスファルト最高!」

蓑谷大滝_その2
【蓑谷大滝・落口アップ】

坂道を登ってゆくと、半時も掛からずに
蓑谷三滝を一度に遠望できる、絶好の観瀑スポットに到着します。

俺:「おおお! なんか感動するな!」
娘:「あたし寒い」
俺:「遠望でも、蓑谷大滝なんか圧巻だろ!」
娘:「ハッ!」
俺:「さすが蓑谷三滝の盟主なだけはあるよな!」
娘:「アチョ!」
俺:「……」
娘:「オリャ!」
俺:「何やってんだお前?」
娘:「演武」

最近、昇級試験に合格し、すっかり空手にハマっているお嬢さん。
だからって、こんなところで腕前を披露しなくても。
誰も見てないし。

娘:「はあ? こんなに寒いのに、お父さん、何も感じないワケ?」

ああ、
体を温めていたのか。

娘:「凍死の防止!」
俺:「……」
娘:「テヘヘ」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

予感

俺:「どうする?」
娘:「露でベトベトに濡れちゃいそう……」

沢上大滝_その1
沢上大滝(落差80m)・下段部遠望】  (岐阜県高山市上宝町鼠餅 『沢上谷』

秋の朝露に濡れた、枯れた草木。

沢上大滝を滝壺付近から観瀑するためには、
この露で濡れた枯れ草を踏み分けて行かなければなりません。

娘:「でも、こんなに寒いし、濡れたらアウトだよね?」
俺:「そうなんだよなあ」

周りの木々は、すっかり紅葉の盛りを過ぎて葉を減らし、だいぶ寂しくなりつつあります。

一応、防寒服を着込んで来てはいます。
しかし、遮るもののない寒風が、直接、体に当たると、
気力とヤル気と精神力が、ゴリゴリと削られてゆく……。

娘:「これで体が水濡れしたら……」
俺:「たまんねえな!」

仕方がありませんな。
ここは、遠望で済ますことにしますか。

沢上大滝_その2
【沢上大滝・下段部アップ】

娘:「う~寒!」
俺:「じっとしてると、結構来るぞ、これは」
娘:「次行かない?」
俺:「いや、でもまだよく観ていないし…」
娘:「あたし、ここで死ぬんだ」
俺:「はいはい、わかりました! 」

う~む。
今回の観瀑ツアーは、なんだか駆け足の予感




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示