09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

ドリル

娘:「確かにネジレてる」
子:「瀑水が、こう、ドリル状に回転してるみたいな……」

ねじれ滝@乙女渓谷_その1
ねじれ滝(落差15m)・全景】  (岐阜県中津川市加子母 『乙女渓谷』

乙女渓谷の盟主とも言える夫婦滝の陰に埋没してしまって、
あまり注目されない、この「ねじれ滝」

子:「奥多摩にも、同じ名前の滝があったよね」
俺:「そうだな」
娘:「え? ライバルの出現?」

奥多摩の海沢渓谷に懸かるネジレ滝は、
二段の滝が互い違いに向きを変えて落ちてくるパターン。
確か、落差が10m程度だったような記憶があります。

娘:「こっちの方が、落差があるじゃん!」
俺:「それよりも、木曽の田立の滝のひとつで…」
娘:「あ! 螺旋滝!」
俺:「そう、その螺旋滝の方が、むしろここに近いんじゃないか?」
娘:「そうかも」

田立の滝群のひとつである螺旋滝も、水流がネジレていて、
落差は25mあったと思います。
しかも、一段のみの滝で捻じれて跳ねて完結する本格派!

子:「そう言えば、ハッキリとネジレていたねえ」
娘:「しかも、ここより落差があるじゃん!」
俺:「でもな、ここの水流のネジ繰り曲がり具合は、負けず劣らず貴重だぞ」

右に左に、回転するように落ちて来るこの瀑水。

大げさかもしれませんが、
敢えて「出色のねじれ」と言っていいのではないでしょうか。

ねじれ滝@乙女渓谷_その2
【ねじれ滝・滝壺アップ】

子:「僕思うんだけどさ」
娘:「うん」
子:「ねじれ滝螺旋滝も、共通するイメージは、やっぱ『水のドリル』だな」
俺:「おお!」

それ、
なんかあっと言う間に、岩を貫通しそうな感じ!

娘:「あたし的には、『水のつづら折り』が良いと思いま~す」
俺:「お……」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

朴念仁

俺:「なんてしっかりと整備された渓谷道
娘:「快適快適」
子:「人間と自然との調和を感じるねえ」

乙女渕_その1
乙女渕(落差2m)・概観】 (娘撮影)  (岐阜県中津川市加子母 『乙女渓谷』

岐阜県の「裏木曽県立自然公園」として、
乙女渓谷は、かなりしっかりとした遊歩道が夫婦滝まで整備されています。

娘:「ねね、これ、お母さんでも余裕で観瀑できたよね」
子:「だな。一緒に連れてこればよかったのに」
俺:「お、俺ですか?」

なんか子供たちの非難がましい視線を浴びるわたくし。

俺:「オホン! お母さんを誘わなかったのには、ちゃんと理由があります」

そう! 我が妻は傾斜の急なところが超・苦手。
だから、彼女と一緒に行ける滝は、自然と絞られてきます。

今回、夫婦滝では、滝下を攻略する可能性がありました。
そうすると、ガレ場のトラバースとか、明らかに妻の力量を超えてしまいます。

俺:「そういうワケ」
娘:「そうじゃなくて! お母さん、最近アウトドアしてないわ~って呟いてたの!」
俺:「へ?」
子:「だけど、オイラが誘っても、いまいち反応が鈍かったんだよな~」

おまえ、誘ったのかい!

娘:「あれは絶対、お父さんから声が掛かるのを待ってるよね!」
子:「だよな!」
娘:「ちゃんと、お母さんのラブラブ光線に気付いてあげなきゃ!」
子:「だよな!!」

俺:「異議アリ!」

和合の滝_その1
和合の滝(落差5m)・全景】 (娘撮影)  (岐阜県中津川市加子母 『乙女渓谷』

子供たちの行ける滝の難易度は、年々、上がってきています。

俺:「おまえら成長著しいからな」

しかし、妻としては、子供たちの行く滝が、自分のレベルに合わせたアプローチの易しい滝ばかりになってしまうのも、本意ではないらしい。

俺:「つまりだ!」

ビシッと決めたいわたくし。

俺:「そんなお母さんの優しい配慮にこそ、おまえらが気付かなきゃいけないのである!」


間。


子:「なんという朴念仁
娘:「知ってたけど……」




人気ブログランキングへ
ほっとけや!
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

秋モード

子:「ここ、秋に来てはダメだったんじゃ……」

最近、秋になると、必ず訪れている岐阜県東部
今回は、子供たちと一緒に乙女渓谷にやってきました

のですが……。

娘:「滝がショボいよう」
俺:「う~む」

遠望台から見える夫婦滝は、秋の水量減に加え、
逆光によって、そのショボさが、一層、際立ってしまっていました。

夫婦滝@乙女渓谷_その1
夫婦滝・男滝(落差80m)・女滝(落差85m)・遠景】  (岐阜県中津川市加子母 『乙女渓谷』

乙女渓谷では、本格的な紅葉が始まるのは、もう少し先になります。

子:「なのに、滝の水量は、しっかり秋モードだ」
娘:「だね~」
俺:「一応、落差80mもある、百選滝レベルの秀瀑らしいんだがなあ」
子:「水量無さ過ぎだって」
娘:「迫力ないし、今日はハズレ」

ハズレって……

子:「どう見ても、もうちょっと雨が降らないと」
俺:「来週は、台風が来るらしいけどな」
子:「それはそれで極端過ぎ!」
娘:「あのね、お父さん」

何だい、娘。

娘:「雨は、降ればいいってもんじゃないんだよ」

男滝@夫婦滝_その1
【夫婦滝・男滝・アップ】

俺:「おまえら文句ばっかだし、そこまで言うなら、滝下へ行くか!」

そう!
夫婦滝観瀑のベスト・ポジションは、間違いなく「滝下から見上げる」でしょう。

女滝は、キケンなガレ場のトラバースがあるらしいのですが、
男滝の方は、比較的安全に滝下まで行けます。

子:「いいけど、このショボさで労力に見合うのか?」
俺:「…それは、行ってみないと分からないですハイ」
娘:「却下で~す」

女滝@夫婦滝_その1
【夫婦滝・女滝・アップ】

子:「まあ、今回はご縁がなかったし」
俺:「むう」
娘:「こういうこともあるよ」
俺:「むう…」
子:「おやじ、ここは、夏にでもリベンジしてくれ」
俺:「む……」
娘:「その分、今日は沢山の滝に行こ?」
俺:「……」


秋モード夫婦滝不評




人気ブログランキングへ
帰宅したら、御嶽山が噴火していました…
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

宿命

以前に訪瀑した千波の滝のすぐそばにあった、濁沢の滝

当時、雨後の激しい増水に恐れをなしたわたくしは、
結局、濁沢の滝を訪瀑せずに帰路についてしまったのでした。

俺:「今思えば、もったいないことしたよな~」
妻:「それでいいの! もう、安全第一でお願いします」

濁沢の滝と出合うためには、
車道脇に車をとめたあと、
チョロッとではありますが、沢を遡らなければなりません。

俺:「それでだな…」
子:「うん、前置きいらんし、昨日、リベンジして来たんだろ?」
俺:「……」
子:「ほらほら!」

くそう。

俺:「ええい、見よ!」

濁沢の滝_その1
濁沢の滝(落差40m)・全景】  (山梨県西八代郡市川三郷町垈 『芦川濁沢』

娘:「ええ? 落差40m?」
妻:「ないわね」
子:「20mちょっとじゃ……」

そうなのです。
落差40mというと、すぐお隣の千波の滝の、なんと半分にあたるのですが……。

子:「いいとこ、三分の一だろこれ」

さらに、
動画だと、ますます低く見えるから、困ったものです。

俺:「あれだ。水量が少ないと、かえって低く見えてしまうってヤツ」

濁沢の滝_その2
【濁沢の滝・上部アップ】

娘:「そもそも、秋に行くのが間違いかも知れない」
妻:「秋こそ、紅葉で滝が映えるベスト・シーズンじゃないの?」
子:「そうじゃなくて。たいがいの滝は、秋に水量が減るじゃんか」
妻:「…そうね」

こういう滑々した滝って、
水量の多寡によって、その表情を劇的に変化させますし。

濁沢の滝_その3
【濁沢の滝・下部アップ】

俺:「ということは、水量の多い初夏に来るべきだったか…」
妻:「でも、増水したキケンな激流に、わざわざ行くことはないわ」
子供たち:「「だよね」」

ですよね。

娘:「いわゆる痛し痒しだね」
子:「ジレンマとも言うねえ」
妻:「沢滝の宿命かしら……」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示