FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

小・中・大

車のナビに次の目的地を入力していると、
子供たちが、わたくしの手元を、横からのぞきこんできました。

兄:「は?なんだそれ?」
娘:「しょう・ちゅう・だい・たき?」
兄:「でかいのか、ちいさいのか、どっちなんだ」

そう!
その名も「小中大滝」

子:「コナカ・オオタキって言うんだよ」
娘:「へえ」
俺:「小中川水系最大の滝である」

娘&兄:「あっ、な~るホド!」

小中大滝_その1
小中大滝(落差50m)・上部概観】  (群馬県みどり市東町小中 『小中渓谷』

滝に到る途中の広河原では、多くの家族連れや若者たちのグループが、
水泳したり、バーベキューしたりして、夏の最後を楽しんでいました。

娘:「あたしも、泳いでみたかったな」
子:「この美しいグリーンの水!」
妻:「でも、こんなところで水着になるの?」
娘:「う……」

確かに!

この、ひっきりなしに訪れる観瀑客たちの好奇の眼に、
娘の水着姿が晒されるというのは、
わたくし、到底、我慢ができませんな!

兄:「おやじが、親バカ過ぎて泣ける……」

やかましいわ。

小中大滝_その2
【小中大滝・下部アップ】

娘:「でかいね~」
子:「でかいわ」
妻:「こんなところに、こんな大瀑があるなんて、ちょっと想像できなかったわね」

観瀑道は、かなりの高所に掛けられた鉄製の吊橋を渡って、
滝の下流左岸にあるテラスへと続いています。

妻:「このくらいしっかりした吊橋だと、安心」
子:「滝が50mもあるし、まわりの側壁はもっと高いし、吊橋様々だな」
娘:「でなきゃ、とてもじゃないけど近づけないよ」

吊橋からは、滝の下部と滝壺が見え、
奥のテラスからは、滝の落口と上部が見えます。

子:「しかし、全景が観れるポイントはないのか……」
娘:「全景、観たい」
兄:「それ、広葉樹の葉が無い時に来ないと、ダメなんじゃね?」

まあ、全景を見るなら、晩秋がベストでしょうかね。

娘:「小中大滝……そっか」
兄:「もフェイク」
子:「大滝は、やっぱり大滝だったということで」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示