06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

ベターショット

さて、今回、岡山県の滝を訪問するにあたり、
事前に、予定瀑布の選定をしました。

子&俺:「これ、絶対行かなきゃダメだろ!」

その際、次男君とわたくしの意見がピタリ一致した滝が、幾つかあります。

妻:「それが、この滝ね」
子:「そ。至孝滝!」

いつもの滝本を広げながら、
わたくしの訪瀑計画を、一緒に考えてくれる家族たち。

妻:「これはキレイな一条瀑だわ」
兄:「美瀑だな」
娘:「緑にあふれてるし」
子:「フフフ!」

ところが!

至孝滝_その1
至孝滝(落差25m)・全景】  (岡山県真庭市山久世 『至孝川』

俺:「あるれぇ~?」

そう!
実際に至孝滝に行ってみたら、
これが、思ったほどには直瀑じゃないのです。

子:「いや、直瀑だろ!
娘:「でも、なんか、滝の上部が微妙に斜瀑だよ?」
兄:「ありていに言うと、上部が渓流瀑で、下部が直瀑」
妻:「それは言い過ぎでしょう」
兄:「渓流瀑じゃないにしても、斜めなのは事実」
子:「うむむ」

滝本の写真と、わたくしの映像を比べながら、家族で喧々諤々。

兄:「ま、少なくとも、この写真の滝と、滝本の滝とは、まったくの別物だな」
俺:「……」
子:(越えられないプロの壁……)

それは言わない約束だろ!

兄:「でさ、おやじの撮ってきた映像は、これで全部なん?」
俺:「ほい」

至孝滝_その3
【至孝滝・滝壺アップ】

娘:「あははは、滝壺だ!」
兄:「……」

実際の撮影条件を考えてみると、
いつもの滝本では、盛夏の、晴天時の午後にシャッターを切っているのに対し、
わたくしはのそれは、梅雨明け直前の、曇天時の早朝です。

娘:「そっか。水量も、お父さんの方が少ないしね」
子:「だな」
妻:「条件が違えば、見栄えも、こんなに変わるワケね」

至孝滝_その2
【至孝滝・上部アップ】

ところで、至孝滝への道程ですが、
渓流沿いにある観瀑道と言うか、山道と言うか、参道と言うべきか、表現に迷いますが、
結構草に覆われた道を、30分ほど歩いていきます。

妻:「参道?」
俺:「滝の下流右岸テラスに、密乗寺の奥の院があるからな」
子:「ほほう。信仰の滝とな」

草が雨滴で濡れていたので、沢靴で行って正解でした。

兄:「では、俺様が、今回の結論をまとめてみる」
妻:「どうぞ」
兄:「滝本の写真はベストショット。おやじのはベターショットってね」
娘:「そっか!」
妻:「なるほどね」

おお?
ベターショットだなんて、
なんだかわたくし、若干持ち上げられてます?

子:「じゃ、僕もまとめてみる」
妻:「どうぞ」

子:「それでも至孝滝は美しい」

俺:「うむ……」
兄:「確かに」
妻:「そうね」
娘:「そうじゃんね」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 1 |  cm: 0
go page top

オーラ

「神庭(かんば)の滝」
事前情報では、落石などの危険が高いため、滝壺までは行けないとのことでした。

子:「あれかな、棚下不動の滝みたいな感じ?」
娘:「安の滝みたいかもよ?」
妻:「災害の爪痕ってことかしら?」

ふむ。

俺:「ま、行ってみたら分かるだろう」

神庭の滝_その1
神庭(かんば)の滝(落差110m)・概観】  (岡山県真庭市神庭 『神庭川』

俺:「平湯大滝と同じだった!」

そうなのです!

何が同じって、
まず、滝に到るまでの道が全て観光地と化し、公園と化しているところ。

俺:「朝一番の滝を観たかったのに、8:30からしか開園しないとは!」

事前の調査不足が祟って、7時前から待ちぼうけのわたくし。
既に園内を、係の女性の方々が竹箒でお掃除しておられます。

俺:「しかも、入園料が300円だと!」

平湯大滝では500円取られた記憶があるので、
それよりはマシかもしれませんが……。

俺:「どっちもどっちか」

さらに、滝壺だって、
行こうと思えば、行けると思われます。

俺:「でも、公園として管理している手前、落石の可能性がある滝壺へは、近づかせないってか」

これで夜間ライトアップまでしてれば、完璧な駄目瀑布_____

神庭の滝_その2
【神庭の滝・落口アップ】

娘:「え?良滝だよ?」
子:「だよな。映像からは、そんなの微塵も感じられないし」

しかし、わたくしの感想に、真っ向から異を唱える子供たち。

兄:「おやじ、ビデオだけはセンスあるしな」
俺:「だけ言うなや!」

雨が降っていたこともあって、確かに神庭の滝自体は、唯一無二の轟瀑となっていました。
中国地方ナンバー・ワン瀑布を謳うだけのことはあります。
滝の傍には近づけないのですが、
しかしビデオによる遠望でも、充分、腹の底にまで伝わってくるこの瀑音。

妻:「これは、わたしも行ってみたい」
子:「僕もだ!」
娘:「ねね、全景の写真はないの?」

神庭の滝_その3
【神庭の滝・遠景】

子:「あらら。手前の木に隠れちゃうのか」
兄:「でも、これはこれで味がある」
娘:「秘瀑って感じがするよね!」

う~む。
なぜか、現場に行っていない家族には好評のようです。

子:「そりゃあ、神庭の滝には、百選に相応しいオーラがあるからだろ」

ビシッとサムズアップする次男君。

みんな:「「「それだ!」」」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

雰囲気

80m級の百選滝とあって、轟の滝への「事前の期待」の大きかったこと!
だからこそ、
「目の前の現実」に拍子抜けした時との落差には、大きなものがありました。

俺:「観瀑道でも、道路工事してたしなあ」
娘:「工事だらけだったんだ」
子:「災害復旧中なのかな……」
俺:「たぶんね」

そんなこんなで、
轟の滝から、当日の車内泊予定地である、
とある道の駅に向かおうとしていた時のこと。

俺:「ん?大荒の滝だとう?」

ふと目に留まる立派な看板。

俺:「だいぶ日も傾いてきたしな~、どうしよっかな~」

滝好きのサガでしょうか。
口にした言葉とは裏腹に、
即行で大荒の滝に向かってハンドルを切っていました。

大荒の滝_その3
大荒の滝(落差20m)・全景】  (高知県香美市香北町東山 『久保川渓谷』

娘:「ふああ、キレイな直瀑!」
妻:「これのどこが大荒れなのかしら?」
子:「フム」
俺:「まず、観瀑道が大荒れだったな」

そもそも、大荒の滝が懸かる久保川渓谷自体が、
比較的脆い岩層で出来ているのではないかと思われます。
地元の方々が丹精をこめて整備しているだろう観瀑道も、大雨の度に、どこかが崩れ壊れして、
自然の崩壊力に、人力が追い付いていっていない雰囲気。

俺:「次に、崩落した岩石群が沢床に散乱したまま、なかなか流されずに残っているっぽい」

普通は、土石流で沢がドロドロに埋まっても、
細かな礫から水に流されていき、いずれは美しい渓相を取り戻すものです。

子:「自己再生能力ってヤツか」

ところが、久保川渓谷では、その自己再生力も、
崩壊力に追いついていけてない雰囲気なのです。

俺:「そのあたりが、大荒れって印象になるんだろう」

大荒の滝_その2
【大荒の滝・滝壺アップ】

妻:「それにしても、良い滝ね」
娘:「ねね、だよね!」
子:「おやじの撮影場所が滝に近いのも、好印象だ」

こうしてみると、
大荒の滝は、轟の滝のようなスケール感こそありませんが、
確かに、美瀑に相応しい佇まいですな。

俺:「沢の荒れた雰囲気を補って、なお余りある
子:「フムフム」
俺:「さらに、訪瀑予定のない滝だったから、滝前での感動はひとしお」
子:「ほほう!」
妻:「事前の期待が無い分、余計にね」

娘:「まさに、人間到る処 青山有りだね!」

子:(は?)
妻:(は?)
俺:(は?)

あの~、お嬢さん、
今、どういう意味合いで使いましたでしょうか?


間。


娘:「…雰囲気で使いましたゴメンナサイ」




人気ブログランキングへ
子:「ちなみにソレ、『人が活躍できる場所はどこにでもある』って意味な」
娘:「ぶう」

↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ブ~ン!

ブ~ン!

俺:「おわっ!」

轟の滝_その1
轟の滝(落差83m)・概観】  (高知県香美市香北町猪野々 『日々原川』

道路工事のため、大廻りして、ようやく辿り着いた「轟の滝」
平日で、しかも道路工事による通行規制があったにもかかわらず、
観瀑所には、途切れることのない人、人、人。

俺:(ゲンナリ~)

その人波が途切れて、一瞬の撮影チャンスが訪れたそのとき!

ブブブブブ!

わたくしの眼前に、
巨大なスズメバチが飛来したのでした!

轟の滝_その2
【轟の滝・二段目滝壺と三段目落口】

子:「おお、スズメバチだなんて、梅花皮大滝以来の案件じゃん」
俺:「観瀑台から少し降りた所にいたから、崖下へ転落しそうになったわ!」
娘:「近くに巣でもあったのかな?」
俺:「知るかよ」

細い林道を、長々と走り抜け(ヘロヘロ)、
観瀑所では、人ごみを掻き分け(イライラ)、
トドメにスズメバチ!

俺:「お陰さまで、あんまし良い印象が残ってない…」
娘:「仕方ないね」
子:「それで、映像が少ないのか……」
妻:「御愁傷様でした、あなた」


……。




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示