05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

パキーン!

ドゴッ!
パキーン!!


俺:「うわああああ!!!」

雨乞の滝・雄滝_その1
雨乞の滝・雄滝(落差27m)・概観】  (徳島県名西郡神山町神領高根 『高根谷川』

「高根谷川」は、「雨乞の滝」以外にも、幾つもの良瀑を懸けています。

俺:(その全てを、何としても観瀑するのだ!)

そう!

夕闇迫り来る中、焦りを感じていたわたくしは、
ちょっとした不注意から、我がベンツのマフラーを路肩の岩に引っ掛けてしまい、
ガッツリ曲げてしまったのでした。

俺:「ああああ、我がベンツが逝ってしまった……」

雨乞の滝・雄滝_その2
【雨乞の滝・雄滝・落口アップ】

俺:「そういうワケで、雨乞の滝以外は、写真も映像も残していないのである」

つまるところ、「不幸な事故」に意気消沈したわたくしは、雨乞の滝だけ訪瀑すると、
とっとと帰ってきた、というワケです。

子:「はあ?」
娘:「威張って言うことじゃないし!」
妻:「で、修理費はどうしたの?」

実は、この夏、子供たちと、車中泊の観瀑ロングツアーを企画しておりました。

そのための装備費を、昨年からコツコツ貯めてきていたのですが、
本来の目的を果たすことなく、
この度のマフラー修理に回すことになっったのです。

子:「コラ待て、車中泊はどうなる!」
俺:「延期……かなあ」
娘:「いやだあ!」
妻:「別に、備品全部を、一気に揃えなくても大丈夫でしょう?」

我がベンツのシートは、寝かせてもフラットになりません。

その段差のあるまま、車中で寝ると、
体が休まらなかったり、腰を痛めたり、筋肉痛になったりと、
ロクなことがないのです。

俺:「予算の大半は、この安眠グッズに掛ける予定だったからなあ」
娘:「安眠グッズ?」

そうなのです。

シートの段差を埋めるための特性クッションとか、
エアーマットとポンプとか、
寝袋とか、
毛布とか、
電池式カンテラとか
脱着式カーテンとか……。


沈黙。


妻:「今年は諦め……」
娘:「残念…」
子:「無念…」




人気ブログランキングへ
兄:「で、肝心の雨乞の滝・雄滝の話は?」
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

【INDEX】 御礼・四周年 【MAIN】

本日をもって、「Waterfalls in Japan」は、開設四周年を迎えることができました。
皆様のご愛顧に、心よりの感謝を申し上げます。

ここに、「ブログ・オープン4周年記念」最後の企画として、
訪問済みの滝について、メイン『INDEX』を作成してみました。


記念企画_七ツ釜滝_その5
【七ツ釜滝・三段目滝壺アップ】




【INDEX】
【『県別一覧』】
 2014年6月24日現在  ※計295瀑布

【北海道】
01. オシンコシンの滝〈百〉
02. 銀河の滝(層雲峡)〈百〉
03. 流星の滝(層雲峡)〈百〉
04. 羽衣の滝(天人峡)〈百〉

【秋田県】
01. 法体の滝〈百〉
02. 大倉滝(鳥海山)
03. 七滝〈百〉
04. 白糸の滝(森吉山)
05. 兎滝(赤水沢)
06. 無名滝(赤水沢)
07. 九階滝(様ノ沢)
08. 桃洞滝(トウド沢)
09. 六段の滝(トウド沢)
10. 弥栄の滝(森吉山)
11. 安の滝〈百〉
12. 白糸の滝(安の滝右岸)
13. 泊滝(夜明島渓谷)
14. 夫婦滝(夜明島渓谷)
15. ググリの滝(夜明島渓谷)
16. 白布の滝(夜明島渓谷)
17. 虎の尾の滝(夜明島渓谷)
18. 無名滝(茶釜の滝前衛)
19. 茶釜の滝〈百〉

【岩手県】
01. 不動の滝〈百〉

【山形県】
01. 滑川大滝〈百〉
02. 布滝(滑川大滝左岸)
03. 赤滝
04. 黒滝
05. 芳沢不動滝
06. 玉簾の滝
07. 白糸の滝〈百〉
08. 七ツ滝〈百〉
09. 米の粉の滝
10. 梅花皮大滝
11. 無名滝(梅花皮大滝右岸)
12. 旭又滝
13. 旭又沢大滝

【宮城県】
01. 秋保大滝〈百〉
02. 三階の滝〈百〉
03. 不動滝(蔵王)
04. 地蔵滝(蔵王)

【福島県】
01. 乙字ヶ滝〈百〉
02. 三条の滝(尾瀬)〈百〉
03. 渋沢大滝(尾瀬)
04. 絹糸の滝(尾瀬)
05. 銚子ヶ滝〈百〉
06. 白糸の滝(安達太良山)
07. ツムジクラ滝
08. 大倉小滝

【栃木県】
01. 華厳の滝〈百〉初春初秋
02. 涅槃滝
03. 白雲の滝 初秋
04. 方等滝 初秋
05. 般若滝
06. 湯滝 初秋
07. 竜頭の滝 初秋
08. 霧降の滝〈百〉初秋
09. 裏見の滝
10. 一の滝(荒沢)
11. 相生滝(荒沢)
12. 寂光の滝
13. 蛇王の滝
14. 唐滝
15. 無名滝(黒部ダム下流左岸)
16. 無名滝・細根沢F1
17. 虹見の滝
18. 竪琴の滝
19. 太閤降ろしの滝
20. 白滝
21. 布滝(箒川本流)
22. 抛雪の滝
23. 風挙の滝
24. 竜化の滝

【群馬県】
01. 瀬戸の滝
02. 鱒飛の滝(片品渓谷)
03. 吹割の滝〈百〉(片品渓谷)
04. 棚下不動の滝・雄滝〈百〉
05. 棚下不動の滝・雌滝

【茨城県】
01. 袋田の滝〈百〉
02. 生瀬滝

【千葉県】
01. 粟又の滝

【埼玉県】
01. 丸神の滝〈百〉

【東京都】
01. 払沢の滝〈百〉
02. 三頭大滝

【神奈川県】
01. 下棚(丹沢)
02. 本棚(丹沢)
03. カラ棚(丹沢)
04. ボウズクリの滝(丹沢)
05. 夕日の滝
06. 洒水の滝〈百〉
07. 塩川滝
08. 飛竜の滝
09. 蛙の滝
10. エビラ沢の滝
11. 早戸大滝〈百〉
12. 音滝
13. 洗頭瀑

【山梨県】
01. 白髭滝(板敷渓谷)
02. 親子滝(板敷渓谷)
03. 板敷大滝(板敷渓谷)
04. 仙娥滝〈百〉
05. 魚止の滝(一の滝)(石空渓谷)
06. 初見の滝(二の滝)(石空渓谷)
07. 見返の滝(三の滝)(石空渓谷)
08. 赤岩の滝(石空渓谷)
09. 北精進ヶ滝〈百〉
10. 九段の滝
11. 三重の滝
12. ナレイの滝
13. 大久保の滝
14. 竜神の滝
15. 七ツ釜五段の滝〈百〉
16. 恋糸の滝
17. 貞泉の滝
18. 不動の滝
19. 千波の滝
20. 見神の滝

【新潟県】
01. 鈴ヶ滝〈百〉
02. 鈴ノ小滝
03. 無名滝(鈴谷渓谷)
04. 布曳滝
05. 女滝
06. 見返り滝
07. 苗名滝〈百〉
08. そうめん滝
09. 無名滝・八枚沢F1
10. 無名滝・滝ノ沢F1
11. 無名滝・滝ノ沢F2
12. 無名滝・滝ノ沢F3
13. 滝ノ沢大滝
14. 滝ノ沢赤滝
15. 無名滝・滝ノ沢F8
16. 滝ノ沢右俣黒滝
17. 無名滝・島崎川F1
18. 無名滝(五ヶ浜)
19. 無名滝(五ヶ浜)
20. 浜滝
21. 無名滝(立壁トンネル)
22. 無名滝(角田山)
23. ヒコサの滝
24. 惣滝〈百〉
25. 権現滝(妙高山・大倉谷)
26. 大滝(妙高山・大田切川)
27. 田代七ツ釜・一番滝
28. 田代七ツ釜・二番滝
29. 田代七ツ釜・三番滝
30. 大ぜん(不動滝)
31. 小ぜん(金剛滝)
32. 広神不動滝
33. 布引の滝(守門岳)
34. 本城の滝
35. 無名滝(西本城沢・連瀑帯)
36. 安塚の不動滝
37. 善根の不動滝

【長野県】
01. 荒崎滝(有明山)
02. 妙見滝(有明山)
03. 三本滝の頭
04. 無名滝(三本滝の頭右岸)
05. 無名滝(三本滝の頭下流)
06. 無名滝(三本滝の頭下流)
07. 無名滝(三本滝の頭下流・渓流瀑)
08. 無名滝(三本滝群・ミニゴルジュに懸かる)
09. 無名滝(三本滝群・奥の大滝上流)
10. 無名滝(三本滝群・奥の大滝右岸)
11. 三本滝・本沢の滝〈百〉初夏盛夏
12. 三本滝・黒沢の滝〈百〉初夏盛夏
13. 三本滝・無名沢の滝〈百〉初夏盛夏
14. 無名滝(三本滝・白滝上流)
15. 三本滝・白滝 初夏盛夏
16. 善五郎の滝(乗鞍三滝)
17. 無名滝(善五郎の滝前衛)
18. 番所大滝(乗鞍三滝)
19. 八滝(松川渓谷)
20. 雷滝(松川渓谷)
21. 七味大滝(松川渓谷)
22. 澗満滝
23. 黒沢の滝
24. 大水沢の滝
25. 天狗の滝(太平の滝)
26. 無名滝(梓湖・ヤギ沢対岸)
27. 無名滝(偽雲間の滝)
28. 無名滝(雲間の滝・下段部の滝)晩春盛夏
29. 雲間の滝(主瀑布)
30. 親子滝
31. 不動滝(米子大瀑布)〈百〉
32. 権現滝(米子大瀑布)〈百〉
33. 黒滝(米子大瀑布)
34. 無名滝・蒲原沢F1
35. 無名滝・蒲原沢F2
36. 樽沢の滝(有明山)
37. 三段の滝(有明山)
38. 唐沢の滝
39. 小野の滝
40. 大島不動滝・初春晩春
41. うるう滝(田立の滝)〈百〉
42. 螺旋滝(田立の滝)〈百〉
43. 無名滝(螺旋滝下流左岸)
44. 無名滝(洗心滝下流)
45. 洗心滝(田立の滝)〈百〉
46. 霧ヶ滝(田立の滝)〈百〉
47. 天河滝(田立の滝)〈百〉
48. 牛ヶ滝(柿其渓谷)
49. ヒヤの滝(柿其渓谷)
50. 無名滝(霧ヶ滝下流)(柿其渓谷)
51. 霧ヶ滝(柿其渓谷)
52. ねじだる(柿其渓谷)
53. 無名滝(ねじだるより遠望)(柿其渓谷)
54. 虹ヶ滝(柿其渓谷)
55. 新九郎の滝
56. 大明神滝
57. 禍誤除けの滝
58. 信玄滝

【静岡県】
01. 白糸の滝〈百〉
02. 音止の滝〈百〉
03. 浄蓮の滝〈百〉
04. 安倍の大滝〈百〉
05. 赤水の滝
06. 三段の滝

【岐阜県】
01. 平湯大滝〈百〉
02. 白水の滝
03. 養老の滝〈百〉
04. 阿弥陀ヶ滝〈百〉
05. 仙樽の滝(付知峡)
06. 不動滝(付知峡)
07. 観音滝(付知峡)
08. 高樽の滝(付知峡・高樽谷)
09. 竜神の滝(夕森公園)
10. 忘鱗の滝(夕森公園)
11. 銅穴の滝(夕森公園)
12. アゼ滝(夕森公園)
13. 銚子滝
14. 阿多野郷川東谷大滝
15. 根尾の滝〈百〉
16. あかがねとよ
17. 唐谷滝
18. 三ツ滝

【愛知県】
01. 下石の滝
02. 亀石の滝
03. 阿寺の七滝〈百〉
04. 百間滝

【富山県】
01. 称名滝〈百〉
02. ハンノキ滝

【石川県】
01. シリタカ滝
02. 三味線の滝
03. 岩底の滝
04. かもしか滝
05. 小親谷の滝
06. 無名滝(三味線の滝上流右岸)
07. 無名滝(小親谷下流左岸)
08. 無名滝(親谷上流左岸)
09. 姥ヶ滝〈百〉
10. ふくべ大滝
11. 不動滝(白山)
12. 無名滝(蛇谷支流)

【福井県】
01. 龍双ヶ滝〈百〉
02. 仏御前の滝
03. 七反滝

【三重県】
01. 布引の滝〈百〉
02. 荒滝
03. 松山滝
04. 七ツ釜滝〈百〉
05. 千尋滝
06. ニコニコ滝群F1

【滋賀県】
01. 楊梅の滝

【大阪府】
01. 箕面の滝〈百〉

【和歌山県】
01. 宝龍滝
02. 那智の滝〈百〉
03. 桑ノ木の滝〈百〉
04. 鼻白滝
05. 白見滝
06. 無名滝(鼻白滝観瀑所より遠望)
07. 八草の滝〈百〉

【兵庫県】
01. 布引の滝・雌滝〈百〉
02. 布引の滝・夫婦滝〈百〉
03. 布引の滝・雄滝〈百〉
04. 霧ヶ滝(扇ノ山)
05. 魚止めの滝(霧ヶ滝渓谷)
06. 絹糸の滝(霧ヶ滝渓谷)
07. 天滝〈百〉
08. 夫婦滝(天滝渓谷)
09. 糸滝(天滝渓谷)
10. 鼓ヶ滝(天滝渓谷)
11. 猿尾滝〈百〉
12. 原不動滝〈百〉

【鳥取県】
01. 雨滝〈百〉
02. 布引の滝

【徳島県】
01. 轟本滝(轟九十九滝)〈百〉
02. 二重滝(轟九十九滝)〈百〉
03. 横見滝(轟九十九滝)〈百〉
04. 丸渕滝(轟九十九滝)〈百〉
05. 鳥返し滝(轟九十九滝)〈百〉
06. 鍋割滝(轟九十九滝)〈百〉
07. 雨乞の滝・雄滝〈百〉
08. 雨乞の滝・雌滝〈百〉
09. 大釜の滝〈百〉


〈百〉マークは、「日本の滝・百選」に選ばれている滝。


皆様にご活用頂ければ、この上ない幸いです。




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
-- 続きを読む --
tb: 0 |  cm: 0
go page top

【INDEX】 落差 【TOP30】

一部で落差至上主義を掲げる 「Waterfalls in Japan」 といたしましては、
今年も、訪問済みの巨瀑について、落差ランキングを作成いたします。



記念企画_阿多野郷川東谷大滝_その5
【阿多野郷川東谷大滝・右岸瀑概観】




【INDEX】
【訪問済み巨大瀑布・落差ランキング・TOP30】  2014年6月23日現在

01位 500m ハンノキ滝
01位 500m 無名滝(梅花皮大滝右岸)

03位 350m 称名滝

04位 270m 羽衣の滝(天人峡)

05位 205m 梅花皮大滝

06位 181m 三階の滝

07位 180m 八滝(松川渓谷)

08位 150m 見返り滝

09位 140m 千尋滝(大杉谷)

10位 133m 那智の滝

11位 130m 七ツ釜滝(大杉谷)

12位 123m 白糸の滝

13位 121m 北精進ヶ滝

14位 120m 袋田の滝

15位 111m 姥ヶ滝

16位 107m 澗満滝

17位 105m 宝龍滝

18位 104m 銀河の滝(層雲峡) 晴

19位 100m 九階滝
19位 100m 白糸の滝(安の滝右岸)
19位 100m 茶釜の滝
19位 100m 布滝(滑川大滝左岸)
19位 100m 赤滝
19位 100m 黒滝
19位 100m 雲間の滝
19位 100m 阿多野郷川東谷大滝
19位 100m シリタカ滝
19位 100m 仏御前の滝

29位 98m 華厳の滝 初春初秋
29位 98m 天滝




今年も、巨瀑の訪問数が増えることを願いつつ……。




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

【INDEX】 訪問済み 【百選の滝】

次男君の「夏休みの自由研究」から始まった当ブログ、 「Waterfalls in Japan」 は、
まもなく、開設四周年を迎えます。

これもひとえに、当ブログをご訪問下さる皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。

本年も、「御礼・ブログオープン・4周年記念」と題し、
その企画第一弾として、
訪問済み「日本の滝・百選」一覧表を作成してみました。


記念企画_根尾の滝_その5
【根尾の滝・下部】



【INDEX】
訪問済み【百選の滝】  2014年6月22日現在


【北海道】
オシンコシンの滝
銀河の滝(層雲峡)
流星の滝(層雲峡)
羽衣の滝(天人峡)

【秋田県】
法体の滝
七滝
安の滝
茶釜の滝

【岩手県】
不動の滝

【山形県】
滑川大滝
白糸の滝
七ツ滝 夏

【宮城県】
秋保大滝
三階の滝

【福島県】
乙字ヶ滝
三条の滝
銚子ヶ滝

【栃木県】
華厳の滝 初春初秋
霧降の滝 初秋

【群馬県】
吹割の滝
棚下不動の滝・雄滝

【茨城県】
袋田の滝

【埼玉県】
丸神の滝

【東京都】
払沢の滝

【神奈川県】
洒水の滝
早戸大滝

【山梨県】
北精進ヶ滝
七ツ釜五段の滝
仙娥滝

【新潟県】
鈴ヶ滝
苗名滝
惣滝

【長野県】
三本滝・本沢の滝 初夏盛夏
三本滝・黒沢の滝 初夏盛夏
三本滝・無名沢の滝 初夏盛夏
不動滝(米子大瀑布) 春
権現滝(米子大瀑布) 春
うるう滝(田立の滝)
螺旋滝(田立の滝)
洗心滝(田立の滝)
霧ヶ滝(田立の滝)
天河滝(田立の滝)

【静岡県】
白糸の滝
音止の滝
浄蓮の滝
安倍の大滝

【岐阜県】
平湯大滝 夏
養老の滝
阿弥陀ヶ滝
根尾の滝

【愛知県】
阿寺の七滝

【富山県】
称名滝

【石川県】
姥ヶ滝

【福井県】
龍双ヶ滝

【三重県】
布引の滝
七ツ釜滝

【大阪府】
箕面の滝

【和歌山県】
那智の滝
桑ノ木の滝
八草の滝

【兵庫県】
布引の滝・雌滝
布引の滝・夫婦滝
布引の滝・雄滝
天滝
猿尾滝
原不動滝

【鳥取県】
雨滝

【徳島県】
轟本滝(轟九十九滝)
二重滝(轟九十九滝)
横見滝(轟九十九滝)
丸渕滝(轟九十九滝)
鳥返し滝(轟九十九滝)
鍋割滝(轟九十九滝)
雨乞の滝・雄滝
雨乞の滝・雌滝
大釜の滝




今年の百選滝の訪問増加数は6ヶ所。合計で59ヶ所となりました!

う~む。
百選滝の訪瀑ペースが、だんだんと鈍ってきました……orz




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

隠れた本命

雨乞の滝・雌滝は、
本瀑であると思われる直瀑を挟んで、上下それぞれに斜瀑を持つ複合瀑布です。

俺:「写真でみるとアレだが、実際は、上段の斜瀑がかなりデカイんだ」
子:「ふ~む」

雨乞の滝・雌滝_その1
雨乞の滝・雌滝(落差45m)全景】  (徳島県名西郡神山町神領高根 『高根谷川』

娘:「ねね、この、下の斜瀑の左側にあるロープみたいのは何?」
子:「なんだろ。導水管にしては細すぎるな……」

恐らくそれは、本瀑直下へ行くために取りつけられた、補助用の鎖ではないかと思われます。

娘:「え?登ってみた?」
俺:「行くワケないだろ」
娘:「なんで?」
俺:「夕刻で、谷も暗くなり始めてたし……」

何より直瀑下に立つと、上段斜瀑が見えなくなってしまうからです。

妻:「その、上段斜瀑へのこだわりはなんなの?」
俺:「フ、見よ!」

雨乞の滝・雌滝_その3
【雨乞の滝・雌滝・本瀑アップと上段斜瀑遠望】

子:「おお!チラッとヒョングリが見える!」
妻:「なるほど、キレイな放物線」
娘:「落口が、すごく高いところにあるね!」

映像を拡大すると、上段部は、かなり奥の高所から瀑水が飛び出して、
そのあと、相当な規模の斜瀑になっている様子がわかります。

俺:「どや。こうして見ると、雨乞の滝・雌滝本命が、上段斜瀑ということが分かるだろう」
妻:「そうね」
娘:「でも、主役が隠れてるなんて、おかしくない?」
俺:「そうは言ったって、下から仰ぎ見るだけだから、仕方ないぞ」
子:「どこか他に、観瀑ポイントはなかったのか?」
俺:「上から鳥瞰するのが一番なんだが……」

うん。
ロープウェイみたいに、人工的に上空から見えるようにしないと、無理でしょうな。

雨乞の滝・雌滝_その2
【雨乞の滝・雌滝・滝壺アップ】

俺:「それに、雨乞の滝の、もう一つの本命は、この鮮烈な清水だからな」

すると、またまた勉強の手を止めて、長男君が話に割り込んできました。

兄:「ああ、それはパンモロ理論でダメだわ」
子&妻&俺:「「はあ?」」
娘:「なにコイツ、頭湧いてんの?」

また、ワケのわからんことをほざき出したぞ。

兄:「パンツは隠れているから神々しいのであって、モロ見えはドン引きするものだ」
娘&妻:「……」
兄:「チラリズムこそ神!」


沈黙。




人気ブログランキングへ
子:「……兄貴」
↑こちらをクリック!
tb: 1 |  cm: 0
go page top

ロマン

俺:「こ、これは……」

眼下に大釜の滝が見えた時、わたくしは、言葉を失ってしまいました。

大釜の滝_その2
大釜の滝(落差20m)・全景】  (徳島県那賀郡那賀町沢谷 『釜ケ谷川』

さほど落差があるワケではないものの、形のキレイな直瀑と、
深い碧色をした大きな釜。

娘:「なんか深そうだ……」

ビデオで見ても、充分に、滝壺の底知れぬ感じが伝わってきます。

娘:「凄みがある釜だね……」
子:「コレ、滝の流身より、むしろ釜が主役じゃん?」
妻:「大釜の名は、伊達じゃないわ」

大釜の滝_その1
【大釜の滝・遠景】

俺:「おまえら、大釜の下流、向かって右を見てみろ」
娘:「流木が引っ掛かってるよ」
子:「大水の際は、あそこまで渦を巻くということかっ!」

そうなのです。
どうみても、水流で磨かれたとしか思えない流木が、
濁流に巻き込まれたとしか考えられない位置に引っ掛かってる。

妻:「四国は台風のメッカだし、大雨の際は、信じられないような激流になるのね」
子:「釜も、磨かれて深くなるワケだ」
俺:「大明神滝じゃないけど、この下流側の釜もどきが、昔の滝壺だったのかもな」
子:「うお、その可能性は高いな!」
娘:「ねね、どれくらい昔のコトかな~」

う~ん、どれくらいの歳月を重ねれば、旧釜から新釜に変遷し、
さらに現在の釜が、ここまで深く抉られるようになるのだろうか……。

想像もつきません。

子:「大自然のロマン
俺:「まさしくロマンだ」
娘:「緑が美しいし」
子:「出色の百選滝だぜ、コレ!」

大釜の滝_その3
【大釜の滝・滝壺アップ】

娘:「この映像でも、既に、充分な水量があるよ?」
子:「普段からコレかと思うと、感慨深いじゃん」
妻:「四国は自然が豊かなのね」

すると突然、勉強の手を止めた長男君が語り掛けてきました。

兄:「ロマンの滝にして、滝のロマン」
子&俺:「「はい?」」
兄:「つまり、古典派でもなく、合理派でもない」
娘&妻:「「はあ…」」
兄:「大釜の滝は、ロマン派だな」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

神聖なる空間

俺:「轟本滝第一印象はだな…」
子&娘:「うん」
俺:「神聖なる空間だ」

轟本滝_その1
轟九十九滝・本滝(落差58m)・全景】  (徳島県海部郡海陽町平井 『王餘魚谷(かれいたに)

実はわたくし、
轟本滝を訪瀑するにあたり、かなりの事前調査をしました。

俺:(むう。ひょっとしたら、滝壺のゴルジュを泳げるかもしれないな)

そうなのです。
「峡谷の薄暗く狭いゴルジュを泳いでみたい!」というのは、
最近、滝見のためにナンチャッテ沢登りを始めた、わたくしの野望でもありました。

娘:「で、泳げた?」
俺:「……」

ところが、轟本滝前に到着すると、まず、眼に飛び込んでくるのが、
滝壺ゴルジュの結界を護るように張られたしめ縄

俺:「これ、どう見ても、神様の依り代じゃん……」

わたくしの、いかにもアウトドアしてますって格好で、この結界に踏み入るのは、
人として大切な何かを捨ててしまうような恐怖を覚えます。

娘:「つまり、どゆこと?」
俺:「轟本滝ゴルジュは、宗教家が神と語らう神聖な場所だったのだ」
娘:「泳げるような空気じゃなかったワケだ」
俺:「そういうこと」
子:「結界の中では、おやじが、穢れそのものになっちゃうのか……」

次男君、あなた、ちょっと黙っててくれませんかね。

轟本滝_その3
【轟本滝・滝壺アップ】

そして、もう一つ、強く印象に残ったのは落差

俺:「これ、どう見ても、落差58m無いじゃん……」

この、公称落差との激しい違和感は、茶釜の滝レベル
一体何を持って58mとしたのか、理解に苦しみます。

子:「ふむ。だいたい、どれくらいの高さに見えたの?」
俺:「せいぜい30mだな」
娘:「えええっ! 詐欺じゃん!」

厳しい見方をすれば、20mでも通用しそうな感じです。
手元に、簡易のレーザー測量器でもあればよかったのですが……。

子:「あれ? でも、おやじ、簡易高度計なら持ってたんじゃね?」

あのな。
それだと、轟本滝の落口に立たなければならないでしょうが!

俺:「そんな、聖域を穢すようなこと、できるワケないだろ」

轟本滝_その4
【轟本滝・遠景】

俺:「二重滝とダブルカウントした落差が58mとかな」
娘:「それが二重滝とのハーモニーってこと?」

うん、ねえな。

子:「いやむしろ、轟九十九滝全十滝で58m……」
娘:「ホントに?」
子:「なワケないね」
俺:「そうね」
娘:「じゃあ、神秘的な美しさが、落差を高く見せてるとか……」


間。


俺:「それだよ」
子:「ほんと神秘的だねえ」
娘:「神聖なる空間の力だね」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示