04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

二重奏

娘:「真ん中の岩がビミョ~」
妻:「せっかくの滝が、左右に分断されて、サイズダウンしてる感じ」
俺:「おかげで、落差が15mもある滝には見えんかったのよ」

二重滝_その1
二重滝(落差15m)・概観】  (徳島県海部郡海陽町平井 『王餘魚谷(かれいたに)

轟九十九滝の一つである「二重滝」は、幅広な夫婦タイプの滝。
なので、一条瀑のように、
瀑水が落口の一点に集約されてドドーッと噴き出すみたいな、スペクタクル感が余りありません。

子:「でも、滝見ってさ、弱点じゃなくて、長所を見つけ出して、それを楽しむ方がお徳だろ」
俺:「ほう」
妻:「言えてるわね」
娘:「じゃ、この滝なら、幅広なスケール感に注目したらいいの?」
俺:「え? 幅なの?」

むしろ、わたくしの目には、
中央の屹立した巨岩こそ、二重滝主役に見えますが……。

妻:「岩を楽しむって……意味ないわね」
子:「やはり、滝の存在意義は、落差に収斂されるということか……」
娘:「その極論は、あんただけじゃ!」

二重滝_その2
【二重滝・左岸瀑】

俺:「でも、滝のひとつひとつは、味があっていいんだよ」
娘:「そうかな」
妻:「そうかもね」

そう!
ここは、二つの滝が、二重奏を奏でていると思ったらどうだろう?

娘:「あっ、ハーモニー!それいいかも!」
子:「自然の調和力か! 目の付けどころがスルドイな、おやじ!」

だから、オヤジ言うなや。

二重滝_その3
【二重滝・右岸瀑】

そして、二重滝のすぐ下には、轟九十九滝本滝が懸かっています。

俺:「であるならば、二重滝轟本滝もまた、ひとつのハーモニーだとは思わないか?」
子:「おう! いよいよ轟本滝だな!」
娘:「ねね、お父さん、映像を早く!」




人気ブログランキングへ
次回クライマックス!
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

横顔美人

轟九十九滝は、上流から順に

【轟九十九滝】
*1. 鍋割滝
*2. 三十三才滝(みそさざいたき)
*3. 大烏小烏滝(おおがらすこがらすたき)
*4. 鳥返し滝
*5. 丸渕滝
*6. 船滝
*7. 横見滝
*8. 不動滝
*9. 二重滝
10. 轟本滝           ※太字は、今回訪瀑した滝。


の10滝で構成されています。

横見滝_その1
横見滝(落差10m)・全景】  (徳島県海部郡海陽町平井 『王餘魚谷(かれいたに)

娘:「船滝が、ゴルジュの中にあって、観瀑が難しいというのはわかったよ」
俺:「おう」
娘:「だけど、他の、さんじゅうさんさい滝…?」
俺:「ミソサザイタキと読む」
娘:「そう、それとか、おおとりことり滝…」
俺:「オオガラスコガラスタキ」
娘:「そう、そのカラスとか、どうなったの?」

この二滝については、正確な場所がハッキリせず、
案内看板も無く、
ついぞ辿り着くことができませんでした。

娘:「そういうこともあるのか~」
子:「ふむ。いわゆる雑魚滝だったワケ?」

知らねえよ。

横見滝_その2
【横見滝・落口アップ】

妻:「ひょっとして、お父さんの事だから、自分の好きな滝しか観てきていないんじゃない?」
兄:「うは、それじゃね?」
娘:「え、そうなの?」
俺:「いやまあ…」
子:「オヤジ、照れる所じゃない」

別に、選り好みしたワケではなく、ただ単に行き着けなかっただけなのです。
しかし、言われてみれば、確かに観瀑した6瀑布のうち、
鍋割滝鳥返し滝横見滝轟本滝の4瀑布が、わたくし好みの直瀑。

俺:「横見滝なんか、参道から見ると、虹が出てたんだ」
兄:「見りゃわかる」
俺:「これが、正面に回ると、消えるんだよ」
妻:「だから、前からの映像が無いのね」
娘:「ああ、そっか」
子:「まさしく横見だねえ」

横見滝_その3
【横見滝・滝壺アップ】

兄:「ま、横顔美人が、向かい合うと残念だったりするのは、世の常だし」

ねえよ。

妻:「なるほど、横見滝ね」
子:「命名した人も、きっと、同じことを思ったに違いない」
娘:「つまり、虹が生まれるための、陽の差し込む角度が、横の参道からだとピッタシってことだ」
子:「それ!」
俺:「だけど、お母さんは、横からも前からも美しいぞ?」


沈黙。


兄:「ドウモ、ゴチソウサマデス」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

可能性

俺:「轟九十九滝は、丸渕滝のあたりに、滝が集中しているんだよ」

そう、
上流から順に、鳥返し滝丸渕滝船滝横見滝と、四つの滝が続きます。

娘:「それって、お手軽ってこと?」
俺:「どうだろ。まあ、カメラマンは多かった」
子:「いわゆる連瀑帯か……フム」

丸渕滝_その1
丸渕滝(落差15m)・概観】  (徳島県海部郡海陽町平井 『王餘魚谷』(かれいたに)

ここ「丸渕滝」でも、
鳥返し滝と同じく、幾人かのカメラマンの方々と、ご一緒させて頂きました。

俺:「結構な山奥なのに、写真撮影待ちの行列だぜ?」
娘:「いったい何人いたの?」
俺:「二人だったか……」
子:「行列って言わんだろ!」

前の方の撮影が終わるまで、水分を補給しながら、休憩を取るわたくし。

丸渕滝_その2
【丸渕滝・落口付近】

娘:「ねね、滝がたくさんあると、いろいろ比較できて楽しいね」
子:「それそれ! 我が家の轟九十九滝番付とか、作ってみるか?」
娘:「いいねいいね!」
妻:「ちなみに、あなたは、どの滝が一番だったの?」
俺:「あ~」

スミマセン。
実は、全ての滝を観瀑できたワケではないのです。

子:「なんだとう?」
俺:「いやいや、丸渕滝すぐ下の船滝なんだけど!」
子:「おう」
俺:「ゴルジュの中に懸かっていてね…」
子:「お…」
俺:「対岸に渡らないと、全景が見渡せないんだよ」

残念ながら、当日のわたくしは、ハーネスやロープの類を持ってきていなかったため、
リスクを冒して対岸の岩場を登攀し、船滝を見るようなことはしませんでした。

しかも、この船滝、まさしく、すぐ丸渕滝の下流に続いているため、
わたくしの眼には、一つの滝の、上段部と下段部に見えます。

娘:「丸渕滝が上段部で、船滝が下段部ってこと?」
俺:「そう。ひょっとしたら、この丸渕・船滝の全景こそ、王餘魚谷のハイライトかも知れんのだ」
子:「ほう!」
娘:「そんなに迫力あったんだ?」
俺:「凄かった。いかにも秘滝って感じだぞ」
子:「そうなのか……」

ムムムと唸る次男君。

子:「その全景っての、ぜひ、観てみたいなあ!」




人気ブログランキングへ
まあ、いずれ、未来のどこかでね…
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

俺:「鍋割滝では、観瀑してるのは、俺一人だったんだがね…」
子&娘:「うん」
俺:「ひとつ下流の鳥返し滝までくると、結構な数のカメラマンがいたな」
子:「ふ~ん」
娘:「なんでだろ?」

鳥返し滝_その3
鳥返し滝(落差15m)・全景】  (徳島県海部郡海陽町平井 『王餘魚谷(かれいたに)

轟九十九滝のひとつ、鳥返し滝
滝の手前には、少し広めの河原があって、
入れ替わり立ち替わり、カメラを担いだシルバー世代の方がやってこられます。

子:「鍋割滝だけ離れた場所にあって、行き難いとか?」
俺:「そんなことはないと思うな」
娘:「鳥返し滝の広河原が、撮影にピッタシ?」
俺:「それだけじゃないと思うな」
子:「地元では、鳥返し滝が超人気とか?」
俺:「人気の理由はあるのか?」
子:「じゃあ、一体何なんだ」
娘:「あたし、わかったかも!」

お、何だい?

娘:「これは轟九十九滝七不思議なんだよ!」

なんだそれ……。

鳥返し滝_その2
【鳥返し滝・上段部アップ】

子:「つまり、鍋割滝には、滝好きと、ただの観光客とを分けてしまう何かがあると?」
娘:「そう!だって、そういう谷なんだし?」

いやいや、それでは鳥返し滝までしか人が来ないことの説明にはなりませんね。

子:「フム……」

それと、言っとくけど、
確かに、王餘魚谷信仰の谷ではあるけれど、
それは決して滝見道とかではないからな、断じて。

子:「案外、鍋割滝の知名度が低いだけだったりして……」
娘:「そんなことあるの?」
子:「おやじ、案内看板には何てあった?」
俺:「んなの、覚えてるワケねえだろ」

そして、おやじ呼ばわりは止めてね。

俺:「だいたい、おまえら、何か忘れてないか?」
子&娘:「なになに?」
俺:「肝心なのは、この美しい滝を楽しむことである!」

子&娘:「……」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

まさに聖地

ついに、四国に、念願の第一歩を記すことができました。

俺:「じゃーん!」

四国最初の観瀑地は、徳島県の王餘魚谷(かれいたに)
日本の滝百選にも選ばれている「轟九十九滝」が懸かる、信仰深き聖地

鍋割滝_その1
鍋割滝(落差15m)・全景】  (徳島県海部郡海陽町平井 『王餘魚谷(かれいたに)

俺:「おまえら、四国の滝見のメリットは何だと思う?」
娘:「え?何だろ~」
子:「おやじがそういう質問をするってことは、何か特殊な条件があるんだろ?」
俺:「スルドイ!」

そう!

俺:「まず、熊がいないので、熊鈴がいらないのである!」
子:「おお」
娘:「へえ」

最後に熊が目撃されてから、もう何十年にもなるらしく、
四国では、熊は、絶滅したとされています。

俺:「だから、何も知らずに、チリンチリン鈴を鳴らして歩いていると、かなり恥ずかしいのだ」
娘:「わ!お父さん、鈴着けて歩いたんだ!」

やかましいわ!

俺:「つぎに、ヤマビルがいないのである!」
子:「なんと!」
娘:「それはイイ!すっごくイイ!四国って、何気にポイント高いじゃん!」

まさに四国は、熊やヤマビルに怯えることもなく、
早朝から清々しい観瀑を楽しめる、滝の楽園なのです。

子:「それ、むしろ聖地じゃね?」

鍋割滝_その2
【鍋割滝・薄く虹】

この「鍋割滝」は、轟九十九滝の最上流に懸かる滝で、王餘魚谷の奥の宮にあたります。
右岸側の天然の岩屋に鍋割神社があって、「鍋割滝」は、さながらその御神体。

子:「滝、落差はないけど、キレイだねえ」
俺:「最奥の神域に相応しい、滝の佇まいだった」
娘:「霊験あらかた?」
俺:「そうだな。もともと四国全体が、弘法大師の拓かれた聖地だし」
妻:「いわゆる四国八十八ヶ所ね」

この王餘魚谷、
山奥にもかかわらず、環境保全のために、結構、人の手が入っていました。

俺:「もうね、谷全体が、地元の信仰を集めている感じだな」
娘:「信仰が何重にも重なってるワケだ~」

感心する子どもたち。

子:「むう。まさに聖地……




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 1 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示