FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

冬のリスク

華厳の滝から中禅寺湖の湖畔を通り抜けて、山奥へ向かって行くと、
だんだんと積雪が増してきます。

俺:「げげげ。これ、大丈夫なんやろか…」

最近、新型になった我がベンツは、一応、冬用タイヤを履いてはいます。それも4WDで。
なので、大抵のことはなんとかなるハズですが…。

俺:「雪道の走行経験が少ないことが、最大の不安要素か…」

湯滝_その1
湯滝(落差50m)・全景】  (栃木県日光市湯元 『湯川』

雪勢は衰えることなく、その後も、積雪は増え続けます。

途中、動けなくなったFF車がJAFのお世話になっていたり、
車底を、あからさまに雪がサクサクと擦るようになったりと、
否が応でも、緊張感が高まってゆく。

そして湯滝の駐車場に着く頃には、雪の深さは、なんと30cmを超えていました。

俺:「お陰さまで、あのバカ高い駐車場が、フリーでとめられたんだけどね」

湯滝の映像を見ながら呟くわたくし。

兄:「いやいやそいうい問題じゃないだろ、これ」
娘:「そう!お父さん、そいういう危ないことは止めて?」
俺:「ちゃんと無事に帰って来ただろうが」
子:「そうじゃないよ!」

急に口調を強める次男君。

子:「こういうのを見ると、おやじって、普段からこんな無茶してるんじゃないかって、みんな心配するんだよ!」
妻:「……」

う…。

むう。確かに、そうなんだけど…。
そうなんだけど!

う~む。

子どもたちの指摘には一理も二理もあって、苦しいわたくしの立場。

湯滝_その2
【湯滝・上部アップ】

俺:「しかし、リスクを冒さなければ、冬季の滝は撮影できないぞ?」

もともと、オリジナル・カレンダー作成用に、冬場の滝写真が欲しいというところから始まった話です。
そこを突いてみるわたくし。

俺:「冬の美しさを写すためには、それなりの代償が要る」
娘:「それは…そうかも知れない…」

いや、どう考えてもそうでしょ。

俺:「だって見ろ、この映像美」

次々とテレビに映し出される、雪景色の湯滝
滝音だけが響き渡る静寂。

俺:「それだけの対価を払っているからな」
子:「そう、至福の冬空間なんだよなあ」
兄:「確かに荘厳ではある」
娘:「キレイなんだけどね…」
妻:「……」

ふと、妻と視線が合います。

俺:「なんだい?」
妻:「別に、あなたがリスクを冒すくらいなら、冬の写真なんていらないわ」


沈黙。




人気ブログランキングへ
家族の愛を感じる…
↑こちらをクリック!
tb: 1 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示