02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

サギ

【拾遺 その2】

子:「ねえ、お父さん」
俺:「なんだ」
子:「親子滝みたいな、お母さんに映像を見てもらってない滝が、まだまだあるよね」

あったっけ…?

子:「ある!」
娘:「なになに?」
子:「お前も行ったろ? 安倍の大滝のついでに…」
娘:「ああ!あれでしょ」

言われてみれば…何か行ったような記憶が。

俺:「いま、思い出したわ…」
子:「ね!」

二人とも、よく覚えています。

三段の滝_その1
三段の滝(落差20m)・概観】  (静岡県静岡市葵区梅ケ島 「安倍川源流」

そう!
梅ヶ島温泉の駐車場奥から少し林道を上がったところに、「三段の滝」があります。
そう距離があるわけでもなく、比較的、お手頃な観光滝かなとは思うのですが…

娘:「名前は三段だけど、二段しかなかったヤツでしょ」
子:「いや、三段目もあった」
娘:「えええ? だってほら、映像にも写ってないじゃん」

むう…

実は、写真下のちょうど切れた辺りに、落差1m程度の、「ただの段差だよね」っていう三段目が、あることはあるのです。

娘:「落差1mって…」
俺:「そ。そういうことね」
娘:「サギだ!」

う~む。わたくしに言われても困りますが…。


【三段の滝・主瀑部アップ】

兄:「だいたい、お前らがこだわり過ぎなんだし」
娘:「そのこだわりこそ、大切なんじゃんね!」
兄:「拾遺ったって、見ろ。所詮はショボ滝。選から漏れただけのことはあるだろ」

ぐぬぬ……と黙り込むお嬢さん。

子:「お母さんは、どう思う?」
妻:「あなたたちが、頑張って撮ってきたんでしょう?」
子:「そう」
妻:「じゃあ、それでいいじゃない」
子:「…」

つまりは、詐欺だ!ってことですか…




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ブレブレ

【拾遺 その1】

乗鞍上高地から松本インターへ向かう途中、前川渡隧道を抜けてすぐの所に、「親子滝」が懸かっています。
車で走っていると、ほんの一瞬、視界を過ぎるのですが、

俺:(まあ、ショボいし、大した落差もないし、交通量の激しい国道脇だし…)

ということで、家族による「写真品評会」では、長らく伏せたまま、放置していたのでした。

子:「はあ? 実際に見てみなきゃ、本当にショボいかどうか、分かんないし」
娘:「なんで?」
子:「予想外の発見こそ、滝見の醍醐味じゃん!」
娘:「そ、そうか…」

お、
お嬢さん、久々に次男君に説得されてます。

俺:「おまえ、あのな、いや、まあ、なんだ…」
子:「なんだよ?」
俺:「車の多い国道脇の滝って、ちょっとトラウマがあるのさ」
子:「……」

親子滝
親子滝(落差10m)・概観】  (長野県松本市安曇 「前川渡隧道」出口)

そういうワケで、家族に「親子滝」の写真を公開することになったのです。

俺:「ま、いちおう写真、あることはある」

が…

子:「なんだ、あるなら見せろよ」
娘:「早く早く!」

以前にニセ雲間の滝(幻の滝)を撮影した復路で、一瞬、パシャッと撮ったヤツで、
ブレブレなんで、あまり見せたくないのです。

子:「だいたいお父さんだろ。ショボ滝にはショボ滝の魅力があるとか言ってたの!」
俺:「そうだっけ~」

すっとぼけるわたくし。
そしてテレビ画面いっぱいに、親子滝の姿が映し出されると____

娘:「これ…」
子:「これ…」


沈黙。


娘:「…ブレブレだね」
俺:「そう言ったろ」
子:「…ブレブレだし」
俺:「そう言っただろうが」


沈黙。






人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

リベンジ


そう!
それは、雲間の滝トンネルを抜けると、すぐでした。

俺:「ふおお! 瀑水が煙っとる!


雲間の滝(落差100m)・概観】  (長野県松本市安曇 『障子ヶ瀬』

我がベンツを狭い駐車スペースに停めると、見上げる絶壁の中程を、ドウドウと落水する雲間の滝・主瀑布
瀑水が、完全に宙を飛んでいるのが、枯枝を透かして垣間見えます。

何よりも感動するのは、モウモウとした飛沫が、逆光で白く光っているところ!
時間がもう少しズレると、主瀑布自体が、陽光に照らし出されて輝いて見えるに違いありません。

俺:(ちょっと時間が遅かったか…)

雲間の滝は、大きく四つの部分に分けることができるそうです。
最初の主瀑部は、二段の段瀑。
遠く宙を舞っているのは、その二段目だと思われます。

俺:「すげーな」

まさに、葉々が生い茂る前の時期だからこそ観ることのできる景色。
そして、以前、前衛滝だと思っていたのは、雲間の滝の第四部にあたる、最下段部の滝らしい。

俺:「どこかで、全景が観えるといいのに…」

一方、ニセ雲間の滝(幻の滝)は、逆光のため、すっかり影になってしまっていて、肉眼では判別不能でした。

雲間の滝_その1
【雲間の滝・主瀑布と飛沫アップ】

そして、いつものように、家族みんなに、映像にて報告会。

俺:「どうや」
子:「う~ん、惜しいゼ! 神秘の滝なのは、間違いないんだけどな」
娘:「春だなあって感じ?」
俺:「いやいや、この絶壁のスケール感だろ!」
妻:「全景が分からないわよ?」
俺:「だから、神秘の滝なんだろうがっ」
兄:「滝本体が光ってたら、完璧だったろうに」
俺:「地元民だと、滝が光り輝く瞬間ってのも狙えるんだろうが、所詮、俺ら旅行者だし!」

言葉上では、いま一つ盛り上がりに欠けてますが、
しかし、我が家にとっての長年の謎が解けて、遂に神秘のベールが明かされた、この手応え。

子:「まじ、真実って、明かされてみれば、案外あっけない」
俺:「明かされるまでの間に、期待値が上がりまくるからな」
娘:「でも、うん、いいと思う」
子:「うん、わるくはないね」
兄:「だな」

ここから先は、プロの世界ということでしょう。


【雲間の滝・最下段部アップ】

俺:「んで、これでリベンジは果たしたよな?」

子供たちに問いかけてみるわたくし。

兄:「欲を言えば、さらに雲間の滝の全貌を知りたい」
娘:「それはある!」
子:「あれだよ」

子:「リベンジの次は、リサーチ!




人気ブログランキングへ
無理を云うな…
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

僥倖


せっかく安房峠を抜けるのだから…

ということで、久々に平湯大滝に寄ってみることにしました。
前回、初めて訪瀑した時は、梅雨の真っ只中で重々しい曇天でしたが、今日は、絵に描いたような春の青空。

俺:「まあ、絵的に期待してもいいかな…」

平湯大滝_その1
平湯大滝(落差64m)・遠景】  (岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯 『平湯大滝公園』

しかしながら。

一回500円という駐車場の料金は、相変わらず理不尽に感じられる高さ。
ひとつ前回と違っていたのは、東日本大震災の影響で、足湯が閉鎖されていたこと。
使わなくなると、手入れも杜撰になるのか、すっかり痛んでしまった感じの施設。

俺:「うわ~、平湯大滝の楽しみが減ってる…」

ホント、滝の魅力を減じるものばかりが増えてしまって、どうしたものでしょう。


【平湯大滝・落口アップ】

子:「あ~、また行ったの。そう…」

で、全然、食指が動かない様子の次男君。

娘:「でも、乗鞍の近くでは、一番キレイな滝なんでしょ?」
俺:「まあ、お手軽に見れる滝の中では、そうかも知れん」
娘:「あたし、行ってみたい」
子:「いやいや。どうせ行くなら、秘瀑に行かなきゃ」

そうなのです。

乗鞍岳西麓には、結構な美瀑があちこちに懸かっているのですが、五色ヶ原などは、許可無くしては入ることができません。
五色ヶ原を巡る専門のツアーもあったりするのですが、これがまた高めの料金設定。

子:「でも、青垂の滝とか、外せない滝が多いから、いずれは行かなきゃなんないだろ」
俺:「そうなんだよ。迷うところだ」
娘:「それ、あたしにも行けそう?」
俺:「なんか、8時間は歩くらしいぞ」
娘:「…」


【平湯大滝・全景】

さて、一通り観瀑が終わり、公園内のお蕎麦屋さんで朝食を食べていると、すぐ側に座っておられた地元の方々の会話が聞こえてきました。

老男:「おまえ、それは雲間の滝じゃないずら」
若男:「じゃあ、俺が見たのは何だ」
老男:「雨の後に懸かる幻の滝ずら」
若男:「どうやったら雲間の滝は見れんだよ?」
老男:「そうだなあ。今頃のちょうど午前中がいいずら。陽の光に照らされて、滝が浮き上がって見える…」

なんだって!!!

わたくし、凄い話を聞いてしまいました。
もう、残りの蕎麦は放っておいて、とっとと会計を済ませるわたくし。
当のお二人も、驚いた様子でわたくしの方を見ています。

俺:(地元の方、ありがとう!!)

お二人に思いっきり笑顔を返すと、そのまま店を飛び出します。
これぞ僥倖!
目指すは、雲間の滝リベンジ

俺:「行っけー!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

真理の実証


先般のこと。
福井の名瀑「幻の大垂」に再挑戦してみました。

が!

これからいよいよ谷へ降る、というところで、と接近遭遇。
1時間近く睨み合った末、敢え無く敗退
天候的にも時期的にも、十年に一度のビッグ・チャンスだったので、に阻まれたショックが大きく、我がベンツに戻ってからも、しばらくボーッとしてました。

俺:「くそう…」

そのまま東海北陸自動車道に乗ってしまうのもシャクだったので、高山まで出て安房峠を越え、松本から中央自動車道に入ることにしました。

銚子ヶ滝@飛騨_その1
銚子滝(落差25m)・全景】  (岐阜県高山市丹生川町旗鉾 『銚子谷』

娘:「これはキレイ」

そう、ところがです。

道中、安房峠の手前、国道158号線に「銚子滝」の看板が出ているのを発見。
破れかぶれな気分のまま、谷沿いの道に、我がベンツを乗り入れます。

そしたら、こんな所に、存外に良い滝!

俺:「これは、棚からボタ餅だった」
子:「晩春という時期もアタリだったんだよ」
娘:「なんで?」
子:「雪解けで、滝の水量が増えるだろ」
娘:「そうか!」

この瀑水の鮮烈な印象は、スロー・シャッターによる優しい感じの写真より、高速シャッターでもって、滝の荒々しい一瞬を切り取った方が、より近いだろうと思います。


【銚子滝・横から】

娘:「前に、似たような名前の滝がなかった?」
子:「銚子ヶ滝のこと?」
俺:「ああ、アレかあ」

銚子ヶ滝は、福島県にある、美しい森に囲まれた百選滝ですね。
あそこでは、痛めたヒザがジンジンと響いて、随分、苦労した記憶があります。

子:「季節もあるだろうけど、やっぱ、こちらの滝の方が開放的だな」
娘:「だね。明るいし」
子:「僕、好みかも」
娘:「あたしも好き」

ふむ。
確かに、乗鞍の滝!って感じではありました。

銚子ヶ滝@飛騨_その3
【銚子滝・滝壺】

娘:「この滝、あたしでも行けそうな滝?」
俺:「余裕やな」

谷沿いの道はしっかりと整備されており、観光名所の一つになっています。
なにせ、わたくしが観瀑した時は、イタリアから来たと思われるご家族とすれ違いましたから。

子:「なんで、そんなにインターナショナル!」
俺:「上高地や高山の温泉街が近いし、ちょっと足を延ばすだけでいいからな」

そう。
乗鞍岳の西麓(岐阜県側)で、最も気軽に観れる滝の一つだと断言できます。

娘:「あたし、行ってみたいなあ」
俺:「そのうちにな」
子:「ま、幻の大垂は惜しかったけど、悪いことばかりじゃないねえ」
俺:「ふむ」

フッと笑う次男君。

子:「『一つの扉が閉まっても、別の扉が開く』という人生の真理が、また実証された




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示