12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

いらんし!!

先秋のこと。

新潟県の新発田市に行く機会があって、翌日が休日だったこともあり、強行軍ではありましたが、再び、飯豊温泉に立ち寄りました。

主な目的は、湯治と「旭又滝」の観瀑。


旭又滝(落差15m)・全景】山形県西置賜郡小国町小玉川 『旭又沢』

俺:「旭又滝って、ものの本によると、結構、美しい滝だったらしいわ」
子:「なんで過去形?」
俺:「いやあ、実際に目の当たりにしたら、とても美瀑とは思えんかったから」
娘:「そんなの、紅葉がマダラで汚いからでしょ」
子:「確かに。写真を見れば一目瞭然だね」

まあね。

子:「これ、梅花皮大滝(かいらぎおおたき)の時と同じ夏場の写真は?」
俺:「夏は、モウモウとした草木が邪魔で、写真なんか撮れんかったなあ」
子:「それ、滝の立地条件が問題ってこと?」
俺:「は?」

立地条件て。
不動産じゃないんだし。

娘:「そもそも旭又滝って、どこにかかってるの?」

それそれ!
旭又沢玉川との出合です。ここに懸かっているのが旭又滝ですよ。

わたくし、対岸の道路から撮影したんですが、
夏場は、残念ながら、葉々の隙間からチラチラ覗ける程度でした。

娘:「やっぱり。あたしが推理した通り!」

まて。
そもそも、あなたの推理とやらを聞いていないぞ。

子:「それじゃあ、後出しジャンケンと変わらんじゃん」
娘:「ぶう…」


【旭又沢大滝(落差35m)・遠望】

俺:「じゃ、おまえら、ここでとっておきを開示しよう」
子:「おおおお?」
娘:「なになに?」
俺:「旭又滝を超える大瀑、『旭又沢大滝』の映像を喰らえ!」

この滝は旭又沢の中程に懸かっていて、
道路から望めます。

子:「いや、遠望だし!」
娘:「ちっちゃいし!」
俺:「いやいやいやいや! まずは、このスケール感を感じ取ってくれよ!!」
娘:「はあ? この滝こそ、紅葉の画像はないの?」

すみません、ありません。
秋になると、こちらの大滝は、
遠目には、ほとんど涸れ滝になってしまうからです。

子:「なんだ。映像としては、どれもイマイチ…」
娘:「ドンマイ過ぎるね」

ぐぬぬ。

俺:「しかたがあるまい」

ならば、わたくしが飯豊温泉に浸かった話を…

子&娘:「「いらんし!!」」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

季節滝

【秘瀑探検 その3】

日本で最大の落差を誇っている滝は、富山県の「称名滝」
落差は350mあります。

ただこれは、あくまでも条件付の最大落差であって、「常時、一定の水流がある」ことを前提とした話。
この前提条件を取っ払うと、季節によって涸れ滝になったり、立派な滝になったりする、いわゆる「季節滝」が、結構、落差ランキングに入ってきます。

最も有名なところでは、称名滝の左岸側にV字のように懸かる、落差500mの「ハンノキ滝」

それ以外にも、次男君の研究ノートをめくると、
谷川岳一ノ倉沢滝沢に懸かる、落差560mの「滝沢の滝」
そして、梅花皮大滝(かいらぎおおたき)F3滝壺に、右岸側から落ちてくる、落差500mの「無名滝」などがあります。

俺:「こうやって見ると、落差の大きな滝が、結構、日本にもあるんだなあ」
娘:「どうやって調べたの?」
子:「ネット」

フフフと胸を張る次男君。

最近の小学校は図書館でネットができるようです。
もっとも、目的を持った高学年限定らしいのですが。

子:「ところでもちろん梅花皮大滝500m無名滝、撮って来てくれたよね?」
俺:「うん。まあな」
子:「よっしゃあ!」
娘:「見せて見せて!」

無名滝@梅花皮大滝_その1
滝沢右岸・無名滝(目測落差500m)・下部概観】  (山形県西置賜郡小国町小玉川 『滝沢』

子:「ふおお、糸のような流身だ!」

残念ながら、滝の上部が、手前の樹木に隠れてしまっていたので、
全景を上手く収めることができませんでした。

なので、わたくしとしては、あまり見せたくない写真なんですけど。

子:「やっぱ、すげえスケールだわ」
娘:「ねね、梅花皮大滝が小っちゃく見える~」

それでも、喜んでもらえて何よりです。


【石転ビ沢雪渓と、中央に北股岳(2025m)、左に梅花皮岳(2003m)】

妻:「雪渓がキレイね」

こちらは、同じ梅花皮大滝滝見場から見た、石転ビ沢雪渓

兄:「こういうの見ると、山登りに行きたくなんない?」
子:「ボクは、山登りに興味はない」
娘:「やっぱ滝だよね」
兄:「まあ、オレも滝派だけどな」

だったら言うなよ。

娘:「ねね、あたし、季節滝っていうの、初めて知った」
兄:「この雪渓も、解けると、滝になったりするワケ?」
子:「しないと思う。傾斜が緩いし」
俺:「ただ、沢の上部には、雪渓がなくなると現れる黒滝っていう小滝ならあるぞ」
兄:「小滝に用ないし」

左右に手を振る長男君。

子:「まだまだ知られてない滝って、ほんと、たっくさんあるんだろうなあ」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ピンポーン

【秘瀑探検 その2】

子:「こんな巨瀑が、なぜ、日本の滝・百選に選ばれていない…」
娘:「理不尽だよね」
兄:「おまえ、理不尽の意味分かって言ってる?」
娘:「バカにすんな」
子:「まあまあ兄貴。結果としては正しく使ってるんだから」
娘:「バカにすんな!!」

飯豊山系の扇ノ地紙にいたる登山ルートに、飯豊温泉発「梶川尾根コース」があります。
この尾根コースを2時間ほど登った所にある「滝見場」

この滝見場に到達した時、
幻の大滝とも云われる「梅花皮大滝」(かいらぎおおたき)を眼下に見下ろしながら、
わたくしは、沈没寸前のヘロヘロ状態。

当然の如く、帰宅後も、筋肉痛でしっかり丸一日寝込みました。


梅花皮大滝(落差205m)・全景アップ】  (山形県西置賜郡小国町小玉川 『滝沢』

子:「何がそんなに大変だった?」
俺:「まず、梶川尾根の登り始めが萎える」
娘:「どして?」

どしてって…。
それは、一瞬、『ロック・クライミングですか!』と思ってしまうような急登だからです。

娘:「お母さんには無理な感じ?」
俺:「余裕でムリです」
子:「ロープとかないの?」
俺:「あることはあったが…」
娘:「ショボいロープとか?」

う~ん、ショボくはない…デス。
一応、使えるロープなんですが、ただ、手が泥だらけになります。

俺:「さらに、尾根に上がった後も、激しいアップ・ダウンで体力を消耗する」
みんな:「ふ~ん」

まず、湯沢峰まで登りつめると、そのあと、コルへ向かって結構下ります。
そしてそこから、梶川峰を目指して、再び登ってゆく途中にあるのが、この「滝見場」

わたくし、このアップ・ダウンにやられました。


【梅花皮大滝・F6・アップ】

ところで、梅花皮大滝の観瀑ポイントは二つあります。

ひとつは、よく知られた、この梶川尾根滝見場(1145m)。
もう一つは、あまり知られていない倉手山(953m)の山頂尾根

実は、倉手山の方が、アプローチが短くお手頃で、
しかも、梅花皮大滝最大のF6を、真正面から全景で観瀑できるため、
当初は、こちらに行くつもりでした。

ところが、倉手山を尾根道まで上がり、いよいよ山頂へ向かうところで、スズメバチが巨大な巣をつくっておりました。
登山道の入口に、一応、手書きの警告看板がぶら下がっていたのですが、
単純に「気をつけてください」みたいな書き方だったので、「ま、いけるだろ」と踏んで登ってみたのです。

俺:「ところがな、尾根道を踏みしめる度に、その僅かな振動を感じて、巣から、スズメバチがワラワラと飛び出してくるんだ」
子:「うげげ!」
俺:「仕舞いには、二匹ばかり、俺の目の前でホバリングしながら、キバをカチカチと鳴らし出した」
子:「知ってる。それって、スズメバチの警告だろ!」

そう!
スズメバチがホバリングし始めたら、極めて危険

俺:「というワケで、倉手山は諦めた」
子&娘:「うわ、もったいな~」


【梅花皮大滝・遠景】

妻:「じゃあ、なあに、山を二往復したってことなの?」
俺:「そうです」
娘:「お父さん、無茶ブリだ」
俺:「そうね」
兄:「いや、せっかく行ったのに、戦果なしではイカンでしょ」
俺:「そうだな」
妻:「安全第一なんだから、倉手山はパスでよかったんじゃない?」

う~ん。
でも、やっぱりF6を正面から観てみたかったです。

娘:「ってことは、だいぶ前に、お父さんが筋肉痛で寝込んでたアレは…」
子:「梅花皮大滝だったのか!」

俺:「ピンポ~ン!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 4
go page top

至宝

【秘瀑探検 その1】

この大伽藍

俺:「なんという景色…」

言葉を失うわたくし。


大倉小滝(落差58m)・遠景】  (福島県耶麻郡猪苗代町若宮吾妻山甲 『大倉川』

わたくし、実は、先々夏に三条の滝訪瀑を果たしました。

色々と事件はあったものの、無事、この難滝を制覇したことは、自分にとって、ささやかな自信となっていました。

子:「で、この大倉小滝なんだけど…」
俺:「大倉小滝?」

いつもの滝本を広げながら、わたくしに話しかけてくる次男君。

子:「アプローチが、三条の滝とそっくりなんだって」
俺:「なんと!」
子:「行ってみない?」

うおお!
そんなこと言われると、思わず食指が動いてしまいますな。

俺:「見せてみ」

早速、次男君の開いたページをのぞきこむ___

俺:「ちょっと待てや。おまえ、これ、特設ページじゃねえか!」
子:「ムフ」

そうなのです。
それも、吾妻山系南麓に懸かる、
一般人にはアプローチできない「秘境の滝」

子:「どう?」
俺:「アホか。ムリムリ」
子:「やっぱり…」

だったら聞くなや。

子:「あああ、行ってみたいんだけどなあ」

大倉小滝_その5
大倉小滝・落口アップ】

ところが話は急転直下。

先夏に、突然、「行くしかない」と言わんばかりのビッグ・チャンスが訪れたのでした。
(もちろん、行ったのはわたくし単独)

で、結論から申し上げると…

浄土平鎌沼まで・・・・・家族全員で行けそう。

駕篭山稲荷神社まで・・・妻以外なら、長男君・次男君・娘でも大丈夫そう。
  (ただし、わたくしによる道案内は必須)

大倉小滝まで・・・・・・・・・長男君・次男君なら大丈夫か。
  (ただし、さらに、ロープ・ハーネス・ヘルメットなどの安全具が必須)

こんな感じでしょうか。

道中は、結構、赤テープがあって、しっかりとした踏み跡もあるので、
山慣れた方なら、なんとか大倉小滝に辿りつけるのではないかと思います。

ただ、最後の大倉川床に降りるところは、ギリギリでロープが要らないくらいの、急なガレ沢斜面なので、
「三点支持」と言われてすぐにピンと来ない、わたくしの妻のような方は、
素直に諦めた方が良いと思います。


【大倉小滝・全景】  (次男君認定・ベストショット)

俺:「当日は、午後から土砂降りの予報だったので、滝前には30分しか居れなかったんだよな」
子:「うわ、もったいね~」

実際、復路は、空に広がる黒雲と競争しながら帰りました。

兄:「滝まで、どれくらいかかるの?」
俺:「往復で7時間」
娘:「ななじかん!!」
妻:「わたしには厳しいわ」

はい。
みんなで行くと、もっと時間がかかると思います。

子:「苦労して辿りついた美瀑こそ、至宝!」
俺:「お、分かる?」
子:「僕には無理だけど」
俺:「…」

しかし、滝まわりの景観は、ほんとうに秘境そのもの。
川床に降りるガレ沢を除き、どこもかしこも絶壁で、
異次元空間に入り込んだ錯覚を覚えます。

そう!

子どもたちが成長して充分な体力が付いてきたら、ぜひ、再訪してみたいNo.1滝です。
まさに、至宝!

娘:「いよいよ、本領発揮なんだね」
俺:「何の?」

子&娘:「「滝怪獣の!」」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
-- 続きを読む --
tb: 0 |  cm: 0
go page top

このままであれば

この度の衆院選では、どうにか保守回帰を達成し、
民主党を壊滅的な敗北へ追い込むことに成功しました。
わたくしも、様々なお手伝いをさせて頂いた身として、2009年の借りを、ようやく一つ返せたという感じです。

というワケで、久々ではありますが、マスゴミが流さない辺りの小ネタです。


【壱】
保守層の期待を背負って出帆した安倍政権ではあるが、「このままであれば」、一年弱の短期政権で終わる可能性がある。
具体的には、第一に、某省が描いていると噂される、次期参院選での自民壊滅シナリオ。第二に、経済の罠。第三に、想定以上に早まっている中国共産党による日本侵略のシナリオ。

【弐】
政党助成金をもらう前なのに、また、明らかに民主壊滅が分かっていたにもかかわらず、この不自然な時期に解散した野田内閣。
噂では、某省と野田氏が握って、今選挙では、敢えて自民党に対する国民の期待を上げるだけ上げておく。次に、2013年の前半で、この安倍政権に対する国民の期待を、徹底的に裏切らせる。そして、7月の参院選で、再び、左翼勢力を大勝利させる、というシナリオが描かれているらしい。

※ちなみに、前回の安倍氏辞任の真相は、官僚による組織的な仕事のボイコット(ストライキ)。


高樽の滝_その4
【高樽の滝・落口】


【参】
谷垣前総裁時代に合意してしまった「消費税・増税」。
予定通り8%へ増税が実施されれば、2014年4月より、日本経済はほぼメルト・ダウンする。試算では、3社に1社しか生き残れない熾烈なデス・ゲーム。
増税の度に不況を起こし、結局において税収を減らし続けている某省。経済沈没の責任追求は、政治屋(自民大敗)やマスゴミ(倒産)だけでなく、官僚自身(解体・リストラ)にまで及ぶことに。

【肆】
原発停止の穴を埋めるべく、現在、燃料輸入に百億円/日が使われている。しかも、円安でどんどん上がっている。これで日本の電力インフラが持つはずもなく、近い将来、電力料金は今の2倍以上にならざるを得ない。
安倍政権の経済政策はインフレ指向なので、基本的には、経済を活性化させる。しかしこれは、原発を即時に再稼働させなければ成り立たない話。
マスゴミにおもねって原発を止めている間は、経済成長分が、すべて電気料金で食い潰されるという構図。

【伍】
弱腰オバマをして強いアメリカたらんとさせ、中国包囲網を築いてきたクリントンが、国務長官を退任した。理由は、次期大統領選を見据えて。しかし残念ながら、このままであれば、オバマの次期4年間で米経済は失墜するので、オバマと同じ米民主党のクリントン当選の目は、ほぼ無いだろうと思われる。
後任のケリーは親中派。その基本姿勢は、「アジアのゴタゴタはアジアで解決してね」。
何かきっかけがあれば、沖縄海兵隊すら引き上げる可能性も。
これこそ習近平の思う壺。

【陸】
安倍政権は、基本的に、日中の大きな軍事衝突はないと想定しているものと思われる。
しかし、米が親中へと軸足を動かすのと同時に、習近平が、ここを急襲してくる(具体的な攻撃の)可能性が高まっている。

【漆】
オマケとして。
安倍さんは親・幸福の科学らしい。というか、安倍さんの掲げている政策は、基本的に、2009年の衆院選で幸福実現党の掲げていたものと同じ。パクリと言われて、恐らく自民党の役員諸氏も言い返せないレベル。




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

謹賀新年


あけましておめでとうございます。

旧年中は、拙ブログにご訪問下さり、まことにありがとうございました。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。



【加賀富士(白山)山嶺】  (石川県白山市白峰 「中飯場」より)


Waterfalls in Japan




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示