06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»07

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

毒トク!

滝付近の崖が崩落し、長らく観瀑道が閉鎖されたままの「常布の滝」

当初は、観瀑道の入口に「立入禁止」の看板が掛かっていたのですが、
最近になって、この「立入禁止」の看板が裏返され、観瀑道そのものが無かったモノ扱いされ始めたらしい。

子:「親父、これはもう、行っとかないとヤバイんじゃね?」
俺:「せやな」
娘:「なになに、冒険するの?」
俺:「う~む。冒険と言うよりは、秘瀑探訪になるんだろうよ」
兄:「だが、百選の滝なら、いつかは行かねばなるまいて」
子:「うん、必然だ」
妻:「なら、準備をしっかりね」
俺:「了解ッス」
娘:「ねね、あたしじゃ行けなさそう?」
俺:「それは…ムムム」
妻:「今回は止めときなさい」
娘:「は~い」

と言うワケで、遂に、単独にて「常布の滝」に行って参りました!

常布の滝_その1
常布の滝(落差40m)・全景】(群馬県吾妻郡草津町草津白根国有林内)

常布の滝へのルートは、ポイントが3箇所あります。

第一に、沢型に沿って笹薮を降り、左側の崖下目掛けて左折するところ。

第二に、川沿いルート途上で、左側斜面を直上気味に方向転換するところ。

第三に、滝手前の崩落箇所で、下方のロープ残骸に惑わされず、対岸のルート道へたどり着くところ。


特に、最初のポイントである笹藪地獄で迷ってしまうと、
高確率で敗退するか遭難するらしいのです。

俺:「当然、俺は迷わなかったがな」
兄:「自慢するなし」
娘:「滝怪獣にはうってつけだったんでしょ」
妻:「滝怪獣って……また懐かしいフレーズ」
子:「もはや死語」

最近、観瀑の難易度レベルがだんだんと上がって来ているわたくし。
当初は、そんな滝へ行くと、妻をヤキモキさせたらしいのですが、
今では、ロック・クライミングがなければ、全く問題なし。

子:「親父のルート・ファインディング力も上がってると思うゼ」
兄:「一緒に行ってる奴が言うと、説得力が増すな」

まあまあ、そんなに誉められると照れちゃうじゃないですか。

妻:「慢心厳禁!
俺:「…ハイ」

常布の滝_その2
【常布の滝・落口】

当日は、滝前テラスにサンサンと陽が差し込む初夏の陽気。
滝前で、静寂な大自然の息吹を堪能させて頂きました。

兄:「いやコレ、映像だと轟瀑なんだが…」
俺:「フフフ。まさに動の中の静」
子:「わかる! 現地に行った者のみに許される至高の境地だよね!」
妻:「あら」
娘:「いいな~」

滝前には2時間くらい居たでしょうか。
バイノーラル録画を始めたお陰で、わたくし、美滝の滞在時間がドンドン長くなる傾向にあります。

兄:「ま、昼寝よりは意義があるんじゃね?」
俺:「はあ? 昼寝なんかしてないぞ?」
子:「親父、よく滝前で寝てたじゃん」
娘:「滝前瞑想と言う名の昼寝~」

うん、まずその誤解だらけなの、何とかしようか。

常布の滝_その3
【常布の滝・滝壺】

子:「ああ、これで関東の百選はコンプリートだね」
兄:「取りに相応しい名瀑だな」
娘:「でもあたし、この毒々しい崖が苦手かも」
子:「何言ってんだ。この染み出す温泉成分こそ、常布の滝のハイライトだろ」
妻:「ほんと、独特ね」
娘:「そ。毒トク!

毒トク……。




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top


雨上がりの沢は、濁りがだいぶ引いたものの、
渡渉には充分な恐怖を感じさせる水量を保ったまま。

俺:「むう。行くか、退くか…」

渡渉地点で逡巡すること約5分。
しっかりとした鎖もあることですし、遂に、『安全に渡れる』との判断を下します。

俺:「よし!行けっっ!!」

…予想のほかスムーズに渡れました。


惣滝(落差80m)・全景】
  (新潟県妙高市関谷 妙高山『大倉谷』

さて、一昨年より中断していた「新潟プロジェクト」が再始動することに。

子:「いよいよ、燕の惣滝なんだね」

ワクワクを隠せない次男君。
もともとは、彼と一緒に訪瀑する予定だったのです。

ところが!

訪瀑直前になって、何年か前の崖崩れを復旧工事中である、という情報をキャッチ。
惣滝へのルートが工事現場の崖直下にあって、作業中は、落石の危険性が大。
とてもではないが、子連れで行けるような状況ではないようです。

子:「はああ?ガーン…」orz

仕方がないので、次男君は待機。
わたくしが単独にて、工事の方々が作業を始める前に、朝一で、惣滝までの往復を試みることにしたのでした。

俺:「久々のスピード勝負か…」
妻:「膝の古傷を悪化させないようにね」
子:「頼んだよ!」

惣滝_その1
【惣滝・全景】

俺:「ふおお、虹が出とる!」

そういうワケで辿り着いた惣滝

それはそれは凄まじい怒涛の地響き!
崖という崖から滴り落ちてくる湧水!
岩という岩には、赤茶けた泥が漏れなく付着していて、あっという間に服が泥色に染まっていきます。

そして、この飛沫!

滝下の岩陰にいるにもかかわらず、カメラのレンズが5秒と持ちません。
水滴をふき取る横から、あっという間に水滴だらけに。
遂に拭き取ることを諦めて、ビショビショの水滴越しに、滝を撮影することにしたのでした。

俺:「美しい虹が撮影できるをもって、良しとせざるを得まい」

そう言えば、滝と虹を一緒に撮影するのって、富士の白糸の滝以来でしょうか。
惣滝を撮影するのなら、朝、陽光が谷に差し込んですぐがベストだと断言できます。

惣滝_その4
【惣滝・遠望】

帰りに、燕温泉の観瀑展望所からも、惣滝を撮影しました。

子:「滝壺からの映像も迫力あるけど、この遠望もイイわ~」
娘:「滝の全体がよく観えるし」
妻:「ブレてないから、見やすいわね」

まあね。
滝下では、とてもじゃないが三脚を立てる余裕などなし。
飛沫の瀑風と戦いつつ、手持ち撮影するしかありませんでしたから。

娘:「あたし、これだけ違う滝も、珍しいと思うよ」
子:「違うって、何が?」
娘:「だからさ、写真だと、芸術っぽくて美しいじゃん?」

うむ。
高速シャッターでもって一瞬を切り取った、滝と虹のハーモニー。

娘:「だけど、ビデオだと、事件現場って感じ!」

いや事件現場って…
お嬢さん、あなた、刑事ドラマの見過ぎです。

子:「なるほどな。お前の言うこと、分かるわ」

分かるんかい!

子:「この臨場感っていうの? ブレブレ映像だからこそ、だろ」
娘:「でしょでしょ!」
子:「ね、お母さん」

滝壺と、観瀑所からの映像を見比べる妻。

妻:「ブレてて酔うから、滝壺ビデオはいらないわ」
子&娘:「えー!」
妻:「だけど、『新潟プロジェクト』?」
子&娘:「うん」
妻:「この惣滝は、フィナーレを飾るに相応しいんじゃないかしら」

おおお!

娘:「そこは、みんなの意見が一致だね!」
子:「うん、まさにフィナーレだ!」

「新潟プロジェクト」、ここに完。




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
-- 続きを読む --
tb: 0 |  cm: 0
go page top

護られた秘滝

【秘瀑探検 その4】

俺:「どわわわ!!」

我がベンツのガラス窓に映った、わたくしの首をウネウネする物体。

そう!
これぞ、裏丹沢〈名物〉ヤマビル!

俺:「ぐえええ!!」

声にならない声を上げつつ、必死で強力ヤマビル忌避剤を取り出すわたくし。
ヤマビルの奴、まだわたくしの皮膚に充分には喰い付けていなかったとみえ、ピョロ~ンと宙を舞うと、ペタッと沢靴に落ちて、ネオプレンソックスとの間に潜り込もうとします。

俺:「ひいいい!!」

悪寒にブルブル震える手で、忌避剤をスプレーするわたくし。
たちまち苦悶にノタウチ回って、アスファルト上に転げ落ちるヤマビル
しかし、この程度ではヤマビルは死にません。

俺:「ぬおおお!!」

今度はポケトーチ・ライターを取り出すと、火炙りを試みます。
ライターだけど、バーナー状に噴き出す1300℃の高熱の炎。

すると!

ヤマビルの奴、初めはグッタリした感じになるものの、たっぷり1分ほど炙り続けていると、口から泡を吹き出して、激しくウネリ出します。
その様は、先程の苦悶のノタウチが、まるでお遊びの如く感じられます。
「あの程度では、ホントに死なないんだな」ということが、ひしひしと分かってくる。
なんとも凄まじい生命力。

俺:「おえええ!!」

ターゲットが消し炭と化したろころで、ようやくバーナーの火を止めるわたくし。
地元の方々が、ヤマビルの被害で苦しんでおられるのが、我が身のこととして切実に感じられたのでした。

俺:「死んだ…」


早戸大滝(落差50m)・主瀑布全景】  (神奈川県相模原市緑区鳥屋 『早戸川』

兄:「そんな一匹で大げさな…」
俺:「おまえが、あの物体のグロさを知らないだけだろ!」

次男君と娘は、わたくしと一緒に、ネット動画にて「ヤマビル特集」を学習済み。
そのいやらしさは、強烈な印象と共に、心に刻まれています。
ところが長男君だけが、その〈真実〉を知りません。

子:「僕もダメ。即アウトだった」
娘:「だよね。だいたいお兄ちゃん、ヤマビル特集を観てないし」
子:「あれは、気持ち悪かったよな!」
娘:「最悪だったから!」

そう!
わたくしの首元には、未だに小さなイボの如く、ヤマビルヒルジンを注ぎ込まれた跡が残っています。
もう少し発見が遅れていたら、いよいよ皮膚を喰い破られて、きっと首から背中にかけて血まみれになっていたことでしょう。

兄:「んな気持ち悪い動画を、なんで、わざわざ観んだよ」
子:「決まってんじゃん」
娘:「ね」

子&娘:「「滝好きだから」」

え~と…


【早戸大滝・主瀑布アップ】

早戸大滝は、首都圏の百選滝の中では、ズバ抜けてアプローチの難しい秘境の滝です。

ネットでは、「登山靴のまま、濡れずに行けました」みたいなレポートを見かけるのですが、実際にわたくしがチャレンジした時は、丸太の橋が流されてたりして、川を渡渉すること20回以上。
どう見ても、沢靴が正解でした。

さらに、赤テープなどの道標が少なく、時折、地形図を読みながら進まないと、うっかり支流に入り込んだりして迷ってしまう可能性があります。

しかも、娘を連れてくるのはムリっぽい岩場の難所が幾つか。
特に、早戸大滝手前の前衛滝を高巻くルートは、頼りなさげなトラロープを使って5mほど直登しなければなりません。

その上、早戸川は集水域が広いため、雨が降ると、アッという間に増水して逃げ場がなくなります。

で、雨後、そこらじゅうから湧いて出てくるヤマビルの群れ

住所上は相模原市内なのですが、片道2時間近い遡行距離と、上記のような諸々の悪条件が重なるために、早戸大滝は、地元の神奈川県人にすら殆ど知られていない幻の秘滝なのです。


【早戸大滝・高巻き道から遠望】

子:「マジで、早戸大滝の観瀑って、ヒル最大の核心なのか…」
娘:「かくしんってなに?」
子:「もっとも難しく困難な箇所。クライマックスとも言う」
兄:「ヤマビルクライマックスかよ」

だがしかし、実際、ヤマビル護られた秘滝って、結構、あったりするらしい。

兄:「例えば?」
俺:「新潟県の早出川(はいでがわ)とか、そうじゃないかな」
娘:「どこ、それ?」
子:「視後平の滝があるところだろ」

新潟県の五泉市の奥に、川内山塊という人の住まない秘境があります。
そこを流れる早出川流域の森は、雨後など、地面だけでなく、頭上の梢からもヤマビルが降ってくるらしい。

娘:「げげげ」
俺:「三重県の大杉谷なんかも、夏にはヤマビルが大量発生するぞ」
子:「七ツ釜滝とかある所だろ」
俺:「そう」
娘:「大量って?」
俺:「谷に入れば、必ずやられるそうだ」
娘:「うわあ…」

お嬢さん、ドン引きしてます。

兄:「まるで、兵士に護られた要塞だな」
子:「要塞か! さすが兄貴、言い得て妙だ」
俺:「はあ? ヤマビルが兵士だと? ふざくんな。兵士に失礼」
兄:「ちょっとちょっと。あくまで譬えだし」
娘:「せいぜいが使い魔だよね」
子:「その使い魔、誰が使役すんだよ」

みんな:「…」



人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

何言ってるのか分からない

子:「ついに制覇した…」

次男君が、滝前で感慨深げです。


払沢の滝(落差60m)・最下段】  (東京都檜原村本宿 『北秋川セド沢』

子:「ここまで来るのに、ずいぶん時間がかかったものだ」
俺:「そりゃおまえ、いざというときのためのネタ滝だしな」
兄:「ネタ滝?」
俺:「あ、いや、聞き流してくれ」
娘:「ごめん。お父さんが、何言ってるのか分かんない…」

そもそもの始まりは、次男君提唱の「三大都市制覇計画でした。

娘:「三大都市って?」
俺:「自分で調べろや」
兄:「これ、正確には、『三大都市がある都道府県の百選滝』の制覇計画だろ?」
子:「余計なツッコミをするな!」

そう。
次男君の制覇計画は、昨夏の大阪の箕面の滝、今春の愛知の阿寺の七滝と来て、
残すところ、東京の「払沢の滝」だけとなっていたのです。

妻:「昨日の粟又の滝とは、全く趣が違うわね」
兄:「同じ関東の滝とは思えん」
娘:「ねね、こっちに来て! 奥の滝が見えてない?」

ワラワラと駆け出す子どもたち。

子:「うおおお、アレが秘された二段目か!」

払沢の滝_2・3段目
【払沢の滝・一段目落口と二段目上部】

子:「つまり、払沢の滝は、全部で四段。上流に、あと二段隠れているんだ!」

少しくたびれた感じの看板を見ながら、みんなに蘊蓄を垂れる次男君。
各々の落差は、眼前に見えている最下段部が26m。二段目が17m。三段目が14m。そして、最上段部が3mですね。

娘:「で、全景を眺められるポイントは?」
俺:「ねえな」
娘:「それってなんか、洒水の滝と似てない?」
妻:「似てるわね」
兄:「極めて残念なところが」
子:「だけど、洒水の滝と違うところもある」
娘&兄:「なになに?」
子:「払沢の滝には、三本滝の法則が当てはまらないんだよ」

妻:「?」
娘:「え~と…」
兄:「なんだ、それは」

いや、だからね、
次男君が言いたいのは、
払沢の滝は、その公称落差が、四段全てを含めたものであるのに対して、
三本滝や洒水の滝は、最下段部だけの落差が、公称値として使われている、ということなんだよ。

妻&娘&兄:「…」

つまり、なんだ、
滝を分けて、わざわざ落差を低く見積もってるっていうヤツな。

妻:「ごめん。あなたが、何言ってるのか分からないわ




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

裏見

何年か前の台風で右岸の崖が崩れて以来、ずっと観瀑が制限されている「棚下不動・雄滝」
2011年の東日本大震災でも更なる崩落があって、一向に制限が解除される気配がありません。

俺:「つうか、ますます復旧が遠のいたよなあ…」

そこで今回、「Waterfalls in Japan」では初めての試みですが、
8mm×30mロープ、ヘルメット、カラビナ、ハーネス、エイトカンなど、沢登り用具一式を揃え、

全て、完全に自己責任

ということで、沢側から滝前までアプローチをし、滝の撮影に成功しました。

※ご注意ください※

 棚下不動・雄滝は、2012年7月14日現在も、非常に危険な状態にあります。
 仮に、この記事をご覧になって訪問され、重大事故等に遭われても、
 私buddhistは、一切の責任を負いかねます。



棚下不動の滝・雄滝(落差37m)・全景】  (群馬県渋川市赤城町棚下)

というワケで、早速、観瀑成功を祝って、家族で映像鑑賞パーティーを開いてみました。

子:「うげ。滝裏のエグレ具合が凄まじい」
娘:「まるで洞窟じゃん」
兄:「よく、滝前まで行けたわ」
俺:「…いや…まあ…」

そのあたりの詳細は内緒。

子:「実は、ボクも色々調べたんだけどさ、崖の崩落以来、ゼンリンや、その他のネット地図から、棚下不動の滝は消えているんだよ」

ちょっと待って。
なんでゼンリン?
なぜ、ヤフーとかグーグルじゃないのだろう…。

妻:「どうして地図に載って無いの? 危険過ぎて?」
子:「たぶん」
娘:「ふ~ん。この洞窟みたいなの、見てみたいんだけど…」

けど?

娘:「そんなに危険なら、あきらめるか」

行く気やったんかい!


【棚下不動の滝・雄滝 (不動堂奥院前より)】

娘:「裏見がキレイ~」
兄:「飛沫も凄いな」
娘:「ねね、お父さん。コレ、雷滝を思い出さない?」

おお!
そう言えば、お嬢さんの裏見の滝初体験は、松川渓谷雷滝でした。

子:「ここ、百選滝の中では、裏見としては最大級だし…」
娘:「そうなんだ」
子:「かえすがえすも、ボク自身、滝見できないのが悔しいなあ」

棚下不動_落口
【棚下不動の滝・雄滝 (落口アップ)】

子:「でもこれで、お父さんも探検家の仲間入りだねえ」
俺:「はあ?」
娘:「だね。危険な滝を制覇したんだから」

いや、まあ、その…
なんというか、反応に困るお言葉です。

兄:「宙を舞う瀑水がいいわ」
娘:「ほんとキレイ」

子:「ボクも、沢登りを覚えようかな…」




人気ブログランキングへ
今はまだ、止めておけ。
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示