05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

第一の滝

幻の滝。

そう。
那須の御用邸の敷地内にかかっていた、
一般の目にはなかなか触れることのなかった駒止の滝

それが、2011年に今上陛下の御意向を受けて
「那須平成の森」として観瀑台が整備されると、
この名瀑を、誰もがお手軽に観瀑できるようになったのです。

駒止の滝
駒止の滝(落差20m)・全景】(栃木県那須町大島 『余笹川』

子:「おやじ、これ、駒ヶ滝の間違いじゃね?」

実は、次男君の愛読書によると、
「駒ヶ滝」が本名で、「駒止の滝」は別名になっているのです。

俺:「しかし、今や駒止の名こそ、今上陛下の御意向を受けての正式名称やな」
妻:「そういうことなんじゃない?」
娘:「しかもほら、写真集の方は1998年の撮影になってるから」
子:「あり? ホントだ」

恐らく駒止の滝という名は、
「那須平成の森」がオープンしてから周知されたものではないでしょうか。

兄:「要は、那須の御用邸には、敷地内に落差20mの美瀑がかかっていたと」
俺:「そや」
兄:「それを一般に公開したと」
俺:「そや」
兄:「ウ~ム。なんかスケール感が違うわ~」

しきりに感心している長男君。

娘:「ウチじゃ、絶対ムリだよね~」

娘よ。
我が家のいったいどこに滝がかかる要素があるというのだ……。

子:「しかも、ただの美瀑じゃないんだゼ」
兄:「ほう?」
子:「さらなる二つ名は『那須第一の滝』!」


間。


兄:「……それで?」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

蛍を越える

俺:「あれれ。水が、思ったよりもキレイじゃない」

わたくし、新潟県ナンバー・ワンの美瀑と謳われることの多い
大尾不動滝を訪瀑したのです。

俺:「滝壺の流木も汚い感じやし……」

ところが、思ったよりも水が濁っているし、
滝壺には朽ちかけた流木やら何やらで、
期待していたような“美瀑”とは、かなり違っていました。

俺:「う~む。来る季節を間違えたのか……」

大尾不動滝_その1
大尾不動滝(落差20m)・全景】(新潟県阿賀町七名)

妻:「写真映りは問題ないわよ」
娘:「ウン、キレイだよ~」
兄:「まあ雨天だったようだし、水が濁るのは当たり前じゃね?」
俺:「いや、そういう濁り方じゃなかったんだよ」

あれですね、こう、川面がプクプクと泡立って、
群馬の熊川にかかる魚止めの滝を彷彿とさせる感じだったのです。

妻:「近くで見たら、汚れが目立ったってパターン?」
俺:「そうね」
娘:「臭いは?」
俺:「若干ね」
兄:「……」
子:「原因はコレだろ!」

いきなりビシッと指差す次男君。

子:「ほら、地図だと、すぐ上流に湿地帯があるから」
娘:「うわ、ホントだ」

大尾不動滝_その2
【大尾不動滝・上段部】

国土地理院の地形図を覗き込む次男君のもとへ集まってくる我が家。

兄:「確かに、沼とかなら水が濁り易いかもな」
娘:「よどんだ水に、プランクトンが大繁殖!」
妻:「そこは藻とかじゃないの?」
子:「プランクトンって、まるで赤潮みたいに聞こえるわ!」

そう。
なんと大尾不動滝のすぐ上流には「たきがしら湿原」というのがあったのです。

妻:「しかもこの湿原、人工だって!」
子:「は? なんだとう?」

早速スマホで検索した妻から驚きの声。

兄:「うわあ、結構な観光地でやんの」
娘:「けどホタルの名所だってよ」
妻:「道路だって、ずっと川沿いに走ってるじゃない」
子:「う~ん。こんだけ開発されてたら、下流に清流は望めないわ」

あれ?
でもホタルって、清流にしか棲めないんじゃなかったけ?

子:「滝好きの求めるレベルは、ホタルを越えるんだよ」


……。


大尾不動滝_その3
【大尾不動滝・落口】

妻:「写真だと美しいのにね」
娘:「ビデオでもキレイだよ」
俺:「そりゃ、そうは言っても穴場の美瀑だからな」

いつもの写真集にも、非常に美しい若葉の頃の滝姿が載っています。

兄:「ズバリ、映像で愛でる滝」
子:「ウ~ム。兄貴の意見に賛成だわ」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

三瀑筆頭

子:「写真集で見る以上に、瀑水が針だった!」

線ヶ滝_その1
線ヶ滝(落差35m)・全景】(群馬県甘楽郡南牧村星尾 『星尾川』

南牧三名瀑の一つ「線ヶ滝」

三名瀑の中でこの滝だけ、
県の「天然記念物及び名勝」指定を受けているのですが、
行ってみて納得。

娘:「インパクトあるよ、コレ」
妻:「直瀑でもあり、桶状でもあり、斜瀑でもあるワケね」
子:「まさしく、色んなカテゴリーを横断してるわ」
妻:「こういうの、何て言うんだっけ? カテゴリーキラー?」
娘:「カッコイイ!」

いや、違うと思います。
それなら「パワーセンター」の方が、ニュアンスが近いんじゃないでしょうか。

線ヶ滝_その3
【線ヶ滝・落口アップ】

娘:「桶状なのは三段の滝・下段部と同じなのに、迫力が段違いじゃん」
子:「だな」
妻:「見神の滝と似てる?」
俺:「フム……」

そう言えば、山梨県に
見神の滝という桶状の名瀑がありましたな。

子:「似てないと思う。見神の滝は、桶が水の勢いを殺してたでしょ」
妻:「そうだったわ」
子:「だけど線ヶ滝は、そのままスドーン!
俺:「ウム」

何より着水時の泡立ち方が、滝壺の深さを感じさせます。

娘:「それ!飛び込み競技で、上手な人ほど飛沫が上がらないってヤツ!」

線ヶ滝_その2
【線ヶ滝・滝壺アップ】

子:「迫力、美しさ、特殊な形状。どれを取っても申し分ない」
妻:「そうね」
娘:「落差だけが三段の滝に負けてるけど」
子:「それは総落差。単段だけでみたら、線ヶ滝に軍配が上がるだろ」

あらゆるカテゴリーに於いて、他滝を圧倒する線ヶ滝
その意味では、確かに南牧三名瀑パワーセンター的な位置づけになるのかも知れません。

子:「これ、三段の滝より、線ヶ滝の方が三名瀑の筆頭に相応しくね?」
娘:「そう思う」
妻:「こっちの方が、印象が鮮烈ね」

南牧三名瀑
ホント、伊達じゃありません!




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

村の名瀑

子:「お父さん、こないだネットで見つけたんだけど…」
俺:「なにを?」
子:「南牧村三名瀑ってのが、結構有名らしい」
俺:「ほう…」

南牧村っていうと、確か「滝の里」で売り出し中の
群馬県にある山村ですな。

子:「僕、気になるんだけどなあ…」
俺:「……」

素直に「観瀑して来て下さい」って頼みなさいよね。

三段の滝_その1
三段の滝(落差50m)・概観】(群馬県甘楽郡南牧村羽沢 『居合沢』

俺:「で、これが南牧三名瀑を代表する滝だ」

そういう次第で、早速観瀑に行って来たワケですが、
まずは三名瀑の筆頭、
三段の滝の映像を家族に公開してみました。

娘:「複雑な形してるね」
俺:「この映像で、滝全体の三分の二だな」
妻:「これは滝の上部がハイライトかしら」
子:「おやじ、アップだ!」

三段の滝_その2
【三段の滝・上部アップ】

妻:「この丸み、雪で磨き込まれてる感じ」
娘:「ヒョングリもあるじゃん」
子:「これは良瀑だねえ」

この三段の滝
一応、南牧村を代表する滝とされていますが、
南牧村には、それ以外にも良さげな滝がたくさんあるようです。

妻:「そうなの?」

実際、南牧村のホームページにある「なんもく滝めぐりガイド」を開くと、
全部で23の滝が、15のモデルコースに分けて紹介されていました。

妻:「ふうん」
子:「三名瀑ってのは、その23滝の頂点」
娘:「これ期待しちゃってもいい?」
俺:「おう、期待してくれ」

当日も三段の滝を訪瀑した折、
どこかの山岳会がチャーターしたと思われるマイクロ・バスが
駐車場に止まっていました。

俺:「20人くらいの大パーティーだった」
妻:「想像以上に人気なのね」

三段の滝_その3
【三段の滝・下段部】

俺:「で、これが残りの三分の一な」
子:「なんだ、桶状だし」
妻:「やっぱり、滝の上部がハイライトだったわ」
娘:「だね!」

撮影するにあたり、
この桶状の下段部と、上段部の美瀑とのバランスを取るのに苦心しました。

俺:「結局、滝の上下を分割して撮影したんだけどな」
子:「だから全体像が無いのか」
妻:「でも、いい感じよ」
娘:「うん、いい感じ」
子:「満足だね」

まさに、三名瀑の名に恥じない良滝でした。




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

イフの話

以前、次男君と「新潟県内の巨瀑」について語り合ったことがあります。

たいていの巨瀑は、わたくし如きでは到底訪瀑不可能な、秘境の彼方にあるのですが、
その中で唯一の例外と言ってよいのが、「ヨシオ滝」でした。

俺:「そういうワケで、行ってくる」
娘:「お父さん、頑張ってね!」
俺:「まかせろ」
子:「最高傑作の写真と映像を頼む!」
俺:「フ。当然」

ヨシオ滝_その1
ヨシオ滝(落差100m)・概観】  (新潟県糸魚川市小滝 『小滝川』

車止めのゲートを超えて、延々と林道を歩くこと、約2時間。
遂にたどり着いた「ヨシオ滝」は、
しかし、想像していたのと、ちょっと違っていました。

妻:「複雑な流れの滝ね」
兄:「変化に富んでると言えばいいのか?」
俺:「小滝川本流の浸食速度についていけない支流が、そのまま取り残され感じだからな」
娘:「急な沢なんだけど、急過ぎて、滝になってるワケだ」
子:「まさにソレ!」

ヨシオ滝_その2
【ヨシオ滝・最上部アップ】

子:「やっぱり、最上段の直瀑がスゲーな!」
兄:「ここがクライマックスだろ。後はイラネ」
娘:「そんなことない……こともない……ことも」
子:「どっちなんだよ」
妻:「こう、もうちょっと全景が見えるといいのにね」
兄:「ああ、木がジャマだわ~」

まあ、晩秋の落葉後に来てもよかったのですがね。
でも、きっと水量が減ってると思うよ?

子:「だな」
娘:「だね」

ヨシオ滝_その3
【ヨシオ滝・最下段部アップ】

俺:「そういうワケで、最高の写真と映像にはならなかったわ。すまない」

こう、
終ぞ、満足できるモノが撮れませんでした。

子:「滝姿自体、映えないタイプの複合瀑布だからねえ。仕方ないじゃん」
兄:「落差が100mもあれば、たいがいその間に、いろいろドラマがあるしな」
娘:「そうだよね。急流になったり、釜になったり、S字になったり、滑ったり」
兄:「だろ?」

確かに、華厳の滝みたく、「100mを素直に直瀑」ってのは、稀少な存在なのでしょう。

子:「だよねえ」
妻:「もし、ヨシオ滝が、100mの直瀑だったら?」


間。


娘:「間違いなく、日本三名瀑入り!」
兄:「百選の滝に選ばれただろ」
俺:「大人気の観光地になってるかな」
子:「でもさ……」

なんだよ?

子:「イフの話って、虚しいよね」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 1 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示