06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

は?

俺:「名前が良い感じだろう?」
娘:「そうだね。お父さんが、お母さんを大好きってのは分かってるから」
俺:「いや、そういう話をしてんじゃねえよ」

乙女の滝@那須_その1
乙女の滝(落差10m)・全景】(栃木県那須塩原市板室『沢名川』

那須の観光名所の一つである乙女の滝
観光対策だろうな、とは思いつつも、
その名前に魅かれて、ちょこっと観瀑して来ました。

俺:「こう、落水する水の帯が、乙女の髪を思わせるからじゃないか?」
子:「でも、乙女にしては髪が薄いねえ」
娘:「分かる。歳を取ると、女子でもハゲるらしいし」
子:「マジ?」
娘:「うん。薬局行くと、女性用の養毛シャンプーとかあるよ」
子:「まじか~」

いや、お前ら、何の話をしてんだよ。

娘:「でも、おばあちゃんを乙女って呼ばないよね」
子:「場合によっては、強烈なイヤミになるな」
娘:「そう。すっごい失礼」
子:「では、この滝の真名は『姥ヶ滝』ってことで、どう?」

それ、石川県の百選滝だろ。

娘:「いいね。白い水を白髪に見立てるんだ」
子:「コンセプトは白髪三千丈!
娘:「でも、ホントは10mなんだけど~」

だから、高齢者の話から離れろや!

乙女の滝@那須_その2
【乙女の滝・滝壺アップ】

俺:「だいたい滝の水量が少ないのは、そういう季節だからだろ」
娘:「だって『乙女』とか、結局、お父さんのノロケ話になるじゃん?」
俺:「は?」
子:「やってらんねーよな」

いや、ちょっと待てよ!

娘:「リア充自慢もいいけど、外でやってよね」
俺:「いやいや、だから、俺は滝について語りたいんだが?」
子:「で、結論はノロケ話になる」
俺:「あ、いや……」
娘:「あ~あ。あたし、彼氏作ろうかなあ」
子:「やめとけ。これ以上、不幸な犠牲者を生み出す必要は無い」
娘:「は?」


……。





人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

直に触れたい

さて。
次なる目的地として、わたくし、「浅間大滝」に行こうとしました。

俺:「しかし、ナビは最低必要だし、国土地理院地図も大活躍だったわ」

そうなのです!

やはりと言うべきか、順当と言うべきか。
『ぐんま滝めぐり90選』の地図情報だけでは、とうてい「浅間大滝」に辿り着くことができなかったのです。

俺:「デフォルメされた地図の効能は、実に半端無い」
娘:「だからその本、本当に意味あんの?」
俺:「あれだ、『概要だけ教えるので、後は自分で地図見てね』ってヤツね」
娘:「それってガイド本としてどうなの!」

う~む。
でも、まあ、残念ながら、「伝説の検証」は、これで答えが出たでしょう。

・それは、“伝説”ではなく、単なる事実であった。


妻:「ガイド本じゃなくて、目安本なのよ、きっと」
娘:「……」

浅間大滝_その2
浅間大滝(落差10m)・全景】(群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢 『熊川』

「浅間大滝」は、まさに観光滝としての面目躍如という感じ。
駐車場から近く、滝壺まで近づくことも可能です。

俺:「ただ、沢靴が有ると無いとでは、感動の度合いが変わると思う」

もちろんわたくし、沢靴を履いていましたので、
滝側まで接近し、撮影という名のマイナス・イオン浴を堪能させて頂きました。

俺:「だけど、普通の靴で行くと、ヌメッた岩場で転倒する危険がある」

とくに子供連れの場合は、
少し離れた場所から眺めることになります。

俺:「それでも、滝の飛沫は楽しめるんだけど…」
娘:「けど?」
俺:「滝の感動が半減するのは、避けられないと思ったわ」

・身を切るような冷水。
・ベールのような飛沫。
・美しい緑。
・キラキラ輝く木漏れ日。
・透き通った滝壺。


俺:「こう、直に触れたい滝なんだな」
娘:「ふ~ん」

浅間大滝_その1
【浅間大滝・別角度から】

娘:「だったら、別に沢靴じゃなくても、その場で裸足になればいいじゃん」
俺:「だから『身を切るような冷水』なのよ」
妻:「ああ……」

素足では、岩や礫で裂傷を負いそうですし、
そもそも水温が低いので、5分と持たないと思います。

娘:「確かに、それはキツそうだ」
妻:「だから沢靴が必須なワケね」
俺:「まあな」
娘:「ナルホドね~」

とまれ、
お手軽且つ美しい滝でした。




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

パオーン

娘:「パオーン」

象ヶ滝_その1
象ヶ滝(落差30m)・全景】(群馬県甘楽郡南牧村熊倉 『熊倉川』

そう!
これが、南牧三名瀑のトリである「象ヶ滝」

妻:「象って、きっと滝下部のことね」
娘:「まさに象じゃん」
子:「まあ、象に見えんことはないねえ」

水量によっては、もっと象らしくなりそうです。

娘:「でも、三段の滝線ヶ滝か本格派だったのに、コレはほのぼの系?」
子:「いや、イロモノ系だろ」

イロモノ系って……

娘:「三名瀑で、これだけ格下ってこと?」
子:「そんなことは……おやじ、どう?」

そこで振るなや。

俺:「ウ~ム。他の二滝と比べると、色々ビックリする所はあった」

行ってみて、まず驚いたのが、駐車場の荒れ具合。

俺:「もともとの駐車スペースは五台分くらいあったんだろうが…」
娘:「草ボウボウ?」
俺:「そ。一台停めたら、もう終わり」

さらに、災害のためか、観瀑道が途中で流されていました。

俺:「仕方なく川原に降りて、ちょっとだけ沢歩き」

観瀑道も踏み跡が薄くなっており、
山慣れていない方だと、迷ってしまうこともあるかも知れません。

俺:「ただ、三名瀑の中では、一番秘境感があったな」

象ヶ滝_その2
【象ヶ滝・下部アップ】

子:「これで本当に、三名瀑のトリに相応しい滝なのか…」
妻:「でも、こういうのって、単調じゃダメなのよね。バラエティがないと」
俺:「三滝それぞれに、見事に方向性が違ってるよな」
娘:「大丈夫。象ヶ滝は、ちゃんと使命を果たしてる」

そう、
大瀑三段の滝
鮮烈線ヶ滝
そして、パオーン象ヶ滝

子:「う~ん、言いえて妙かも」
娘:「でしょ!」
俺:「パオ~ン」
妻:「……」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

貧瀑

千葉県で最も落差があるとされる「増間坊滝」

俺:「一般に、房州最大の滝と云われてる」
娘:「ぼうしゅう?」
俺:「安房国(あわのくに)の略称だな」
娘:「あわのくに?」

「阿波の国」じゃないぞ。
それだと、徳島県になってしまう。

俺:「房総半島の先っちょエリアをそう呼ぶんだ」
娘:「ふうん」
子:「要は、千葉県でいいんだろ?」

そうです、ハイ。

増間坊滝_その1
増間坊滝(落差25m)・全景】 (千葉県南房総市増間 『増間川』

「増間七滝」は、いわゆる千葉の名勝で、沢山不動滝のご近所にあります。
坊滝「七滝」の中の主瀑布ですね。

俺:「だけど、沢山不動滝と同様、かなり減水してた」
妻:「ご近所同士、仕方ないわ」

千葉のよくある滝ではない例外滝メイン候補だったのですが……。

娘:「やっぱり、水がないとダメみたいだね~」
子:「これ、集水域が狭い上に、源流部にある滝だから、余計に水が減りやすいだろう」

地図を開きながら呻く次男君。

娘:「しかも、写真のコントラストがキツイ」
妻:「そうねえ」

しかしそれは……う~む。

ピーカンな上に、水が少なくて写真に写り難いため、
わたくしの撮影技術では、
どうしてもこんな感じになってしまうのです。

増間坊滝_その2
【増間坊滝・上部アップ】

妻:「曇天の方が、キレイな写真が撮れるんじゃないの?」
俺:「それはあるな」

確かに、曇りの方が色が飛びにくく、繊細な感じの色彩で写ります。

娘:「え~? 滝はやっぱり青空がバックになきゃ!」
俺:「そうなんだよな」

しかしながら。
やはり、滝と青空ほど似合うものはないでしょう。

増間坊滝_その3
【増間坊滝・看板】

子:「う~む」
兄:「これぞまさに貧瀑


……。





人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

まさか

俺:「ま、まさか工事中とは!」

遠路はるばる訪瀑してみれば、
なんと、ハイシーズンに備えて、滝壺を工事中ではないですか!

俺:「ぐあ。完全に虚を衝かれた……」

今井不動滝_その1
今井不動滝(落差66m)・概観】  (新潟県糸魚川市大谷内 『虫川渓谷』

娘:「この茶色に濁った滝壺が、なんとも切ないね」
俺:「ああ……」
子:「なんの為の工事だったんだろ」

わたくしの見たところ、大型のショベルカーで滝壺を浚渫し、
その土砂の一部で、滝壺前の観瀑広場を拡張。
残りの土砂は、200m程下流の草地に移動させているようです。

妻:「土砂の移動って、どうやって?」

これが沢幅いっぱいの、巨大なキャタピラーを付けたダンプが、
滝壺と下流の草地の間を行ったり来たり。

俺:「これがまた、ガーガードガンドガンと凄い音を立てるんだよ」

今井不動滝_その2
【今井不動滝・最上段部アップ】

わたくしがすっかり諦めの境地でポヤ~ッと滝を見上げていたら、
工事を担当している主任さんと思しき方が声をかけて来られました。

主:「今日は観光でこられたんですか?」
俺:「あ、ええ。まあ、そうですが」
主:「地元の方ですか?」
俺:「いや、県外から来ました」

そしたら!

主:「おーい、今から10分休憩するぞ!」

主任さんの掛け声と共に、
滝壺から外側へ移動し、ピタッと止まる重機たち。

主:「折角だから、記念写真を撮ってください」
俺:「へ?」
主:「10分間ですけどね」

なんと、重機のエンジンまで止めて、
わたくし一人のために、撮影時間を作って下さったのです。
まさかの事態に、わたくし、大感激!

俺:「あ、ありがとうございます!」

今井不動滝_その3
【今井不動滝・上部概観】

娘:「へえ~、いい人!」
兄:「おやじ、ラッキーだったな!」
子:「そうか、やっぱりだねえ」

何がよ?

子:「滝好きに悪人なしってね!」

……。




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示