01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

それって天国

そして、奥の滝手前にかかる
龍頭峡の盟主「二段滝」

俺:「逆光気味で、あまり映像がキレイに撮れなかったんだけどさ」
妻:「確かに、コントラストが激しいかな」
俺:「奥の滝の倍はある、そのスケール感に圧倒されました」

二段滝_その1
二段滝(落差40m)・全景】(広島県山県郡安芸太田町中筒賀 『龍頭峡』

二段滝は、滝の正面に観瀑テラスがあるのですが、
そこから眺めるのがベストではないかと思われます。

俺:「滝下からだと、上段が隠れてしまうのだ」
子:「フム」
娘:「一段目と二段目が、だいぶ離れてる?」
俺:「そういうこと」

この距離が、余計に二段滝のスケール感を醸し出していますな。

俺:「下段の滝壺は、広さはあるものの、意外と深くなかったわ」
妻:「岩盤が固いか、水流が少ないか」
子:「両方じゃね?」

奥の滝がかかるのが本流。そこへ、二段滝の支流が流入しています。
なので二段滝の水量は、さほど多くはありません。

娘:「これだと、上段の滝壺が見えないじゃん」
俺:「そりゃ、下段を登らないとダメだろうけどなあ」

でも、パッと見、巻き道も無さそうでしたし、
わたくしの力量では、上段滝壺を見ることは、ほぼ不可能でしょう。

娘:「だって下段って、落口がガッシリしてて、水が宙を舞ってる」
子:「そうだねえ…」
娘:「でも上段は、岩が剥がれ落ちたのか、多段気味」
子:「そうだねえ…」
娘:「きっと、下段の方が岩が硬くて、浸食が遅いからだと思うんだ」
子:「ほほう!」

あれか。
元は一段の滝だったけど、浸食スピードの差で二段に分かれたってことか。

娘:「だから、もし上段の滝壺が深かったりしたら…」
俺:「たら?」
娘:「昔は下段も深かったけど、今は土砂で埋まってしまってるとか、そうことが分かるよ?」

子:「……」
妻:「……」

うん、分かんね~と思う。

二段滝_その2

妻:「マイナスイオンいっぱいの滝」
子:「いいよね」
妻:「フィトンチッドあふれる渓谷道」
子:「なんという贅沢」
妻:「行ってみたいわね~」
子:「だよねえ~」

まさしく龍頭峡は、癒し安らぎに満ちていると。

娘:「それって天国じゃん!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

凄い滝見

俺:(う、うぜえ……)

滝前のテラスで撮影しているのですが、
中国人観光客の団体様がひたすらうざい。

俺:(早く帰ってくんないかな)

こう、マナーがなっていないというか、
周りに気を配れないというか、
自分たちさえ良ければいいと思っているのか、
明らかに「日本人とは違う」ことを、つくづくと痛感させてくれます。

三段滝_その1
三段滝(落差25m)・全景】(広島県山県郡安芸太田町松原 『三段峡』

広島きっての観光地である「三段峡」
図抜けたナンバー・ワンの知名度ということで、
早速、訪問してみたのでした。

俺:「さすがに人が多い」

平日であるにもかかわらず、
さらには、長い距離をハイクするにもかかわらず、
渓谷道では、家族連れを始め、結構な数の観光客と行き違います。

実は「滝前テラスを工事中」との事前情報だったので、
わたくし、工事が中断されるお昼休みを狙って行ったのです。

そしたらそこに、極めつけの傍若無人な中国人たち!

俺:(ぬおおお!)

三段滝_その2
【三段滝・中段部アップ】

娘:「その中国人たちは、どのくらいいたの?」
俺:「15人」
妻:「あら、ずいぶんな団体様」

家族・親族・一族郎党っていう感じでしたか。

娘:「そうじゃなくて、あたし、時間を聞いたんだけど」
俺:「ああ、三十分くらい居たかなあ」
娘:「じゃあ、その後で撮影できなかったの?」
俺:「そりゃ無理」
娘:「なんで?」

三段滝_その3
【三段滝・下段部落口アップ】

スガガガガ!

そう!
昼休みが終わって、工事が再開されてしまったのです。

俺:「おかげで、動画が全然撮影できなかったわ!」
妻:「御愁傷様」
俺:「パワーショベルの破壊音って、まじ、シャレにならないから」
娘:「なんでそんな所に重機があるの!」

渓谷道幅サイズのミニ・ユンボを工事現場に乗り入れさせての
滝見場補修工事といったところでしょう。

娘:「渓谷道をユンボが通るの?」
俺:「ああ」
妻:「凄いわね」
俺:「ああ」


沈黙。


ホント、凄い滝見でした……




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

Dr.タキ

ゴロゴロゴロ……

俺:「ありゃ、遠雷だ」

「唐岬(からかい)の滝」を目指して車を運転していた時のこと。
石鎚山方面の頂に、真っ黒な雷雲が集まっているのが見えます。

俺:「こりゃ、黒森峠も雷雨かなあ」

雷雲下の観瀑は、阿多野郷川東谷大滝で経験して以来、もうコリゴリ。

俺:「うう、恐怖の記憶が蘇る……」

これだと、恐らく唐岬の滝もアウトでしょう。
残念ですが、仕方がありません。

俺:「いいや。今日の観瀑は、裾野の方の滝だけにしようっと」

白猪の滝_その1
白猪の滝(落差96m)・概観】  (愛媛県東温市河之内)

俺:「というワケで、落差96mの巨瀑、白猪の滝だけを観瀑してきました」
兄:「100mクラスか」
娘:「これは、なかなかだ」

映像と写真に解説を加えるわたくし。

子:「ちょっと! 唐岬の滝は無しかよ!!」
俺:「何か問題でもあるのか?」
子:「いやいや、唐岬の滝って落差50mになってるけど、東温市による公式落差は、なんと114mなんだ!」

は?
マジで?


娘:「え、白猪の滝より大きいの?」
妻:「50mと114mって、随分と大きな差異じゃない」
子:「そこなんだよ!」
兄:「あれか、観光仕様の水増し落差か、さらに知られざる上段部が隠されているか」
子:「まさにそれ。真実を映像で確かめたかったし!」

次男君から知らない情報を告げられて、
慌ててスマフォで東温市のホームページを検索するわたくし。

俺:「げげ、マジじゃねーか!」

白猪の滝_その2
【白猪の滝・最上段アップ】

兄:「お前、スゲえな」
妻:「さすが滝博士」
娘:「プロフェッサータキ!」
兄:「それは教授。博士ならドクター」
娘:「ドクタータキ?」
子:「それ、ドクターくれはみたいだから止めて」

なんだか白猪の滝の話が霞んでゆく。

娘:「お父さんでも知らないことがあるんだね~」

白猪の滝_その3
【白猪の滝・中段部アップ】

子:「白猪の滝雄滝唐岬の滝雌滝と言うくらいだから、やっぱセットで観瀑しなきゃダメだろ」
娘:「お父さん、雷雨なんかに負けてられないじゃん」

むう…

子:「さらに下流には、雨滝っていう良瀑まである」

なんだと?
そんなの初めて聞いたよ!

娘:「お父さん、今回どうしちゃったの」
妻:「ただの事前準備不足じゃ…」
兄:「いやいや、ドクタータキが凄すぎたんだ」
子:「だからそれ止めろ!」

白猪の滝
どうやら唐岬の滝雨滝とセットでリベンジすることになりそうです。




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

鬼門

子:「これは、怒涛のヒョングリ!」

絹掛の滝_その1
絹掛の滝(落差60m)・落口アップ】  (岡山県新見市草間 『井倉峡』

岡山県の名瀑「絹掛の滝」
名前に「絹」の字が入っているので、もっと穏やかな、優しい感じの滝をイメージしていました。

兄:「しかし、大雨の中では、それ、ムリだし」

落口の映像をアップしてみると、
激しく躍動する、この滝独特のヒョングリが見えてきます。

子:「まず、右岸側から高速で飛び出す瀑水が、左岸壁に激突して跳ね返ってる!」
娘:「スゴイ勢い」
兄:「この噴出力だから、間違いなく、奥の見えないところまで、滝が続いてると見た」

そして左岸壁にぶち当たった瀑水は、川床に収まり切らずに再び跳ね上がって、
下の段差に向かって曲線を描くように落ちてきます。

妻:「雨で増水して、余計に迫力を感じるわね」
娘:「鉄砲水だよ」

絹掛の滝_その2
【絹掛の滝・全景】

子:「本来なら、滝下部の急な滑部分で、絹のような流身になるんだろうけどね」
娘:「怒涛の水流は、最初から最後までジェットコースター」
兄:「滝壺は茶色く濁ってるし」

まさに、嵐の滝風味ってね!

子:「これはこれで、滝の姿の一つなんだけど、『いつもの』ではないよねえ」
娘:「言えてる」
俺:「ま、美しい流身を売りにしてる滝にとって、嵐は鬼門ということやな」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

稀有なる事例

子:「こ、これが人工滝だとう?」

井倉の滝_その1
井倉の滝(落差72m)・全景】  (岡山県新見市草間 『井倉峡』

そうなのです!

岡山県の高梁川流域に広がるカルスト地形。
その阿哲台地に、井倉洞という、岡山県を代表する鍾乳洞があります。
洞窟内には、地軸の滝などをはじめ、水によって造られた奇景がいっぱい。

俺:「洞内に流れ込む雨水に、石灰岩が溶け出して、鍾乳石を造ったりするワケ」

そして、この洞窟内の水位を下げるために造られた人工滝が、
この「井倉の滝」なのです。

妻:「全然、違和感がないわ」
娘:「人工って教えてもらわないと、分からないじゃん」
兄:「いつぞやの人工滝も、これくらい自然だったらな」
子:「ああ、田代の七ツ釜のコトね」

井倉の滝_その2
【井倉の滝・上部落口付近アップ】

観瀑当日は、あいにくの雨天だったため、
映像も、ちょっと暗めのものが多いです。

俺:「で、この間買ったばかりの携帯傘が大活躍だぜ」
子:「ビデオで、パラパラ音がしてるのは、そのせいか」
俺:「そう」

雨を避けるように、観光客の皆様も、そそくさと井倉洞に向かうので、
河原にまで降りてきて井倉の滝を撮影しているのは、わたくしひとり。

俺:「これも、ある意味では、滝の独り占め」
娘:「それも、ある意味では、すごい贅沢」

人の多い観光地で、人気(ひとけ)を感じないのは、まさに僥倖。

妻:「映像で観ると、風情があるわ」
俺:「実は、俺の背後には、土産物商店街が連なっていたんだけどな」

井倉の滝_その3
【井倉の滝・中段部アップ】

子:「ホント、人工と自然が、上手く融合してるねえ」
俺:「そうだろ、そうだろ」
兄:「これくらいの断崖絶壁を見ると、やっぱ滝の一本も掛けたくなるし」
娘:「ならないよ!」
妻:「でも、滝がない井倉峡は想像できないでしょう?」
娘:「う……そうかも」
子:「あれだ」

ふと、腕を組む次男君。

子:「人工の遺物が許された、稀有なる事例だ」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示