08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

竜頭蛇尾!

そして、竜吟の滝群で、最も下流に位置する「一の滝」までやってきました。

一の滝@竜吟_その1
一の滝(落差16m)・全景】(岐阜県瑞浪市釜戸町 『竜吟峡』

子:「う~ん、端正な滝姿だねえ」
俺:「まあな」
娘:「これが一番イイね」

滝前も結構広くて、お弁当等を広げるのにはピッタリなんじゃないでしょうか。

俺:「ちょうど二の滝の辺りに休憩所とかあってさ…」
娘:「うん」
俺:「だいたい二の滝三の滝まで見たら、引き返してくるパターンだったわ」

こう、なんと言うのでしょうか。

「観瀑の方は、二の滝三の滝まででいいよ!」
「森林浴の方は、ぜひ、ダムまでチャレンジ!」

みたいな感じ?

子:「ま、一の滝が、最も良瀑の条件を満たしてるっぽいし」
娘:「キレイな直瀑~」
子:「そう。一番下流がクライマックスっていう……」
娘:「ねね、これぞ竜頭蛇尾!

子&俺:「「おお!」」

一の滝@竜吟_その2
【一の滝・落口アップ】

俺:「確かに、二の滝から三の滝までは、橋を渡ってすぐなんだがな…」
娘:「うん」
俺:「三の滝を見て、『あ、もうイイや』ってなると思うわ」

子:「だね」
娘:「だよね」

率直に言って、
正しく竜頭蛇尾な滝群でした。




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

おめこぼし?

「家族連れにはもってこいの滝だ」と聞いて、
ちょっと寄ってみたくなってしまった、岐阜県の『竜吟峡』

俺:「ま、革靴しかないからなあ」

仕事の帰り道、高速を途中で降りて、フラッと訪瀑してみたのでした。

梵天の滝@竜吟_その1
梵天の滝(落差3m)・遠景】(岐阜県瑞浪市釜戸町 『竜吟峡』

俺:「で、これが、一番上流の滝なんだけどよ」
子:「う~む、なんだこれは……」
娘:「ショボいね」

そうなのです。
滝と呼ぶには、あまりに悲しい感じ。

娘:「アルプスの沢とかだったら、絶対、名前なんか付かないレベルだよね」
子:「ああ。どう見ても観光対策だろ」

敢えて言うなら、滝壺がデーンと広がっているが故に、仕方なく滝と認定できると言ったところでしょうか。

娘:「完全におめこぼし
子:「まったく。どこら辺が梵天なのだろう」

梵天の滝@竜吟_その2
【梵天の滝・最下段アップ】

娘:「しかも、水、濁ってるし」
俺:「上流に逆川防災ダムってのがあって、竜吟湖が広がっているからな」
子:「それって、プランクトンの大養殖場」
娘:「うわあ、一番ダメなパターンじゃん」


……。


娘:「臭いは?」
俺:「無かったな」
子:「そこまでは酷くないのか?」
俺:「まあな」

むしろ、ここでのハイライトは、滝や水流には無くて、
森林浴というか、「自然に癒される」ハイキング道の方が、竜吟峡全体の印象を正確に表していると思います。

俺:「つまり、滝は脇役なワケだ」
子:「オマケか」
娘:「だからって、水が濁ってて良いワケないと思うけど……」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

革命!

俺:「それは、俺の常識を根底から覆した!」
娘:「大げさ~」
子:「だいたい最初からズレてるモノを、常識とは言わね~」
妻:「でも、あなたがそこまで言うなんて、一度味わってみたくなるわね」

それはまさに衝撃!

わたくし、長野市の最奥・鬼無里へ「文殊滝」観瀑に行って来たのですが、
その途中のいろは堂で買った「おやき」が、無茶苦茶美味かったのです!

俺:「これぞ、信州フード界の革命である!」
妻:「はいはい」
俺:「俺の記憶では、最早、文殊滝おやきは固く結びついている!」
子:「いや、勝手に結びつかれてもなあ」
俺:「とにかくおやきなのだ!」
娘:「しつこい」
俺:「お……」


沈黙。


文殊滝_その1
文殊滝(落差78m)・概観】(長野県長野市鬼無里土倉 『裾花川』

かなりの落差があるにもかかわらず、
緑の季節になると、アッと言う間にその全景が見えなくなる文殊滝

先:「奥据花自然園で、最盛期の水芭蕉を撮ってみたいですか?」
俺:「いえ、滝オンリーで!」
先:「やっぱり……」

とある先達の事前レクチャーによると、水芭蕉が咲く頃には、
文殊滝は、新緑でもってその姿がかなり隠れてしまうらしい。

先:「なら、ズバリ四月の中頃、奥据花自然園の開園直前がオススメです」

なんだか日時の指定が極めてピンポイント。

俺:「どうしてでしょう?」
先:「あの滝は、周りに桜の木が何本もあるんですよ」
俺:「ほう!」
先:「滝の全景と一緒に、満開の桜が楽しめるハズです」
俺:「ふおおお!!」

この、ありがたくも貴重な情報を得たわたくしは、
に彩られた文殊滝を撮影すべく、早速、計画を実行に移したのでした。

先:「あと、滝が西向きなので、午後の方が水流を明るく撮影できますね」
俺:「重ね重ね、ありがとうございます」

文殊滝_その2
【文殊滝・上段部と桜のアップ】

文殊滝は、その知名度に反して、
観瀑向けのインフラがありません。

俺:「唯一、道路沿いに、ポツンと看板が立ってるだけだったわ」

車通りがほとんど無かったので、その看板側に車を路駐させると、
わたくし、カメラ機材を担いで、
撮影にベストな場所を探します。

俺:「そうして三脚を立てると、まずはビデオを撮り始めた」
子:「で?」

しばらく手の空いたわたくしは、
先ほど買ったばかりのおやきを取り出すと、パクッと口にしたのでした。

俺:「そしたら絶叫した」
子:「は?」
俺:「近くで農作業してたおばさんに、ドン引きされた」
娘:「はあ」
俺:「目からはウロコが落ちまくり」

わたくし、以前に高速のSAで野沢菜のおやきを食べたことがあったのですが、
その時の感想は、率直に言って、

・ガワがゴワゴワ
・具が少ない
・噛み切れない
・にじみ出る汁が悲惨
・とにかくマズイ

だったのです。

俺:「ところが、いろは堂おやきは皮がモチモチ!」
娘:「ふむ」
俺:「具がたっぷり!」
子:「おお」
俺:「それはそれはジューシーな具材が奏でる交響曲!」
娘:「う~ん」
俺:「タイトルは革命!
妻:「そこまで言うなら、お土産で買ってきてよね」
俺:「ウム、そのつもりで多めに買ったんだが、その場で食べ尽くしました」
子:「……」


沈黙。


文殊滝_その3
【文殊滝・主部】

俺:「こうして俺の中で、文殊滝おやきが固く結びついたワケです」
子:「それは運命。シンフォニーか!」
娘:「……」
妻:「文殊滝、いい滝なのに、あなたの話題はおやきばっかり」

あまりに強烈なおやき体験だったので、それは仕方がありませんな。

俺:「むしろ、おやきによって文殊滝の魅力が増したと考えるのはどうだろう」
娘:「はあ?頭大丈夫?」
子:「ボク、現物が無いから、そんなの想像できないわ」
俺:「そこで、みんなに提案したい」

PC画面を家族に向けるわたくし。

俺:「今からネットで、いろは堂のおやきを注文してみない?」


間。


妻:「全種類で!」
子:「ボクも!」
娘:「あたしも!」




人気ブログランキングへ
決してステマではありません。……
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ふおおお!

とある夜のこと。
わたくしが登録している「YouTube」チャンネルのおススメに

近鉄名古屋 23:15 津ゆき特急 バイノーラル・バージョン

という動画があがっていました。

俺:「ふむ。バイノーラルってなんだ?」

ちょっと気になったわたくし。
妻の邪魔にならないようヘッドホンを着けると、
早速、再生ボタンをポチってみたのです。

俺:「ふおおお!なんじゃこりゃあ!!」
妻:「あなた、うるさい!」

唐沢の滝@菅平_その2
唐沢の滝(落差15m)・全景】(長野県上田市 『菅平高原』

そのあまりにも自然な音世界!

【バイノーラル録音】
鼓膜に届く状態で音を記録することにより、
ステレオ・ヘッドホンやステレオ・イヤホンで聴く時に、
あたかもその場に居合わせたかのような臨場感を再現できる、という方式。


しかも調べてみると、イヤホン型のマイクを装着するだけで、
誰でも簡単に録れるらしいのです。

俺:「よし。今度の上田・軽井沢方面リベンジで使ってみる」

そういうワケで、
わたくし、バイノーラル・マイクを購入すると、
早速、手頃な美瀑を撮影してきたのでした。

唐沢の滝@菅平_その3
【唐沢の滝・落口】(クリックすると、YouTubeへジャンプします)

撮影から帰ってくると、
テレビからタコ足配線で家族にヘッドホンを着けてもらい、
編集もそこそこに、即行で映像を観てもらいます。

そしたら!

子:「ふおおお!」
娘:「ふあああ!」
妻:「……………」


間。


間。


間。


娘:「なにこれ、気持ちいい音~」
俺:「だろう?」

子:「これすげー……」
俺:「フフフ」

案の定、超好評!

唐沢の滝@菅平_その4
【唐沢の滝・滝壺付近】

そうして遂に、タメ息とともに30分の動画が終りました。

子:「はあ…」
娘:「はあ…」
妻:「……」

特に妻が恍惚としてます。

俺:「おまえら感想は?」
娘:「最高!」
子:「音ひとつで、こんなに滝ビデオの質が変わるんだ」

そうなのです。
一度バイノーラルを味わってしまうと、
通常マイクでの録音が、実に薄っぺらく感じられますな。

娘:「むしろ、苦痛になってくるよ?」
子:「お、それ分かる」

ピピッ!(リモコンの音)

妻:「ちょっとみんな静かにしてね!」

おもむろに、再び再生ボタンを押す妻。

子:「あ、僕ももう一回観るわ
娘:「あたしも!」

ヘッドホンを着け直す子供たち。

妻:「……」
子:「……」
娘:「……」
俺:「……」

なんという
この癒され感!




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

秋の恒例

軽井沢3滝の中では、
最もマイナーではないかと思われる「千ヶ滝」

俺:「白糸の滝竜返しの滝と比べると、かなり歩かにゃならんからなあ」
子:「そうは言ったって、30分くらいだろ?」
俺:「まあね」
娘:「なら、大したことないじゃん」

それでも、白糸の滝5倍竜返しの滝2倍は歩くことになりますかな。

妻:「こう、滝を観ようって意思がないと、辛くなる距離ね」
俺:「そうなのよ。チョット見の観光客は来ないんだな」
子:「……ああ」
娘:「ナルホド」

千ヶ滝@軽井沢_その1
千ヶ滝(落差20m)・全景】(長野県軽井沢町長倉『千ヶ滝沢』

でもその分、滝廻りの環境は良好。
季節によっては、人のいない滝前を独占することも可能です。

俺:「俺の時は、たっぷり2時間、人に遇わなかったね」

人が溢れている軽井沢にあって、
なかなか希少な観光スポットではないでしょうか。

俺:「しかも、軽井沢3滝の中で、一番滝らしい滝だったわ」
子:「まあ、一番落差があるし」
娘:「え~?どれも大したことないじゃん」
妻:「そうねえ……」

ま、あくまでも「軽井沢3滝の中では」って話ですから。

千ヶ滝@軽井沢_その2
【千ヶ滝・落口アップ】

さて、千ヶ滝を観瀑した後、次なる目的地へ向かおうとしたところ、
国道18号に出る手前から、とんでもない渋滞に巻き込まれてしまいました。

俺:「まず、国道に出るまでに1時間以上な」
娘:「うわあ」
俺:「次に、浅間サンライン入口まで2時間以上」
子:「ひでえ」
俺:「もう、軽井沢の秋を楽しむ観光客の車だらけ」

秋の軽井沢の恒例で、
平日・祝日にかかわらず、午後2時を過ぎたあたりから、帰途につく車が激増。
毎日、とんでもない渋滞になるらしいのです。

お陰様で、わたくしも、その後予定していた滝見は全て中止。
そのまま高速に乗り帰途についたのでした。

妻:「さすが軽井沢」
子:「渋滞のスケールが桁違いだろ」

千ヶ滝@軽井沢_その3
【千ヶ滝・主瀑部】

俺:「そういうワケで、今回の遠征は、ホントに軽井沢3滝だけじゃ」
妻:「……」
子:「うん、仕方ないわ」
娘:「またリベンジすれば?」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示