08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

ナベの耳

双門大滝から河原小屋跡までの道程は、中々しんどいものがありました。

俺:「寧ろ、垂直ハシゴ連続の方が、なんぼか安心かも知れない」

ただ、途中で眼下に、何度も滝らしきものが見えたりして、
景色としては飽きることがありません。

双門・三蛄滝_その2
双門・三鈷滝(落差15m)・遠望】(奈良県天川村大字北角 弥山川

河原小屋跡の手前まで来ると、
対岸にお目当ての赤テープが吊るされた木を探します。

俺:「おお、あったあった。これやな」

ここが、ショートカットのためのバリエーション・ルートの入り口になります。
試しに少し登ってみると、極上のテン場がありました。

俺:「おお、結構安全そうな場所やんけ」

古く割れた酒瓶とかがあったので、
昔から使われている、知る人ぞ知る“穴場の”テン場なのかも知れません。

俺:「万一の時は、ここでビバークできるのか。使わんけど」

双門・目印_その1
【河原小屋跡下流左岸の赤テープ(下流から)】

当初、計画の段階では、弥山川左岸に合流する谷型地形を少し遡って、1543mの鞍部に抜ける予定でした。
ところが実際に来てみると、この谷型地形が想像していたよりも険しく感じられ、ヤル気がかなり萎えてしまいました。

俺:「これは、身の危険を感じさせる嫌な登りや」

そこで、以前に登られていたとされる旧登山道と同様のコースを辿ることに変更。
傾斜こそ急ですが、普通に登ってゆける斜面でした。
その斜面を登ること約20分。下草だけのテラスみたいな場所に辿り着きます。

俺:「この辺りから、トラバースが始まる筈なんだが…」

少し休憩を取って水分を補給すると、
ちょっと上がった所に、昔の登山道の名残と思われるロープの残骸を発見。
そうして途切れ途切れのロープを目印に、トラバースを続けること10分ほど。

俺:「おお。なんかアッという間じゃんか」

遂に、ナベの耳に辿り着くことができたのです。

双門バリエーション・ルート
【実際のルート(実線)と、計画ルート(破線)】

俺:「そういうワケで、河原小屋跡からナベの耳に抜けるルートが、予想を遥かに超えた安定ルートだったのだ!」
娘:「ナベの耳?」
兄:「鍋の取っ手みたいな地形があるんじゃね?」
妻:「あるの?」
子:「地図上では、判読不能だねえ」

いや、だから、ナベの耳なんかどうでもよくて、
わたくしの選択がドンピシャだったことを自慢したいんだが…

妻:「こんな感じのゆったり尾根なら、私でも歩けそうね」
子:「うん。実際に、美しい森林浴コースとして紹介されているよ」
娘:「この尾根ルートからなら、あたしでも双門の滝に行けそう?」
兄:「無理なんじゃね?」
子:「あの親父が疲弊したって言ってるし、厳しいと思うよ」
妻:「そうね。ナベの耳までで我慢しておきなさい」
娘:「だよね~」

だから、わたくしのドンピシャな判断力を……

兄:「それにしても、なんでナベの耳とか言うワケ?」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

はああ?

事前調査では、「一の滝」「二の滝」までの道程も、相当厳しいだろうと予想していました。
しかし、実際にわたくしが登った感想は、

「岩場の基本『三点支持』ができていれば、心配することは何もない」

というのが、率直なところです。

あと、フェルト底の沢靴が絶大なる効果を発揮しました。

双門・一&二の滝_その1
【双門・一の滝&二の滝・概観】(奈良県天川村大字北角 『弥山川』

子:「まるで、写真集のような写真が撮れたな」
娘:「なんか威圧的じゃない?」
妻:「そう? 凄くキレイじゃない」
兄:「上部の明るい箇所は、ひょっとして朝陽か?」
俺:「そうや」
娘:「陽が昇り切るまで待てば、もっと美しい映像が撮れたってこと?」
俺:「いや、それはダメだろう。微妙な陰影が、全部白く飛んでしまうからな」
兄:「しかしこれ、圧倒的じゃね?」
子:「本命・双門大滝が無ければ、これが百選滝だったろ」
俺:「ウム。誠に」

やはり、この二滝だけでも、百選滝の風格のようなものが充分に感じられます。

双門・一の滝_その1
【双門・一の滝(落差30m)・概観】

当日は、登り始めこそヘッピリ腰でしたが、
フェルト底の沢靴の実力を実感する程に、登りに安定感が出てきたと思われます。

俺:「濡れた岩場もしっかりグリップしてくれて、沢靴で本当によかったわ」

手近な木に荷物をビレイすると、
カメラと三脚を持って、岩場の上をスタコラ移動。

僅か三十分程でしたが、双門の二滝を、心行くまで堪能しました。

150824_双門・二の滝_その1
【双門・二の滝(落差20m)・概観】

俺:「そうしてここから、かの有名な地獄の梯子が始まるのさ」
娘:「あの、ハシゴが延々と続くヤツだね」
兄:「全部で幾つあったんだっけ?」
俺:「数えてね~や」

後でネットで調べたら、「83箇所」という数字が上がっていました。

子:「で、三の滝は?」
俺:「スマン。パスした」
子:「は?」
俺:「時間が無くてな」
子:「はああ?」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

そういうワケで

俺:「そういうワケで、行ってみようと思う」
娘:「ワケ分かんないし。説明を先にして?」

近頃、とみに肉体の衰えを感じるようになったわたくし。
色々と後回しにしていた百選の滝・最難関と云われる「双門の滝」に、そろそろ挑戦しなければいけないと考えました。

俺:「今のうちに行っておかないと、本当に行けないまま終わってしまいそうだ」
妻:「でも、危険なんでしょう?」

滑落や遭難による死者を、毎年出しているらしい超・難コース。
上級者向けであることは間違いありません。

俺:「しかし、登山地図にもちゃんと出ているんだ」
兄:「ああ、間違いなく載ってるね」

そうは言っても、キチンと整備された登山道ですし、
毎年、かなりの数の登山者が、ここを登っています。

そう、
ちょっと前までの御来光の滝コースとはワケが違う。
あそこは、一時期、廃道扱いになっていましたから。

俺:「既に、三点支持の基本はマスターした」
子:「岩場の基本ね」
俺:「これまでに、数々の難滝をクリアしてきた」
娘:「九階滝とかあったよね」
俺:「山岳保険にも加入したぞ」
兄:「それは当たり前」
俺:「そういうワケで、双門の滝にチャレンジしてみたいと思うのです」


沈黙。


妻:「分かったわ。気を付けて行ってきて」

双門・釜滝_その1
釜滝(落差6m)・概観】(奈良県天川村大字北角 『弥山川』

そういうワケで、わたくし、いよいよ「双門の滝」に挑戦することになりました。
まだ朝暗いうちから白川八丁を抜けると、
最初の滝である「釜滝」に到着。

俺:「水がチョロチョロじゃねえか」

すぐ上流にある取水口の影響で、大概はこんな感じのショボ滝になっているらしい。

俺:「よし。休憩やね」

林道入口から約1時間。
ここからが、いよいよ本格的な弥山ルートの始まりです。




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

日本No.1

いわゆる「滝屋」と呼ばれる方々の間で、しばしば「日本No.1」に挙げられる
白山系の秘境の滝、「百四丈の滝」

わたくし、当初は滝壺にビバークして、その日本一であるところの所以を、全身全霊で体感してこようという計画を立てていました。

俺:「しかし、甘かったのだ!」
子:「は?」
娘:「まさか滝壺に泊まれなかったの?」
俺:「ああ」
子:「ええーっ!」
妻:「でも、あなた、『これで完璧だ!』とか言って、色々パッキングしてたでしょう」
俺:「ああ」

何というか、滝壺に辿り着く前に、色々力尽きたという感じでしょうか。

俺:「でもな、そのお陰で、美しい滝の全景を堪能することができたのだ!」
子:「……」
娘:「負け惜しみ?」
俺:「断じて違う!」

百四丈の滝_その3
百四丈の滝(落差90m)・全景】(石川県白山市尾添 『丸石谷』

子:「うおおっー!!」
妻:「これは……」
娘:「なんか圧倒的じゃない?」

そうなのです!
一言で言うと、ズバリ「完璧な直瀑」

子:「この、落口から滝壺まで何物にも触れることのない瀑水よ!」
娘:「それ!」
妻:「ちょっと、滝の王道を極めてない?」
娘:「それそれ!!」

しかも今回は、滝見場で3時間余りを過ごして、ガッツリ長時間「バイノーラル録画」をして来ました。

娘:「ねね、動画の迫力がスゴイんだけど…」
俺:「フフフ。まかせろや!」
子:「う~むスゲー」

百四丈の滝_その5
【百四丈の滝・滝壺アップ】

当初、わたくしが選んだのは、白山一里野温泉スキー場から加賀禅定道に入り、奥長倉避難小屋を経て、美女坂から天池へ到る二泊三日の登山道コースでした。

俺:「で、なんで滝壺まで行けなかったかと言うとだな……」

◆加賀禅定道が長すぎた
◆水場がゼロ
◆標高が上がって気温が下がるまでが長く、暑さでバテバテ
◆天池から百四丈の滝へ下るルートの登り返しが、現装備ではムリだと判断
◆急に予報が変わり、三日目の天候が崩れることに


妻:「つまり、色々と足りなかったのね」
俺:「すまない」

まず、初日に熱射病寸前となって、正午には、奥長倉避難小屋で体調回復のために、早々と宿泊モード。

俺:「ホントは、初日の内に滝壺まで降りる予定だったんだけど……」

次に、翌日の天池から百四丈の滝へ向かって下るバリエーション・ルートで、現状の沢靴とピンソールではスムーズな登り返しができず、途中で体力が尽きると判断。

俺:「30分ほど降ったところで、早々に諦めて登り返したんだがな…」
娘:「うん」
俺:「笹で滑って滑って、1時間半かかりました」
娘:「うわあ……」

もし、仮に百四丈の滝へ挑戦し直すなら、

●滝壺には泊まらず奥長倉小屋で二泊とし、テントの類を無くす
●水は4L持ち、うち2Lを奥長倉小屋にデポする
●ピンソールではなく、アイゼンを携行する


こんな感じにすると思います。

娘:「水不足はどうしたの?」
俺:「天池の水を煮沸して、冷ましてからペットボトルに詰めたわ」
妻:「そんなの飲んで大丈夫なの?」

登山地図では、一応「煮沸飲料可」とはなっていましたが……

俺:「煮沸してる間、お湯の中を赤色のヒモ状ものが駆け回るんだよ」
娘:「ちょっと!」
俺:「冷ますと消えるんだけどね」

できれば、あまり飲みたくなかったです。

百四丈の滝_その4
【百四丈の滝・落口アップ】

俺:「でも、滝見場からの景色は素晴らしかったぜ!」
子:「まあ、一部分をド迫力アップよりは、美しい全景が先なのは認める」
娘:「それはそうだ」
妻:「ま、そうよね」

うむ、
我が家の総意は、やはり、「まず全景を!」。

俺:「そういうワケで、今回、百四丈の滝壺は俺の力量を超えていたということで、勘弁して欲しい」
妻:「大丈夫。これだけで充分に日本ナンバー・ワンだって伝わってくるから」

おお、妻が優しい!

子:「そりゃ日本一は、どこから見ても日本一だしな!」
娘:「そうだ。お父さん頑張った!」

おおお!!




人気ブログランキングへ
こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

おかっぱ頭

支流から見ると、無名滝の右岸下流に合流してくる本流。
そこにかかるのが、この「禿の滝・上段(本瀑)」です。

俺:「まさに無名滝の撮影が終わって、上段にカメラを向けた瞬間やった」

そこに、サァーっと陽が差し込んで来ました。

カブロの滝_その1
禿の滝・上段・本瀑(落差11m)・概観】
(長野県飯田市千代・万古渓谷 『猿間洞沢』

子:「おお!」
娘:「う~ん、新緑がキレイ~」
妻:「ナイス・タイミング!」
兄:「鬱蒼とした下段と、正反対やんけ」
子:「そして瀑布の頭が、ちゃんとおかっぱ頭なってるし!」
娘:「これが本瀑で決定!

しかも、禿の滝は長い“歴史”を経ているらしく、
それが証拠に、あちこちに磨きこまれた旧流路を発見できます。

子:「南信州に雪なんて積もらないし、水だけで磨きこまれてるな」
妻:「だから、流れが複雑になってるのかも」
兄:「少なくとも万単位の年月」
娘:「歴史のロマン~」

そうして始まる、我が家の滝分析

娘:「ねね、大きく分けて、三段の段瀑っぽい?」
兄:「どうだろ、下二段と最上段の規模が違い過ぎるし、それはナイんじゃね?」
妻:「まあ、離れてるみたいだし」
子:「それ。おかっぱ頭の部分だけで、下二段の3~4倍はあると見るぜ」
娘:「落口が遠目だから? ホントはもっとデカイ?」
俺:「せやな」

兄:「それにつけても、このおかっぱ頭のインパクト!」
娘:「まんまだよね」
子:「明らかに、滝の名前の由来だねえ」

そうそう、
落差は、いつもの如く高度計11mに対し、目測6mでした。

カブロの滝_その2
【禿の滝・上段落口】

子:「ウム、右岸の溝部が、昔の落口」
妻:「ツルツルに磨きこまれちゃって…」
子:「侵食の様子がアリアリと分かるねえ」
娘:「ねね、“柔らかい花崗岩”

おお!
確かにこんな感じ、柿其渓谷牛ヶ滝で見たことがありますな。

兄:「で、見ればみるほど、このおかっぱ!」
子:「ホント、おかっぱ頭
娘:「ねね、別角度の映像はないの?」
俺:「ホレ!」

カブロの滝_その3
【禿の滝・上段上部】

娘:「崩れた……」
兄:「これは、最早おかっぱでは無い」
子:「だらけたな……」

真正面が、おかっぱ頭のハイライトでした




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示