09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

いらんし!!

先秋のこと。

新潟県の新発田市に行く機会があって、翌日が休日だったこともあり、強行軍ではありましたが、再び、飯豊温泉に立ち寄りました。

主な目的は、湯治と「旭又滝」の観瀑。


旭又滝(落差15m)・全景】山形県西置賜郡小国町小玉川 『旭又沢』

俺:「旭又滝って、ものの本によると、結構、美しい滝だったらしいわ」
子:「なんで過去形?」
俺:「いやあ、実際に目の当たりにしたら、とても美瀑とは思えんかったから」
娘:「そんなの、紅葉がマダラで汚いからでしょ」
子:「確かに。写真を見れば一目瞭然だね」

まあね。

子:「これ、梅花皮大滝(かいらぎおおたき)の時と同じ夏場の写真は?」
俺:「夏は、モウモウとした草木が邪魔で、写真なんか撮れんかったなあ」
子:「それ、滝の立地条件が問題ってこと?」
俺:「は?」

立地条件て。
不動産じゃないんだし。

娘:「そもそも旭又滝って、どこにかかってるの?」

それそれ!
旭又沢玉川との出合です。ここに懸かっているのが旭又滝ですよ。

わたくし、対岸の道路から撮影したんですが、
夏場は、残念ながら、葉々の隙間からチラチラ覗ける程度でした。

娘:「やっぱり。あたしが推理した通り!」

まて。
そもそも、あなたの推理とやらを聞いていないぞ。

子:「それじゃあ、後出しジャンケンと変わらんじゃん」
娘:「ぶう…」


【旭又沢大滝(落差35m)・遠望】

俺:「じゃ、おまえら、ここでとっておきを開示しよう」
子:「おおおお?」
娘:「なになに?」
俺:「旭又滝を超える大瀑、『旭又沢大滝』の映像を喰らえ!」

この滝は旭又沢の中程に懸かっていて、
道路から望めます。

子:「いや、遠望だし!」
娘:「ちっちゃいし!」
俺:「いやいやいやいや! まずは、このスケール感を感じ取ってくれよ!!」
娘:「はあ? この滝こそ、紅葉の画像はないの?」

すみません、ありません。
秋になると、こちらの大滝は、
遠目には、ほとんど涸れ滝になってしまうからです。

子:「なんだ。映像としては、どれもイマイチ…」
娘:「ドンマイ過ぎるね」

ぐぬぬ。

俺:「しかたがあるまい」

ならば、わたくしが飯豊温泉に浸かった話を…

子&娘:「「いらんし!!」」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

遠大な計画・序章!

子:「これは、何とも微妙だ」

わたくしの撮影してきた滝映像に、いつもの様に、次男君の辛口コメント。


白糸の滝(落差40m)・全景】  (秋田県北秋田市森吉林班地内)

何が微妙かというと、
上部に見え隠れしている滝と、下部の迫力ある滝は、どう考えても一つの滝であり、「白糸の滝」なのですが、しかし、見るからに、別滝に分かれているみたいです。

俺:「このスラブがなあ。圧倒するような迫力と同時に、滝の姿を隠してしまっているからな」
娘:「前から思ってたんだけど…」
俺:「うん?」
娘:「スラブってなに?」

いや、お嬢さん、今まで意味を知らずに使ってたんか?

娘:「いや、なんとなくは分かるんだけど…」
子:「傾斜の急な一枚岩のことだよ」
娘:「でも、この岩、ヒビがあるから、一枚じゃないじゃん?」
子:「これはクラックと言って……あああ、めんどくせ。お父さん?」

言い掛けたなら、最後まで説明しろや。

俺:「クラックって、ようはヒビ割れのことな。この程度じゃ、別の岩とはカウントしないのさ」
娘:「ふ~ん」


【白糸の滝・上段部アップ】

子:「上段の滝は、複合瀑布かなあ?」
娘:「わたしには、一つの滝が三条に分かれて見えるけど?」
俺:「こりゃあ、どっちだろう」

実は、観瀑所から右岸の森に分け入って、上段部を観瀑できないこともなかったのですが…

俺:「ちょっと遠大な計画を立ててたもんで、無理はできんかったわ」
娘:「遠大?
俺:「そ。え・ん・だ・い
子:「へ~え、ふ~ん」

次男君、何かを察したらしく、ニヤニヤしています。

チッ! 勘のいい奴め。

娘:「え、なになに? なんなの?」
子:「そりゃあ、あとのお楽しみだろ!」
娘:「え~?」


【白糸の滝・上段の直瀑部アップ】

子:「この白糸の滝って、滝壺手前の取水用の堰堤と、滝全景が見えないスラブのお陰で、随分とマイナス喰らってるよね」
娘:「美しい滝なのにね」
俺:「一応、ちょっとした歴史があるんだぞ?」

そう。
かつて、どこかの文人が訪れたことがあるそうなのです。

子:「フ。文人ね…」

ニヒルな笑みを浮かべる次男君。

子:「芭蕉じゃないなら、どうでもいいや」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示