05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

オマケ付き

我が家の皆様に八重滝群を下流から紹介してきたのですが、
岐阜県にある“なんちゃって滝群”、竜吟峡と比べられて散々な感じなので、
島根きっての名瀑である、主瀑布「八塩滝」「八汐滝」の連瀑を、先に映像公開することにしました。

俺:「では、ご覧あれ!」

八重滝_その1
八塩滝・八汐滝(総落差40m)・全景】(島根県雲南市掛合町 『竜頭八重滝自然公園』

俺:「どう?」
子:「まあまあやね」
娘:「悪くはないね」
妻:「百選、この連瀑が決め手になったんじゃないの?」

それはウ~ム、どうでしょう。

子:「ちょっと微妙じゃね?」
娘:「ねね、メインの2滝じゃ足りないので、下流の小滝をオマケして、点数の嵩上げをした!」
子:「おう、それや!」
妻:「……説得力あるかも」

八汐滝_その1jpg
【八汐滝(落差25m)・概観】

俺:「こちらが上流の八汐滝(やしおだき)だ」
子:「こう、もうちょっと全体像が見えると、迫力が増すんだろうに」
妻:「そうねえ」

下段の八塩滝の落口に隠れてしまって、滝姿が上半分しか見えないのです。

娘:「え? 下段もやしおだきって言うの?」
俺:「そうや」
子:「フム。文字上でしか区別できないのか」

せめて、「やしお」と「やじお」で変えるとかすれば、
もうちょっと分かり易かったかも知れません。

八塩滝_その1jpg
【八塩滝(落差15m)全景】

娘:「昔は、両方合わせて『やしおだき』て言ってたんじゃないんの?」
俺:「そやなあ…」
子:「その可能性は高いゼ」

公園の案内板には、とくに明記されてなかったと思います。

妻:「漢字で呼び分けたのは、観光対策? 百選対策?」
娘:「どっちだろ~」
子:「寧ろ、観光地したために、呼びわけするを得なくなったとか」
娘:「え~、それはないんじゃない?」

ま、いずれにしても、キレイな滝ではありました。

妻:「そうねえ……」
子:「ウ~ム」
娘:「でも、やっぱりオマケ付き




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
-- 続きを読む --
tb: 0 |  cm: 0
go page top

全国区

俺:「八重滝群ってさ…」
娘:「うん」
俺:「滝の連なり方が、どことなく轟九十九滝群を彷彿とさせないか?」
娘:「え、あれ? そうだっけ?」

いま一つ、ピンと来ない様子の娘。

子:「だよねえ。一つ一つの滝の規模が全然違うし」
妻:「むしろ、竜吟の滝群の方が、実態に近いんじゃないの?」

え? あれあれ?

娘:「やっぱ、そうだよね」

いやいや、あちら竜吟は地元の観光地にしか過ぎないのに対し、
こちらは日本の滝百選。何と言っても全国区ですから。

俺:「論より証拠! 見よ!」

姥滝_その1
姥滝(落差3m)全景】(島根県雲南市掛合町 『竜頭八重滝自然公園』

俺:「どうや!」
子&娘:「「う~ん」」
俺:「ほら! 轟九十九滝群横見の滝に似てるだろ?」
子&娘:「「う~ん」」
妻:「横見の滝って、落差何メートルだっけ?」
俺:「10mや」
子:「で、こちらは3mですか~。話になりませんゼ」

むう。
わたくしの意見と家族の意見とが、どうしても一致しません。

俺:「おかしいな。なら、こっちの映像を見てくれ」

姥滝_その2
【姥滝・俯瞰】

子:「いやこれ、観光地化するために、カスにも名前を付けたとかじゃ…」
俺:「カスって…お前な」
娘:「竜吟の滝群って、梵天の滝が3mだったよね?」
子:「だな。昇竜の滝も3m。えびす滝三の滝が5m」
娘:「数字でみると、こっちの方がそっくり?」

むむう。なんか言い返せない……。

妻:「1mってのもあったわね」
子:「あんま滝ね」


間。


妻:「つまり、竜吟峡全国区版?
俺:「いやしかし……う~む」
子:「少なくとも、轟九十九滝群と比べるのは失礼だよねえ」
娘:「全国区……




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

それなりに

俺:「そういうワケで、滝尻滝は中々のゴルジュ滝だったんだけどね」
子:「うむ」
俺:「その後が、なんだか小滝が続くんだよ」
妻:「竜吟峡みたいな感じ?」

いや、そうですね。
あそこまで小粒ではありませんね。

俺:「もうちょっとスケールは大きいぞ」
子:「そりゃまあ、百選滝だし、小さかったら問題だろ」
娘:「つまり、その小滝ってのが、どの程度の小滝なのかが問題なワケだ」
妻:「それね」
俺:「まあ、映像を見て欲しい」

紅葉滝_その1
紅葉滝(落差3m)・全景】(島根県雲南市掛合町『竜頭八重滝自然公園』

子:「落差3mってか。これは厳しくね?」
娘:「一応、滝には見えるけど?」
妻:「少なくとも詐欺には当たらないんじゃない?」

いや、詐欺って……。

子:「次の滝はどうなの?」
俺:「こちらの映像をどうぞ」

河鹿滝_その1
河鹿滝(落差3m)全景】(島根県雲南市掛合町『竜頭八重滝自然公園』

子:「はあ?」
娘:「ゲ~」
子:「これ、3mないだろ!」
妻:「でも、2mはあるでしょ」

確かに、落差は3mも無いかもしれません。
でも、豊富な水量を落口に集めて一気に滝壺へと叩き込む様は、
それなりに滝の名に恥じないのではないでしょうか。

娘:「そう言われると、う~ん…」
子:「落差、無いけどな!」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

近づきたい!

俺:「ぐあ。しまった!」

わたくし、観光の滝と聞いていたので、通常の登山靴を履いてきたのですが……

俺:「これは沢登りスタイルで来るべきだったか!」

滝尻滝_その1
滝尻滝(落差8m)・遠景】(島根県雲南市掛合町 『竜頭八重滝自然公園』

わたくし、島根県の百選の滝である「八重滝」に行ってまいりました。

俺:「八重滝って言うけどね…」
子:「フム」
俺:「むしろ『八重滝群』と言った方が、実態に近いと思うんだ」
子:「ほほう」

そして、この「八重滝群」最初のハイライトが、この滝尻滝なのです。

俺:「ミニ・ゴルジュとでも言うべきか…」
娘:「うん」
俺:「その奥に、チョックストーン滝と思われる瀑布が隠れているのだ」
娘:「フムフム」

特に、右岸側壁の水流に磨きこまれた感じが、何とも言えません。

子:「いいねえ」
妻:「水質は良くないのかしら。少し濁って見えるわね」
俺:「ああ。それでも、もっと間近で観瀑してみたいと、つくづく思ったわ」
娘:「それ、わかる」

首辺りまで水に浸かってでも覗いてみたい衝動に駆られます。

子:「もうちょっと拡大して?」
娘:「ラジャー!」

滝尻滝_その2
【滝尻滝・アップ】

子:「あああ、これはもっと滝の真正面に回り込みたい!」
俺:「わかる?」
妻:「このゴルジュって、滝が後退した痕でしょ」
俺:「そうやな」
娘:「なんかゴルジュの奥ほど、水が深そうだよ」
俺:「それなのよ」

そうなのです。
どう考えても、ずぶ濡れ上等のフル装備でないと、奥に行くのが躊躇われます。
そして仮に、フル装備で突っ込むと、ここだけで一日が終わっていまいそう。

俺:「ここだけを沢登りする計画だったら、思い切って突入したんだけどなあ」
妻:「一箇所だけなんて贅沢しちゃダメです」
俺:「ハイ。分かってます」
子:「そういう贅沢、地元民じゃないとムリだろ」
俺:「だよなあ」
娘:「遠方の滝って、こういうところが難しいよね」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

祈りたい

かつて落差43mの美しい二段滝だった、名峰・大山にかかる「大山滝」

俺:「ところが、2011年の台風12号で、滝下の右岸が大崩落」
娘:「ホント?」
俺:「下段の滝壺がほぼ埋まり、今では落差31mになってしまったのだ」

大山滝_その1
大山滝(落差31m)・概観】(鳥取県琴浦町中津原 『地獄谷』

娘:「うわあ」
妻:「これじゃあ、写真集とは全く別の滝じゃない」
俺:「そうなのよ」
子:「しかも、1934年の室戸台風の前は、更に三段の滝だったんだって」
妻:「え? ホント?」
俺:「ホントです」

大山滝は、もともと三段の段瀑だったのですが、
室戸台風時の崩落で二段となります。
そして2011年の台風で、ほぼ一段の滝へと変貌してしまいました。

娘:「なんで崩落しまくり?」
子:「ふむ。なんでだろう」

大山の主な火山活動は一万年前には終了しており、
火山としては古い部類に入ります。
もしかすると、これが、崩落が進み易い理由の一つかもしれません。

俺:「別の言い方をすれば、火山の開析が進んでる、ということなんだろう」

大山滝_その2
【大山滝・下段】

俺:「さらに、崩落した右岸の崖なんだがな…」
娘:「うん」
俺:「見上げると、まだまだ崩落途中の感じやったわ」
子:「げ、マジか!」

もしかすると、一段目の主瀑布も、
今後の崩落状況によっては、だいぶ埋まってしまうのではないかと思われます。

子:「僕、大山滝が、できるだけ永く滝である続けることを祈りたい

大山滝_その3
【大山滝・上段落口付近】

妻:「でも、更に崩落の危険があるって……ここ、観光地なんでしょ」
俺:「まあ、そうなんだけど」

そしてなんと!
登山道を戻ってきたら、一向平野営場のゲートで「登山届け」を出さなければいけなかったらしいことが発覚しました。

娘:「滝に行くだけで?」
俺:「そう」
妻:「小学生でも充分に楽しめるコースだったんじゃないの?」
俺:「それでも、届け出すらしい」
娘:「えええ」
子:「ここは逆に考えるんだ。崩落の危険があってもなお滝を見せてくれるなんてラッキー!」


娘&妻:「「……」」


我が家の滝訓として、よく「一期一会」というフレーズが飛び交いますが、
今回の大山滝訪問は、特にそれを強く感じさせてくれました。

子:「あ~あ。美しい二段滝のうちに訪瀑しておきたかったねえ」
俺:「いかにも」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示