06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»07

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

キレイだから

今日は、夕方の便で旭川を出発します。
で、もちろんその前に、観瀑をするつもりで、天人峡にやって来たのですが…

たっぷりの残雪に、通行止めのゲート。

俺:「どうしよう…」

雪上にはしっかりとした踏み跡があり、かなりの方が滝見しておられることが分かります。
しかし、この陽気だと雪崩などの危険があって、踏み込むのにためらいが生じます。
ゲートの前で懊悩するわたくし。

俺:「あれ?」

と、普段着で運動靴を履いたカップルが、ゲートの向こう、滝の方から歩いてきました。
すぐそこの温泉宿に宿泊されている方のようです。

俺:「なんだ。行っても問題ないんじゃん」


羽衣の滝(落差270m)・正面】  (北海道上川郡東川町勇駒別天人峡温泉)

歩いてみると、滝への遊歩道は、「羽衣の滝」までは雪崩の危険もなさそうな感じ。
問題は、それ以降の、敷島の滝までの道程。

俺:「こりゃあ、『羽衣の滝』だけで諦めざるをえんな」

さらには、大雪山・登山道の途中にある滝見場も行ってみたかったのですが、この雪では到底不可能。
そこからでないと、「羽衣の滝」は、その全景を観瀑できないのです。
特に、双見沢に懸かる最上段の滝が観れません。

俺:「でも、この雪じゃなあ…」


【羽衣の滝・双見沢側】

観瀑台に到着すると、早速、三脚を立てて撮影を開始しました。

俺:「広角レンズを持ってきて、正解だったな」

それでも、ビデオ・モードに切り替えると、広角レンズなのに、フレームから滝姿がはみ出してしまいます。
この、間近から見上げる滝の、ものすごい迫力とスケール感。


【羽衣の滝・アイシホップ沢側】

子:「ふう。流石は、日本第二位の落差を持つ百選滝だゼ」

テレビの画像前で悶えていた次男君が、ようやく一声を発しました。

娘:「キレイだよね~」
子:「アレアレ? これ、別に直瀑じゃないぞ?」
娘:「わたし、別に直瀑にこだわってるワケじゃないよ。滝はキレイかどうかが大事でしょ」
俺:「フム」
娘:「直瀑は、キレイだから好きなだけ」

腕を組む次男君。

子:「ナルホドね」
娘:「何よ」

子:「お前の紅葉好き直瀑好きがなぜ繋がるのか。その謎が解けたわ」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

最北

北見市に到着してすぐ、翌朝の仕事のスケジュールを確認しました。

子:「なんで?」

なんでって…。
そりゃあ、仕事の前に、ちょろっと観瀑できるかどうかを確かめるために決まっています。

子:「と、いうことは」
俺:「お、わかる?
子:「『オシンコシンの滝』に行ってきた?」
俺:「ピンポーン!」
子:「うおおおっしゃあああ!」


オシンコシンの滝(落差50m)・正面】  (北海道斜里郡斜里町ウトロ高原)

朝4時に、北見市の宿を出発すると、暗闇の大地を、知床半島に向けて車を走らせます。
怖いのは地元車。

俺:(おや、後ろから車が迫って来ているな)

と思う間もなく、たちまち背後にピタリとくっつかれて、パッシングされます。
どのも車も、制限速度60Kmのところを、どう控えめに見積もったって100kmを超えるスピードで爆走しているとしか思えません。

見知らぬ土地で、こんな高速走行、わたくしにはムリですので、
すすんで道をお譲りしました。

そして朝6時、「オシンコシンの滝」に到着。


【オシンコシンの滝・下流側から】

まず抱いた感想が、
駐車場とトイレがポツネンとあるだけで、観光地とは思えない、もの凄いアッサリ感。

そして…

俺:「これ、落差50mって、ホンマかいな」

わたくしの目には、せいぜい30mくらいに見えて仕方がありませんでした。

子:「ビデオで見る限り、50mくらいはありそうだけどなあ」
兄:「観光地だし、案外、盛ってるかも知れないぜ?」
娘:「盛ってる?」
兄:「そ。落差を、観光用に水増ししてるんじゃないかってことさ」
娘:「ふ~ん」

娘が、何か言いたそう…

娘:「そもそも、この滝の売りはなに?」
子:「聞いて驚け。日本で一番北にある百選滝がコレだ!」
娘:「ふ~ん」
子:「ふ~んって…。この滝こそ、日本最北なんだよ!」
娘:「ふ~ん」
子:「いや、だから、なかなかお目にかかれない、最北の滝なんだって!!」
娘:「ただの滑滝じゃん」

沈黙。

子:「今日のおまえには、日本語が通じないようだな」




人気ブログランキングへ
朝8時に北見市に戻りました。
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

温泉滝?

結構な急坂の遊歩道を、息を切らせつつ登りつめると、そこには、雄大な景色が広がっていました。

俺:「…なんて、日本離れしたスケールなんだ…」


銀河の滝&流星の滝・遠望  (北海道上川郡上川町『層雲峡』

そして、想像していた以上に、「流星の滝」銀河の滝との間に、大きな落差の差があるように見えたのも驚きでした。

子:「だってほら、公式データでは、『銀河の滝』が落差104m。『流星の滝』が90m。その差は、わずか15m足らずのハズなんだ」
妻:「とてもそんな風には見えないわね」
兄:「確かに見えんわ」
娘:「流星の滝って、銀河の滝の半分くらいだよ?」

テレビの液晶画面に、わざわざ定規をあてがう娘。

…って、あまりベタベタ触るなって。指紋痕だらけになるだろうが。

兄:「奥の見えないところに、何段かまだ滝が懸かってるんじゃね?」
娘:「それ!」
子:「お父さん、流星の滝を、もっとアップにできない?」
俺:「うっしゃ、まかせろ」


流星の滝(落差90m)・概観】

娘:「やっぱり、まだ、1段隠れてた!」
兄:「それでも、90mには足りないだろ」
俺:「おまえら、流星の滝の方が、観瀑台から離れてることも、頭に入れといてな~」
子:「あっ、な~るホド」

ポンと手を打つ次男君。

妻:「ちなみに、どれくらいの離れてるの?」
俺:「かなり」

娘:「かなりって?」
俺:「そうとう」

兄:「いや、それじゃ、よく分からないんだけど…」
俺:「いや、だから、正確には分からないんだよ」

子:「……」


【流星の滝・落口付近アップ】

子:「あれかな。流身の後壁が赤く染まって見えるのは、鉱物が付着してるからだろうか」
妻:「そう言えばそうね。上流に温泉でもあるんじゃないかしら」
俺:「層雲峡そのものが、温泉で有名だしな」
子:「大雪山だって、もともと火山だしね」
娘:「ふ~ん」

娘:「流星の滝って、温泉滝なんだ」

子&俺:「なんでそうなる!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

中途半端な

急遽、仕事の都合で、北海道の北見市に飛ぶことになりました。
ついでに近辺も回ることになったので、
当初、JRを使った行動計画を立てようとしたのですが、乗り合わせがうまくいかず、もう、時間のムダが半端ない。

俺:(電車が1時間に1本でも多い方なのですか、北海道は!)

そこで、格安便で旭川に飛び、そこから軽自動車をレンタルすることにしました。

妻:「ふ~ん、いいわね。風景写真とか、よろしくね」
子:「お父さん、それだ!」
俺:「はい?」
子:「だから、車なら、仕事の合間に観瀑できるだろ」

おお!


銀河の滝(落差104m)・全景】  (北海道上川郡上川町 『層雲峡』

旭川から北見へ行くには、途中、層雲峡を通り抜けなければなりません。
空港到着後、即行でレンタカーに飛びのると、なんとか日没前にはたどり着くことができました。

俺:「うお。ゴールデン・ウィークの時期でも、まだ、こんなに雪が残ってるんだな」

道路は、路面凍結こそしていないものの、道端にドッサリ残っている雪、雪、雪。
仰ぎ見ると、大雪山は真っ白に光り輝いて、真冬の装いのままです。


【銀河の滝・中段部アップ】

そして滝の流身にまとわりつくように、壁面に張り付いている残雪。

俺:「う~ん…」

もうちょっと雪が残っているとか、すっかり雪が消えているとか、どっちかじゃないとなあ。
どこか中途半端な感じ

俺:「…みんなが『美しくない』って言ってる幻聴が聴こえる…」

看板を見ると、対岸の尾根上に観瀑所があるらしい。
北見には夜までに着けばいいので、あと1時間くらいは余裕がありますな。

俺:「よおし。登ってみっか」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示