09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

奈良っぽい

関西の名瀑「笹の滝」に向かう途中、
幾つか滝を観て行くことにしました。

俺:「ま、車窓から、目立った滝だけに限定して」

計画がアバウトなのは、スケジュールがキツキツな為で、仕方がありません。

大泰の滝_その1
大泰の滝(落差15m)・全景】(奈良県十津川村大字小川 『芦廼瀬川』

俺:「で、これが大泰の滝ってヤツだ」
娘:「ふ~ん」
子:「あんまり大したことないな」

いつもの写真集は、滝の最下段と、滝壺部分をアップした写真が載っています。

妻:「あれかしら。滝壺のエメラルド・グリーンがポイントとか?」
子:「そうだろうねえ」
娘:「これ、奈良っぽい色してるよね」


間。


子:「奈良っぽい…」
俺:「え~と」

それって、何を基準に「奈良っぽく」なるのでしょうか。

娘:「それはフィーリング。この独特のグリーンが、こうビビッと!」
俺:「……」
子:「お前も大概やな」

大泰の滝_その2
【大泰の滝・最上段】

俺:「それと、本流に掛かっているというのもポイントだろう」
子:「ああ、ナルホド」
妻:「水量が多いと、きっと怒涛の轟瀑になるわね」

ただ、今回の映像は、通常時の水量だと思われます。

娘:「なんでそう言い切れるの?」
俺:「見ろ。ちょうど水流と同じくらいの幅で、岩が彫り込まれているだろう」
娘:「…ホントだ」
子:「むしろ、若干少ないくらいかも知れんね」

大泰の滝_その3
【大泰の滝・下部】

大泰の滝を観瀑するには、国道425号線沿いの観瀑台を見つけたら、
そこから少し離れた、道幅の広がっているスペースに、
半ば路駐のような感じで駐車します。

俺:「存外、谷が険しくてね、車を止められる場所が限られているんだよ」
娘:「あまり人が通らない道なの?」
俺:「まあな」

でなければ、この「観瀑台だけつくって、ハイ、どうぞ」みたいな形にはならないと思われます。

子:「その言い方は無いんじゃね? だって十津川村は『滝は観光資源』って考えてると思うよ?」
妻:「でなければ、観瀑台すら無いわよ、きっと」
子:「それそれ!」
俺:「フム…」
娘:「ナルホド!」

確かに、そういう見方もありますな。

娘:「ねね、それって、やっぱり奈良っぽい




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ドラえもん

小親谷(こやたに)出会いに懸かる「小親谷の滝」が、
まるで称名滝の如く、両門になっている瞬間に、立ち会うことができました。

子:「これ、凄いね~」

小親谷の滝_その1
小親谷の滝(目測落差10m)&無名滝(目測落差40m)・全景】  (石川県白山市中宮 『白山スーパー林道』

小親谷の左岸(右側)に流れ落ちる枝滝、ザッと見て、落差40m位はあるんじゃないでしょうか。
二つの滝が滝壺でドウドウと出会う姿は、まさに一大スペクタクル。

しかし、これだけの魅力と迫力がありながら、次男君の滝本には、「小親谷の滝」は載っていませんでした。
ネットで検索しても、本滝である「小親谷の滝」自体、チョロチョロした水流の写真ばかり。それが、通常の「小親谷の滝」の姿のようです。
ましてや、左岸枝滝の写真なんて、ほぼ皆無。

俺:「う~む。百年に一度というのも、あがなち大げさではなかったのかも知れんな…」

娘:「ねね、とっておきの宝物を発見したみたいだね」
子:「百年に一度。それを人はロマンと言う」
妻:「あなたたち滝好きの熱い思いが、天に届いたんじゃない?」
兄:「お母さんだって滝好きなクセに、『あなたたち』はないっしょ~」


【小親谷の滝・本滝アップ】

兄:「だけどさ、写真の滝の水が白く飛んじゃってるのがドンマイだな。お父さん、また、PLフィルターを忘れたとか?」
俺:「んなワケだいだろう。肉眼だと、もっと白かったぞ」
子:「水量が多いから、余計に白く見えるんだよ」

最初は、滑滝の上をゆっくりと流れ落ちてゆく瀑水。
それが最後に、ドドドッと巨岩の手前に「突き刺さる」様は、なんか、竜頭の滝を彷彿とさせます。

妻:「滝壺をふさぐようなこの大岩が、また、独特だわね」
娘:「あたしは、この岩、無い方がいいと思うな」


【小親谷・遠景】

子:「小親谷奥の左上に、チラッと観えているのは、何て滝?」
俺:「位置からすると、小親谷左俣大滝…か…な…?」
娘:「お父さんが、自信無さげだ」

そうなのです。
もう少し詳しい山岳地図とか、あればいいのですが…

子:「沢登りしたら、分かるんじゃないかな」
俺:「はあ? こんな濁流登れんわ。アッと言う間に名前が変わっちまうぞ、土左衛門ってな」

首をかしげる娘。

娘:「…ドラえもん?」
みんな:「違う!」

「土左衛門」という言葉を知らないお嬢様でした。




↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

忘れた

南紀の滝巡りをしていて感じたことなのですが、
「道路によって滝の景観が損なわれている」というパターンに、結構、出会いました。


白見滝(落差15m)・概観】(次男君撮影)  (和歌山県新宮市高田)

こちらの「白見滝」は、鼻白滝に向かう途中、旧国道橋の奥に掛かる滝なのですが…

子:「この滝、あぶね~」

橋がボロボロで、迂闊に近づけません。
気を付けないと、いつ、転落事故につながるか分からない感じ。
ボロ橋と一緒に眺めるしか、選択肢がなさそうです。

子:「せっかく、那智の裏滝って二つ名まであるのに…」

どうしても自然の姿のままの白見滝を見たいというなら、
敢えてキケンを冒して、ボロ橋の上から広角撮影するか、
橋下まで降りて、沢床から撮影するかのどちらかでしょう。

兄:「そこまで命を掛けることでもないんじゃね?」
俺:「…だな」

無名滝@南紀_その1
鼻白滝近辺の無名滝目測落差70m)・下部】  (和歌山県新宮市熊野川町能城山本)

鼻白滝のそばから遠望できるこの無名滝、道路によって完璧に分断されてしまっています。

娘:「けっこう落差があるのに、もったいない~」
子:「こんなの、もう、人工滝だよ」
兄:「そもそも滝なんか?」

むむう…。
目測で70~80mはありそうなのに…


【鼻白滝近辺の無名滝・上部】

俺:「まあ、関西って、それだけ人が多くて、道路網が発達してるってことでもあるんだろうけどな」
子:「つまり、甲信越こそが、秘境って感じ?」
俺:「はあ?なぜ、そうなる!」

なんで、「甲信越」いきなり「秘境」って発想になるのだろう?

子:「本で読んだから」
俺:「何の!」
子:「滝の本」
俺:「だから、何の滝の本なの?」

子:「あ~あ~あ、忘れた」



人気ブログランキングへ
適当に言ってないかい?
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示