06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»07

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

遠方の滝

対向車が来たら完全にアウトな細道を登ってゆくと、
「次の滝」の看板が掛かっている浄水場に到着。

俺:「他に駐車できる場所がねえしな」

恐らくは地元の車と思われる軽トラの進路を塞がないよう、
停める位置に気を配って我が車を乗り入れると、
早速、カメラ機材を降ろします。

俺:「では、いざ出発!」

次の滝_その1
次の滝(落差46m)・概観】(和歌山県有田川町延坂 『から谷』

娘:「ねね、なんでこんな名前なの?」
子:「和歌山で一番高い滝は?」
娘:「それは那智の滝でしょ」
子:「そう。で、地元の伝説によると、その次に高いのがコレらしいんだ」
娘:「はあ? わずか46mで?」

いや、わずかって……。

子:「そうそう、その感じ。落差って大事だよねえ」
妻:「ちょっとちょっと。46mもあるなら、充分に高瀑でしょ」
兄:「お前、すっかり親父たちに染められたな~」


間。


娘:「ムカ!」

次の滝_その3
【次の滝・上部】

当日、次の滝に着いたのは、夕暮れ間近の黄昏時。
山の上部だけが夕陽を浴びて、
その下にかかる次の滝は、すっかり影ってしまっていました。

俺:「お陰さまで、美しい絹の如き流水の写真が撮れたのだが……」
娘:「だが?」
俺:「裏見の滝らしいんだが、時間切れで、滝壺まで降りれなかったのだ」
妻:「あら残念」
兄:「滝壺から見上げるアングルとか、欲しいよな」
俺:「そうなのよ」

観瀑スポットは、滝の対岸の尾根上にあります。
ただ、木が生い茂っていて、撮影できるアングルが結構限られてしまうのです。

俺:「ちなみに、撮影場所を少し横にずらすと、こんな感じだ」

次の滝_その2
【次の滝・概観】

兄:「代わり映えしねえな」
妻:「やっぱり、滝壺までは見えないのね」
兄:「しかも、今度は中段部が岩に隠れやがるし」
娘:「でも、あたし、こっちの方が好きだよ」
子:「もともとが良滝だからね」

確かに、50m近い落差があって、
しかも、遊歩道を滝下まで降りると裏見ができるのですから、
間違いなく穴場の滝と言えましょう。

俺:「ただ、もう少し時間があったらよかったんだよな~」
妻:「そんなに滝壺に降りたかったの?」
俺:「それだけじゃないぞ。次の滝の近くには、クロゾウノ滝という40m級瀑布があったのだ」

みんな:「「ああ」」

子:「遠方の滝って、訪瀑のタイミングが難しいよね」




人気ブログランキングへ
こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

速報!

俺:「おまえ、どうしたんだ! 凄すぎるぞ!」

思わず、驚嘆の声を上げるわたくし。
なんとまあ、まだ、夏休みも始まっていないというのに、次男君、今年の夏の自由研究を仕上げてきたのです。
あと、滝の写真を貼るだけになっている!

いやはや、これは…。

俺:「…って、ちょっと待て。おまえ、今年の夏は、これらの滝に行けってことか?」
子:「ピンポ~ン」
俺:「ピンポンじゃねえだろ!」

あははは! なんてこと。

この夏は、東北方面の巨瀑巡りを考えていたのですが、
次男君の自由研究を見ると、なんと紀伊半島の滝ばかり。

俺:「なんじゃこの想定の斜め上を行くラインナップは!!」


宝龍滝(落差105m)・遠望】  (和歌山県新宮市熊野川町瀧本)

本日は夏休みの初日。

そうなのです。
早速、来てしまいました!

わたくしって、子供に甘いなあ。

なんと申しますか、昨晩のうちに家を出て、真っ暗な極細の山道をハラハラしながら通り抜け、朝一番で和歌山県にある「宝龍滝」に到着。

俺:「お~い、おまえら、着いたぞ」
子:「う~ん…」

家族みんなを揺すって起こそうとしますが…。
だめだ。
全員死んだように寝ているぜ。

仕方がないので車を道路わきに止め、次男君だけ叩き起こして、観瀑に向かいます。
向かったのです。
向かったのですが…

子:「お父さん、ここ、通行止めになってる!」
俺:「ガーン」

立派な宝龍滝の看板とは裏腹に、観瀑所の入口道には、「関係者以外立ち入り禁止」のゲートが。

俺:「…まあいいや、行っちゃえ」
子:「…」

完全に自己責任ということで、入らせていただきました。

まあ、土石流の爪痕が残っていたりと、山は随分荒れていますが、
歩くには問題ないんじゃなイカ?
あくまでも「完全に自己責任」ということではありますが…。

子:「あのゲートは、車で入るなって意味だったんだよ」

そうだな…そういう事にしておこう…。


【宝龍滝・一の滝(落差51m)】

昔は、「一の滝」の横に鉄ハシゴがあって、奥の「二の滝」滝壺まで行けたようなのですが…
転落事故でもあったのでしょうか。
今では、すっかり取り払われています。

子:「あの、崩れたような木道が、昔の名残なんだね」

残念ながら、今日は「一の滝」の滝壺を覗き込む所まで。


【宝龍滝・正面から】

子:「ふう」
俺:「満足したか?」
子:「おう!」

現地、「宝龍滝」より、速報でした!



人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示