08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

【遠大な計画・第4章!】

娘:「こう、いまいちになり切れていない感じ?」
俺:「は?」
子:「そもそも、に似てる必要、あんのかよ?」
娘:「桃の滝だから!」

沈黙。

子:「それはまあ、水量がMAXじゃないと見れないし」
俺:「あのな、これ、水量多いんだぞ。普段、もっと少ないんだぞ」
娘:「じゃあじゃあ、大雨の日に…」
俺:「行けるか!!」


桃洞滝(落差30m)・全景】  (秋田県北秋田市森吉林班地内 『トウド沢』

日本には、いわゆる奇滝と呼ばれる、一風変わった形をした瀑布がいくつもあります。
その中でも、この森吉山麓に懸かる「桃洞滝(とうどうのたき)」は、TOP5に入るのではないでしょうか。

子:「落口でいったん集まった水流が、中ほどで滝幅いっぱいに広がって、再び滝壺で集約されるってのが不思議」
娘:「やっぱりだよね!」
子:「こう、大自然の創造の神秘を感じない?」
娘:「うんうん、感じる」
兄:「フ、感じといてやるよ~」

ひとこと余分な長男君。

子:「兄貴、ケンカ売ってんのか」
兄:「まあ、お子ちゃまなお前にはまだ早いけど、この滝には、女滝という二つ名があるだろ?」
子:「あるよ! どうして知ってんの!」
兄:「フ。やはりな~」
子:「なんで当てずっぽう?」
兄:「フ。なぜかな~」

バシィィッッッ!!!

長男君、まるめた新聞紙で妻に叩かれました。


【桃洞滝・上段部アップ】

なんでも、最近、長男君の高校では、「まとめサイト」が流行っているんだそうです。
「まとめサイト」ってのは、インターネット上で話題になった情報や出来事を集めて編集しているサイトのことですね。
で、この「桃洞滝」が、「まとめサイト」で、その手の写真として広く出回っているらしい。

この大自然の芸術をして、まったく何やってんでしょうか。近頃の高校生どもは…。

俺:「まあ、あれだ。少し距離はあるけれど、お母さんでも行ける滝だぞ」
娘:「どれくらい?」
俺:「君の足で1時間かな」
娘:「いいじゃん!」
子:「でも、夏とかは厳しいだろ」
妻:「そうなの?」

ふむ。
東北の沢は、夏場、山のようなアブやらなんやらが発生します。
なので、顔を防虫ネットで保護でもしないと、とてもではないが沢を歩けるような状況ではありません。

妻:「虫はダメ!」
娘:「あたし、ヤマビルじゃなければ耐えられると思う…」
子:「甘いし! メジロアブなんか、服を喰い破って血を吸うから」
娘:「うわ~それはイヤ!」

桃洞滝_その2
【桃洞滝・下段部アップ】

子:「いつもの滝本だと、桃洞滝、スローシャッターで撮った写真しか載ってないからな~」
娘:「うん」
子:「だから、このお父さんの高速シャッターのヤツ、凄くいいと思う」

おおお?

妻:「どんなとこがいいの?」
子:「ほら、水が輪を作るようにして、岩肌を滑り落ちていくでしょ」
娘&妻:「うんうん」
子:「この雪輪っていうの? これって桃洞滝の大きな特徴だろ」
娘:「そうじゃん」
妻:「そうだわね」
子:「これって、高速シャッターじゃないと、写らないんだよ」
娘&妻:「なるほどね!」

ムフ。
ムフフフフ。
たまには手放しで誉められるのも、悪くないですな。

子:「だからさ」

フッと娘の方に向き直る次男君。

子:「お前も、これ以上、にこだわる必要、ないと思うよ?」




人気ブログランキングへ
最後そこかよ…
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

米の粉

当初の予定では、蔵王エコーラインを越えて、宮城から山形に入るつもりでした。

ところが、蔵王山頂の吹雪で、ゲートが閉鎖されてしまっていたため、
グルッと山形自動車道まで大回りして、次の目的地に向かうことにしたのです。

が…

俺:「むう。トイレに行きたくなってしまった」

仕方がないので、一番近くにあったドライブインで休憩を取ることにしました。

俺:「ふうん、米の粉の滝(こめのこのたき)ドライブイン………って、まさかッ!


米の粉の滝(落差40m)・全景】  (山形県鶴岡市上名川字東山)

俺:「おおお。立派な滝が懸かっとる!」

トイレもそこそこに、ドライブイン奥の川縁まで行ってみると、
一応、ナンチャッテ遊歩道と、滝見場のつもりらしい東屋もどきまでありました。

俺:「こんな所に、こんなお手軽滝があったなんて」

道路工事のガンガンガンという騒音が無ければ、
間違いなく、妻の喜びそうな穴場の滝
ちょっとした掘り出し物を発見した感じで、ワクワクします。


【米の粉の滝・正面から落口アップ】

俺:「ということで、では、おまえらお得意の『ひとこと感想』を、どうぞ」

ビデオ映像を前に、早速、家族に振ってみました。

子:「そうだな。『米の粉の滝』は…」

黙考。

子:「カス」
娘:「はあ? プチもみじでしょ」
兄:「特にないわ
娘:「うわ、逃げたし」
兄:「お母さんはどう?」
妻:「そうね」

対面キッチンで、おやつを作っていた手を休めて、妻が答えます。

妻:「シンクロニシティ」
子供たち:「「はい?」」

おお、子供らの目が一斉に点。

解説するとですな、
シンクロニシティっていうのは、「全然関係のない複数のイベントが、偶然、一致してしまうこと」なんだよ。

娘:「つまり、どゆこと?」
妻:「今日のプチ・ケーキは、小麦粉の替わりに…」

何やら食材の袋を掲げる妻。

妻:「これを使って焼いています」
子供たち:「ふおおおお!」

子供たち:「『米の粉』だ!」



人気ブログランキングへ
…美味しかったデス
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ありがとう

【アーカイブ 「福島県の滝」 その3】

俺:「そしてオレは、つま先立ちのように、ゆっくりと後じさりを始めた…」
子&娘:「…うん…」
俺:「…ところが、岩やら木の根やらで、上手くステップが踏めない…」
子&娘:「そ…それで?」
俺:「そう、その時クマが…」

バタンッ!

子&娘:「ギャーッ!!!」

妻:「みんな、お茶が…」
子&娘:(ハアハア)
妻:「…入ったんだけど…何してるの?」

なんてタイミング! 子供たち、本気でビビったようで、返事すらしません。

俺:「あ、いま、俺の武勇伝をお披露目中です」
子&娘:(ハアハア)
妻:「…あんまり子供たちをイジメないでよね」

いや、あのな。

わたくしからすれば、計ったようにここで部屋に入ってくるあなたの方が、よっぽどイジメに見えるんですケド。

閑話休題。

クマ遭遇場所からなんとか退避したわたくしは、初めはユックリと、しかし段々と速足で、
結局、40分かかる登山道を、20分弱で渋沢温泉小屋まで駆け降ってしまったのでした。
小屋が見えたとたん、恐怖心の虜になっていた自分が、フシュ~ッと一気に弛緩してゆくのが分かります。

思えば、本気でトレイルランニングしたの、これが2度目ですな。

ほうほうのていで温泉小屋に到着した時には、せっかく乾かしたトレッキングシューズが、さらなるグチョグチョの泥だらけに。
汗をタップリと吸い込んだシャツはズッシリと重たい。

最大の問題は、500mの標高差を駆け下ったツケが回って両ヒザがすっかり壊れ、気がつけば、一歩踏み出すごとに、激痛が走るようになってしまったことでした。

冷静になってみると、我ながらアホです。

温泉小屋で休ませてもらおうかとも思ったのですが、
なんだか宿泊客を迎える準備で忙しいらしく、とても居づらい空気。

仕方なく、這うようにして50分。
渋沢大滝の手前にある、よく陽のあたる平たい岩まで辿り着くと、そこで大休止を取ることにしたのでした。

渋沢大滝_その2
渋沢大滝(落差50m)・全景】  (福島県南会津郡桧枝岐村星登 『渋沢』

ああ、至福!
なんという美瀑!
ヒザさえ痛まなければ、天国としては完璧でしょう。

さらに、渋沢大滝の下流右岸には、落差80mにも及ぶ絹糸の滝が掛かっています。

ただ、当時はすっかり夏草に覆われていて、せいぜいが30m程度の、しょぼいシャワー滝にしか見えませんでした。
もっと元気だったら、壮観な全景を見渡せる場所を探したのでしょうが…。

ヒザが痛くて痛くて、泣く泣く岩上から撮れる写真でガマン。

子:「あちゃ~。お父さん、運命の女神の前髪をつかみ損ねちゃったんだね~」
俺:「うるせえな。とてもじゃないけどムリだったんだよ」
子:「あああ~♪ 幻と消えた80m滝♪♪」

絹糸の滝(尾瀬)_その1
絹糸の滝(落差80m)・下部】

そしてついに、この日最大にして、最後の核心部がやってきます。
それは…

「シボ沢ノ滝分岐」から「天神田代」までの、標高差500mの地獄の登り返し。


脚が思うように動かないので、休み休み行きたい。
が、しかし!
ちょっとでも立ち止まると、たちまち巨大なアブが服の上からでも容赦なく喰いついてきて、
それを許してくれないのです。

俺:(もう勘弁して。ホント、今日中に家まで戻れるんか、オレ…)

気持ちが萎えて、どんどん悲観的になってゆくのが分かります。
ですから、いきなり目の前が開けて、天神田代のベンチが視界に飛び込んできたときは、

身心脱落(しんじんとつらく) by 道元禅師

真剣に、頭の中が真っ白になりました。

ベンチに腰掛けて時計を確認すると、
この1時間10分の地獄コースを、このボロボロのヒザで、わずか45分で登り切っているじゃないですか。

いやあああ!
いくらなんでも、やりすぎだ!

娘:「それって、どれくらい凄いことなの?」
俺:「そうだなあ。君がプールで1時間泳いでから、2時間マラソンして、さらに3時間荷物運びをするようなもんかな」
娘:「ふ~ん」


しばしの沈黙。


子:「ぼく、三条の滝、行かなくていいや」(笑)
娘:「わたしも」(笑)

子:「お父さん、三条の滝に行ってきてくれて、どうもありがとう



人気ブログランキングへ
「……」
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示