07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

川柳

娘:「滝って、やっぱり水量が多い方がいいよね!」
俺:「そらそうだ」
兄:「高瀑も 水が無ければ ただの崖」


間。


娘:「変な俳句
子:「俳句じゃないだろ、川柳だし」

大島不動滝_その1
大島不動滝(落差50m)全景】  (長野県下伊那郡高森町牛牧 『大島川』

以前に、次男君と娘と一緒に訪瀑したことのある大島不動滝

子:「あの時も春でさ」
娘:「そうそう」
子:「水量少なくて、期待ハズレだったねえ」
俺:「予想外の渇水だったな」

ところが、先日のこと。
わたくし、仕事の帰り道で、高速道路の事故渋滞に巻き込まれたため、
一旦、一般道に降りて、渋滞部を迂回することにしました。

俺:「それがちょうど、松川インターだったワケ!」

転んでもタダでは起きるな!ってことで、
せっかくなので、チョロッと足を延ばして、
前回、不完全燃焼だった大島不動滝をリベンジしてみたのです。

が……。

兄:「コレ、あんまし変わってないんじゃね?」
子:「かろうじて微増」
妻:「ほぼ間違い探しじゃないの」
娘:「でも、確かに水量は増えてるよ!」

大島不動滝_その2
【大島不動滝・中段ヒョングリ部】

俺:「時期が、少しだけ早かったかなあ」
子:「前回よりは、遅いけど…」
妻:「本格的な雪解けは、もう少し先ね」
娘:「遠方の滝って、タイミングを合わせるのが難しい」
俺:「かといって、何度も行けないしな」
子:「あれかなあ…」

なにかな?

子:「アニキの川柳じゃないけど…」
兄:「ああ、俺様の傑作な」
娘:「うわウザ」
子:「崖じゃないってことで、満足しないといけないのかもねえ」


間。


娘:「それはそれで、行き過ぎでしょ!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

やっちゃるわ!

子:「ええーっ!」

驚愕の声を上げる次男君。

子:「白雲の滝って、こんな複雑な複合瀑布だったのか!」

白雲の滝_その1
白雲の滝(落差42m)・遠望】  (栃木県日光市中宮祠 『華厳渓谷』

そうなのです。

以前に訪瀑した時は、樹木の隙間から見える直瀑と、右俣・左岸側から流れ込む本流の斜瀑が、正味の白雲の滝だと思っていました。

子:「いやいや、それ、全然違ってたし!」

ところが、冬のメリットが最大限に活かされた、この白雲の滝の全景を見ると、

【白雲の滝・構成要素】

その1.右俣本流の上部斜瀑
その2.右俣本流の直瀑
その3.左俣支流の直瀑 (←前回の訪瀑時に、話題に上ったのがコレ)
その4.右俣本流と左俣が合流したあとの斜瀑
その5.合流後の本流に、右岸から流れ込む枝滝


全部で五つのパーツから成る巨大複合瀑布であることが分かったのです。

子:「落差だって、どう見ても、公称の42m以上はあるだろ、これ!」
妻:「映像だと、華厳の滝と同じくらいの規模はありそう」
俺:「華厳の滝の方が奥だし、その分だけ、白雲の滝が大きく見えるってのはないかい?」
妻:「え?これ、そんなに離れてるの?」
娘:「ねね、地図上だと、どれくらの距離カナ?」
俺:「ウム」

早速、定規を地形図にあてがうわたくし。

俺:「げげげ! 直線距離にして200m未満しか離れてなかった……」
娘:「ということは、やっぱりコレ、華厳の滝級の大瀑布?」
子:「これまでの白雲の滝の常識が覆る!」

いやいや、なんてこと!
これは興奮しますな!

妻:「あなた、比較映像を作ってみたらどうかしら?」
子&娘:「「あ、それいいかも!」」

おお!
めずらしく、妻までノリノリじゃん。

ここまで期待されて、黙ってはおれないわたくし。

俺:「よおし。やっちゃるわ!

        

白雲の滝_その2
【画像をクリックすると、Youtubeへジャンプします】




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

つまり

日本の滝百選に選定されている『霧降の滝』

華厳の滝と同じく、日光近辺の観光名所ではありますが、
標高が低いため、紅葉姿も雪景色も、
中禅寺湖よりも、ワン・テンポ遅れて、そのピークを迎えます。

娘:「つまり、何が言いたいワケ?」

つまり!

キレイな雪景色が、撮影できませんでした。
ゴメンナサイ……

霧降の滝_その1
霧降の滝(落差80m)・全景】  (栃木県日光市瀬尾 『霧降川』

しのつく雨。

俺:「中禅寺湖畔の大雪とは何だったのか…」

雨のため、観瀑道はちょっとした川になっており、雪の欠片もありません。
激しい横風のため、雨が容赦なく顔にかかります。
カメラが濡れないよう、必死になって、傘を深くさすわたくし。

俺:「傘が役に立たねえ!」

そして、湯滝や、竜頭の滝では大活躍した防寒具も、
霧降の滝では、雨ですっかり重たくなっています。

俺:「ムレムレのサウナで、こっちも、役に立たねえわ!」

唯一の救いは、
前回の訪瀑時では、山のようにいた観瀑客が、殆どいないことでしょうか。

霧降の滝_その2
【霧降の滝・上段部アップ】

子:「激しい雨なのに、川の水が濁っていないね」
娘:「ホントだ。これは雪のせい?」

まさに、その通りでしょう。

湯滝(山・上流域)でも、
ここ、霧降の滝(麓・下流域)でも、
降っている「水の量」は、ほぼ同じだろうと思われます。

子:「つまり、山で降った分は、雪のままで、スグに川には流れ込まないってね!」
兄:「だから、川の水も急激には増えないし」
俺:「固形か、液体かの違いな」
娘:「なにそれ、燃料みたいな言い方」
兄:「言いたいことは伝わるから、別にいいんじゃね?」
娘:「はあ?いつもいつも日本語は正しく使えって言ってる張本人が、何言ってんの」
子:「じゃあ、お前が正しく言い換えて差し上げろよ」
娘:「え~とね!」


沈黙。


娘:「え~と……」

霧降の滝_その3
【霧降の滝・下段部アップ】

冬季観瀑の利点は、
何といっても、樹木に邪魔されずに、滝の全景を眺められるところでしょうか。

妻:「滝の上段部なんか、良い例でしょ」
俺:「そうね」

『草木に視界を遮られない』
まさに冬のメリットは、ここに尽きますな。

兄:「で、正しい日本語の話は、どうなったし?」

で、急に、話題をもとに戻す長男君。

娘:「むむむ~」
子:「ホレホレ」

で、
さらに煽る次男君。

麗しき兄弟愛ですな。

娘:「それは、つまり……」
子&兄:「「つまり?」」
娘:「雨と雪」


間。


兄:「うはあ、正しい! むっちゃ正しいわ!!」
子:「なんという、そのまんま!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

主客転倒

子:「これが真実の姿だったか……」
娘:「うわ~残念」

方等滝_その1
方等滝(落差30m)・全景】  (栃木県日光市中宮祠 『大谷川深沢左俣』

そうなのです。

以前に方等滝を訪瀑した時は、
残念ながら、滝が初秋の草木に覆い尽くされていて、
わたくしは、最下段部のみを、紅葉の隙間越しに、チョロッと眺めただけでした。

俺:「滝のすぐ上流に、砂防ダムがあったしな」
子:「砂防ダムが見えると、せっかくの美瀑が台無しになる」

ところが、今回の再訪では、この、滝の景観を損なっていた砂防ダムが、
肝心の方等滝・主瀑布よりも、
遥かにデカイことが明らかとなったのです。

子:「これ、マジ萎える~」
娘:「ヒドイよね」
兄:「むしろ、砂防ダムがメインじゃね?」
妻:「なんだか主客転倒だわ」

方等滝_その2
【方等滝・下段部アップ】

子:「もし、砂防ダムの部分が天然の滝だったら、60mを超える大瀑布だろ……」
娘:「水量も多いから、迫力あっただろうに……」
兄:「ま、止めとけって。IFの話をしても、虚しいだけだし」

手を左右に振る長男君。

妻:「でも、砂防ダムがあると、町が、土石流から護られるわね」
俺:「見方を変えれば、砂防ダムにも美点はあるな」
娘:「だからって、方等滝のすぐ上に造る必要があったワケ?」
俺:「それは…………国土交通省に聞いてくれよ」
子:「そうか、分かったぞ!」

パン!と突然膝を叩く次男君。

子:「お役人は、きっとこの砂防ダムこそ、観光の目玉にしかったんだ」


……。




人気ブログランキングへ
なんという皮肉…
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

緊緩の中道

湯滝の駐車場出口の上り坂を何とか這い上がると、
再び、中禅寺湖に向かって車を進めます。

娘:「うわ~、あっという間に雪が減った…」
子:「ちょっと山を下っただけなのにな」

そう。

ドライブレコーダーの映像でも、
湯滝では、雪による閉じ込めの恐怖を感じさせる積雪深だったのが、
竜頭の滝まで降りて来ると、
道路のアスファルトが、しっかりと剥き出しになっているのが分かります。

妻:「このくらいだと安心」
兄:「昔、裏見の滝に行った時くらいだろ」
子:「僕らでも行けるね」

竜頭の滝_その1
竜頭の滝(落差42m)・最下段部】  (栃木県日光市中宮祠 『地獄川』

娘:「でも、やっぱり竜頭の滝は、雪景色より、紅葉の季節がいいと思うの」
兄:「うわ出たー!もみじ娘

そうなのです。
うちのお嬢さんは、大の紅葉好き。

子:「うぷぷ。それ、桃尻娘って聞こえるし」
娘:「はあ?だれが桃尻よ!」
妻:「だ・か・ら、空耳でしょう?」

子:「これは、若葉姿も見てみたいねえ」
兄:「確かに、それは美しかろうぜ」
俺:「残念ですが、それは、我が家の滝協定・第四条に抵触します」
娘:「は?テイショク…?」

【滝協定・全四箇条】

第一条、父のお仕事の都合上、父が行ける範囲の滝で妥協します。

第二条、父が単独で出掛ける時は、証拠の写真(ビデオ)を撮ってきてください。

第三条、キレイな写真は、みんなで選んで、引き伸ばして家中に飾りましょう。

第四条、下見であろうと、一度行った滝は、再訪しませんよ?


子:「あれえ?こんなんだったっけ…」
兄:「最後の四条が怪し過ぎぃ!」
娘:「それも疑問形だし」
妻:「それは、既に破戒されてるからでしょう?」
娘:「は、ハカイ…」
兄:「それ、なんて島崎藤村だよ?」

竜頭の滝_その2
【竜頭の滝・最下段部左岸側】

そして、画面が切り替わると…

子:「おお…」
娘:「ふわ…」
兄:「ふむ…」


ふいに訪れる沈黙。


娘:「いいね」
兄:「いいね~」
妻:「いいわね」
子:「だねえ。この左岸滝、冬らしくて」
兄:「まさに、真冬の静謐という言葉こそ相応しかろう」
娘:「…でも、紅葉には負けるけど?」
子:「いいからお前は、もみじから離れろよ!」

むむむ。
何だか知りませんが、この竜頭の滝、みなさんから好評のようです。

湯滝ほど冬冬していないので、わたくしとしては、イマイチなんですけど。

子:「いやいや、お父さん。あれだよ」
俺:「なんだよ」
子:「湯滝は、過ぎたるは及ばざるが如しってね」

お、上手いことを言う!
危険を冒してまで、冬景色にこだわるな、ってか?

子:「そ!」
娘:「じゃあ、竜頭の滝は?」
子:「緊緩の中道!」


……。


はい?

子:「つまり、琴は、弦を締め過ぎてもダメだし、緩め過ぎてもダメなんだ」

娘:「はあ…」
兄:「はあ…」
妻:「はあ…」

子:「程よく締められてこそ、いい音が出るんだよ」




人気ブログランキングへ
言いたいことは分かります。…
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示