01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

無名な訳

唐戸の滝ゴルジュを高巻くと大擂鉢に出ますが、
その手前、大擂鉢の下流左岸より流入する支流『ワサビ谷』に、
結構規模の大きな滝がかかっています。

俺:「もっとも、多段な上に全景が見えないのだが」
妻:「あら」
俺:「しかも、下りの登山道沿いなので、八ツ淵の滝として認識されない」
娘:「ありゃりゃ悲惨」
子:「悲惨て……悲惨だな」

無名出合@八ツ淵_その1
ワサビ谷出合無名滝(落差13m)・下部概観】(滋賀県高島市黒谷 『八池谷』

子:「で、コレ、ホントに落差13mもあんのか?」
俺:「ある。たぶん」
娘:「なに、ハッキリしないじゃん」

一応、わたくしの見立てでは、
下部には、映像の通り、下から2m滝、3m滝の二滝が連なっていて、
少し離れた上部には、下から5m滝と3m滝が連なっています。

妻:「細かな滝が続いている感じなの?」
俺:「そう。だから、下りの登山道からだと、小滝が続くように見えちゃう」
子:「そういうことか」
娘:「でも、四段の段瀑なの~」
俺:「ウム」

滝好きとしては、ここは、ぜひとも四段の段瀑として認定したいところ。

無名出合@八ツ淵_その2
【ワサビ谷出合無名滝・上部概観】

妻:「上部の方が滝らしいわね」
娘:「桶状に切り刻まれてるし」
俺:「下部はチョックストーン滝っぽいからなあ」
娘:「それだとやっぱし、別の滝に見えちゃうね」
子:「下部も同じく桶状だったら、ちゃんと八ツ淵の滝認定が出てたかもねえ」
俺:「そうか?」
子:「そしたら、見るからに一つの滝が続いてるって分かるだろ」
娘&妻:「「ああ」」
子:「こう、ワサビ谷にかかる高瀑って感じで」
娘:「それ、わかる!」

確かに。
次男君の仮説、存外、本質を突いているのかも知れません。

無名出合@八ツ淵_その3
【ワサビ谷出合無名滝・下部・登山道より】

俺:「でもまあ、登山道から下部を見下ろすと、こんな感じだから」


間。


子:「アカンね」
娘:「ダメだね」
妻:「無名な訳ね」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 1
go page top

存在の理由

ところで、「禿(かぶろ)の滝」の右岸上方には、林道が拓かれています。

俺:「ホントに、滝のすぐ右岸崖上を走ってるんだ」
娘:「すぐって?」
俺:「直線距離にして、わずか30mあまり」
兄:「マジ、すぐやん」

地図上で確認すると、これが驚きの近さ。
文字通り、隣接していると言ってよいでしょう。

俺:「そして、この猿間洞(えんまぼら)沢には、万古渓唯一の堰堤があると言ったな」
娘:「うん」
俺:「堰堤が造られた原因は、この林道だと思われるんだ」
子:「おう、やっぱりか……」
娘:「は? どゆこと? あたし、わかんないんだけど」
俺:「この映像を見て欲しい」

無名滑滝@猿間洞沢_その1
猿間洞沢右岸の無名滑滝(目測落差55m)・概観】
(長野県飯田市千代・万古渓谷 『猿間洞沢』

こちらは、禿の滝から5分ほど下流の、猿間洞沢の右岸にかかる無名滑滝

俺:「この滝の上に、問題の林道があります」
妻:「なかなかの規模の滑滝だけど」
俺:「おう、目測落差は55mや」
兄:「水が無いし」
子:「でもまあ、この際、水量は問題じゃないよね」
娘:「この砂礫の山が問題?」
子:「そう! 映像だと、滝壺を埋め尽くしているけどさ」
娘:「うん」
子:「林道が無かったら、本来は、落ちてくるハズの無い砂礫なんだよ」


間。


兄:「ああ」
娘:「なるほど」
妻:「そういうワケね」

堰堤@猿間洞沢_その1
猿間洞沢・堰堤を上部から】

林道が拓かれると、その下流側にある谷が荒れるのは、よくある話です。

俺:「猿間洞沢の場合、この滑滝が、林道からの崩落土砂を集めちゃっている感じなんだ」

この滑滝以外に荒れてる場所はありませんでしたし、
むしろ、唯一の土砂崩落箇所と言ってよいでしょう。

俺:「まさに、一点集中で崩落中」

言ってみれば、富士山大沢崩れのようなものでしょうか。

俺:「ゆえに、下流側に、この巨大堰堤が造られたワケだ」
娘:「そゆこと」
子:「もう、堰堤の荒れ具合が、まさしくね」
妻:「でも、このお陰で、万古渓谷本流の渓相が守られてるんでしょう?」

ま、そういうことになりますか。

兄:「では、こちらの堰堤様が、万古の守護神であらせられた、と」
娘:「アホでしょ! 美しい景観の破壊神でしょ!」
子:「まてまて! そもそも『堰堤が神』って、そこからおかしいから!」

カブロ下段落口上流_その1
【禿の滝・下段落口の上流部】

禿の滝から猿間洞沢の上を林道が横切る地点までは、
遡行時間にして、わずか20分あまりでした。
下流から遡行するより、遥かにお手軽。

俺:「って言うか、最初から林道から下降すべきだったね」
子:「その心は?」
俺:「たぶん、ロープ無しでも行けちゃう」
子:「ああ……」
娘:「でもお父さん、プチ沢登りがしたかったんでしょ?」
俺:「それは、まあ……」
娘:「じゃあ、いいじゃない」

こうして、「禿の滝」全貌解明の旅が終了しました。
残された万古渓谷秘瀑は、あと「コウボウの滝」のみ。

子:「行く時間あんの?」
俺:「……」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

持ってる

俺:「さて、そんなんで高瀑への道がガタガタで大変だったワケだが」
娘:「うん」
俺:「これでも超・ラッキーだったのだ!」

みんな:「「は?」」

前衛滝@高瀑_その1
のぞきの滝(落差10m)・概観】(愛媛県西条市小松町石鎚 『高瀑渓谷』

子:「オヤジが何を言ってるのか分からね~」
娘:「どゆこと?」

わたくしが高瀑渓谷を訪問した、そのすぐ翌週。
なんと台風による大雨で各所が崩落。
林道そのものが通行不能になってしまったのです。

みんな:「「ああ……」」

沢のようだった林道が、
土石流などで、いよいよ本格的な沢に変貌してしまった
とでも言えば良いでしょうか。

俺:「けっこう手前で、大規模な橋の崩壊があったらしい」
兄:「おうふ…」
俺:「本来なら車で行けた林道終点が、今は徒歩で二時間以上」
娘:「うわ~」
妻:「往復で最低四時間がプラスされるのね……」

ただでさえ秘境だった高瀑が、ますます秘境になってしまいました。

兄:「はは…なんというタイミング」
子:「オヤジ、持ってるな!

前衛滝@高瀑_その2
丸渕(落差7m)・全景】(愛媛県西条市小松町石鎚 『高瀑渓谷』

高瀑渓谷そのものは、有名な赤ノベラを始めとして、
様々な小滝や支流滝がかかっていました。

兄:「映像は3滝しかないが?」

ふふふ、やだな~。
そんなの数ある滝の中から、
わたくしの滝心をくすぐるものだけを厳選したに決まってるじゃないですか。

兄:「……」
俺:「特に魅せられたのが、この3滝なワケだ」
子:「ポイントは?」

それはもちろん、ある程度の落差があり、滝姿が秀麗なこと。

俺:「あと、沢登りしたら楽しそうだな~と思えた、かな」
子:「なるほどねえ」
娘:「確かにこの丸渕なんか、泳いだら気持ちよさそう」
妻:「あなたの好きなエメラルド・グリーンだし?」
娘:「それそれ」

前衛滝@高瀑_その3
無名滝(高瀑前衛)(落差10m)・全景】(愛媛県西条市小松町石鎚 『高瀑渓谷』

崩壊した橋の修理は、来年以降になるとのこと。
復旧時期は未定だそうです。

俺:「ホント、滝は一期一会だよ」
子:「今回は、良い意味で一期一会だったねえ」
俺:「違いない」

仕事を前倒しして時間を捻り出し、頑張った甲斐があったってものです。

娘:「ねね、やっぱりお父さんって持ってるよね」
妻:「そうね」
兄:「滝限定~」
俺:「…あのな!」

断じて滝限定じゃないからな!




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

滝の神秘

俺:「美しい……」

常清滝を観瀑した帰り道。
滝遊歩道の左手側小沢に、ちょっとした小滝を発見しました。

無名滝@常清滝_その1
無名滝(目測落差4m)・全景】(広島県三次市作木町下作木)

俺:「普段は、ほとんど水流が無いと思うんだ」
娘:「うん」
俺:「当日も、大した水量ではなかったし」
娘:「うん」
俺:「でも、この水のキラメキに一発ノックアウトされた」
娘:「うん、わかる~」
兄:「たしかにキレイだな」

それでもカメラが高性能なので、
写真だと、実際の見た目より、だいぶ明るく写っているのです。

俺:「なので、実物は、この画像の二割り増しくらい神秘的だったぞ」
子:「へえ、無名の小滝なのにねえ」
妻:「時間帯が良かったのかしら」
俺:「それもある」
子:「大雨直後ってのもポイントかな」
俺:「それもあるな」

少なくとも、他の日時で訪瀑してたら、
間違いなくこの小滝は見逃していたことでしょう。

子:「これもまた一期一会」
俺:「フム」
娘:「むしろ滝の神秘でしょ」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ドリル

娘:「確かにネジレてる」
子:「瀑水が、こう、ドリル状に回転してるみたいな……」

ねじれ滝@乙女渓谷_その1
ねじれ滝(落差15m)・全景】  (岐阜県中津川市加子母 『乙女渓谷』

乙女渓谷の盟主とも言える夫婦滝の陰に埋没してしまって、
あまり注目されない、この「ねじれ滝」

子:「奥多摩にも、同じ名前の滝があったよね」
俺:「そうだな」
娘:「え? ライバルの出現?」

奥多摩の海沢渓谷に懸かるネジレ滝は、
二段の滝が互い違いに向きを変えて落ちてくるパターン。
確か、落差が10m程度だったような記憶があります。

娘:「こっちの方が、落差があるじゃん!」
俺:「それよりも、木曽の田立の滝のひとつで…」
娘:「あ! 螺旋滝!」
俺:「そう、その螺旋滝の方が、むしろここに近いんじゃないか?」
娘:「そうかも」

田立の滝群のひとつである螺旋滝も、水流がネジレていて、
落差は25mあったと思います。
しかも、一段のみの滝で捻じれて跳ねて完結する本格派!

子:「そう言えば、ハッキリとネジレていたねえ」
娘:「しかも、ここより落差があるじゃん!」
俺:「でもな、ここの水流のネジ繰り曲がり具合は、負けず劣らず貴重だぞ」

右に左に、回転するように落ちて来るこの瀑水。

大げさかもしれませんが、
敢えて「出色のねじれ」と言っていいのではないでしょうか。

ねじれ滝@乙女渓谷_その2
【ねじれ滝・滝壺アップ】

子:「僕思うんだけどさ」
娘:「うん」
子:「ねじれ滝螺旋滝も、共通するイメージは、やっぱ『水のドリル』だな」
俺:「おお!」

それ、
なんかあっと言う間に、岩を貫通しそうな感じ!

娘:「あたし的には、『水のつづら折り』が良いと思いま~す」
俺:「お……」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示