FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

マスター?

人だらけの雲井の滝をちょっとだけ観瀑すると、直ぐに双竜の滝への巻き道を探し始めます。

俺:「確か、雲井の滝の下流左岸にあったハズだよな」

お気軽な服装の観光客に混じって、わたくし一人だけ、本気モードのアウトドア・スタイル。
滅茶苦茶浮きまくりですが、松見の滝・観瀑から戻ってきたばかりで、着替える気力も時間もないですし、腹を括るしかありません。

俺:「あれあれ? 双竜の滝へ行くのは俺だけ?」

「一人だけ、アウトドア・スタイル!」の功徳でしょうか。
団体観光客だらけの雲井の滝と違って、急に人気(ひとけ)が無くなりました。

双竜の滝_その1
双竜の滝(落差30m)全景】(青森県十和田市『奥入瀬川支流・養老沢』


子:「ほう。なかなか好い滝じゃないか」
俺:「そうだろう」

柱状節理が剥き出しになった断崖を、滝壺まで一切壁に触れることなく落水する、いわゆる「完璧な直瀑」です。

子:「美しいぜ。百四丈の滝を彷彿とさせるねえ」
娘:「でも、百四丈の滝と違って、滝姿がカーテン状に広がってくじゃん」
俺:「まあな」
妻:「そこら辺が、双竜のネーミングの由縁じゃない?」
子&娘:「「あ~」」
妻:「きっとあれよ。水量が少なくなると、完璧な双竜の姿になるのよ」

う~む。どうなんでしょう。
こればっかりは、減水期に来てみないと何とも言えません。

娘:「じゃあ、冬が近づいたらさ…」
妻&俺:「「それは絶対ムリ!」だから!」

双竜の滝_その2
【双竜の滝・アップ】

俺:「個人的には、この双竜の滝こそ、奥入瀬川渓流の白眉だと思う」
娘:「じゃあ、なんで人が来てなかったの?」

それは、雲井の滝から双竜の滝への巻き道が本格的にヤバいからです。

妻:「ヤバいって?」
俺:「まず、巻き道の出だしが、国道102号線の20mほど上を歩く落石厳禁地帯だからだ」

落石なんか起こしたら、あっと言う間に刑事事件でしょう。
「双竜の滝・巻き道」などの表示が一切無いのは、その為かも知れません。

俺:「さらに、巻き道が本格的に荒れていて、山慣れない人や素人さんは谷底に滑落しかねない」

巻き道が国道から離れて養老沢沿いになると、今度は、倒木やら斜面の崩れやらで道が荒れていて、フッと気を抜くと、足下30mの谷底へ滑落してしまいます。

子:「あ~、クロックスなんか履いた観光客にはムリだ」
俺:「そうなのよ」
娘:「でもさ…」
俺:「何だよ」
娘:「やっぱり、お父さんの本格アウトドア・スタイルが、全てだと思うよ」

なんだそりゃ?

子:「あ~、分かるわ。あの余人を寄せ付けない感じ」
妻:「何も考えずに跡をついていったら、大変なことになるオーラがムンムン」
娘:「でしょ! そう考えると、お父さんってプロじゃない?」
俺:「はあ?」
子:「確かに、アマチュアからは逸脱してるねえ」
娘:「なんか、マスター?って感じ」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

御嶽山の滝へ

子:「で、なぜか愛知じゃなく、長野県の滝に行ったって?」

そうなのです。
済まない。

百間滝@御嶽山_その1
百間滝(落差50m)全景】(長野県木曽町三岳『白川』

以前、岐阜県の乙女渓谷にかかる夫婦滝を訪瀑したことがあります。

娘:「あたし、覚えてるよ」
俺:「そう。御嶽山が噴火した時な」

行きと違って、何となく騒然とした雰囲気の帰り道だったのですが、
帰宅してみてビックリ!
御嶽山が噴火し、大変なことになっていました。

子:「確かに、あれはビビったね」

それ以来、何となく足が遠のいてしまっていたエリア。
しかし今回、改めて、前から気になっていた御嶽山系の滝を訪瀑することにしたのです。

俺:「で、これがログでございます」
子:「おう、百間滝じゃんか!」

百間滝@御嶽山・GPSログ
【百間滝@御嶽山・GPSログ】

俺:「国土地理院の地図だと、百間滝の位置が間違っているらしいのだ」
妻:「どういうこと?」

GPSログにある地図上の百間滝の位置には、実は「雄蝶の滝」という直瀑がかかっています。
本当の百間滝は、その上流にある滝なのです。

子:「確かに、上流にでっかい滝マークがある」
娘:「ホントだ」
俺:「グーグル・マップだと、その正しい位置に百間滝があるんだけどね」
妻:「へえ」

百間滝@御嶽山_その2
【百間滝・滝壺アップ】

子:「うむ。キレイな直瀑だけど、思ったより滝壺が浅いか」
俺:「上流の浸食が激しいんだと思われる」
娘:「でも、お父さんの好きそうな滝だよね」
妻:「直瀑でも、瀑水がこんなにキレイに宙を飛んでる滝って、なかなか無いから」

そうなのです。
実際、滝見場で1時間くらいゆっくりしました。

子:「下部の岩肌が赤いのは、間違いなく温泉成分だねえ」
妻:「いろどりがあって良いじゃない」
娘:「それはそうかも」
子:「間違いなく、御嶽山系を代表する名瀑布だよ」
俺:「ウム」

久々に、滝らしい滝を堪能しました。




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

初めてのログ

子:「お父さん、ちょっといいですか」

ある日のこと。
次男君が随分と真剣な面持ちで、わたくしに頼みごとをしてきました。

俺:「どうした?」
子:「あのですね、ブログのことなんだけど……」
俺:「ブログ?」
子:「滝とか行ったときのログを公開できないですか?」
俺:「お?」

次男君が言うには、余所様のブログを開くと、滝までの行き方や、その足跡の詳細な履歴が載っているのに、我が家のブログにはそれが無いので、寂しいらしいのです。

俺:「お前ら、どう思う?」
娘:「我が家のワイワイ感が伝わればいいんじゃないの?」
妻:「でも、最近は、滝に行ってるの、お父さんばっかりよ」
娘:「…確かに」
妻:「あれね、ログくらいは載せてもいいんじゃないかしら」

ふむ。

ボンクラ沢不動滝_その1
ボンクラ沢不動滝(落差60m)概観】(愛知県豊根村富山『ボンクラ沢』

ボンクラ沢には、水神滝の下流に、不動滝がかかっています。

俺:「水神滝は落差65m。不動滝も60mもあるんだ」
妻:「連瀑なの?」
俺:「そうじゃない。けど、高瀑が密集しているのは間違いないね」
娘:「一気に130m近く水が駆け下りるって、凄いね」
俺:「そしてこれが、不動滝訪瀑時のログだ」

ボンクラ沢不動滝・GPSログ
【ボンクラ沢不動滝・訪瀑ログ】

娘&妻:「「おお」」
娘:「これがログ!」
子:「ログは分かるんだけど、こっちの赤い太線は何?」

ログによると、訪瀑時のわたくしは、斜面を横にトラバースしたことになっているのですが、
実際は、尾根上を移動していました。

娘:「つまり、太線が実際に歩いたルートってこと?」
俺:「あくまでもイメージだけどね」
子:「なるほど」
妻:「結構、ログが荒れてるわね」
俺:「まあ、谷底ほどGPS電波を拾い難くなるからな」
子:「で、お父さん、この赤点は何?」

赤い太線上にある丸点のことですね。

俺:「スズメバチの巣だ」
みんな:「「は?」」
俺:「恐らくは、モンスズメバチかクロスズメバチ」
みんな:「「……」」
俺:「倒木の洞に巣を作ってたわ」


間。


妻:「よく刺されなかったわね」
俺:「働きバチが警告に来たからな」
みんな:「「ああ…」」

ボンクラ沢不動滝_その2
【ボンクラ沢不動滝・下部】

俺:「何より、愛知県下で一番キレイな滝だった!」
娘:「ええ~? 阿寺の七滝の方が美しいよ」
妻:「そもそも、一番とか断言できるほど、愛知県の滝、行ってないでしょ」
子:「それはそうだねえ」
娘:「ホントだ……。5つ?」


……。


子:「今後の目標が決まったな」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

全然違う

以前から、その特異な沢名が気になって仕方がなかった「ボンクラ沢」

子:「不動滝があるところだったっけ」
俺:「そうや」

三遠南信道の鳳来峡I.C.から、佐久間湖に沿って走る極細の県道1号線を走行すること約2時間半。
途中、このすれ違い不可能な狭小路で、何度も対向ダンプカーと遭遇しました。

俺:「まったく死ぬ思いをしたわ」
妻:「なんで、そんなにダンプが走ってるの。砂防工事?」

地図上では新豊根発電所と記されている所から、引っ切り無しに土砂をたっぷり積んだダンプが出入りしているのです。

子:「ダムに堆積した土砂を運び出しているんじゃね?」
俺:「う~む」

それでなくても、富山(とみやま)地区から降りてくる車があって、全く気を抜けない県道1号線。
ようやくボンクラ沢上に架かる不動橋に到着した時、わたくし、既にグッタリしていました。

水神滝_その1
水神滝(落差65m)・概観】(愛知県豊根村富山 『ボンクラ沢』

娘:「うわ、キレイな滝じゃん」
妻:「でも、映像のコントラストがキツイ?」
子:「上部がよく見えないし。ちょっとアップしよう」

水神滝_その3
【水神滝・上部アップ】

子:「おお。落差だけじゃなくて、意外と奥行きもあるじゃんか」
娘:「デカイし」

完全沢装備で不動橋から入渓し、ゆっくり遡行すること約30分。
右岸から大岩が迫っている箇所を抜けると、一気に眼前が開け、ドーンと水神滝が目に飛び込んで来ます。

俺:「滝前が開けていて、直射日光が差し込むもんだから、どうしてもコントラストが強くなってしまうんや」

水神滝_その2
【水神滝・二段目アップ】

みんな:「「おお!!」」

娘:「これは凄いヒョングリ!」
妻:「キレイに跳ねてる」
娘:「ココが、この滝のハイライト!」

二段目のヒョングリを見た途端、ワッと盛り上がる我が家。

子:「全然ボンクラじゃないねえ


人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

その時…

目的の「熊川不動滝」は、釜ヶ滝のすぐ下流にかかっています。

俺:「しかし、う~む。これは無理かなあ」

実は、ものの本『ぐんま滝めぐり90選』には、ロープ無しでも、何とか滝前に辿り着けそうな紹介文が載っていたのです。

俺:「滝前までのクライムダウンはいいとしても…」

釜ヶ滝から熊川左岸沿いに、傾斜の緩い箇所が続いています。
そこを辿れば、確かに、何とか行けないことも無さそうなのです。

俺:「でも、今日はロープとか置いてきたからなあ」

しかし、この緩傾斜面、最後の7~8mくらいが、ストーンと垂直に落ち込んでいて、ここの登り返しには、どう見ても30mロープが必要でしょう。
迂闊に行って、帰ってこれなくなったりしたら、それこそ大変。

俺:「仕方がない。とりあえず、近づけるだけ近づいてみるか」

熊川不動滝_その1
熊川不動滝(落差30m)・上段】(群馬県吾妻郡長野原町応桑 『熊川』

そうして撮影したのが、上の写真です。

子:「だが、上段しか写ってないってどうよ」

熊川不動滝は、途中、流身が「くの字」に折れ曲がっています。
今回、撮影できたのは、その折れ曲がる前の上段部分のみ。

俺:「仕方ねえだろ。ロープも無い、ハーネスも無いじゃ、危険は犯せん」
娘:「でも、もうちょっとくらい、滝壺を覗けなかったの?」
俺:「いやいや、コレでも、結構無理してるの!」
娘:「え~?証拠は?」
俺:「見よ。これが普通に撮った写真である!」

熊川不動滝_その2
【熊川不動滝・落口付近】

娘:「あ~」
子:「こりゃ、紛うことなきスマホ写真だ」
妻:「でも、この崖っぷち振りじゃ、スマホでも仕方がないわよ」

ですよね。
三脚を立てて…とか、まず不可能でしたから。

子:「まあ、却って秘境の滝っぽく写ってるんで、これもアリ?」
妻:「そうねえ」
俺:「だがな、いつか滝前に立つことがあれば、その時はちゃんとカメラを使ってやるぜ」
娘:「ねね、その時って、いつ?」


うむ……




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示