FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

体験派

俺:「そういうワケで、本瀑下流の渓流瀑群も、写真を撮ってきたぞ」
子:「ほほう」
妻:「これは楽しみ」
娘:「ここは超・どアップで!」

ジャーン!!

笹の滝_渓流2
笹の滝・本瀑下流の渓流瀑群その1】(奈良県十津川村内原 『滝川』

妻:「……普通の渓流?」
子:「キレイな滑状ではあるねえ」
娘:「でも、この黒い斑点が汚く感じない?」
子&妻:「「う~ん」」

どうでしょう。
撮影時刻が夕方だったというのも、大きく影響してると思いますけど。

子:「ナルホド。全体的に陰ってるワケだ」
妻:「さらに、黒い部分が全体の印象を暗くしてるのね」

笹の滝_渓流1
笹の滝・本瀑下流の渓流瀑群その2】

娘:「水はキレイなエメラルド・グリーン!」
子:「紀伊半島て、こういう感じ、多いねえ」

そう言えば、不動七重滝がそうでしたっけ。

娘:「あと、清納の滝もね」
妻:「これ、大峰ブルーって言うんだっけ?」
子:「いや、むしろ紀伊ブルー?」

わたくしとしては、栃木とも長野とも違う、
奈良ブルーって感じですが。

娘:「うん。それは何か勘違いしてるだけだと思う」

笹の滝_渓流3
笹の滝・本瀑下流の渓流瀑群その3】

妻:「微妙な……」
子:「だな。少なくとも、映像からは、その素晴らしさが伝わってこないねえ」

ま、人・人・人で大人気でしたから、
その場に行って、実際に触れてみないとダメな滝なのでしょう。

娘:「笹の滝って体験派なんだ」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

合わせ技

娘:「また有名どころの滝だ」
俺:「まあね。今回のツアーは百選滝優先だったからな」

笹の滝_その1
笹の滝(落差30m)・概観】(奈良県十津川村内原 『滝川』

奈良県には四つの百選滝があります。

双門の滝
不動七重滝
中の滝

笹の滝

その中で、最も落差が無く、且つ、最も人が多かったのが、
この「笹の滝」でした。

俺:「夕方近くに行ったのに、もうね、人だらけ」
子:「なんでだろ」
娘:「落差、低いのにね」
妻:「美瀑だから?」
子:「でも、この程度の美瀑なら、奈良県には山ほどあるんだけど」

確かに、奈良県には落差のある巨瀑や美瀑がひしめいています。
“ただの美瀑なだけ”だったら、ここまで人は来ないでしょう。

娘:「ねね、どんな観光客が多かった?」
子:「そりゃ、みんな観瀑に決まってるし」
娘:「だからそうじゃなくて! 水着の人とか、カメラマンとか…」
妻:「バーベキューの人とか?」
娘:「それそれ! 来てる人を見たら、その秘密が分かるんじゃない?」
俺:「フム……」

それなら、
カメラを抱えた観瀑客と、子連れファミリーが多かったでしょうかね。

子:「おお、ナルホド!」
娘:「なんか分かった?」
子:「……よく分からんということが、分かった」

笹の滝_その2
【笹の滝・本瀑アップ】

娘:「キレイで深そうな滝壺」
子:「まあ、本瀑の滝姿が、バランス取れているのは認めざるを得んな」
妻:「ああ、それじゃない?」
俺:「どれだよ」
妻:「だから、まわりの景観、アプローチのし易さ、美しさ…」
娘:「ああ」
妻:「そういったトータルのバランスが取れてるのよ」
子:「それだ!」
俺:「むう」

ちなみに次男君のバイブルをひも解くと、
とりわけ本瀑下流の渓流の評価が高くなっていました。

娘:「あれだ。よくある合わせ技ってヤツ?」
俺:「だからそれが、トータル・バランスな」
子:「おお、まさに合わせ技で一本!
俺:「だから…」
娘:「ねね、来たでしょ!」

やいのやいのと盛り上がる子供達。

妻:「でもね、一番の要因は、百選に選定されたことだと思うの」


……。





人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

遅ればせながら


遅ればせながら、2017年の「ベスト映像」を編集してみました。

BEST_2017.jpg
【Waterfalls in Japan My Best 2017】
  (クリックすると、YouTubeへジャンプします)

子:「う~む」
俺:「なんだよ」
子:「西の滝がバイノーラル録音じゃないのが、つくづく惜しい」
俺:「……」
娘:「あたしは、不動七重滝がいいな」
俺:「そうか」
妻:「笹の滝って……まだブログにアップしてないわよね?」
俺:「あ~……」

うむ。済まない。
ちょっと事情があって……。

もうすぐ上げさせて頂きます。

娘:「なんか2017年のベストって、半分以上が奈良県の滝じゃん」
妻:「そうね」
子:「でもって巨瀑が多かったな」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

オマケ付き

我が家の皆様に八重滝群を下流から紹介してきたのですが、
岐阜県にある“なんちゃって滝群”、竜吟峡と比べられて散々な感じなので、
島根きっての名瀑である、主瀑布「八塩滝」「八汐滝」の連瀑を、先に映像公開することにしました。

俺:「では、ご覧あれ!」

八重滝_その1
八塩滝・八汐滝(総落差40m)・全景】(島根県雲南市掛合町 『竜頭八重滝自然公園』

俺:「どう?」
子:「まあまあやね」
娘:「悪くはないね」
妻:「百選、この連瀑が決め手になったんじゃないの?」

それはウ~ム、どうでしょう。

子:「ちょっと微妙じゃね?」
娘:「ねね、メインの2滝じゃ足りないので、下流の小滝をオマケして、点数の嵩上げをした!」
子:「おう、それや!」
妻:「……説得力あるかも」

八汐滝_その1jpg
【八汐滝(落差25m)・概観】

俺:「こちらが上流の八汐滝(やしおだき)だ」
子:「こう、もうちょっと全体像が見えると、迫力が増すんだろうに」
妻:「そうねえ」

下段の八塩滝の落口に隠れてしまって、滝姿が上半分しか見えないのです。

娘:「え? 下段もやしおだきって言うの?」
俺:「そうや」
子:「フム。文字上でしか区別できないのか」

せめて、「やしお」と「やじお」で変えるとかすれば、
もうちょっと分かり易かったかも知れません。

八塩滝_その1jpg
【八塩滝(落差15m)全景】

娘:「昔は、両方合わせて『やしおだき』て言ってたんじゃないんの?」
俺:「そやなあ…」
子:「その可能性は高いゼ」

公園の案内板には、とくに明記されてなかったと思います。

妻:「漢字で呼び分けたのは、観光対策? 百選対策?」
娘:「どっちだろ~」
子:「寧ろ、観光地したために、呼びわけするを得なくなったとか」
娘:「え~、それはないんじゃない?」

ま、いずれにしても、キレイな滝ではありました。

妻:「そうねえ……」
子:「ウ~ム」
娘:「でも、やっぱりオマケ付き




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
-- 続きを読む --
tb: 0 |  cm: 0
go page top

最難関へ

弥山川コース登りだけの一歩通行
引き返すのは禁止されています。

俺:「コースの難易度が高過ぎて、危険だからな」

そうかと言って、脚力の衰えを感じている今のわたくしには、
日帰りで、狼平まで上がって、そこから下山用の尾根ルートを下るとか、
とてもムリだと思われます。

俺:「そこで、ショートカットすることにした」

つまり、土石流で流されてしまった河原小屋跡付近から、登山道の対岸に渡り、下りの尾根ルートに合流するバリエーション・コースを行くことにしました。

双門の滝_その3
双門大滝(落差70m)・概観】(奈良県天川村大字北角 『弥山川』

子:「やっぱスゲえ」
妻:「左岸の側壁が、恐ろしいくらい垂直ね」
娘:「どうやったらこんな崖ができるワケ?」
俺:「知らんがな」
兄:「なんで、こんなところに登山コース設ける気になったし」
子:「世にも稀な名瀑があるからだろ
兄:「……」
妻:「誰か、凄く情熱的な人が居たんでしょ」

一の滝・二の滝から双門大滝までは、垂直に水平に斜めに、ただひたすらにハシゴが続きます。

俺:「それだけじゃないぞ。すんげえ痩せ尾根とか…」
みんな:「「うんうん」」
俺:「鎖しかない垂直な岩場とかあるんだ」
娘:「うわ~」

見下ろせば、確実に「滑落=死」な高さ。

子:「さすがは百選の滝・最難関だねえ」
娘:「ねね、岩場、怖かった?」
俺:「むう。どうだろう」

ただ、鎖などの補助具が、よく考えられた場所にあるので、
「岩場の基本・三点支持」が出来ていれば、何も恐れる必要はありません。

俺:「むしろ、木の根で覆われた痩せ尾根の方が怖かったな」
兄:「わかる。木の根って、滑るからな」

双門の滝_その4
【双門大滝・落口アップ】

そういう難コースにもかかわらず、
当日は、何組もの登山者と出会いました。

俺:「最初の若者パーティーは、途中で川に降りて、水着になってウォーター・スポーツしてた」
兄:「ほう」
娘:「えーっと、なにそれ」

難コースな上に、
大概の方は、狼平まで上がるか、
“下り禁止にもかかわらず”、双門大滝で引き返すからでしょう。

俺:「まさか、あんな隠れスポットへ水泳&BBQに来るとか、相当の策略家だ」
子:「静かな大自然を独占…… いいなそれ」
俺:「ああ。透明なエメラルド色の川を独り占め」
妻:「凄い贅沢ね」
兄:「新しいアウトドア・スタイルなのか、それとも変人か」
娘:「ちょっとウラヤマシイ」
子:「…変人が?」
娘:「ちがう!」

あと、わたくしを追い越して、狼平まで登るパーティーが一組。
その他の三組は、双門大滝で引き返して行きました。

双門の滝_その5
【双門大滝・下部アップ】

双門大滝の観瀑テラスで英気を養うこと、約1時間。
そのあと、ショートカット・ルートを目指して、河原小屋跡へ向かいます。

俺:「でな、河原小屋跡までが、これまた結構な難ルートなんだ」

流石に、垂直や水平なハシゴこそ無くなりましたが、
引き続き、緊張を強いられるような道が続きます。

俺:「精神的には、双門大滝までの行きルートと同じくらい疲弊した」
妻:「だから、双門大滝で引き返す人がいるんだ」
俺:「そうだと思う」
子:「なるほどねえ」

ただ、わたくしとしては、滑落リスクを極力減らしたいので、
粛々と河原小屋跡へ向かいます。

俺:「結局、それで大正解だったんだな、これが」
子:「ほう」
兄:「ほう」
娘:「ねね、そこんとこ詳しく!」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示