FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

毒トク!

滝付近の崖が崩落し、長らく観瀑道が閉鎖されたままの「常布の滝」

当初は、観瀑道の入口に「立入禁止」の看板が掛かっていたのですが、
最近になって、この「立入禁止」の看板が裏返され、観瀑道そのものが無かったモノ扱いされ始めたらしい。

子:「親父、これはもう、行っとかないとヤバイんじゃね?」
俺:「せやな」
娘:「なになに、冒険するの?」
俺:「う~む。冒険と言うよりは、秘瀑探訪になるんだろうよ」
兄:「だが、百選の滝なら、いつかは行かねばなるまいて」
子:「うん、必然だ」
妻:「なら、準備をしっかりね」
俺:「了解ッス」
娘:「ねね、あたしじゃ行けなさそう?」
俺:「それは…ムムム」
妻:「今回は止めときなさい」
娘:「は~い」

と言うワケで、遂に、単独にて「常布の滝」に行って参りました!

常布の滝_その1
常布の滝(落差40m)・全景】(群馬県吾妻郡草津町草津白根国有林内)

常布の滝へのルートは、ポイントが3箇所あります。

第一に、沢型に沿って笹薮を降り、左側の崖下目掛けて左折するところ。

第二に、川沿いルート途上で、左側斜面を直上気味に方向転換するところ。

第三に、滝手前の崩落箇所で、下方のロープ残骸に惑わされず、対岸のルート道へたどり着くところ。


特に、最初のポイントである笹藪地獄で迷ってしまうと、
高確率で敗退するか遭難するらしいのです。

俺:「当然、俺は迷わなかったがな」
兄:「自慢するなし」
娘:「滝怪獣にはうってつけだったんでしょ」
妻:「滝怪獣って……また懐かしいフレーズ」
子:「もはや死語」

最近、観瀑の難易度レベルがだんだんと上がって来ているわたくし。
当初は、そんな滝へ行くと、妻をヤキモキさせたらしいのですが、
今では、ロック・クライミングがなければ、全く問題なし。

子:「親父のルート・ファインディング力も上がってると思うゼ」
兄:「一緒に行ってる奴が言うと、説得力が増すな」

まあまあ、そんなに誉められると照れちゃうじゃないですか。

妻:「慢心厳禁!
俺:「…ハイ」

常布の滝_その2
【常布の滝・落口】

当日は、滝前テラスにサンサンと陽が差し込む初夏の陽気。
滝前で、静寂な大自然の息吹を堪能させて頂きました。

兄:「いやコレ、映像だと轟瀑なんだが…」
俺:「フフフ。まさに動の中の静」
子:「わかる! 現地に行った者のみに許される至高の境地だよね!」
妻:「あら」
娘:「いいな~」

滝前には2時間くらい居たでしょうか。
バイノーラル録画を始めたお陰で、わたくし、美滝の滞在時間がドンドン長くなる傾向にあります。

兄:「ま、昼寝よりは意義があるんじゃね?」
俺:「はあ? 昼寝なんかしてないぞ?」
子:「親父、よく滝前で寝てたじゃん」
娘:「滝前瞑想と言う名の昼寝~」

うん、まずその誤解だらけなの、何とかしようか。

常布の滝_その3
【常布の滝・滝壺】

子:「ああ、これで関東の百選はコンプリートだね」
兄:「取りに相応しい名瀑だな」
娘:「でもあたし、この毒々しい崖が苦手かも」
子:「何言ってんだ。この染み出す温泉成分こそ、常布の滝のハイライトだろ」
妻:「ほんと、独特ね」
娘:「そ。毒トク!

毒トク……。




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示