06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

第一の滝

幻の滝。

そう。
那須の御用邸の敷地内にかかっていた、
一般の目にはなかなか触れることのなかった駒止の滝

それが、2011年に今上陛下の御意向を受けて
「那須平成の森」として観瀑台が整備されると、
この名瀑を、誰もがお手軽に観瀑できるようになったのです。

駒止の滝
駒止の滝(落差20m)・全景】(栃木県那須町大島 『余笹川』

子:「おやじ、これ、駒ヶ滝の間違いじゃね?」

実は、次男君の愛読書によると、
「駒ヶ滝」が本名で、「駒止の滝」は別名になっているのです。

俺:「しかし、今や駒止の名こそ、今上陛下の御意向を受けての正式名称やな」
妻:「そういうことなんじゃない?」
娘:「しかもほら、写真集の方は1998年の撮影になってるから」
子:「あり? ホントだ」

恐らく駒止の滝という名は、
「那須平成の森」がオープンしてから周知されたものではないでしょうか。

兄:「要は、那須の御用邸には、敷地内に落差20mの美瀑がかかっていたと」
俺:「そや」
兄:「それを一般に公開したと」
俺:「そや」
兄:「ウ~ム。なんかスケール感が違うわ~」

しきりに感心している長男君。

娘:「ウチじゃ、絶対ムリだよね~」

娘よ。
我が家のいったいどこに滝がかかる要素があるというのだ……。

子:「しかも、ただの美瀑じゃないんだゼ」
兄:「ほう?」
子:「さらなる二つ名は『那須第一の滝』!」


間。


兄:「……それで?」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

蛍を越える

俺:「あれれ。水が、思ったよりもキレイじゃない」

わたくし、新潟県ナンバー・ワンの美瀑と謳われることの多い
大尾不動滝を訪瀑したのです。

俺:「滝壺の流木も汚い感じやし……」

ところが、思ったよりも水が濁っているし、
滝壺には朽ちかけた流木やら何やらで、
期待していたような“美瀑”とは、かなり違っていました。

俺:「う~む。来る季節を間違えたのか……」

大尾不動滝_その1
大尾不動滝(落差20m)・全景】(新潟県阿賀町七名)

妻:「写真映りは問題ないわよ」
娘:「ウン、キレイだよ~」
兄:「まあ雨天だったようだし、水が濁るのは当たり前じゃね?」
俺:「いや、そういう濁り方じゃなかったんだよ」

あれですね、こう、川面がプクプクと泡立って、
群馬の熊川にかかる魚止めの滝を彷彿とさせる感じだったのです。

妻:「近くで見たら、汚れが目立ったってパターン?」
俺:「そうね」
娘:「臭いは?」
俺:「若干ね」
兄:「……」
子:「原因はコレだろ!」

いきなりビシッと指差す次男君。

子:「ほら、地図だと、すぐ上流に湿地帯があるから」
娘:「うわ、ホントだ」

大尾不動滝_その2
【大尾不動滝・上段部】

国土地理院の地形図を覗き込む次男君のもとへ集まってくる我が家。

兄:「確かに、沼とかなら水が濁り易いかもな」
娘:「よどんだ水に、プランクトンが大繁殖!」
妻:「そこは藻とかじゃないの?」
子:「プランクトンって、まるで赤潮みたいに聞こえるわ!」

そう。
なんと大尾不動滝のすぐ上流には「たきがしら湿原」というのがあったのです。

妻:「しかもこの湿原、人工だって!」
子:「は? なんだとう?」

早速スマホで検索した妻から驚きの声。

兄:「うわあ、結構な観光地でやんの」
娘:「けどホタルの名所だってよ」
妻:「道路だって、ずっと川沿いに走ってるじゃない」
子:「う~ん。こんだけ開発されてたら、下流に清流は望めないわ」

あれ?
でもホタルって、清流にしか棲めないんじゃなかったけ?

子:「滝好きの求めるレベルは、ホタルを越えるんだよ」


……。


大尾不動滝_その3
【大尾不動滝・落口】

妻:「写真だと美しいのにね」
娘:「ビデオでもキレイだよ」
俺:「そりゃ、そうは言っても穴場の美瀑だからな」

いつもの写真集にも、非常に美しい若葉の頃の滝姿が載っています。

兄:「ズバリ、映像で愛でる滝」
子:「ウ~ム。兄貴の意見に賛成だわ」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ふおおお!

とある夜のこと。
わたくしが登録している「YouTube」チャンネルのおススメに

近鉄名古屋 23:15 津ゆき特急 バイノーラル・バージョン

という動画があがっていました。

俺:「ふむ。バイノーラルってなんだ?」

ちょっと気になったわたくし。
妻の邪魔にならないようヘッドホンを着けると、
早速、再生ボタンをポチってみたのです。

俺:「ふおおお!なんじゃこりゃあ!!」
妻:「あなた、うるさい!」

唐沢の滝@菅平_その2
唐沢の滝(落差15m)・全景】(長野県上田市 『菅平高原』

そのあまりにも自然な音世界!

【バイノーラル録音】
鼓膜に届く状態で音を記録することにより、
ステレオ・ヘッドホンやステレオ・イヤホンで聴く時に、
あたかもその場に居合わせたかのような臨場感を再現できる、という方式。


しかも調べてみると、イヤホン型のマイクを装着するだけで、
誰でも簡単に録れるらしいのです。

俺:「よし。今度の上田・軽井沢方面リベンジで使ってみる」

そういうワケで、
わたくし、バイノーラル・マイクを購入すると、
早速、手頃な美瀑を撮影してきたのでした。

唐沢の滝@菅平_その3
【唐沢の滝・落口】(クリックすると、YouTubeへジャンプします)

撮影から帰ってくると、
テレビからタコ足配線で家族にヘッドホンを着けてもらい、
編集もそこそこに、即行で映像を観てもらいます。

そしたら!

子:「ふおおお!」
娘:「ふあああ!」
妻:「……………」


間。


間。


間。


娘:「なにこれ、気持ちいい音~」
俺:「だろう?」

子:「これすげー……」
俺:「フフフ」

案の定、超好評!

唐沢の滝@菅平_その4
【唐沢の滝・滝壺付近】

そうして遂に、タメ息とともに30分の動画が終りました。

子:「はあ…」
娘:「はあ…」
妻:「……」

特に妻が恍惚としてます。

俺:「おまえら感想は?」
娘:「最高!」
子:「音ひとつで、こんなに滝ビデオの質が変わるんだ」

そうなのです。
一度バイノーラルを味わってしまうと、
通常マイクでの録音が、実に薄っぺらく感じられますな。

娘:「むしろ、苦痛になってくるよ?」
子:「お、それ分かる」

ピピッ!(リモコンの音)

妻:「ちょっとみんな静かにしてね!」

おもむろに、再び再生ボタンを押す妻。

子:「あ、僕ももう一回観るわ
娘:「あたしも!」

ヘッドホンを着け直す子供たち。

妻:「……」
子:「……」
娘:「……」
俺:「……」

なんという
この癒され感!




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

秋の恒例

軽井沢3滝の中では、
最もマイナーではないかと思われる「千ヶ滝」

俺:「白糸の滝竜返しの滝と比べると、かなり歩かにゃならんからなあ」
子:「そうは言ったって、30分くらいだろ?」
俺:「まあね」
娘:「なら、大したことないじゃん」

それでも、白糸の滝5倍竜返しの滝2倍は歩くことになりますかな。

妻:「こう、滝を観ようって意思がないと、辛くなる距離ね」
俺:「そうなのよ。チョット見の観光客は来ないんだな」
子:「……ああ」
娘:「ナルホド」

千ヶ滝@軽井沢_その1
千ヶ滝(落差20m)・全景】(長野県軽井沢町長倉『千ヶ滝沢』

でもその分、滝廻りの環境は良好。
季節によっては、人のいない滝前を独占することも可能です。

俺:「俺の時は、たっぷり2時間、人に遇わなかったね」

人が溢れている軽井沢にあって、
なかなか希少な観光スポットではないでしょうか。

俺:「しかも、軽井沢3滝の中で、一番滝らしい滝だったわ」
子:「まあ、一番落差があるし」
娘:「え~?どれも大したことないじゃん」
妻:「そうねえ……」

ま、あくまでも「軽井沢3滝の中では」って話ですから。

千ヶ滝@軽井沢_その2
【千ヶ滝・落口アップ】

さて、千ヶ滝を観瀑した後、次なる目的地へ向かおうとしたところ、
国道18号に出る手前から、とんでもない渋滞に巻き込まれてしまいました。

俺:「まず、国道に出るまでに1時間以上な」
娘:「うわあ」
俺:「次に、浅間サンライン入口まで2時間以上」
子:「ひでえ」
俺:「もう、軽井沢の秋を楽しむ観光客の車だらけ」

秋の軽井沢の恒例で、
平日・祝日にかかわらず、午後2時を過ぎたあたりから、帰途につく車が激増。
毎日、とんでもない渋滞になるらしいのです。

お陰様で、わたくしも、その後予定していた滝見は全て中止。
そのまま高速に乗り帰途についたのでした。

妻:「さすが軽井沢」
子:「渋滞のスケールが桁違いだろ」

千ヶ滝@軽井沢_その3
【千ヶ滝・主瀑部】

俺:「そういうワケで、今回の遠征は、ホントに軽井沢3滝だけじゃ」
妻:「……」
子:「うん、仕方ないわ」
娘:「またリベンジすれば?」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

同じ穴の…

道路からの高低差で見ても、自分の目測でも、
とても落差が9mもあるようには思えません。

娘:「また落差の話?」

そうなのです。
万古渓谷で「正確な落差とは何か?」を考えるようになって以来、
わたくし、こんな〈些細な〉話がどうにも引っかかって仕方がないのです。

子:「それ、分かるわ~」
俺:「だろだろ」
娘:「可哀相に」

やかましいわ!

竜返しの滝@軽井沢_その1
竜返しの滝(落差9m)・全景】(長野県北佐久郡軽井沢町長倉 『小瀬』

俺:「ところがこの滝、見る角度を変えたら、上部に小滝を発見!」
子:「おおお」
娘:「ありゃ…」

下から見上げるので、映像では本当に〈ちょっとした小滝〉なのですが、
それぞれの位置関係を鑑みると、
恐らく3mを超える落差はあるものと思われます。

子:「そうすると、本瀑6m・上流小滝3mで、ちょうど辻褄が合うじゃんか!」
俺:「だろだろ!」
妻:「あなた、映像をアップにできる?」
俺:「まかせなさい」

竜返しの滝@軽井沢_その2
【竜返しの滝・上部】

娘:「コレ、ただの急流じゃないの?」
子:「いやいや、下から見上げて、これだけの落差があるワケだし…」
娘:「う~ん」
子:「実際、オヤジの言う通り3mはあるんじゃね?」
娘:「そうかなあ……」

そもそも落差に違和感を抱かなければ、
「滝上の小滝に注目する」なんて、なかなか無いでしょう。

娘:「なんかあたし、お父さんの意見が正しく思えてきちゃった」

竜返しの滝@軽井沢_その3
【竜返しの滝・本瀑正面】

俺:「で、これが、観光パンフなんかでよく見る角度からの写真だな」
子:「あるある」
妻:「いつもの写真集も、コレだったわね」
子:「そうだよ」
娘:「ねね、ホントに他の角度からの写真は無いの?」

即行、スマホで検索をかける妻。

妻:「う~ん。少なくとも、上流の小滝を写した写真なんて無いわ」
娘:「わ~、やっぱそうなんだ」
子:「そりゃ、僕らマニアックだもん」

マニアック……。

娘:「あたしまで一緒にしないで」
子:「フフフ」

子:「この映像を見てる時点で、お前も同じ穴のムジナ




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示