05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

体験派

俺:「そういうワケで、本瀑下流の渓流瀑群も、写真を撮ってきたぞ」
子:「ほほう」
妻:「これは楽しみ」
娘:「ここは超・どアップで!」

ジャーン!!

笹の滝_渓流2
笹の滝・本瀑下流の渓流瀑群その1】(奈良県十津川村内原 『滝川』

妻:「……普通の渓流?」
子:「キレイな滑状ではあるねえ」
娘:「でも、この黒い斑点が汚く感じない?」
子&妻:「「う~ん」」

どうでしょう。
撮影時刻が夕方だったというのも、大きく影響してると思いますけど。

子:「ナルホド。全体的に陰ってるワケだ」
妻:「さらに、黒い部分が全体の印象を暗くしてるのね」

笹の滝_渓流1
笹の滝・本瀑下流の渓流瀑群その2】

娘:「水はキレイなエメラルド・グリーン!」
子:「紀伊半島て、こういう感じ、多いねえ」

そう言えば、不動七重滝がそうでしたっけ。

娘:「あと、清納の滝もね」
妻:「これ、大峰ブルーって言うんだっけ?」
子:「いや、むしろ紀伊ブルー?」

わたくしとしては、栃木とも長野とも違う、
奈良ブルーって感じですが。

娘:「うん。それは何か勘違いしてるだけだと思う」

笹の滝_渓流3
笹の滝・本瀑下流の渓流瀑群その3】

妻:「微妙な……」
子:「だな。少なくとも、映像からは、その素晴らしさが伝わってこないねえ」

ま、人・人・人で大人気でしたから、
その場に行って、実際に触れてみないとダメな滝なのでしょう。

娘:「笹の滝って体験派なんだ」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

合わせ技

娘:「また有名どころの滝だ」
俺:「まあね。今回のツアーは百選滝優先だったからな」

笹の滝_その1
笹の滝(落差30m)・概観】(奈良県十津川村内原 『滝川』

奈良県には四つの百選滝があります。

双門の滝
不動七重滝
中の滝

笹の滝

その中で、最も落差が無く、且つ、最も人が多かったのが、
この「笹の滝」でした。

俺:「夕方近くに行ったのに、もうね、人だらけ」
子:「なんでだろ」
娘:「落差、低いのにね」
妻:「美瀑だから?」
子:「でも、この程度の美瀑なら、奈良県には山ほどあるんだけど」

確かに、奈良県には落差のある巨瀑や美瀑がひしめいています。
“ただの美瀑なだけ”だったら、ここまで人は来ないでしょう。

娘:「ねね、どんな観光客が多かった?」
子:「そりゃ、みんな観瀑に決まってるし」
娘:「だからそうじゃなくて! 水着の人とか、カメラマンとか…」
妻:「バーベキューの人とか?」
娘:「それそれ! 来てる人を見たら、その秘密が分かるんじゃない?」
俺:「フム……」

それなら、
カメラを抱えた観瀑客と、子連れファミリーが多かったでしょうかね。

子:「おお、ナルホド!」
娘:「なんか分かった?」
子:「……よく分からんということが、分かった」

笹の滝_その2
【笹の滝・本瀑アップ】

娘:「キレイで深そうな滝壺」
子:「まあ、本瀑の滝姿が、バランス取れているのは認めざるを得んな」
妻:「ああ、それじゃない?」
俺:「どれだよ」
妻:「だから、まわりの景観、アプローチのし易さ、美しさ…」
娘:「ああ」
妻:「そういったトータルのバランスが取れてるのよ」
子:「それだ!」
俺:「むう」

ちなみに次男君のバイブルをひも解くと、
とりわけ本瀑下流の渓流の評価が高くなっていました。

娘:「あれだ。よくある合わせ技ってヤツ?」
俺:「だからそれが、トータル・バランスな」
子:「おお、まさに合わせ技で一本!
俺:「だから…」
娘:「ねね、来たでしょ!」

やいのやいのと盛り上がる子供達。

妻:「でもね、一番の要因は、百選に選定されたことだと思うの」


……。





人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

大いなる神秘

中の滝と並ぶ巨瀑の「西の滝」

俺:「西の滝は、通常、落差200mとされている」
娘:「うん」
妻:「え? それって、中の滝とは50mだけしか差がないってこと?」
俺:「そうや」
妻:「それにしては、西の滝が低く見えるんだけど…」
俺:「そこなんだよ」
娘:「ホントだ……。100mくらいに見えるかも?」
子:「う~む。言われてみれば……」

西の滝_その1
西の滝(落差200m)・概観】(奈良県上北山村小橡 『東ノ川渓谷』

西の滝は、全部で6段あるとされています。

俺:「しかし、よく見えるのが、下の5段目と6段目だけなんだな」
妻:「これね」

実は、上部の1段目から4段目まではゴルジュ帯となっていて、
プロの沢クライマーしか拝むことができないらしいのです。

子:「確かに、上の狭隘なゴルジュに滝があるのが分かるわ」

西の滝_その2
【西の滝・上部】

完全に岩間に隠れた4段目が、およそ落差45m。
しっかりした滝壺を持っているらしい3段目が、落差25m。
もはや写真ではよく分からない2段目が、落差30m。
そして、最上の1段目が落差20mとのこと。

娘:「おお、見えないとこだけで、120mもあるじゃん!」
俺:「そうなのよ」
子:「半分以上が見えてないのか!」
妻:「中の滝以上の秘瀑じゃないの」

一説には、中の滝と同じ、落差250mあるとも云われており、
滝上部の余りのゴルジュっぷりに、未だに正確な落差が測られたことが無いようなのです。

子:「う~む。これは、大いなる神秘ロマンを感じさせるねえ」

西の滝_その3
【西の滝・最下段6段目】

俺:「しかも、今では、許可が無いと立ち入れない保護区域になってしまった」
娘:「プロじゃないんだから、どっちみち、行けない事に変わりはない」
俺:「やかましいわ!」

そして、この写真を撮影していた辺りから、急に空が曇り始めました。

俺:「もうね、三脚畳んだら、速攻で歩き出したね」

大台ヶ原ビジター・センターに着いて暫くすると、
一気にとんでもない雷雨に。

俺:「そういうワケで、道なき尾根を最短で踏破しました」
子:「それ、なんか嫌な予感がするんだが…」
俺:「はい。東の滝はパスしました~」
子:「またか! またそのパターンなのか!」

すみません。




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

スピード感

俺:「むう。どうするか……」

滝は一期一会。
この機会を逃せば、今度、いつ訪瀑できるのか見当もつきません。
しかし、天気予報を見れば、午後から辺り一帯は雷雨の予報。

俺:「雷雨は嫌だしなあ……」

以前、阿多野郷川東谷大滝で、嫌と言うほど体験した雷雨の怖さ。
あの再現だけは避けたいのです。

俺:「仕方ない。午前中の晴れ間に賭けてみるか!」

逡巡すること1時間。
結局、わたくし、
荷物を極限まで切り詰めて、晴れ間のスピード勝負に出ることにしたのでした。

中の滝_その1
中の滝(落差250m)上部遠望】(奈良県上北山村小橡 『東ノ川渓谷』

子:「うおっしゃあ、来た来た、中の滝だ!」
妻:「う~ん。これ、上半分しか写ってないわよ?」

そりゃまあ、スピード勝負でしたから、
いつものような、ベスト・ポジションを探してとか、ベスト・タイミングを待ってとか、そんなのは一切端折りました。
仕方がありません。

俺:「中の滝が見えたら、即行で三脚を立てて、撮影を開始したからな」
子:「やっぱ中の滝はスゲえな!」
娘:「なんか、もったいなくない?」
妻:「百選滝のクライマックスの一つなんだし、もうちょっと何とかならなかったの?」
俺:「そうやなあ……」

一応、下部も撮影を試みはしましたよ。

娘:「どれ?」
俺:「ホレ!」

中の滝_その2
【中の滝・下部遠望】

娘:「なんだ、木が邪魔してるじゃん」
子:「それでも、やっぱり凄いぞ!」
妻:「しかも、録音の質が悪いわ」

そりゃまあ、スピード勝負でしたから。

俺:「いつものバイノーラル録音だって、パスしたに決まってるだろう」
娘:「やっぱり、メッチャもったいない」
子:「いんや。そんこと、どうでもいいね!」
娘:「は? どうでもよくないことなんて、ないでしょ!」
子:「まずは、この日本離れしたスケール感を感じ取ろうゼ!」


間。


妻:「あなただけ、異様にテンションが高いわね」
娘:「あんたのお気に入りの滝だったっけ?」
子:「フ……」

わざとらしく前髪を掻き上げる次男君。

子:「オヤジ。この哀れな迷い人たちに、全体が分かる映像を見せてやって」
俺:「了解です」

中の滝&西の滝_その1
【中の滝(右)と西の滝(左)】

妻:「……」
娘:「ビミョ~」


間。


子:「なんか、スピード感溢れる写真だ……」






人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

オマケ付き

我が家の皆様に八重滝群を下流から紹介してきたのですが、
岐阜県にある“なんちゃって滝群”、竜吟峡と比べられて散々な感じなので、
島根きっての名瀑である、主瀑布「八塩滝」「八汐滝」の連瀑を、先に映像公開することにしました。

俺:「では、ご覧あれ!」

八重滝_その1
八塩滝・八汐滝(総落差40m)・全景】(島根県雲南市掛合町 『竜頭八重滝自然公園』

俺:「どう?」
子:「まあまあやね」
娘:「悪くはないね」
妻:「百選、この連瀑が決め手になったんじゃないの?」

それはウ~ム、どうでしょう。

子:「ちょっと微妙じゃね?」
娘:「ねね、メインの2滝じゃ足りないので、下流の小滝をオマケして、点数の嵩上げをした!」
子:「おう、それや!」
妻:「……説得力あるかも」

八汐滝_その1jpg
【八汐滝(落差25m)・概観】

俺:「こちらが上流の八汐滝(やしおだき)だ」
子:「こう、もうちょっと全体像が見えると、迫力が増すんだろうに」
妻:「そうねえ」

下段の八塩滝の落口に隠れてしまって、滝姿が上半分しか見えないのです。

娘:「え? 下段もやしおだきって言うの?」
俺:「そうや」
子:「フム。文字上でしか区別できないのか」

せめて、「やしお」と「やじお」で変えるとかすれば、
もうちょっと分かり易かったかも知れません。

八塩滝_その1jpg
【八塩滝(落差15m)全景】

娘:「昔は、両方合わせて『やしおだき』て言ってたんじゃないんの?」
俺:「そやなあ…」
子:「その可能性は高いゼ」

公園の案内板には、とくに明記されてなかったと思います。

妻:「漢字で呼び分けたのは、観光対策? 百選対策?」
娘:「どっちだろ~」
子:「寧ろ、観光地したために、呼びわけするを得なくなったとか」
娘:「え~、それはないんじゃない?」

ま、いずれにしても、キレイな滝ではありました。

妻:「そうねえ……」
子:「ウ~ム」
娘:「でも、やっぱりオマケ付き




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
-- 続きを読む --
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示