FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

滝の恥

俺:「こ、これは!」

美しい直瀑の雄滝と比べて、複合瀑布であるらしい「雌滝」
何と言うか、“見応えの無さ”が際立ちます。

竜頭ヶ滝・雌滝_その1
龍頭ヶ滝・雌滝(落差30m)正面】(島根県雲南市掛合町松笠『滝谷』

雄滝のすぐ下流にある雌滝
正面に立ってはみるものの、最後の一段が見えるだけで、あとは岩や樹木に隠されてしまっています。

俺:「いやあ、見応えが無さ過ぎじゃねえの?」

この雌滝百選滝に含まれているワケですから、このままじゃ納得できません。
どこかもっと全景が見渡せるポイントがないか探します。

俺:「もう一度、落口辺りまで登ってみるか」

せっかく降りてきた山道ですが、
滝の上部を目指して、登り返すことにしたのでした。

竜頭ヶ滝・雌滝_その2
【龍頭ヶ滝・雌滝・落口】

子:「滝の全景を見るのに、なんで落口へ戻ったし?」
娘:「雌滝下流の左岸や右岸の崖上から、とかダメだったの?」

まあ、観光の滝ってことで、カメラと三脚しか持って行きませんでしたし、
辺りは観光客だらけでしたので。

妻:「確かに、シルバー世代の皆様の中に、ただ一人、重装備ヘルメットじゃ、違和感だらけだわ」
俺:「分かってくれる?」
娘:「ちょっと待って。滝の恥はかき捨てじゃなかったの?」
俺:「は? なんだそれは!」
子:「あれだね。滝へ行ったって知り合いもいないし、長く滞在するワケでもないから、恥をかいてもその場限り」
俺:「え」

「一期一会」ってことで考えれば、その通りなのかも知れませんが、
この龍頭ヶ滝では、わたくし、それをする勇気はありませんでした。

俺:「だって考えてもみろよ。観光客だらけってことは、絶対に落石とか起こしちゃダメなんだぜ?」
妻:「リスクが高すぎるわ」
子:「ま、そうか」
娘:「ま、そうだよね」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック
tb: 0 |  cm: 0
go page top

帰路は登り

「龍頭八重滝」と称される、島根県の「百選の滝」

俺:「最近まで、これが『八重滝』『龍頭ヶ滝』の合わせ技で「百選」だったことを知らなかったんだよ」

「龍頭ヶ滝」は、雄滝雌滝の二滝で構成され、
「八重滝」は、八汐滝八塩滝姫滝姥滝河鹿滝紅葉滝滝尻滝猿飛滝の八滝で構成されています。

子:「そう書いてあるじゃん」

いつものバイブルを開いて宣う次男君。

娘:「お父さん読んでないでしょ。明らかに読んでないよね」
俺:「いや~済まない」

だって、遠方の滝って、行くつもりになって調査しないと、あまり記憶に残らないじゃないですか。

娘:「お父さん、滝への愛が薄らいでない?」
俺:「む。そんなことはないぞ」
子:「龍頭八重滝が、親父にとっては雑魚滝だっただけじゃね?」
娘:「ええー?百選だよ?」
俺:「むむむ」

娘の鋭いツッコミに、わたくし、たじたじ。

龍頭・雄滝_その1jpg
【龍頭ヶ滝・雄滝(落差40m)全景】(島根県雲南市掛合町松笠『滝谷』

龍頭ヶ滝はかなりの人気のスポットなので、早朝、誰もいない頃合いを狙って訪瀑してみました。

俺:「しかし世間は甘くなかった。プロっぽいカメラマンが、既に雄滝前を占拠してたわ」
子:「おおう」
妻:「あらら」

カメラマン氏の背後で三脚をセットし、いつでも入れ替われるよう待機すること15分。
遂にわたくしの出番が回って来ました。

娘:「それって、お父さんの威圧に根負けしただけじゃ…」

龍頭・雄滝_その2jpg
【龍頭ヶ滝・雄滝・落口アップ】

しかし、わたくしの撮影時間も15分しかありませんでした。

子:「頑張って早朝に来て、わずか15分って」
俺:「そうなのよ」
娘:「人気の滝って、動画撮影の難所だよね」
俺:「俺が車を駐めたのは、滝の上流にある『滝の上駐車場』って所だったんだけどな」
娘:「うん」
俺:「だだっ広い駐車場に俺の車しかなかったんで、もっと長時間撮影できると思ってたんだ」
妻:「なるほど」

ところが、滝の下流側からやってきたシルバー世代の団体様。
下流側は進入道路が狭い上に、車も15台しか駐められないと聞いていたので、これは想定外。
しかも、一団体ではなくて、次から次へとやって来るではないですか。

妻:「シルバーの皆様には、帰りが登り坂だと辛いんじゃないの?」
娘:「あ~ナルホド」
子:「そりゃ~無理してでも下流側から来るか」

言われてみれば、
あの坂を帰路で登るのは、かなりキツかったっけ。

龍頭・雄滝_その3jpg
【龍頭ヶ滝・雄滝・滝壺アップ】

娘:「なら、あたし達が行くときは、帰りが楽な下流側の駐車場だね」
子:「行く時なんか無いんじゃね?」
妻:「ぜひ、あなたのお小遣いを貯めて行ってね」
娘:「お父さん、登り道、ご苦労さまでした」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

オマケ付き

我が家の皆様に八重滝群を下流から紹介してきたのですが、
岐阜県にある“なんちゃって滝群”、竜吟峡と比べられて散々な感じなので、
島根きっての名瀑である、主瀑布「八塩滝」「八汐滝」の連瀑を、先に映像公開することにしました。

俺:「では、ご覧あれ!」

八重滝_その1
八塩滝・八汐滝(総落差40m)・全景】(島根県雲南市掛合町 『竜頭八重滝自然公園』

俺:「どう?」
子:「まあまあやね」
娘:「悪くはないね」
妻:「百選、この連瀑が決め手になったんじゃないの?」

それはウ~ム、どうでしょう。

子:「ちょっと微妙じゃね?」
娘:「ねね、メインの2滝じゃ足りないので、下流の小滝をオマケして、点数の嵩上げをした!」
子:「おう、それや!」
妻:「……説得力あるかも」

八汐滝_その1jpg
【八汐滝(落差25m)・概観】

俺:「こちらが上流の八汐滝(やしおだき)だ」
子:「こう、もうちょっと全体像が見えると、迫力が増すんだろうに」
妻:「そうねえ」

下段の八塩滝の落口に隠れてしまって、滝姿が上半分しか見えないのです。

娘:「え? 下段もやしおだきって言うの?」
俺:「そうや」
子:「フム。文字上でしか区別できないのか」

せめて、「やしお」と「やじお」で変えるとかすれば、
もうちょっと分かり易かったかも知れません。

八塩滝_その1jpg
【八塩滝(落差15m)全景】

娘:「昔は、両方合わせて『やしおだき』て言ってたんじゃないんの?」
俺:「そやなあ…」
子:「その可能性は高いゼ」

公園の案内板には、とくに明記されてなかったと思います。

妻:「漢字で呼び分けたのは、観光対策? 百選対策?」
娘:「どっちだろ~」
子:「寧ろ、観光地したために、呼びわけするを得なくなったとか」
娘:「え~、それはないんじゃない?」

ま、いずれにしても、キレイな滝ではありました。

妻:「そうねえ……」
子:「ウ~ム」
娘:「でも、やっぱりオマケ付き




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
-- 続きを読む --
tb: 0 |  cm: 0
go page top

それなりに

俺:「そういうワケで、滝尻滝は中々のゴルジュ滝だったんだけどね」
子:「うむ」
俺:「その後が、なんだか小滝が続くんだよ」
妻:「竜吟峡みたいな感じ?」

いや、そうですね。
あそこまで小粒ではありませんね。

俺:「もうちょっとスケールは大きいぞ」
子:「そりゃまあ、百選滝だし、小さかったら問題だろ」
娘:「つまり、その小滝ってのが、どの程度の小滝なのかが問題なワケだ」
妻:「それね」
俺:「まあ、映像を見て欲しい」

紅葉滝_その1
紅葉滝(落差3m)・全景】(島根県雲南市掛合町『竜頭八重滝自然公園』

子:「落差3mってか。これは厳しくね?」
娘:「一応、滝には見えるけど?」
妻:「少なくとも詐欺には当たらないんじゃない?」

いや、詐欺って……。

子:「次の滝はどうなの?」
俺:「こちらの映像をどうぞ」

河鹿滝_その1
河鹿滝(落差3m)全景】(島根県雲南市掛合町『竜頭八重滝自然公園』

子:「はあ?」
娘:「ゲ~」
子:「これ、3mないだろ!」
妻:「でも、2mはあるでしょ」

確かに、落差は3mも無いかもしれません。
でも、豊富な水量を落口に集めて一気に滝壺へと叩き込む様は、
それなりに滝の名に恥じないのではないでしょうか。

娘:「そう言われると、う~ん…」
子:「落差、無いけどな!」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

近づきたい!

俺:「ぐあ。しまった!」

わたくし、観光の滝と聞いていたので、通常の登山靴を履いてきたのですが……

俺:「これは沢登りスタイルで来るべきだったか!」

滝尻滝_その1
滝尻滝(落差8m)・遠景】(島根県雲南市掛合町 『竜頭八重滝自然公園』

わたくし、島根県の百選の滝である「八重滝」に行ってまいりました。

俺:「八重滝って言うけどね…」
子:「フム」
俺:「むしろ『八重滝群』と言った方が、実態に近いと思うんだ」
子:「ほほう」

そして、この「八重滝群」最初のハイライトが、この滝尻滝なのです。

俺:「ミニ・ゴルジュとでも言うべきか…」
娘:「うん」
俺:「その奥に、チョックストーン滝と思われる瀑布が隠れているのだ」
娘:「フムフム」

特に、右岸側壁の水流に磨きこまれた感じが、何とも言えません。

子:「いいねえ」
妻:「水質は良くないのかしら。少し濁って見えるわね」
俺:「ああ。それでも、もっと間近で観瀑してみたいと、つくづく思ったわ」
娘:「それ、わかる」

首辺りまで水に浸かってでも覗いてみたい衝動に駆られます。

子:「もうちょっと拡大して?」
娘:「ラジャー!」

滝尻滝_その2
【滝尻滝・アップ】

子:「あああ、これはもっと滝の真正面に回り込みたい!」
俺:「わかる?」
妻:「このゴルジュって、滝が後退した痕でしょ」
俺:「そうやな」
娘:「なんかゴルジュの奥ほど、水が深そうだよ」
俺:「それなのよ」

そうなのです。
どう考えても、ずぶ濡れ上等のフル装備でないと、奥に行くのが躊躇われます。
そして仮に、フル装備で突っ込むと、ここだけで一日が終わっていまいそう。

俺:「ここだけを沢登りする計画だったら、思い切って突入したんだけどなあ」
妻:「一箇所だけなんて贅沢しちゃダメです」
俺:「ハイ。分かってます」
子:「そういう贅沢、地元民じゃないとムリだろ」
俺:「だよなあ」
娘:「遠方の滝って、こういうところが難しいよね」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示