FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

初めてのログ

子:「お父さん、ちょっといいですか」

ある日のこと。
次男君が随分と真剣な面持ちで、わたくしに頼みごとをしてきました。

俺:「どうした?」
子:「あのですね、ブログのことなんだけど……」
俺:「ブログ?」
子:「滝とか行ったときのログを公開できないですか?」
俺:「お?」

次男君が言うには、余所様のブログを開くと、滝までの行き方や、その足跡の詳細な履歴が載っているのに、我が家のブログにはそれが無いので、寂しいらしいのです。

俺:「お前ら、どう思う?」
娘:「我が家のワイワイ感が伝わればいいんじゃないの?」
妻:「でも、最近は、滝に行ってるの、お父さんばっかりよ」
娘:「…確かに」
妻:「あれね、ログくらいは載せてもいいんじゃないかしら」

ふむ。

ボンクラ沢不動滝_その1
ボンクラ沢不動滝(落差60m)概観】(愛知県豊根村富山『ボンクラ沢』

ボンクラ沢には、水神滝の下流に、不動滝がかかっています。

俺:「水神滝は落差65m。不動滝も60mもあるんだ」
妻:「連瀑なの?」
俺:「そうじゃない。けど、高瀑が密集しているのは間違いないね」
娘:「一気に130m近く水が駆け下りるって、凄いね」
俺:「そしてこれが、不動滝訪瀑時のログだ」

ボンクラ沢不動滝・GPSログ
【ボンクラ沢不動滝・訪瀑ログ】

娘&妻:「「おお」」
娘:「これがログ!」
子:「ログは分かるんだけど、こっちの赤い太線は何?」

ログによると、訪瀑時のわたくしは、斜面を横にトラバースしたことになっているのですが、
実際は、尾根上を移動していました。

娘:「つまり、太線が実際に歩いたルートってこと?」
俺:「あくまでもイメージだけどね」
子:「なるほど」
妻:「結構、ログが荒れてるわね」
俺:「まあ、谷底ほどGPS電波を拾い難くなるからな」
子:「で、お父さん、この赤点は何?」

赤い太線上にある丸点のことですね。

俺:「スズメバチの巣だ」
みんな:「「は?」」
俺:「恐らくは、モンスズメバチかクロスズメバチ」
みんな:「「……」」
俺:「倒木の洞に巣を作ってたわ」


間。


妻:「よく刺されなかったわね」
俺:「働きバチが警告に来たからな」
みんな:「「ああ…」」

ボンクラ沢不動滝_その2
【ボンクラ沢不動滝・下部】

俺:「何より、愛知県下で一番キレイな滝だった!」
娘:「ええ~? 阿寺の七滝の方が美しいよ」
妻:「そもそも、一番とか断言できるほど、愛知県の滝、行ってないでしょ」
子:「それはそうだねえ」
娘:「ホントだ……。5つ?」


……。


子:「今後の目標が決まったな」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

全然違う

以前から、その特異な沢名が気になって仕方がなかった「ボンクラ沢」

子:「不動滝があるところだったっけ」
俺:「そうや」

三遠南信道の鳳来峡I.C.から、佐久間湖に沿って走る極細の県道1号線を走行すること約2時間半。
途中、このすれ違い不可能な狭小路で、何度も対向ダンプカーと遭遇しました。

俺:「まったく死ぬ思いをしたわ」
妻:「なんで、そんなにダンプが走ってるの。砂防工事?」

地図上では新豊根発電所と記されている所から、引っ切り無しに土砂をたっぷり積んだダンプが出入りしているのです。

子:「ダムに堆積した土砂を運び出しているんじゃね?」
俺:「う~む」

それでなくても、富山(とみやま)地区から降りてくる車があって、全く気を抜けない県道1号線。
ようやくボンクラ沢上に架かる不動橋に到着した時、わたくし、既にグッタリしていました。

水神滝_その1
水神滝(落差65m)・概観】(愛知県豊根村富山 『ボンクラ沢』

娘:「うわ、キレイな滝じゃん」
妻:「でも、映像のコントラストがキツイ?」
子:「上部がよく見えないし。ちょっとアップしよう」

水神滝_その3
【水神滝・上部アップ】

子:「おお。落差だけじゃなくて、意外と奥行きもあるじゃんか」
娘:「デカイし」

完全沢装備で不動橋から入渓し、ゆっくり遡行すること約30分。
右岸から大岩が迫っている箇所を抜けると、一気に眼前が開け、ドーンと水神滝が目に飛び込んで来ます。

俺:「滝前が開けていて、直射日光が差し込むもんだから、どうしてもコントラストが強くなってしまうんや」

水神滝_その2
【水神滝・二段目アップ】

みんな:「「おお!!」」

娘:「これは凄いヒョングリ!」
妻:「キレイに跳ねてる」
娘:「ココが、この滝のハイライト!」

二段目のヒョングリを見た途端、ワッと盛り上がる我が家。

子:「全然ボンクラじゃないねえ


人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

大いなる神秘

中の滝と並ぶ巨瀑の「西の滝」

俺:「西の滝は、通常、落差200mとされている」
娘:「うん」
妻:「え? それって、中の滝とは50mだけしか差がないってこと?」
俺:「そうや」
妻:「それにしては、西の滝が低く見えるんだけど…」
俺:「そこなんだよ」
娘:「ホントだ……。100mくらいに見えるかも?」
子:「う~む。言われてみれば……」

西の滝_その1
西の滝(落差200m)・概観】(奈良県上北山村小橡 『東ノ川渓谷』

西の滝は、全部で6段あるとされています。

俺:「しかし、よく見えるのが、下の5段目と6段目だけなんだな」
妻:「これね」

実は、上部の1段目から4段目まではゴルジュ帯となっていて、
プロの沢クライマーしか拝むことができないらしいのです。

子:「確かに、上の狭隘なゴルジュに滝があるのが分かるわ」

西の滝_その2
【西の滝・上部】

完全に岩間に隠れた4段目が、およそ落差45m。
しっかりした滝壺を持っているらしい3段目が、落差25m。
もはや写真ではよく分からない2段目が、落差30m。
そして、最上の1段目が落差20mとのこと。

娘:「おお、見えないとこだけで、120mもあるじゃん!」
俺:「そうなのよ」
子:「半分以上が見えてないのか!」
妻:「中の滝以上の秘瀑じゃないの」

一説には、中の滝と同じ、落差250mあるとも云われており、
滝上部の余りのゴルジュっぷりに、未だに正確な落差が測られたことが無いようなのです。

子:「う~む。これは、大いなる神秘ロマンを感じさせるねえ」

西の滝_その3
【西の滝・最下段6段目】

俺:「しかも、今では、許可が無いと立ち入れない保護区域になってしまった」
娘:「プロじゃないんだから、どっちみち、行けない事に変わりはない」
俺:「やかましいわ!」

そして、この写真を撮影していた辺りから、急に空が曇り始めました。

俺:「もうね、三脚畳んだら、速攻で歩き出したね」

大台ヶ原ビジター・センターに着いて暫くすると、
一気にとんでもない雷雨に。

俺:「そういうワケで、道なき尾根を最短で踏破しました」
子:「それ、なんか嫌な予感がするんだが…」
俺:「はい。東の滝はパスしました~」
子:「またか! またそのパターンなのか!」

すみません。




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

スピード感

俺:「むう。どうするか……」

滝は一期一会。
この機会を逃せば、今度、いつ訪瀑できるのか見当もつきません。
しかし、天気予報を見れば、午後から辺り一帯は雷雨の予報。

俺:「雷雨は嫌だしなあ……」

以前、阿多野郷川東谷大滝で、嫌と言うほど体験した雷雨の怖さ。
あの再現だけは避けたいのです。

俺:「仕方ない。午前中の晴れ間に賭けてみるか!」

逡巡すること1時間。
結局、わたくし、
荷物を極限まで切り詰めて、晴れ間のスピード勝負に出ることにしたのでした。

中の滝_その1
中の滝(落差250m)上部遠望】(奈良県上北山村小橡 『東ノ川渓谷』

子:「うおっしゃあ、来た来た、中の滝だ!」
妻:「う~ん。これ、上半分しか写ってないわよ?」

そりゃまあ、スピード勝負でしたから、
いつものような、ベスト・ポジションを探してとか、ベスト・タイミングを待ってとか、そんなのは一切端折りました。
仕方がありません。

俺:「中の滝が見えたら、即行で三脚を立てて、撮影を開始したからな」
子:「やっぱ中の滝はスゲえな!」
娘:「なんか、もったいなくない?」
妻:「百選滝のクライマックスの一つなんだし、もうちょっと何とかならなかったの?」
俺:「そうやなあ……」

一応、下部も撮影を試みはしましたよ。

娘:「どれ?」
俺:「ホレ!」

中の滝_その2
【中の滝・下部遠望】

娘:「なんだ、木が邪魔してるじゃん」
子:「それでも、やっぱり凄いぞ!」
妻:「しかも、録音の質が悪いわ」

そりゃまあ、スピード勝負でしたから。

俺:「いつものバイノーラル録音だって、パスしたに決まってるだろう」
娘:「やっぱり、メッチャもったいない」
子:「いんや。そんこと、どうでもいいね!」
娘:「は? どうでもよくないことなんて、ないでしょ!」
子:「まずは、この日本離れしたスケール感を感じ取ろうゼ!」


間。


妻:「あなただけ、異様にテンションが高いわね」
娘:「あんたのお気に入りの滝だったっけ?」
子:「フ……」

わざとらしく前髪を掻き上げる次男君。

子:「オヤジ。この哀れな迷い人たちに、全体が分かる映像を見せてやって」
俺:「了解です」

中の滝&西の滝_その1
【中の滝(右)と西の滝(左)】

妻:「……」
娘:「ビミョ~」


間。


子:「なんか、スピード感溢れる写真だ……」






人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

最難関へ

弥山川コース登りだけの一歩通行
引き返すのは禁止されています。

俺:「コースの難易度が高過ぎて、危険だからな」

そうかと言って、脚力の衰えを感じている今のわたくしには、
日帰りで、狼平まで上がって、そこから下山用の尾根ルートを下るとか、
とてもムリだと思われます。

俺:「そこで、ショートカットすることにした」

つまり、土石流で流されてしまった河原小屋跡付近から、登山道の対岸に渡り、下りの尾根ルートに合流するバリエーション・コースを行くことにしました。

双門の滝_その3
双門大滝(落差70m)・概観】(奈良県天川村大字北角 『弥山川』

子:「やっぱスゲえ」
妻:「左岸の側壁が、恐ろしいくらい垂直ね」
娘:「どうやったらこんな崖ができるワケ?」
俺:「知らんがな」
兄:「なんで、こんなところに登山コース設ける気になったし」
子:「世にも稀な名瀑があるからだろ
兄:「……」
妻:「誰か、凄く情熱的な人が居たんでしょ」

一の滝・二の滝から双門大滝までは、垂直に水平に斜めに、ただひたすらにハシゴが続きます。

俺:「それだけじゃないぞ。すんげえ痩せ尾根とか…」
みんな:「「うんうん」」
俺:「鎖しかない垂直な岩場とかあるんだ」
娘:「うわ~」

見下ろせば、確実に「滑落=死」な高さ。

子:「さすがは百選の滝・最難関だねえ」
娘:「ねね、岩場、怖かった?」
俺:「むう。どうだろう」

ただ、鎖などの補助具が、よく考えられた場所にあるので、
「岩場の基本・三点支持」が出来ていれば、何も恐れる必要はありません。

俺:「むしろ、木の根で覆われた痩せ尾根の方が怖かったな」
兄:「わかる。木の根って、滑るからな」

双門の滝_その4
【双門大滝・落口アップ】

そういう難コースにもかかわらず、
当日は、何組もの登山者と出会いました。

俺:「最初の若者パーティーは、途中で川に降りて、水着になってウォーター・スポーツしてた」
兄:「ほう」
娘:「えーっと、なにそれ」

難コースな上に、
大概の方は、狼平まで上がるか、
“下り禁止にもかかわらず”、双門大滝で引き返すからでしょう。

俺:「まさか、あんな隠れスポットへ水泳&BBQに来るとか、相当の策略家だ」
子:「静かな大自然を独占…… いいなそれ」
俺:「ああ。透明なエメラルド色の川を独り占め」
妻:「凄い贅沢ね」
兄:「新しいアウトドア・スタイルなのか、それとも変人か」
娘:「ちょっとウラヤマシイ」
子:「…変人が?」
娘:「ちがう!」

あと、わたくしを追い越して、狼平まで登るパーティーが一組。
その他の三組は、双門大滝で引き返して行きました。

双門の滝_その5
【双門大滝・下部アップ】

双門大滝の観瀑テラスで英気を養うこと、約1時間。
そのあと、ショートカット・ルートを目指して、河原小屋跡へ向かいます。

俺:「でな、河原小屋跡までが、これまた結構な難ルートなんだ」

流石に、垂直や水平なハシゴこそ無くなりましたが、
引き続き、緊張を強いられるような道が続きます。

俺:「精神的には、双門大滝までの行きルートと同じくらい疲弊した」
妻:「だから、双門大滝で引き返す人がいるんだ」
俺:「そうだと思う」
子:「なるほどねえ」

ただ、わたくしとしては、滑落リスクを極力減らしたいので、
粛々と河原小屋跡へ向かいます。

俺:「結局、それで大正解だったんだな、これが」
子:「ほう」
兄:「ほう」
娘:「ねね、そこんとこ詳しく!」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示