FC2ブログ
02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

マスター?

人だらけの雲井の滝をちょっとだけ観瀑すると、直ぐに双竜の滝への巻き道を探し始めます。

俺:「確か、雲井の滝の下流左岸にあったハズだよな」

お気軽な服装の観光客に混じって、わたくし一人だけ、本気モードのアウトドア・スタイル。
滅茶苦茶浮きまくりですが、松見の滝・観瀑から戻ってきたばかりで、着替える気力も時間もないですし、腹を括るしかありません。

俺:「あれあれ? 双竜の滝へ行くのは俺だけ?」

「一人だけ、アウトドア・スタイル!」の功徳でしょうか。
団体観光客だらけの雲井の滝と違って、急に人気(ひとけ)が無くなりました。

双竜の滝_その1
双竜の滝(落差30m)全景】(青森県十和田市『奥入瀬川支流・養老沢』


子:「ほう。なかなか好い滝じゃないか」
俺:「そうだろう」

柱状節理が剥き出しになった断崖を、滝壺まで一切壁に触れることなく落水する、いわゆる「完璧な直瀑」です。

子:「美しいぜ。百四丈の滝を彷彿とさせるねえ」
娘:「でも、百四丈の滝と違って、滝姿がカーテン状に広がってくじゃん」
俺:「まあな」
妻:「そこら辺が、双竜のネーミングの由縁じゃない?」
子&娘:「「あ~」」
妻:「きっとあれよ。水量が少なくなると、完璧な双竜の姿になるのよ」

う~む。どうなんでしょう。
こればっかりは、減水期に来てみないと何とも言えません。

娘:「じゃあ、冬が近づいたらさ…」
妻&俺:「「それは絶対ムリ!」だから!」

双竜の滝_その2
【双竜の滝・アップ】

俺:「個人的には、この双竜の滝こそ、奥入瀬川渓流の白眉だと思う」
娘:「じゃあ、なんで人が来てなかったの?」

それは、雲井の滝から双竜の滝への巻き道が本格的にヤバいからです。

妻:「ヤバいって?」
俺:「まず、巻き道の出だしが、国道102号線の20mほど上を歩く落石厳禁地帯だからだ」

落石なんか起こしたら、あっと言う間に刑事事件でしょう。
「双竜の滝・巻き道」などの表示が一切無いのは、その為かも知れません。

俺:「さらに、巻き道が本格的に荒れていて、山慣れない人や素人さんは谷底に滑落しかねない」

巻き道が国道から離れて養老沢沿いになると、今度は、倒木やら斜面の崩れやらで道が荒れていて、フッと気を抜くと、足下30mの谷底へ滑落してしまいます。

子:「あ~、クロックスなんか履いた観光客にはムリだ」
俺:「そうなのよ」
娘:「でもさ…」
俺:「何だよ」
娘:「やっぱり、お父さんの本格アウトドア・スタイルが、全てだと思うよ」

なんだそりゃ?

子:「あ~、分かるわ。あの余人を寄せ付けない感じ」
妻:「何も考えずに跡をついていったら、大変なことになるオーラがムンムン」
娘:「でしょ! そう考えると、お父さんってプロじゃない?」
俺:「はあ?」
子:「確かに、アマチュアからは逸脱してるねえ」
娘:「なんか、マスター?って感じ」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

御嶽山の滝へ

子:「で、なぜか愛知じゃなく、長野県の滝に行ったって?」

そうなのです。
済まない。

百間滝@御嶽山_その1
百間滝(落差50m)全景】(長野県木曽町三岳『白川』

以前、岐阜県の乙女渓谷にかかる夫婦滝を訪瀑したことがあります。

娘:「あたし、覚えてるよ」
俺:「そう。御嶽山が噴火した時な」

行きと違って、何となく騒然とした雰囲気の帰り道だったのですが、
帰宅してみてビックリ!
御嶽山が噴火し、大変なことになっていました。

子:「確かに、あれはビビったね」

それ以来、何となく足が遠のいてしまっていたエリア。
しかし今回、改めて、前から気になっていた御嶽山系の滝を訪瀑することにしたのです。

俺:「で、これがログでございます」
子:「おう、百間滝じゃんか!」

百間滝@御嶽山・GPSログ
【百間滝@御嶽山・GPSログ】

俺:「国土地理院の地図だと、百間滝の位置が間違っているらしいのだ」
妻:「どういうこと?」

GPSログにある地図上の百間滝の位置には、実は「雄蝶の滝」という直瀑がかかっています。
本当の百間滝は、その上流にある滝なのです。

子:「確かに、上流にでっかい滝マークがある」
娘:「ホントだ」
俺:「グーグル・マップだと、その正しい位置に百間滝があるんだけどね」
妻:「へえ」

百間滝@御嶽山_その2
【百間滝・滝壺アップ】

子:「うむ。キレイな直瀑だけど、思ったより滝壺が浅いか」
俺:「上流の浸食が激しいんだと思われる」
娘:「でも、お父さんの好きそうな滝だよね」
妻:「直瀑でも、瀑水がこんなにキレイに宙を飛んでる滝って、なかなか無いから」

そうなのです。
実際、滝見場で1時間くらいゆっくりしました。

子:「下部の岩肌が赤いのは、間違いなく温泉成分だねえ」
妻:「いろどりがあって良いじゃない」
娘:「それはそうかも」
子:「間違いなく、御嶽山系を代表する名瀑布だよ」
俺:「ウム」

久々に、滝らしい滝を堪能しました。




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

感謝です

俺:「ここもかよ……」

そうなのです。
またまた、滝へのアプローチ道路が、自然災害復旧工事のため、
時間帯毎に交通規制されていました。

俺:「これで滝前が荒れていたら、もう泣くしかねえな」

もう、ほぼ諦めて、覚悟を決めていたわたくしでした。
ところが!

宇嶺の滝_その1
宇嶺の滝(落差70m)・全景】(静岡県藤枝市瀬戸ノ谷 『宇嶺沢』

子:「これはアタリだ!」
娘:「キレイな直瀑!」
妻:「これぞ、静岡の名瀑って感じね」

あまりの素晴らしさに、滝前に立った時、
わたくし、何度もガッツポーズしてしまいました。

俺:「そうだろそうだろ」

写真や映像からも、その素晴らしさが伝わるのでしょう。
家族も大絶賛です。

兄:「ようやく滝らしい滝が来たか」

宇嶺の滝_その2
【宇嶺の滝・落口付近アップ】

子:「落口の奥にもゴルジュが続いているぜ」
娘:「ねね、小滝が幾つもありそう」
子:「宇嶺の滝が、連瀑帯のトリを務めてるってワケか!」
兄:「これはロマン」
妻:「…そうなの?」

あ、いや、
落口の上流部は地形的にかなり厳しくて、
そこまで確認できませんでした。

俺:「美瀑に辿り着けた感激で、それどころじゃなかったし」

宇嶺の滝_その3
【宇嶺の滝・中段部アップ】

娘:「涼しげだね~」
子:「お母さん、こういうの好きでしょ」
妻:「そうね。真夏の納涼向きかも」

ちなみにわたくし、交通規制の時間帯に合わせるためもあって、
滝前で2時間ほど、
納涼を兼ねて、瞑想させて頂きました。

俺:「至福だったわ」
兄:「瞑想って…寝てただけじゃね?」

む。

子:「……」
娘:「……」
妻:「……」

とまれ!

宇嶺の滝
この百選級の良瀑に出会えたことに感謝です




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示