FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

日本離れ

俺:「スゲー! 日本離れしてら」

わたくし、遂に東北の難関「百選の滝」、『松見の滝』前に立ったのでした。

松見の滝_その2
松見の滝(落差90m)概観】(青森県十和田『黄瀬川』

支流・黄瀬川が奥入瀬川に流入する辺りに、松見の滝・観瀑者向けと思われる駐車スペースがあります。

俺:「朝早いのに、地元の軽トラが止まってるな……」

そこに駐車すると、いよいよ片道4時間近い林道歩き。
熊対策として撃退用スプレーと熊鈴2個をセットすると、ゲート脇をすり抜けて林道に入ります。

俺:「あれ? なんでこんなところに自転車が?」

途中、いかにもママチャリといった感じの自転車が、川辺に止めてありました。
よく見ると、色々と釣り関係の道具が積んであるようです。
恐らくは、先ほどの軽トラ持ち主さんではないでしょうか。

俺:「釣り師か。こんな早朝から、こんな奥地まで自転車持ち込みなんて、スゲー執念やな」

松見の滝_その3
【松見の滝・アップ】

子:「いやいや、釣り師から見たら、親父こそストーカーだから!」
俺:「は?」
娘:「わざわざ重い撮影機材背負ってるしね」
妻:「でも、ストーカーとかは酷いんじゃないの?」
娘:「せめて滝狂いだよね」
妻:「もっと酷いじゃない……」

久々にバイノーラル録音にて長時間動画を撮影したので、その映像を皆で楽しみながら、わたくしが折々に解説を入れて行きます。

俺:「あと、途中で民間会社の私有地を通らせて頂くんだけどな」
みんな:「「うん」」
俺:「管理人と思われる人が、猟犬を2匹連れて見回りしてたのには驚いた」
娘:「猟犬?」
俺:「おう。でっかいオオカミみたいでビビるで!」
子:「熊か。 熊対策なんだろ?」

道中、2回熊と接近遭遇しましたので、確かに熊対策というのはあるでしょう。

俺:「でも、こちらの担いでいた三脚をジーッと見てたから、違法な釣りや採取を取り締まってたんだと思うぞ」
妻:「釣具かどうか、見られてたってコト?」
俺:「そう。威圧感が半端なかったぜ」
子:「国立公園だからねえ」

でもまあ、見れば滝見に来たことがすぐに分かる格好でしたから。

妻:「いえいえ。沢靴に渓流用スパッツにヘルメット。これでカメラと三脚がなければ、間違いなく釣り師ね」
子:「言われてみれば、オヤジみたいな本格的滝見って、釣り師と区別が付かねえ」
娘:「ホントだ」


……。


松見の滝_その4
【松見の滝・アップ】

俺:「滝もスゲえんだが、周りの景観に圧倒されたね」
子:「火山性の渓谷だっけ」
俺:「そうや」
娘:「柱状節理?」
俺:「そうや」

わたくしが見たのは滝周りの景観だけですが、
実は、滝の下流からずっと、見事な柱状節理の断崖が続くのだそうです。

俺:「あまりに周りが凄いので、最初、滝の落差が60m位に見えたんだけどな」
みんな:「「うん」」
俺:「滝に近づいたら、全てが日本離れしたスケールだったことに気がついた」
妻:「なんか凄いわね」

近づけば近づくほどに、自分の小ささが実感されます。

娘:「ねえ、なんかそれ、どっかで聞いたことある」
子:「三重の大杉谷と似てね?」
娘:「それだ!」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

それは枝滝

壇鏡の滝は、雄滝が本滝で、雌滝が枝滝にあたるかと思います。

俺:「雄滝の方は、拝殿があって美しかったんだがな」
娘:「うん」
俺:「雌滝は何だか建物の裏側にかかってる感じでさ」
子:「ふむ」
俺:「陶器の破片とかが散らばってて、汚い印象だったんだよ」
妻:「そうなの」
娘:「写真だと、あんまし分かんないけど……」

壇行の滝・雌滝_その1
壇鏡の滝・雌滝(落差35m)概観】(島根県隠岐の島町那久)

そして、国土地理院の地図によると、雌滝の上流には、さらに大きな滝がかかっているようなのです。

俺:「ひょっとすると、滝としては、上流の方が本命かも知れないんだがな」
子:「あれか、行くだけの時間が無かったってか?」
俺:「まあな」
娘:「日帰りじゃなくて、ちゃんと一泊すればいいのに」

だからそれだと、お金がかかって大変なんですってば。

俺:「それに、その上流の滝は、百選じゃないから」
妻:「つまり、観瀑の優先順位は下がるワケね」
俺:「そういうこと」

壇行の滝・雌滝_その2
【壇鏡の滝・雌滝・上段部】

俺:「まあ、写真で見ると、悪い滝ではないんだがなあ」

でも、滝壺も滝周りも、ちょっと汚い感じがあって残念でした。
地図上では上流に本命っぽい大滝があるようで、そこもまた残念なところ。

子:「雌滝も、岩が火山性だから、見た目は独特だけどな」
娘:「直瀑じゃないから、雄滝と比べると、やっぱり見劣りするし」

やはり、雌滝は、枝滝という位置づけなのでしょう。




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

離島の滝

夏が初まったばかりの頃です。

娘:「ねね、百選の中で一番有名な滝って、どれだろ?」
子:「条件によって変わるけど、順当に行けば三大瀑布じゃね?」
妻:「そうね」

華厳の滝
袋田の滝
那智の滝


娘:「じゃあ、その条件を変えたら?」
子:「例えば、三大難関滝とか?」

茶釜の滝
双門の滝
御来光の滝


娘:「これ、いいね!」
子:「あと、三大行き難い滝とか」

壇鏡の滝
大川の滝
マリュドゥの滝


妻:「えっと、これはどういう基準の滝なの?」
子:「離島の滝」
娘:「あ~」
妻:「確かに、それは行き難いわ」
俺:「フム」

ふむ……。

壇行の滝・雄滝_その2
壇鏡の滝・雄滝(落差40m)上段部】(島根県隠岐郡隠岐の島町那久)

ということで、チャレンジしてみました、壇鏡の滝

俺:「車で行くとフェリー代が高くなるので、島に渡ってからレンタカー」
娘:「へえ」
俺:「荷物は最小限」
妻:「でしょうね」
俺:「究極の弾丸日帰りツアー!」
子:「ほほう」

正確に言うと、隠岐の島に滞在するのが“日帰り”。
島根県の港までは車で行き、当然、道の駅で車中泊。

壇行の滝・雄滝_その1
【壇鏡の滝・概観】

妻:「水量が少なくない?」
子:「まあ、離島やし」
娘:「でも、これ、お天気、雨だよね?」
子:「だから離島やし」

むしろ、こんな小さな島に、こんな立派な滝がかかっていること自体が、奇跡なのではないでしょうか。

俺:「まあ、美しい滝やった」
子:「正統派の直瀑だよねえ」
娘:「これで、もうちょっと青空だったり、水量が多かったりすれば良かったのに」

そこはそれ、一期一会ですから。
特に、遠方の滝は運頼み。

俺:「しかし、それでも隠岐の島のクライマックスではあるぞ」
娘:「マジ?」
子:「いや、異議あり」

そこに、いつものバイブルを引っ張り出してくる次男君。

子:「ほら、見て。隠岐の島は、美瀑・高瀑の宝庫なのだ」
娘&妻:「「!!」」

あ、いや、それは……。
あまり期待しないで欲しい。




人気ブログランキング
こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

哀しいね

俺:「金引の滝に行ってみて、もう一つガッカリしたことがある」
娘:「何?」
俺:「さらに二つの衛星滝が、『観光』の犠牲になってるんだな」
子:「あ~、そういうことかあ」

白竜の滝_その1
白竜の滝(落差5m)・全景】(京都府宮津市字滝馬)

俺:「まず、この白竜の滝金引の滝の直ぐ手前にあるんだけど…」
みんな:「「うん」」
俺:「すぐ横が遊歩道なんだ」
みんな:「「あ~……」」

白竜の滝の直ぐ側には「北向地蔵尊」の小さな祠があって、
滝前にはベンチまで置かれているのですが……。

妻:「落口の向こうに遊歩道が見えちゃってるじゃない」
俺:「そうなのよ」
子:「ベンチに座る意味、無くね?」
娘:「見事に、滝がやられちゃってる」

臥龍の滝_その1
臥龍の滝(落差5m)・概観】(京都府宮津市字滝馬)

こちらの臥龍の滝は、右岸側壁上がそのまま遊歩道。

妻:「で、遊歩道から撮影したってワケ?」
俺:「そや」
子:「ゴルジュっぽい、いい感じなのに」
娘:「ねね、滝下から撮影できなかったの?」

遊歩道を下ったところから渓流に入れば、
恐らく簡単に撮影できるものと思われます。

俺:「だがな、そのためだけに靴を濡らす必要性を感じなかったのさ」
妻:「え? あなた、沢靴履いてたんじゃないの?」

それはもちろん、履いてました。

俺:「沢靴って言ったって、濡れれば気持ち悪いのは同じだから」
妻:「あ~……」
娘:「つまり、その程度の価値も感じなかった…」
俺:「そうや」

しかも、本来、本瀑の金引、衛星瀑の白竜臥龍の三滝をまとめたものを「金引の滝」と総称するのだそうです。

妻:「言われないと、誰も、そうは思わないんじゃない?」
娘:「だよね」
子:「哀しいね」
俺:「ああ」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

これもか!

関西圏の百選滝ながら、長らく“放置”したままだった
京都府にある金引の滝

娘:「なんで行ってなかったの?」

それは、わたくし自身が、金引の滝にあまり魅力を感じていなかったというのが、最大の理由でしょう。

妻:「具体的に言うと?」
俺:「そうやなあ……」

第一に、滝の魅力と言うよりは、天橋立観光の一環としての位置づけの方が、大きく感じられること。

子:「あれか!木曽の男滝女滝みたいな感じか!」
俺:「そうそう。滝はオマケや」
妻:「確か、馬籠宿と妻籠宿を結ぶ、中山道観光の一環だった滝ね」
俺:「その通り」
娘:「ナルホド、思い出しました」

第二に、「日本を代表する観光地には、必ず、百選滝があるべき」みたいな、選考上の(我が家にとってはどうでもいい)基準が見え隠れすること。

俺:「あれだよ。『富士山白糸の滝あり!』みたいな」
子:「ああ、あのトイレ臭漂う滝!」
俺:「それそれ」
娘:「ゲンナリだったよね」
妻:「滝自体は凄いのに」

こう、
「観光」という美名の下、滝の存在感がスポイルされている感じですね。

子:「ふむ。で、実際の金引の滝の映像は?」
俺:「これだ」

金引の滝_その1
金引の滝(落差40m)・概観】(京都府宮津市滝馬)

妻:「悪くはないわ」
娘:「キレイだとは思うよ」

金引の滝_その3
【金引の滝・右岸側から】

娘:「でもなあ……」
子:「何かもの足りない」

皆:「「だね~」」

俺:「そこでだ」
皆:「「うん」」
俺:「主役、天橋立要素が登場するのさ!」
皆:「「おお!!」」
子:「これも、『合わせ技、一本!』だったか!」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示