FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

滝の恥

俺:「こ、これは!」

美しい直瀑の雄滝と比べて、複合瀑布であるらしい「雌滝」
何と言うか、“見応えの無さ”が際立ちます。

竜頭ヶ滝・雌滝_その1
龍頭ヶ滝・雌滝(落差30m)正面】(島根県雲南市掛合町松笠『滝谷』

雄滝のすぐ下流にある雌滝
正面に立ってはみるものの、最後の一段が見えるだけで、あとは岩や樹木に隠されてしまっています。

俺:「いやあ、見応えが無さ過ぎじゃねえの?」

この雌滝百選滝に含まれているワケですから、このままじゃ納得できません。
どこかもっと全景が見渡せるポイントがないか探します。

俺:「もう一度、落口辺りまで登ってみるか」

せっかく降りてきた山道ですが、
滝の上部を目指して、登り返すことにしたのでした。

竜頭ヶ滝・雌滝_その2
【龍頭ヶ滝・雌滝・落口】

子:「滝の全景を見るのに、なんで落口へ戻ったし?」
娘:「雌滝下流の左岸や右岸の崖上から、とかダメだったの?」

まあ、観光の滝ってことで、カメラと三脚しか持って行きませんでしたし、
辺りは観光客だらけでしたので。

妻:「確かに、シルバー世代の皆様の中に、ただ一人、重装備ヘルメットじゃ、違和感だらけだわ」
俺:「分かってくれる?」
娘:「ちょっと待って。滝の恥はかき捨てじゃなかったの?」
俺:「は? なんだそれは!」
子:「あれだね。滝へ行ったって知り合いもいないし、長く滞在するワケでもないから、恥をかいてもその場限り」
俺:「え」

「一期一会」ってことで考えれば、その通りなのかも知れませんが、
この龍頭ヶ滝では、わたくし、それをする勇気はありませんでした。

俺:「だって考えてもみろよ。観光客だらけってことは、絶対に落石とか起こしちゃダメなんだぜ?」
妻:「リスクが高すぎるわ」
子:「ま、そうか」
娘:「ま、そうだよね」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック
tb: 0 |  cm: 0
go page top

帰路は登り

「龍頭八重滝」と称される、島根県の「百選の滝」

俺:「最近まで、これが『八重滝』『龍頭ヶ滝』の合わせ技で「百選」だったことを知らなかったんだよ」

「龍頭ヶ滝」は、雄滝雌滝の二滝で構成され、
「八重滝」は、八汐滝八塩滝姫滝姥滝河鹿滝紅葉滝滝尻滝猿飛滝の八滝で構成されています。

子:「そう書いてあるじゃん」

いつものバイブルを開いて宣う次男君。

娘:「お父さん読んでないでしょ。明らかに読んでないよね」
俺:「いや~済まない」

だって、遠方の滝って、行くつもりになって調査しないと、あまり記憶に残らないじゃないですか。

娘:「お父さん、滝への愛が薄らいでない?」
俺:「む。そんなことはないぞ」
子:「龍頭八重滝が、親父にとっては雑魚滝だっただけじゃね?」
娘:「ええー?百選だよ?」
俺:「むむむ」

娘の鋭いツッコミに、わたくし、たじたじ。

龍頭・雄滝_その1jpg
【龍頭ヶ滝・雄滝(落差40m)全景】(島根県雲南市掛合町松笠『滝谷』

龍頭ヶ滝はかなりの人気のスポットなので、早朝、誰もいない頃合いを狙って訪瀑してみました。

俺:「しかし世間は甘くなかった。プロっぽいカメラマンが、既に雄滝前を占拠してたわ」
子:「おおう」
妻:「あらら」

カメラマン氏の背後で三脚をセットし、いつでも入れ替われるよう待機すること15分。
遂にわたくしの出番が回って来ました。

娘:「それって、お父さんの威圧に根負けしただけじゃ…」

龍頭・雄滝_その2jpg
【龍頭ヶ滝・雄滝・落口アップ】

しかし、わたくしの撮影時間も15分しかありませんでした。

子:「頑張って早朝に来て、わずか15分って」
俺:「そうなのよ」
娘:「人気の滝って、動画撮影の難所だよね」
俺:「俺が車を駐めたのは、滝の上流にある『滝の上駐車場』って所だったんだけどな」
娘:「うん」
俺:「だだっ広い駐車場に俺の車しかなかったんで、もっと長時間撮影できると思ってたんだ」
妻:「なるほど」

ところが、滝の下流側からやってきたシルバー世代の団体様。
下流側は進入道路が狭い上に、車も15台しか駐められないと聞いていたので、これは想定外。
しかも、一団体ではなくて、次から次へとやって来るではないですか。

妻:「シルバーの皆様には、帰りが登り坂だと辛いんじゃないの?」
娘:「あ~ナルホド」
子:「そりゃ~無理してでも下流側から来るか」

言われてみれば、
あの坂を帰路で登るのは、かなりキツかったっけ。

龍頭・雄滝_その3jpg
【龍頭ヶ滝・雄滝・滝壺アップ】

娘:「なら、あたし達が行くときは、帰りが楽な下流側の駐車場だね」
子:「行く時なんか無いんじゃね?」
妻:「ぜひ、あなたのお小遣いを貯めて行ってね」
娘:「お父さん、登り道、ご苦労さまでした」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

日本離れ

俺:「スゲー! 日本離れしてら」

わたくし、遂に東北の難関「百選の滝」、『松見の滝』前に立ったのでした。

松見の滝_その2
松見の滝(落差90m)概観】(青森県十和田『黄瀬川』

支流・黄瀬川が奥入瀬川に流入する辺りに、松見の滝・観瀑者向けと思われる駐車スペースがあります。

俺:「朝早いのに、地元の軽トラが止まってるな……」

そこに駐車すると、いよいよ片道4時間近い林道歩き。
熊対策として撃退用スプレーと熊鈴2個をセットすると、ゲート脇をすり抜けて林道に入ります。

俺:「あれ? なんでこんなところに自転車が?」

途中、いかにもママチャリといった感じの自転車が、川辺に止めてありました。
よく見ると、色々と釣り関係の道具が積んであるようです。
恐らくは、先ほどの軽トラ持ち主さんではないでしょうか。

俺:「釣り師か。こんな早朝から、こんな奥地まで自転車持ち込みなんて、スゲー執念やな」

松見の滝_その3
【松見の滝・アップ】

子:「いやいや、釣り師から見たら、親父こそストーカーだから!」
俺:「は?」
娘:「わざわざ重い撮影機材背負ってるしね」
妻:「でも、ストーカーとかは酷いんじゃないの?」
娘:「せめて滝狂いだよね」
妻:「もっと酷いじゃない……」

久々にバイノーラル録音にて長時間動画を撮影したので、その映像を皆で楽しみながら、わたくしが折々に解説を入れて行きます。

俺:「あと、途中で民間会社の私有地を通らせて頂くんだけどな」
みんな:「「うん」」
俺:「管理人と思われる人が、猟犬を2匹連れて見回りしてたのには驚いた」
娘:「猟犬?」
俺:「おう。でっかいオオカミみたいでビビるで!」
子:「熊か。 熊対策なんだろ?」

道中、2回熊と接近遭遇しましたので、確かに熊対策というのはあるでしょう。

俺:「でも、こちらの担いでいた三脚をジーッと見てたから、違法な釣りや採取を取り締まってたんだと思うぞ」
妻:「釣具かどうか、見られてたってコト?」
俺:「そう。威圧感が半端なかったぜ」
子:「国立公園だからねえ」

でもまあ、見れば滝見に来たことがすぐに分かる格好でしたから。

妻:「いえいえ。沢靴に渓流用スパッツにヘルメット。これでカメラと三脚がなければ、間違いなく釣り師ね」
子:「言われてみれば、オヤジみたいな本格的滝見って、釣り師と区別が付かねえ」
娘:「ホントだ」


……。


松見の滝_その4
【松見の滝・アップ】

俺:「滝もスゲえんだが、周りの景観に圧倒されたね」
子:「火山性の渓谷だっけ」
俺:「そうや」
娘:「柱状節理?」
俺:「そうや」

わたくしが見たのは滝周りの景観だけですが、
実は、滝の下流からずっと、見事な柱状節理の断崖が続くのだそうです。

俺:「あまりに周りが凄いので、最初、滝の落差が60m位に見えたんだけどな」
みんな:「「うん」」
俺:「滝に近づいたら、全てが日本離れしたスケールだったことに気がついた」
妻:「なんか凄いわね」

近づけば近づくほどに、自分の小ささが実感されます。

娘:「ねえ、なんかそれ、どっかで聞いたことある」
子:「三重の大杉谷と似てね?」
娘:「それだ!」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

それは枝滝

壇鏡の滝は、雄滝が本滝で、雌滝が枝滝にあたるかと思います。

俺:「雄滝の方は、拝殿があって美しかったんだがな」
娘:「うん」
俺:「雌滝は何だか建物の裏側にかかってる感じでさ」
子:「ふむ」
俺:「陶器の破片とかが散らばってて、汚い印象だったんだよ」
妻:「そうなの」
娘:「写真だと、あんまし分かんないけど……」

壇行の滝・雌滝_その1
壇鏡の滝・雌滝(落差35m)概観】(島根県隠岐の島町那久)

そして、国土地理院の地図によると、雌滝の上流には、さらに大きな滝がかかっているようなのです。

俺:「ひょっとすると、滝としては、上流の方が本命かも知れないんだがな」
子:「あれか、行くだけの時間が無かったってか?」
俺:「まあな」
娘:「日帰りじゃなくて、ちゃんと一泊すればいいのに」

だからそれだと、お金がかかって大変なんですってば。

俺:「それに、その上流の滝は、百選じゃないから」
妻:「つまり、観瀑の優先順位は下がるワケね」
俺:「そういうこと」

壇行の滝・雌滝_その2
【壇鏡の滝・雌滝・上段部】

俺:「まあ、写真で見ると、悪い滝ではないんだがなあ」

でも、滝壺も滝周りも、ちょっと汚い感じがあって残念でした。
地図上では上流に本命っぽい大滝があるようで、そこもまた残念なところ。

子:「雌滝も、岩が火山性だから、見た目は独特だけどな」
娘:「直瀑じゃないから、雄滝と比べると、やっぱり見劣りするし」

やはり、雌滝は、枝滝という位置づけなのでしょう。




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

離島の滝

夏が初まったばかりの頃です。

娘:「ねね、百選の中で一番有名な滝って、どれだろ?」
子:「条件によって変わるけど、順当に行けば三大瀑布じゃね?」
妻:「そうね」

華厳の滝
袋田の滝
那智の滝


娘:「じゃあ、その条件を変えたら?」
子:「例えば、三大難関滝とか?」

茶釜の滝
双門の滝
御来光の滝


娘:「これ、いいね!」
子:「あと、三大行き難い滝とか」

壇鏡の滝
大川の滝
マリュドゥの滝


妻:「えっと、これはどういう基準の滝なの?」
子:「離島の滝」
娘:「あ~」
妻:「確かに、それは行き難いわ」
俺:「フム」

ふむ……。

壇行の滝・雄滝_その2
壇鏡の滝・雄滝(落差40m)上段部】(島根県隠岐郡隠岐の島町那久)

ということで、チャレンジしてみました、壇鏡の滝

俺:「車で行くとフェリー代が高くなるので、島に渡ってからレンタカー」
娘:「へえ」
俺:「荷物は最小限」
妻:「でしょうね」
俺:「究極の弾丸日帰りツアー!」
子:「ほほう」

正確に言うと、隠岐の島に滞在するのが“日帰り”。
島根県の港までは車で行き、当然、道の駅で車中泊。

壇行の滝・雄滝_その1
【壇鏡の滝・概観】

妻:「水量が少なくない?」
子:「まあ、離島やし」
娘:「でも、これ、お天気、雨だよね?」
子:「だから離島やし」

むしろ、こんな小さな島に、こんな立派な滝がかかっていること自体が、奇跡なのではないでしょうか。

俺:「まあ、美しい滝やった」
子:「正統派の直瀑だよねえ」
娘:「これで、もうちょっと青空だったり、水量が多かったりすれば良かったのに」

そこはそれ、一期一会ですから。
特に、遠方の滝は運頼み。

俺:「しかし、それでも隠岐の島のクライマックスではあるぞ」
娘:「マジ?」
子:「いや、異議あり」

そこに、いつものバイブルを引っ張り出してくる次男君。

子:「ほら、見て。隠岐の島は、美瀑・高瀑の宝庫なのだ」
娘&妻:「「!!」」

あ、いや、それは……。
あまり期待しないで欲しい。




人気ブログランキング
こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示