FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

その時…

目的の「熊川不動滝」は、釜ヶ滝のすぐ下流にかかっています。

俺:「しかし、う~む。これは無理かなあ」

実は、ものの本『ぐんま滝めぐり90選』には、ロープ無しでも、何とか滝前に辿り着けそうな紹介文が載っていたのです。

俺:「滝前までのクライムダウンはいいとしても…」

釜ヶ滝から熊川左岸沿いに、傾斜の緩い箇所が続いています。
そこを辿れば、確かに、何とか行けないことも無さそうなのです。

俺:「でも、今日はロープとか置いてきたからなあ」

しかし、この緩傾斜面、最後の7~8mくらいが、ストーンと垂直に落ち込んでいて、ここの登り返しには、どう見ても30mロープが必要でしょう。
迂闊に行って、帰ってこれなくなったりしたら、それこそ大変。

俺:「仕方がない。とりあえず、近づけるだけ近づいてみるか」

熊川不動滝_その1
熊川不動滝(落差30m)・上段】(群馬県吾妻郡長野原町応桑 『熊川』

そうして撮影したのが、上の写真です。

子:「だが、上段しか写ってないってどうよ」

熊川不動滝は、途中、流身が「くの字」に折れ曲がっています。
今回、撮影できたのは、その折れ曲がる前の上段部分のみ。

俺:「仕方ねえだろ。ロープも無い、ハーネスも無いじゃ、危険は犯せん」
娘:「でも、もうちょっとくらい、滝壺を覗けなかったの?」
俺:「いやいや、コレでも、結構無理してるの!」
娘:「え~?証拠は?」
俺:「見よ。これが普通に撮った写真である!」

熊川不動滝_その2
【熊川不動滝・落口付近】

娘:「あ~」
子:「こりゃ、紛うことなきスマホ写真だ」
妻:「でも、この崖っぷち振りじゃ、スマホでも仕方がないわよ」

ですよね。
三脚を立てて…とか、まず不可能でしたから。

子:「まあ、却って秘境の滝っぽく写ってるんで、これもアリ?」
妻:「そうねえ」
俺:「だがな、いつか滝前に立つことがあれば、その時はちゃんとカメラを使ってやるぜ」
娘:「ねね、その時って、いつ?」


うむ……




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

スマホの効用

地図上、熊川には下流にも、結構、滝がかかっているようです。
件の『ぐんま滝めぐり90選』の写真を眺めていると、
その中でも、特に「熊川不動滝」というのが気になりました。

俺:「いかにも秘瀑っぽいじゃないか」

国土地理院地形図で確認すると、「熊川不動滝」には名前が入っていません。
むしろ、そのすぐ下流にある滝に「千ヶ滝」と名前が入っていて、
こちらが主役っぽい。

俺:「連瀑帯やな」

早速、地形図を頼りに熊川左岸の廃道を進むと、
川床が見える、傾斜の緩くなった沢型を下って、熊川に降りました。

そしたら!

俺:「おお、地図に無い滝を発見!」

釜ヶ滝@熊川_その1
釜ヶ滝(落差4m)・全景】(群馬県吾妻郡長野原町応桑 『熊川』

娘:「写真が粗くない?」

わたくし、この滝を見つけた時、
当然の如く無名滝だと思っていました。

俺:「なので、手持ちのスマホでササッと撮ってオシマイ」
娘:「だからか」

ところが、家に帰ってきてから色々と調べてみると、
熊川が結構有名な「滝どころ」であり、
この滝にも、「釜ヶ滝」という立派な名があることがわかったのです。

子:「もったいないねえ」
俺:「仕方ない。所詮、記録用のスマホだし」
妻:「でも、予め分かってたら、ちゃんとカメラで撮影したでしょう?」
俺:「まあな」
子:「結局、事前調査不足だろ」
俺:「まあ…」
娘:「ていうか、『ぐんま滝めぐり90選』って、絶対ガイド本じゃないよね」
子:「目安本だろ、どう見ても」
俺:「………」

釜ヶ滝@熊川_その2
【釜ヶ滝・遠景】

最近のわたくし、カメラを取り出して設置して、満足できる構図とシャッターチャンスを追い求める、という撮影スタイルだけでは物足りなくなってきました。

俺:「とにかくスピードが求められる時に不便なんや」

なので、雑魚滝などは手持ちのスマホで記録するに留める、いわゆる「スマホ撮影」併用するスタイルに変化してきています。

俺:「やっぱり、オレのスマホはいいぜ?」
娘:「ただのスマホ自慢だし」
俺:「ちゃうわい!」

妻や長男君は流行りのアイフォンなのに対し、
わたくしだけ、海でも大丈夫な耐水スマホ。

これが、最近の観瀑で大活躍なのです!

俺:「見ろ。いつもならスルーする滝が、ちゃんと映像で観れるじゃないか」
娘:「いや、いいんだけどね~」
子:「映像が粗いのがなあ……」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

魔法が醒める

浅間大滝から駐車場へ戻ると、今度は下流に向かって歩いて行きます。

子:「浅間大滝とセットの魚止めの滝!」
俺:「それや」
娘:「ねね、どうだった?」
俺:「それなりに美しい滝ではあった」
妻:「あら、おざなりな感想」

魚止めの滝@熊川_その1
魚止めの滝(落差10m)・概観】(群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢 『熊川』)

浅間大滝は、滝そのものが樹木に包まれていて、
「爽やかな木陰と、透明な水」って感じだったのです。

俺:「だが、魚止めの滝は明るく開けていたんだ」
娘:「問題ないじゃん」
俺:「そうして目に付く滝壺の泡の吹きだまり」
娘:「アワ?」
俺:「そう。川の汚れを連想させるアレな」
子:「へ?でも、透明な水なんだろ?」
俺:「木陰で見るとね」

そうなのです。

明るく開けた魚止めの滝まで来ると、何もかもがよく見え過ぎるせいか、
却って水の濁りが気になって、仕方がなくなってしまったのです。

子:「う~む、そうなのか……」

そうなると、わたくし、
さっき浅間大滝で感動した色々が、急に色褪せてきてしまったのでした。

魚止めの滝@熊川_その2
【魚止めの滝・上部アップ】

妻:「地図だと、上流にゴルフ場や住宅地があるわ」
娘:「あ~、悪い方にアタリだ」
子:「なんて残念」

あれですね、
浅間大滝だけ観瀑して、とっとと帰って来た方が良かったのかも知れません。

俺:「そして美しく感じたのは、もはや新緑だけだった」
妻:「……」
子:「なんだろ、浅間大滝で掛けられた魔法が、急激に醒めたみたいな……」
娘:「悲しいね」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

直に触れたい

さて。
次なる目的地として、わたくし、「浅間大滝」に行こうとしました。

俺:「しかし、ナビは最低必要だし、国土地理院地図も大活躍だったわ」

そうなのです!

やはりと言うべきか、順当と言うべきか。
『ぐんま滝めぐり90選』の地図情報だけでは、とうてい「浅間大滝」に辿り着くことができなかったのです。

俺:「デフォルメされた地図の効能は、実に半端無い」
娘:「だからその本、本当に意味あんの?」
俺:「あれだ、『概要だけ教えるので、後は自分で地図見てね』ってヤツね」
娘:「それってガイド本としてどうなの!」

う~む。
でも、まあ、残念ながら、「伝説の検証」は、これで答えが出たでしょう。

・それは、“伝説”ではなく、単なる事実であった。


妻:「ガイド本じゃなくて、目安本なのよ、きっと」
娘:「……」

浅間大滝_その2
浅間大滝(落差10m)・全景】(群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢 『熊川』

「浅間大滝」は、まさに観光滝としての面目躍如という感じ。
駐車場から近く、滝壺まで近づくことも可能です。

俺:「ただ、沢靴が有ると無いとでは、感動の度合いが変わると思う」

もちろんわたくし、沢靴を履いていましたので、
滝側まで接近し、撮影という名のマイナス・イオン浴を堪能させて頂きました。

俺:「だけど、普通の靴で行くと、ヌメッた岩場で転倒する危険がある」

とくに子供連れの場合は、
少し離れた場所から眺めることになります。

俺:「それでも、滝の飛沫は楽しめるんだけど…」
娘:「けど?」
俺:「滝の感動が半減するのは、避けられないと思ったわ」

・身を切るような冷水。
・ベールのような飛沫。
・美しい緑。
・キラキラ輝く木漏れ日。
・透き通った滝壺。


俺:「こう、直に触れたい滝なんだな」
娘:「ふ~ん」

浅間大滝_その1
【浅間大滝・別角度から】

娘:「だったら、別に沢靴じゃなくても、その場で裸足になればいいじゃん」
俺:「だから『身を切るような冷水』なのよ」
妻:「ああ……」

素足では、岩や礫で裂傷を負いそうですし、
そもそも水温が低いので、5分と持たないと思います。

娘:「確かに、それはキツそうだ」
妻:「だから沢靴が必須なワケね」
俺:「まあな」
娘:「ナルホドね~」

とまれ、
お手軽且つ美しい滝でした。




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

秋の恒例

軽井沢3滝の中では、
最もマイナーではないかと思われる「千ヶ滝」

俺:「白糸の滝竜返しの滝と比べると、かなり歩かにゃならんからなあ」
子:「そうは言ったって、30分くらいだろ?」
俺:「まあね」
娘:「なら、大したことないじゃん」

それでも、白糸の滝5倍竜返しの滝2倍は歩くことになりますかな。

妻:「こう、滝を観ようって意思がないと、辛くなる距離ね」
俺:「そうなのよ。チョット見の観光客は来ないんだな」
子:「……ああ」
娘:「ナルホド」

千ヶ滝@軽井沢_その1
千ヶ滝(落差20m)・全景】(長野県軽井沢町長倉『千ヶ滝沢』

でもその分、滝廻りの環境は良好。
季節によっては、人のいない滝前を独占することも可能です。

俺:「俺の時は、たっぷり2時間、人に遇わなかったね」

人が溢れている軽井沢にあって、
なかなか希少な観光スポットではないでしょうか。

俺:「しかも、軽井沢3滝の中で、一番滝らしい滝だったわ」
子:「まあ、一番落差があるし」
娘:「え~?どれも大したことないじゃん」
妻:「そうねえ……」

ま、あくまでも「軽井沢3滝の中では」って話ですから。

千ヶ滝@軽井沢_その2
【千ヶ滝・落口アップ】

さて、千ヶ滝を観瀑した後、次なる目的地へ向かおうとしたところ、
国道18号に出る手前から、とんでもない渋滞に巻き込まれてしまいました。

俺:「まず、国道に出るまでに1時間以上な」
娘:「うわあ」
俺:「次に、浅間サンライン入口まで2時間以上」
子:「ひでえ」
俺:「もう、軽井沢の秋を楽しむ観光客の車だらけ」

秋の軽井沢の恒例で、
平日・祝日にかかわらず、午後2時を過ぎたあたりから、帰途につく車が激増。
毎日、とんでもない渋滞になるらしいのです。

お陰様で、わたくしも、その後予定していた滝見は全て中止。
そのまま高速に乗り帰途についたのでした。

妻:「さすが軽井沢」
子:「渋滞のスケールが桁違いだろ」

千ヶ滝@軽井沢_その3
【千ヶ滝・主瀑部】

俺:「そういうワケで、今回の遠征は、ホントに軽井沢3滝だけじゃ」
妻:「……」
子:「うん、仕方ないわ」
娘:「またリベンジすれば?」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示