FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

滝の神秘

俺:「美しい……」

常清滝を観瀑した帰り道。
滝遊歩道の左手側小沢に、ちょっとした小滝を発見しました。

無名滝@常清滝_その1
無名滝(目測落差4m)・全景】(広島県三次市作木町下作木)

俺:「普段は、ほとんど水流が無いと思うんだ」
娘:「うん」
俺:「当日も、大した水量ではなかったし」
娘:「うん」
俺:「でも、この水のキラメキに一発ノックアウトされた」
娘:「うん、わかる~」
兄:「たしかにキレイだな」

それでもカメラが高性能なので、
写真だと、実際の見た目より、だいぶ明るく写っているのです。

俺:「なので、実物は、この画像の二割り増しくらい神秘的だったぞ」
子:「へえ、無名の小滝なのにねえ」
妻:「時間帯が良かったのかしら」
俺:「それもある」
子:「大雨直後ってのもポイントかな」
俺:「それもあるな」

少なくとも、他の日時で訪瀑してたら、
間違いなくこの小滝は見逃していたことでしょう。

子:「これもまた一期一会」
俺:「フム」
娘:「むしろ滝の神秘でしょ」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

当たり!

大雨が降った、とある翌日のこと。

俺:「よし。急遽、行き先を変更しよう!」

そう。
水量の増減が激しい滝は、
大雨後こそ最大の観瀑チャンス。

俺:「ふふふ、行けー!」

常清滝_その1
常清滝(落差126m)・概観】(広島県三次市作木町下作木)

兄:「おおお」
娘:「やっぱ迫力ある!」
子:「集水域の狭い滝なのにねえ」

家に帰ると、早速、映像のお披露目会をしました。
西日を浴びて光り輝く常清滝の映像に、
家族の反応は超良好です。

妻:「緑豊かな感じ」
娘:「ねね、一番上の滝って、だいぶ奥の方から落ちてきてる?」
兄:「だろうな」
子:「さらに、二段目が幅広のカーテン状だから、余計にそう見えるし」
妻:「さすが百選
子:「ここでちょっと聞いて欲しい」

不意に、テレビ画像を指差す次男君。

子:「この滝、三つに分かれてるけど、実は、それぞれに名前があるんだよ」

【常清滝】(総落差126m)

上段:荒波の滝(落差36m)
中段:白糸の滝(落差69m)
下段:玉水の滝(落差21m)


兄:「ほう。やっぱり白糸が一番見応えあるか」
子:「落差に比例するからね」

常清滝_その2
【常清滝・白糸の滝アップ】

俺:「どうや。大雨後を狙って行っただけのことはあっただろ」

少なくとも、手持ちの資料では、
これより水量の多い映像は見つかりませんでしたから。

妻:「そうね」
娘:「ねね、これ、白糸の滝の裏側にが生えてるじゃんね?」
兄:「明らかに、普段は水が落ちてませんわ」
子:「まさに最大水量

常清滝_その3
【常清滝・荒波の滝・落口アップ】

当日は、滝下だと水飛沫でレンズがすぐに曇ってしまうため、
向かいの高台にある観瀑所から撮影しました。

俺:「でないと、飛沫を避けられないのよ」
兄:「そうだろうな」
子:「想像以上の豪瀑ぶり」
妻:「いい時に行ったわね」
娘:「当たり!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示