10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

全国区

俺:「八重滝群ってさ…」
娘:「うん」
俺:「滝の連なり方が、どことなく轟九十九滝群を彷彿とさせないか?」
娘:「え、あれ? そうだっけ?」

いま一つ、ピンと来ない様子の娘。

子:「だよねえ。一つ一つの滝の規模が全然違うし」
妻:「むしろ、竜吟の滝群の方が、実態に近いんじゃないの?」

え? あれあれ?

娘:「やっぱ、そうだよね」

いやいや、あちら竜吟は地元の観光地にしか過ぎないのに対し、
こちらは日本の滝百選。何と言っても全国区ですから。

俺:「論より証拠! 見よ!」

姥滝_その1
姥滝(落差3m)全景】(島根県雲南市掛合町 『竜頭八重滝自然公園』

俺:「どうや!」
子&娘:「「う~ん」」
俺:「ほら! 轟九十九滝群横見の滝に似てるだろ?」
子&娘:「「う~ん」」
妻:「横見の滝って、落差何メートルだっけ?」
俺:「10mや」
子:「で、こちらは3mですか~。話になりませんゼ」

むう。
わたくしの意見と家族の意見とが、どうしても一致しません。

俺:「おかしいな。なら、こっちの映像を見てくれ」

姥滝_その2
【姥滝・俯瞰】

子:「いやこれ、観光地化するために、カスにも名前を付けたとかじゃ…」
俺:「カスって…お前な」
娘:「竜吟の滝群って、梵天の滝が3mだったよね?」
子:「だな。昇竜の滝も3m。えびす滝三の滝が5m」
娘:「数字でみると、こっちの方がそっくり?」

むむう。なんか言い返せない……。

妻:「1mってのもあったわね」
子:「あんま滝ね」


間。


妻:「つまり、竜吟峡全国区版?
俺:「いやしかし……う~む」
子:「少なくとも、轟九十九滝群と比べるのは失礼だよねえ」
娘:「全国区……




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

それなりに

俺:「そういうワケで、滝尻滝は中々のゴルジュ滝だったんだけどね」
子:「うむ」
俺:「その後が、なんだか小滝が続くんだよ」
妻:「竜吟峡みたいな感じ?」

いや、そうですね。
あそこまで小粒ではありませんね。

俺:「もうちょっとスケールは大きいぞ」
子:「そりゃまあ、百選滝だし、小さかったら問題だろ」
娘:「つまり、その小滝ってのが、どの程度の小滝なのかが問題なワケだ」
妻:「それね」
俺:「まあ、映像を見て欲しい」

紅葉滝_その1
紅葉滝(落差3m)・全景】(島根県雲南市掛合町『竜頭八重滝自然公園』

子:「落差3mってか。これは厳しくね?」
娘:「一応、滝には見えるけど?」
妻:「少なくとも詐欺には当たらないんじゃない?」

いや、詐欺って……。

子:「次の滝はどうなの?」
俺:「こちらの映像をどうぞ」

河鹿滝_その1
河鹿滝(落差3m)全景】(島根県雲南市掛合町『竜頭八重滝自然公園』

子:「はあ?」
娘:「ゲ~」
子:「これ、3mないだろ!」
妻:「でも、2mはあるでしょ」

確かに、落差は3mも無いかもしれません。
でも、豊富な水量を落口に集めて一気に滝壺へと叩き込む様は、
それなりに滝の名に恥じないのではないでしょうか。

娘:「そう言われると、う~ん…」
子:「落差、無いけどな!」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

近づきたい!

俺:「ぐあ。しまった!」

わたくし、観光の滝と聞いていたので、通常の登山靴を履いてきたのですが……

俺:「これは沢登りスタイルで来るべきだったか!」

滝尻滝_その1
滝尻滝(落差8m)・遠景】(島根県雲南市掛合町 『竜頭八重滝自然公園』

わたくし、島根県の百選の滝である「八重滝」に行ってまいりました。

俺:「八重滝って言うけどね…」
子:「フム」
俺:「むしろ『八重滝群』と言った方が、実態に近いと思うんだ」
子:「ほほう」

そして、この「八重滝群」最初のハイライトが、この滝尻滝なのです。

俺:「ミニ・ゴルジュとでも言うべきか…」
娘:「うん」
俺:「その奥に、チョックストーン滝と思われる瀑布が隠れているのだ」
娘:「フムフム」

特に、右岸側壁の水流に磨きこまれた感じが、何とも言えません。

子:「いいねえ」
妻:「水質は良くないのかしら。少し濁って見えるわね」
俺:「ああ。それでも、もっと間近で観瀑してみたいと、つくづく思ったわ」
娘:「それ、わかる」

首辺りまで水に浸かってでも覗いてみたい衝動に駆られます。

子:「もうちょっと拡大して?」
娘:「ラジャー!」

滝尻滝_その2
【滝尻滝・アップ】

子:「あああ、これはもっと滝の真正面に回り込みたい!」
俺:「わかる?」
妻:「このゴルジュって、滝が後退した痕でしょ」
俺:「そうやな」
娘:「なんかゴルジュの奥ほど、水が深そうだよ」
俺:「それなのよ」

そうなのです。
どう考えても、ずぶ濡れ上等のフル装備でないと、奥に行くのが躊躇われます。
そして仮に、フル装備で突っ込むと、ここだけで一日が終わっていまいそう。

俺:「ここだけを沢登りする計画だったら、思い切って突入したんだけどなあ」
妻:「一箇所だけなんて贅沢しちゃダメです」
俺:「ハイ。分かってます」
子:「そういう贅沢、地元民じゃないとムリだろ」
俺:「だよなあ」
娘:「遠方の滝って、こういうところが難しいよね」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

魅力だらけ!

ブォー、バタン!(車が停まって、ドアを開閉する音)

客男:「ウォー、スゲーな!」
客女:「いいじゃないの!」

俺:(…ゆっくり動画も撮影できやしねえ)

平日の午前中にもかかわらず、次々とやってくる訪瀑客たち。

ブォー、バタン!

客爺:「おお、これは!」
客婆:「やっぱり凄いわねえ!」

俺:(あああああ!)

不動七重の滝_その1
不動七重滝(落差100m)遠望】(奈良県下北山村上池原 『前鬼川』

奈良県の大峰山系最大の名瀑とされる不動七重滝
人気の滝と聞いていたので、できるだけ朝早く着くように狙って行ったのです。

俺:「しかし! 地元民は、もっと上を行っていた!」

中には、遊歩道の入り口から「既に、滝を堪能してきました」みたいな、
沢装備の戻り遡行者まで!

子:「まるで華厳の滝みたいな人気ぶりだねえ」
娘:「つまり、全国規模の名瀑って?」
俺:「いやいや。むしろコアで熱烈なファンが、近隣からいっぱい来てたわ」

華厳の滝ほどの全国知名度は無いけれど、
地元の関西圏では超人気って感じでしょうか。

妻:「何がそんなに人を惹き付けるんだと思う?」

つまり、不動七重滝の魅力とは?ってコトですな!

不動七重の滝_その2
【不動七重滝・上部アップ】

子:「総落差100mの巨大瀑布であること!」
妻&俺:「うんうん」
娘:「透明なエメラルドグリーンの滝壺!
妻:「そうね」

いわゆる前鬼ブルーってヤツですな!

子:「あと、滝を取り囲む、そそりたつ岸壁とか」
俺:「せやなあ」

地図によれば、滝の左手側(右岸側)に見える岩峰は、標高632m。
対して、映像で見えるている一番上の滝の落口は、標高454m。

その差は、なんと178m!

俺:「200m近い垂直な岩壁とか、やっぱり迫力あるわ」
娘:「日本の景色じゃないみたい!
妻:「それ、凄く言えてる!」

そう!
本当に、スケールが色々と日本離れしているのです。

不動七重の滝_その3
【不動七重滝・下部アップ】

子:「奈良県ってさ、新潟県と並んで巨大瀑布が多いんだ」
娘:「そうなんだ」
妻:「双門の滝といい、険しい谷が多そう」

確かに、いつもの写真集を見ても、
奈良県の頁だけは、なんか妙に迫力があります。

娘:「雨が多いから、浸食が激しいんじゃない?」
俺:「それもあるだろうな」
子:「う~む。そうやって考えると不動七重滝って魅力だらけなんじゃね?」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

諸々の滝

娘:「ああ、これはだね」
俺:「ああ、まごうことなきだ」

そう、竜吟峡に、ついに本格的な「滝」が現れたのです。

二の滝@竜吟_その1
二の滝(落差8m)・全景】(岐阜県瑞浪市釜戸町 『竜吟峡』

娘:「でも、水量が少なくない?」
子:「左側の細い滝のコトな。ちょっと待ってろ」

いつもの指南書を、ササッとめくる次男君。

子:「おお、お前の言う通り渇水状態だ、コレ」

写真集には、美しい二条の滝が載っていました。

娘:「雨が降ると、もっと豪快な滝になるワケだ」
子:「でもなあ。上流にダムがあるし、そんな急激には増えないと思う」

写真で見ると、絹糸状の美麗な滝に写ります。
しかし、動画で見ると、案外、心細い水量かも。

二の滝@竜吟_その2
【二の滝・本瀑部アップ】

娘:「まあ、いい滝かな」
子:「異論あり」
娘:「なんで?」
子:「だって、これまでが斜め下だったから、そう思えるだけで…」
娘:「ム」
子:「これくらいの滝、普通は、諸々の滝に分類されちゃうだろ」
娘:「ムムム……」


……。




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示