03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

第一の滝

幻の滝。

そう。
那須の御用邸の敷地内にかかっていた、
一般の目にはなかなか触れることのなかった駒止の滝

それが、2011年に今上陛下の御意向を受けて
「那須平成の森」として観瀑台が整備されると、
この名瀑を、誰もがお手軽に観瀑できるようになったのです。

駒止の滝
駒止の滝(落差20m)・全景】(栃木県那須町大島 『余笹川』

子:「おやじ、これ、駒ヶ滝の間違いじゃね?」

実は、次男君の愛読書によると、
「駒ヶ滝」が本名で、「駒止の滝」は別名になっているのです。

俺:「しかし、今や駒止の名こそ、今上陛下の御意向を受けての正式名称やな」
妻:「そういうことなんじゃない?」
娘:「しかもほら、写真集の方は1998年の撮影になってるから」
子:「あり? ホントだ」

恐らく駒止の滝という名は、
「那須平成の森」がオープンしてから周知されたものではないでしょうか。

兄:「要は、那須の御用邸には、敷地内に落差20mの美瀑がかかっていたと」
俺:「そや」
兄:「それを一般に公開したと」
俺:「そや」
兄:「ウ~ム。なんかスケール感が違うわ~」

しきりに感心している長男君。

娘:「ウチじゃ、絶対ムリだよね~」

娘よ。
我が家のいったいどこに滝がかかる要素があるというのだ……。

子:「しかも、ただの美瀑じゃないんだゼ」
兄:「ほう?」
子:「さらなる二つ名は『那須第一の滝』!」


間。


兄:「……それで?」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

蛍を越える

俺:「あれれ。水が、思ったよりもキレイじゃない」

わたくし、新潟県ナンバー・ワンの美瀑と謳われることの多い
大尾不動滝を訪瀑したのです。

俺:「滝壺の流木も汚い感じやし……」

ところが、思ったよりも水が濁っているし、
滝壺には朽ちかけた流木やら何やらで、
期待していたような“美瀑”とは、かなり違っていました。

俺:「う~む。来る季節を間違えたのか……」

大尾不動滝_その1
大尾不動滝(落差20m)・全景】(新潟県阿賀町七名)

妻:「写真映りは問題ないわよ」
娘:「ウン、キレイだよ~」
兄:「まあ雨天だったようだし、水が濁るのは当たり前じゃね?」
俺:「いや、そういう濁り方じゃなかったんだよ」

あれですね、こう、川面がプクプクと泡立って、
群馬の熊川にかかる魚止めの滝を彷彿とさせる感じだったのです。

妻:「近くで見たら、汚れが目立ったってパターン?」
俺:「そうね」
娘:「臭いは?」
俺:「若干ね」
兄:「……」
子:「原因はコレだろ!」

いきなりビシッと指差す次男君。

子:「ほら、地図だと、すぐ上流に湿地帯があるから」
娘:「うわ、ホントだ」

大尾不動滝_その2
【大尾不動滝・上段部】

国土地理院の地形図を覗き込む次男君のもとへ集まってくる我が家。

兄:「確かに、沼とかなら水が濁り易いかもな」
娘:「よどんだ水に、プランクトンが大繁殖!」
妻:「そこは藻とかじゃないの?」
子:「プランクトンって、まるで赤潮みたいに聞こえるわ!」

そう。
なんと大尾不動滝のすぐ上流には「たきがしら湿原」というのがあったのです。

妻:「しかもこの湿原、人工だって!」
子:「は? なんだとう?」

早速スマホで検索した妻から驚きの声。

兄:「うわあ、結構な観光地でやんの」
娘:「けどホタルの名所だってよ」
妻:「道路だって、ずっと川沿いに走ってるじゃない」
子:「う~ん。こんだけ開発されてたら、下流に清流は望めないわ」

あれ?
でもホタルって、清流にしか棲めないんじゃなかったけ?

子:「滝好きの求めるレベルは、ホタルを越えるんだよ」


……。


大尾不動滝_その3
【大尾不動滝・落口】

妻:「写真だと美しいのにね」
娘:「ビデオでもキレイだよ」
俺:「そりゃ、そうは言っても穴場の美瀑だからな」

いつもの写真集にも、非常に美しい若葉の頃の滝姿が載っています。

兄:「ズバリ、映像で愛でる滝」
子:「ウ~ム。兄貴の意見に賛成だわ」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

帰りがけ

鱒返しの滝へ向かう途中、登山道が分岐して「千丈滝」へと向かっていました。

俺:「だがな、ほぼ時間切れだったし、夏涸れの滝って聞いてたし」

なので、車に戻ると、早々に滝装備を解除。
千丈滝への道は敢えて進まずに、そのまま今回の観瀑ツアーを終えようと思っていたのです。

俺:「そしたら、帰りの車道から千丈滝が観瀑できちゃったのだ」

千丈滝・雄滝_その1
千丈滝・雄滝(落差109m)・遠望】(鳥取県琴浦町山川)

妻:「幸運だったわね」
俺:「そうなのよ」
子:「かろうじて水流が目視できるってレベルか」
俺:「こんだけ滝らしかったら、結構なヒットらしい」
妻:「そうなの」
娘:「こういうタイプって、夏がショボイのは仕方がないじゃんね」

春先や大雨の後などは、天空から降り注ぐ龍の如く、轟瀑かつ高瀑へと変貌するらしい。

子:「そちらが本番だろ!」
兄:「それでも、まあ、雄滝の落差109mってのは確かに凄いわ」

千丈滝・雌滝_その1
千丈滝・雌滝(落差90m)・遠望】(鳥取県琴浦町山川)

妻:「流身周りの岩肌の露出度が高いわね」

そう!
まさに、増水時の激しさを物語っているようです。

娘:「そんなに増水バージョンがいいなら、春にリベンジすれば?」
子:「だが、鳥取だぜ?」
兄:「簡単には行けんし」
俺:「そうなんだよ。遠いんだよ」

気軽にリベンジできる距離ではありません。

妻:「それに、財布にも優しくないから」

……。

千丈滝・一望_その1
【千丈滝・両滝遠望】

妻:「凄い崖。これって外輪山の名残り?」
俺:「どうだろ」
娘:「こう、グオーッと見上げる感じなのがよくわかるよねえ」

このアングルは、滝を下から眺めていますが、
実は、船上山の避難小屋近くから見下ろす感じの、ベスト観瀑スポットがあるらしいのです。

子:「ほほう」
俺:「そこからだと、両滝とも全景が丸見えになる」

ちょうど対岸から滝を眺め下ろす感じでしょうか。

兄:「まあ、いつかチャンスがあったらな~」
娘:「だよね~」
妻:「あるのかしらね~」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

祈りたい

かつて落差43mの美しい二段滝だった、名峰・大山にかかる「大山滝」

俺:「ところが、2011年の台風12号で、滝下の右岸が大崩落」
娘:「ホント?」
俺:「下段の滝壺がほぼ埋まり、今では落差31mになってしまったのだ」

大山滝_その1
大山滝(落差31m)・概観】(鳥取県琴浦町中津原 『地獄谷』

娘:「うわあ」
妻:「これじゃあ、写真集とは全く別の滝じゃない」
俺:「そうなのよ」
子:「しかも、1934年の室戸台風の前は、更に三段の滝だったんだって」
妻:「え? ホント?」
俺:「ホントです」

大山滝は、もともと三段の段瀑だったのですが、
室戸台風時の崩落で二段となります。
そして2011年の台風で、ほぼ一段の滝へと変貌してしまいました。

娘:「なんで崩落しまくり?」
子:「ふむ。なんでだろう」

大山の主な火山活動は一万年前には終了しており、
火山としては古い部類に入ります。
もしかすると、これが、崩落が進み易い理由の一つかもしれません。

俺:「別の言い方をすれば、火山の開析が進んでる、ということなんだろう」

大山滝_その2
【大山滝・下段】

俺:「さらに、崩落した右岸の崖なんだがな…」
娘:「うん」
俺:「見上げると、まだまだ崩落途中の感じやったわ」
子:「げ、マジか!」

もしかすると、一段目の主瀑布も、
今後の崩落状況によっては、だいぶ埋まってしまうのではないかと思われます。

子:「僕、大山滝が、できるだけ永く滝である続けることを祈りたい

大山滝_その3
【大山滝・上段落口付近】

妻:「でも、更に崩落の危険があるって……ここ、観光地なんでしょ」
俺:「まあ、そうなんだけど」

そしてなんと!
登山道を戻ってきたら、一向平野営場のゲートで「登山届け」を出さなければいけなかったらしいことが発覚しました。

娘:「滝に行くだけで?」
俺:「そう」
妻:「小学生でも充分に楽しめるコースだったんじゃないの?」
俺:「それでも、届け出すらしい」
娘:「えええ」
子:「ここは逆に考えるんだ。崩落の危険があってもなお滝を見せてくれるなんてラッキー!」


娘&妻:「「……」」


我が家の滝訓として、よく「一期一会」というフレーズが飛び交いますが、
今回の大山滝訪問は、特にそれを強く感じさせてくれました。

子:「あ~あ。美しい二段滝のうちに訪瀑しておきたかったねえ」
俺:「いかにも」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

議論白熱

俺:「屏風ヶ滝は、8mの二段滝と、7mのチョック・ストーン滝で構成される」
娘:「ふむふむ」
子:「トータルの落差が15mになるね」
俺:「そうや」

俺:「本命の貴船の滝は、4m前衛滝と25m本瀑だ」
娘:「じゃあ、総落差29mだね」
俺:「ところが、それが30mあるんだよ」
娘:「なんで? 計算が合わないじゃん!」
俺:「まあ、この映像を見てくれ」

貴船の滝_その1
貴船の滝(落差30m)・概観】(滋賀県高島市黒谷 『八池谷』

子:「この手前に写ってる小滝が、落差1mってワケ?」
俺:「そうや」

兄:「いやでもコレ、前衛滝じゃないだろ」
妻:「明らかに落差4m無いじゃない」
俺:「その通り。貴船の滝本瀑前衛滝の間にあるこの小滝こそ、プラス1mの原因やな」
兄:「そういうことかい」

娘:「ねね、お父さん、アップにしてみて」
俺:「あいよ」

貴船の滝_その2
【貴船の滝・手前の小滝】

娘:「まあまあの淵があるね」
子:「八ツ淵の精神に則れば、この小滝にも名前があってしかるべきなのか?」
俺:「だけど、この部分だけの名前は無いんだな」
妻:「流石にこれじゃ、滝とは言えないからでしょう」
兄:「まあ、ただの小淵だし」

娘:「そうか!」

俺:「なんだ?」
娘:「八ツ淵の精神だからこそ、この小滝を貴船の滝に含めるんだよ」
俺:「お…」
兄:「お前の言ってることが理解できね~」

子:「そもそもこの小滝、貴船の滝本瀑と離れ過ぎっていうか……」
妻:「確かに、距離があるわね」
子:「貴船の滝とするには、なんか釈然としないんだなあ」

屏風ヶ滝・落口@八ツ淵
【貴船の滝・前衛滝の落口と、屏風ヶ滝の落口】

兄:「うわ、こちらはむっちゃ繋がってるわ!」
娘:「すぐに屏風ヶ滝だ」
子:「コレ見ろよ。むしろ屏風ヶ滝に含めるべきじゃね?」

妻:「どういう基準で、貴船の滝屏風ヶ滝を分けたのかしら」
俺:「まあ俺的には、貴船の滝屏風ヶ滝とは、連瀑で一つの滝と考えてもいいと思うんだけどね」
兄:「更にこんがらがること言うな」
娘:「だって連瀑じゃ、八ツ淵の精神から外れちゃうでしょ」
俺:「そうなんだよな」

娘:「ねね、あたし思いついた!」

俺:「なにを?」
娘:「この際、1m小滝にも、4m前衛滝にも、名前を付けてあげたらどう?」
兄:「いや、いらね~」

子:「僕、わかった!」

妻:「なに?」
子:「この程度の小淵じゃ、八ツ淵の名に相応しくないんだよ!」
娘:「もっと立派な淵じゃないとダメって?」
子:「そう!」
妻:「もっと立派って……」


間。


兄:「あああ、話が面倒臭くなってきたんで、まとめる」

・連瀑説 → 総落差45mの大滝
・小滝と前衛滝を貴船の滝に含める説 → 貴船の滝30m、屏風ヶ滝15m
・小滝と前衛滝を屏風ヶ滝に含める説 → 屏風ヶ滝20m、貴船の滝25m


兄:「こういうことじゃね?」
子:「ナルホドねえ」
娘:「でも結局、トータルの落差は同じなワケでしょ」
兄:「あたりまえ」
娘:「だよね~」

娘:「ねね、あたし、どうでもよくなってきちゃったんだけど……」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示