08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

魅力だらけ!

ブォー、バタン!(車が停まって、ドアを開閉する音)

客男:「ウォー、スゲーな!」
客女:「いいじゃないの!」

俺:(…ゆっくり動画も撮影できやしねえ)

平日の午前中にもかかわらず、次々とやってくる訪瀑客たち。

ブォー、バタン!

客爺:「おお、これは!」
客婆:「やっぱり凄いわねえ!」

俺:(あああああ!)

不動七重の滝_その1
不動七重滝(落差100m)遠望】(奈良県下北山村上池原 『前鬼川』

奈良県の大峰山系最大の名瀑とされる不動七重滝
人気の滝と聞いていたので、できるだけ朝早く着くように狙って行ったのです。

俺:「しかし! 地元民は、もっと上を行っていた!」

中には、遊歩道の入り口から「既に、滝を堪能してきました」みたいな、
沢装備の戻り遡行者まで!

子:「まるで華厳の滝みたいな人気ぶりだねえ」
娘:「つまり、全国規模の名瀑って?」
俺:「いやいや。むしろコアで熱烈なファンが、近隣からいっぱい来てたわ」

華厳の滝ほどの全国知名度は無いけれど、
地元の関西圏では超人気って感じでしょうか。

妻:「何がそんなに人を惹き付けるんだと思う?」

つまり、不動七重滝の魅力とは?ってコトですな!

不動七重の滝_その2
【不動七重滝・上部アップ】

子:「総落差100mの巨大瀑布であること!」
妻&俺:「うんうん」
娘:「透明なエメラルドグリーンの滝壺!
妻:「そうね」

いわゆる前鬼ブルーってヤツですな!

子:「あと、滝を取り囲む、そそりたつ岸壁とか」
俺:「せやなあ」

地図によれば、滝の左手側(右岸側)に見える岩峰は、標高632m。
対して、映像で見えるている一番上の滝の落口は、標高454m。

その差は、なんと178m!

俺:「200m近い垂直な岩壁とか、やっぱり迫力あるわ」
娘:「日本の景色じゃないみたい!
妻:「それ、凄く言えてる!」

そう!
本当に、スケールが色々と日本離れしているのです。

不動七重の滝_その3
【不動七重滝・下部アップ】

子:「奈良県ってさ、新潟県と並んで巨大瀑布が多いんだ」
娘:「そうなんだ」
妻:「双門の滝といい、険しい谷が多そう」

確かに、いつもの写真集を見ても、
奈良県の頁だけは、なんか妙に迫力があります。

娘:「雨が多いから、浸食が激しいんじゃない?」
俺:「それもあるだろうな」
子:「う~む。そうやって考えると不動七重滝って魅力だらけなんじゃね?」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

諸々の滝

娘:「ああ、これはだね」
俺:「ああ、まごうことなきだ」

そう、竜吟峡に、ついに本格的な「滝」が現れたのです。

二の滝@竜吟_その1
二の滝(落差8m)・全景】(岐阜県瑞浪市釜戸町 『竜吟峡』

娘:「でも、水量が少なくない?」
子:「左側の細い滝のコトな。ちょっと待ってろ」

いつもの指南書を、ササッとめくる次男君。

子:「おお、お前の言う通り渇水状態だ、コレ」

写真集には、美しい二条の滝が載っていました。

娘:「雨が降ると、もっと豪快な滝になるワケだ」
子:「でもなあ。上流にダムがあるし、そんな急激には増えないと思う」

写真で見ると、絹糸状の美麗な滝に写ります。
しかし、動画で見ると、案外、心細い水量かも。

二の滝@竜吟_その2
【二の滝・本瀑部アップ】

娘:「まあ、いい滝かな」
子:「異論あり」
娘:「なんで?」
子:「だって、これまでが斜め下だったから、そう思えるだけで…」
娘:「ム」
子:「これくらいの滝、普通は、諸々の滝に分類されちゃうだろ」
娘:「ムムム……」


……。




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

滝じゃねえ!

娘:「え? これちょっと酷くない?」
俺:「やっぱ、そうなるか」
娘:「観光対策にしたって、節操無さ過ぎじゃないの?」
俺:「うむむ。そこまで言いたくはないが……」

昇竜の滝@竜吟_その1
昇竜の滝(落差3m)・概観】(岐阜県瑞浪市釜戸町 『竜吟峡』

そう。
それは、昇竜の滝とは名ばかりの、なんというか急流っぽい流れ。

子:「市街地に近いと、カスにも名前が付いちゃうの法則か!」
娘:「それだ!」

いや、カスって、それどうなの?

俺:「これでもマシなほうだぞ。何故なら、これはまだ滝らしいのだ」
娘:「は?」
子:「まだ、だと?」

あんまの滝@竜吟_その1
あんま滝(落差1m)・概観】(岐阜県瑞浪市釜戸町 『竜吟峡』

娘:「うわあ……」
俺:「だろう?」
子:「ここまで開き直られると、いっそ清々しいわ」


間。


娘:「……滝じゃないよね、コレ」
子:「どう見ても滝じゃねえな」

まあ、否定はしません。

娘:「ねね、名付けの犯人って、地元の観光協会なの?」
子:「いや……。それ、ひょっとしたら、国土地理院かも知れんぞ?」
娘:「どゆこと?」

ササッとスマホで「ウォッちず」を検索していた次男君。

子:「ほら、見てみ?」

国土地理院地図より竜吟峡
【国土地理院地図上・竜吟峡】

娘:「ホントだ。全部に立派な滝マークが付いてるじゃん」
子:「むしろ、地元は胸張って『滝だ!』とか言ってるんじゃね?」
娘:「お上のお墨付きだから?」
子:「フハハハ!」

う~む。どういう基準で滝認定されたのでしょうか、これは。

娘:「地元の人が国土地理院に勤めてた……とか?」
俺:「……」
子:「ま、いずれにしても、僕らの感覚からは程遠いや」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

入口だけ

俺:「どうも、行く季節を間違えたらしいんだ」

わたくし、乙女の滝を観瀑後、
以前に見損ねていた塩原渓谷の滝たちを訪問することにしたのでした。

回顧の滝_その1
回顧の滝(落差40m)・全景】(栃木県那須塩原市 『塩原渓谷』

娘:「そう?」
子:「きれいな直瀑だと思うけど?」

滝だけアップすると、そう見えるんですけどね。

俺:「だけど、滝壺の辺りを注目して欲しい」
娘:「フム。滝壺なんかないけど?」
俺:「そこが問題なんだ」
子:「あっ、そうじゃん、そうだったわ!」
娘:「なにが?」

ここで、回顧の滝を、遠景で撮影した画像を見せるわたくし。

回顧の滝_その2
【回顧の滝と塩原ダム湖】

子:「いつもの滝図鑑だと、ダム湖に直接落ちてるんだよ、この滝」

そうなのです。
塩原ダム湖の水量が、かなり減っていたのです。

娘:「干上がってるね。ということは……」
子:「梅雨時とか、滝も、もっと立派な可能性が高いな」
俺:「そういうことだ」

しかも、それだけではありません。

俺:「この看板を見て欲しい」

塩原渓谷看板_その1
【塩原渓谷看板】

子:「存外、滝が多いねえ」
娘:「コレ、竜化の滝って、前に行ったとこじゃん!」
子:「そうだねえ」
俺:「で、これらの滝が、全部、水量不足でショボかったら、どう?」
子:「……すげえイヤだ」
俺:「だろ?」
娘:「それは確かに、雨季とかに行くべき」

滝を廻る渓谷道も、結構、険しかったりして、
そうそう何度も行きたくなる感じではありませんでした。

俺:「だからさ、入口の回顧の滝だけ見て、帰ってきたワケ」
子:「ま、そう遠くないし、またリベンジすればいいんじゃね?」
娘:「いいね!その時は、あたしも連れてってよね」




人気ブログランキング
それは、今後の宿題ってことで…
↑こちらをクリック!
-- 続きを読む --
tb: 0 |  cm: 0
go page top

は?

俺:「名前が良い感じだろう?」
娘:「そうだね。お父さんが、お母さんを大好きってのは分かってるから」
俺:「いや、そういう話をしてんじゃねえよ」

乙女の滝@那須_その1
乙女の滝(落差10m)・全景】(栃木県那須塩原市板室『沢名川』

那須の観光名所の一つである乙女の滝
観光対策だろうな、とは思いつつも、
その名前に魅かれて、ちょこっと観瀑して来ました。

俺:「こう、落水する水の帯が、乙女の髪を思わせるからじゃないか?」
子:「でも、乙女にしては髪が薄いねえ」
娘:「分かる。歳を取ると、女子でもハゲるらしいし」
子:「マジ?」
娘:「うん。薬局行くと、女性用の養毛シャンプーとかあるよ」
子:「まじか~」

いや、お前ら、何の話をしてんだよ。

娘:「でも、おばあちゃんを乙女って呼ばないよね」
子:「場合によっては、強烈なイヤミになるな」
娘:「そう。すっごい失礼」
子:「では、この滝の真名は『姥ヶ滝』ってことで、どう?」

それ、石川県の百選滝だろ。

娘:「いいね。白い水を白髪に見立てるんだ」
子:「コンセプトは白髪三千丈!
娘:「でも、ホントは10mなんだけど~」

だから、高齢者の話から離れろや!

乙女の滝@那須_その2
【乙女の滝・滝壺アップ】

俺:「だいたい滝の水量が少ないのは、そういう季節だからだろ」
娘:「だって『乙女』とか、結局、お父さんのノロケ話になるじゃん?」
俺:「は?」
子:「やってらんねーよな」

いや、ちょっと待てよ!

娘:「リア充自慢もいいけど、外でやってよね」
俺:「いやいや、だから、俺は滝について語りたいんだが?」
子:「で、結論はノロケ話になる」
俺:「あ、いや……」
娘:「あ~あ。あたし、彼氏作ろうかなあ」
子:「やめとけ。これ以上、不幸な犠牲者を生み出す必要は無い」
娘:「は?」


……。





人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示