FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

体験派

俺:「そういうワケで、本瀑下流の渓流瀑群も、写真を撮ってきたぞ」
子:「ほほう」
妻:「これは楽しみ」
娘:「ここは超・どアップで!」

ジャーン!!

笹の滝_渓流2
笹の滝・本瀑下流の渓流瀑群その1】(奈良県十津川村内原 『滝川』

妻:「……普通の渓流?」
子:「キレイな滑状ではあるねえ」
娘:「でも、この黒い斑点が汚く感じない?」
子&妻:「「う~ん」」

どうでしょう。
撮影時刻が夕方だったというのも、大きく影響してると思いますけど。

子:「ナルホド。全体的に陰ってるワケだ」
妻:「さらに、黒い部分が全体の印象を暗くしてるのね」

笹の滝_渓流1
笹の滝・本瀑下流の渓流瀑群その2】

娘:「水はキレイなエメラルド・グリーン!」
子:「紀伊半島て、こういう感じ、多いねえ」

そう言えば、不動七重滝がそうでしたっけ。

娘:「あと、清納の滝もね」
妻:「これ、大峰ブルーって言うんだっけ?」
子:「いや、むしろ紀伊ブルー?」

わたくしとしては、栃木とも長野とも違う、
奈良ブルーって感じですが。

娘:「うん。それは何か勘違いしてるだけだと思う」

笹の滝_渓流3
笹の滝・本瀑下流の渓流瀑群その3】

妻:「微妙な……」
子:「だな。少なくとも、映像からは、その素晴らしさが伝わってこないねえ」

ま、人・人・人で大人気でしたから、
その場に行って、実際に触れてみないとダメな滝なのでしょう。

娘:「笹の滝って体験派なんだ」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

スピード感

俺:「むう。どうするか……」

滝は一期一会。
この機会を逃せば、今度、いつ訪瀑できるのか見当もつきません。
しかし、天気予報を見れば、午後から辺り一帯は雷雨の予報。

俺:「雷雨は嫌だしなあ……」

以前、阿多野郷川東谷大滝で、嫌と言うほど体験した雷雨の怖さ。
あの再現だけは避けたいのです。

俺:「仕方ない。午前中の晴れ間に賭けてみるか!」

逡巡すること1時間。
結局、わたくし、
荷物を極限まで切り詰めて、晴れ間のスピード勝負に出ることにしたのでした。

中の滝_その1
中の滝(落差250m)上部遠望】(奈良県上北山村小橡 『東ノ川渓谷』

子:「うおっしゃあ、来た来た、中の滝だ!」
妻:「う~ん。これ、上半分しか写ってないわよ?」

そりゃまあ、スピード勝負でしたから、
いつものような、ベスト・ポジションを探してとか、ベスト・タイミングを待ってとか、そんなのは一切端折りました。
仕方がありません。

俺:「中の滝が見えたら、即行で三脚を立てて、撮影を開始したからな」
子:「やっぱ中の滝はスゲえな!」
娘:「なんか、もったいなくない?」
妻:「百選滝のクライマックスの一つなんだし、もうちょっと何とかならなかったの?」
俺:「そうやなあ……」

一応、下部も撮影を試みはしましたよ。

娘:「どれ?」
俺:「ホレ!」

中の滝_その2
【中の滝・下部遠望】

娘:「なんだ、木が邪魔してるじゃん」
子:「それでも、やっぱり凄いぞ!」
妻:「しかも、録音の質が悪いわ」

そりゃまあ、スピード勝負でしたから。

俺:「いつものバイノーラル録音だって、パスしたに決まってるだろう」
娘:「やっぱり、メッチャもったいない」
子:「いんや。そんこと、どうでもいいね!」
娘:「は? どうでもよくないことなんて、ないでしょ!」
子:「まずは、この日本離れしたスケール感を感じ取ろうゼ!」


間。


妻:「あなただけ、異様にテンションが高いわね」
娘:「あんたのお気に入りの滝だったっけ?」
子:「フ……」

わざとらしく前髪を掻き上げる次男君。

子:「オヤジ。この哀れな迷い人たちに、全体が分かる映像を見せてやって」
俺:「了解です」

中の滝&西の滝_その1
【中の滝(右)と西の滝(左)】

妻:「……」
娘:「ビミョ~」


間。


子:「なんか、スピード感溢れる写真だ……」






人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

奈良っぽい

関西の名瀑「笹の滝」に向かう途中、
幾つか滝を観て行くことにしました。

俺:「ま、車窓から、目立った滝だけに限定して」

計画がアバウトなのは、スケジュールがキツキツな為で、仕方がありません。

大泰の滝_その1
大泰の滝(落差15m)・全景】(奈良県十津川村大字小川 『芦廼瀬川』

俺:「で、これが大泰の滝ってヤツだ」
娘:「ふ~ん」
子:「あんまり大したことないな」

いつもの写真集は、滝の最下段と、滝壺部分をアップした写真が載っています。

妻:「あれかしら。滝壺のエメラルド・グリーンがポイントとか?」
子:「そうだろうねえ」
娘:「これ、奈良っぽい色してるよね」


間。


子:「奈良っぽい…」
俺:「え~と」

それって、何を基準に「奈良っぽく」なるのでしょうか。

娘:「それはフィーリング。この独特のグリーンが、こうビビッと!」
俺:「……」
子:「お前も大概やな」

大泰の滝_その2
【大泰の滝・最上段】

俺:「それと、本流に掛かっているというのもポイントだろう」
子:「ああ、ナルホド」
妻:「水量が多いと、きっと怒涛の轟瀑になるわね」

ただ、今回の映像は、通常時の水量だと思われます。

娘:「なんでそう言い切れるの?」
俺:「見ろ。ちょうど水流と同じくらいの幅で、岩が彫り込まれているだろう」
娘:「…ホントだ」
子:「むしろ、若干少ないくらいかも知れんね」

大泰の滝_その3
【大泰の滝・下部】

大泰の滝を観瀑するには、国道425号線沿いの観瀑台を見つけたら、
そこから少し離れた、道幅の広がっているスペースに、
半ば路駐のような感じで駐車します。

俺:「存外、谷が険しくてね、車を止められる場所が限られているんだよ」
娘:「あまり人が通らない道なの?」
俺:「まあな」

でなければ、この「観瀑台だけつくって、ハイ、どうぞ」みたいな形にはならないと思われます。

子:「その言い方は無いんじゃね? だって十津川村は『滝は観光資源』って考えてると思うよ?」
妻:「でなければ、観瀑台すら無いわよ、きっと」
子:「それそれ!」
俺:「フム…」
娘:「ナルホド!」

確かに、そういう見方もありますな。

娘:「ねね、それって、やっぱり奈良っぽい




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示