FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

典型的な

兄:「で、この滝は何?」
子:「よくある千葉滝」
俺:「いやいやいや、そんな十把一絡げするなや」

これは、坊滝に到る途上にある増間七滝のひとつ。

俺:「その名も、千葉の名瀑『前蔵引の滝』である」

前蔵引の滝_その1
前蔵引の滝(落差9m)・全景】 (千葉県南房総市増間 『増間川』

俺:「なんと言っても、坊滝より水量が多かったぜ」
娘:「そう~?」
俺:「いや、多いだろ」
娘:「そうかな~」
子:「よし。汝の意見を開陳せよ」

紅茶をテーブルに置くと、
テレビに向かって前のめりになる娘。

娘:「ホラ、前蔵引の滝は落差が10mに満たないから、坊滝より水量が多く見えるだけで…」
みんな:「「フムフム」」
娘:「落差を坊滝並みの30mに引き伸ばしたら、同じようにショボくなるよ」
兄:「それ!」
子:「だよな!」
妻:「説得力あるじゃない」

お嬢さんの意見に拍手喝采な家族たち。

娘:「落差の規模が違うだけで、水量は一緒じゃん」

う~む……。

前蔵引の滝_その2
【前蔵引の滝・滝壺】

子:「じゃ、結論をどぞ!」
兄:「所詮は、典型的な千葉滝ということで」
娘:「異議なし!」
妻:「異議なし!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
-- 続きを読む --
tb: 0 |  cm: 0
go page top

貧瀑

千葉県で最も落差があるとされる「増間坊滝」

俺:「一般に、房州最大の滝と云われてる」
娘:「ぼうしゅう?」
俺:「安房国(あわのくに)の略称だな」
娘:「あわのくに?」

「阿波の国」じゃないぞ。
それだと、徳島県になってしまう。

俺:「房総半島の先っちょエリアをそう呼ぶんだ」
娘:「ふうん」
子:「要は、千葉県でいいんだろ?」

そうです、ハイ。

増間坊滝_その1
増間坊滝(落差25m)・全景】 (千葉県南房総市増間 『増間川』

「増間七滝」は、いわゆる千葉の名勝で、沢山不動滝のご近所にあります。
坊滝「七滝」の中の主瀑布ですね。

俺:「だけど、沢山不動滝と同様、かなり減水してた」
妻:「ご近所同士、仕方ないわ」

千葉のよくある滝ではない例外滝メイン候補だったのですが……。

娘:「やっぱり、水がないとダメみたいだね~」
子:「これ、集水域が狭い上に、源流部にある滝だから、余計に水が減りやすいだろう」

地図を開きながら呻く次男君。

娘:「しかも、写真のコントラストがキツイ」
妻:「そうねえ」

しかしそれは……う~む。

ピーカンな上に、水が少なくて写真に写り難いため、
わたくしの撮影技術では、
どうしてもこんな感じになってしまうのです。

増間坊滝_その2
【増間坊滝・上部アップ】

妻:「曇天の方が、キレイな写真が撮れるんじゃないの?」
俺:「それはあるな」

確かに、曇りの方が色が飛びにくく、繊細な感じの色彩で写ります。

娘:「え~? 滝はやっぱり青空がバックになきゃ!」
俺:「そうなんだよな」

しかしながら。
やはり、滝と青空ほど似合うものはないでしょう。

増間坊滝_その3
【増間坊滝・看板】

子:「う~む」
兄:「これぞまさに貧瀑


……。





人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示