FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

見よ!

不動七重滝までの道中、
二つほど、道路沿いで車からも見える、支流に掛かる顕著な滝があります。

無名滝@前鬼_その1
大鷲谷の滝(落差12m)・遠望】(奈良県吉野郡下北山村前鬼 『大鷲谷』

俺:「この滝な、直瀑で美しい滝姿をしてるんだが…」
娘:「うん」
俺:「谷が険しくて、結局、橋から樹木越しに眺めるしかなかったんだ」
娘:「う~ん」

橋の袂から踏み跡が伸びていましたが、すぐに傾斜が急になり、
どう考えてもロープを使わなければ、滝下へ到着するのは難しいと思われます。

子:「ロープ、持って行かなかったんか?」

一応、50mロープを持参してはいました。

俺:「実は、大鷲谷の滝の下流に、小鷲谷の滝ってのがあってだな…」
子:「おう」
俺:「こっちの方が、落差があったんだ」

当日のスケジュール上、
両方の滝を、滝壺までアタックする時間はありませんでした。

俺:「さすれば結論は一つ」
妻:「あ~」
兄:「皆まで言わなくていいし」
子:「そりゃま、高い方に行くよね」
娘:「そゆことね」

無名滝@前鬼_その2
小鷲谷の滝(落差25m)・全景】(奈良県吉野郡下北山村前鬼 『小鷲谷』

こちらの小鷲谷の滝も、同じ様に橋の袂から踏み跡が続いていて、
私でもロープ無しでアプローチできます。

兄:「水量ねーじゃん」
俺:「ちょっと晴天が続いてたからな」

しかし!
ここからが、前鬼川水系に掛かる滝の違うところ!

娘:「それはなに?」
俺:「普通なら、こんだけ水量が少なくなると、水質が落ちるだろ」
子:「ああ。そう言えば、愛知県民の森にそんな滝があったねえ」
妻:「渇水で、水の滴る崖と化してた?」
俺:「そうや」
兄:「ボウフラが湧いてたんだっけ」
俺:「それは違う」

そう!
この、渇水期とは思えない透き通った滝壺の水を!

俺:「見よ!」

無名滝@前鬼_その3
【小鷲谷の滝・滝壺】

娘:「ホントだ!」
兄:「いや、いくらなんでも、コレ、水量無さ過ぎじゃね?」
子:「それでも澄んでるところが凄いわ!」

映像でも滝壺が澄んでいる様子が分かりますが、
実際は、もっともっと澄みきっていて、驚愕に値するレベル。

妻:「流石の滝王国。凄みが違う」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

魅力だらけ!

ブォー、バタン!(車が停まって、ドアを開閉する音)

客男:「ウォー、スゲーな!」
客女:「いいじゃないの!」

俺:(…ゆっくり動画も撮影できやしねえ)

平日の午前中にもかかわらず、次々とやってくる訪瀑客たち。

ブォー、バタン!

客爺:「おお、これは!」
客婆:「やっぱり凄いわねえ!」

俺:(あああああ!)

不動七重の滝_その1
不動七重滝(落差100m)遠望】(奈良県下北山村上池原 『前鬼川』

奈良県の大峰山系最大の名瀑とされる不動七重滝
人気の滝と聞いていたので、できるだけ朝早く着くように狙って行ったのです。

俺:「しかし! 地元民は、もっと上を行っていた!」

中には、遊歩道の入り口から「既に、滝を堪能してきました」みたいな、
沢装備の戻り遡行者まで!

子:「まるで華厳の滝みたいな人気ぶりだねえ」
娘:「つまり、全国規模の名瀑って?」
俺:「いやいや。むしろコアで熱烈なファンが、近隣からいっぱい来てたわ」

華厳の滝ほどの全国知名度は無いけれど、
地元の関西圏では超人気って感じでしょうか。

妻:「何がそんなに人を惹き付けるんだと思う?」

つまり、不動七重滝の魅力とは?ってコトですな!

不動七重の滝_その2
【不動七重滝・上部アップ】

子:「総落差100mの巨大瀑布であること!」
妻&俺:「うんうん」
娘:「透明なエメラルドグリーンの滝壺!
妻:「そうね」

いわゆる前鬼ブルーってヤツですな!

子:「あと、滝を取り囲む、そそりたつ岸壁とか」
俺:「せやなあ」

地図によれば、滝の左手側(右岸側)に見える岩峰は、標高632m。
対して、映像で見えるている一番上の滝の落口は、標高454m。

その差は、なんと178m!

俺:「200m近い垂直な岩壁とか、やっぱり迫力あるわ」
娘:「日本の景色じゃないみたい!
妻:「それ、凄く言えてる!」

そう!
本当に、スケールが色々と日本離れしているのです。

不動七重の滝_その3
【不動七重滝・下部アップ】

子:「奈良県ってさ、新潟県と並んで巨大瀑布が多いんだ」
娘:「そうなんだ」
妻:「双門の滝といい、険しい谷が多そう」

確かに、いつもの写真集を見ても、
奈良県の頁だけは、なんか妙に迫力があります。

娘:「雨が多いから、浸食が激しいんじゃない?」
俺:「それもあるだろうな」
子:「う~む。そうやって考えると不動七重滝って魅力だらけなんじゃね?」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示