FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

初めてのログ

子:「お父さん、ちょっといいですか」

ある日のこと。
次男君が随分と真剣な面持ちで、わたくしに頼みごとをしてきました。

俺:「どうした?」
子:「あのですね、ブログのことなんだけど……」
俺:「ブログ?」
子:「滝とか行ったときのログを公開できないですか?」
俺:「お?」

次男君が言うには、余所様のブログを開くと、滝までの行き方や、その足跡の詳細な履歴が載っているのに、我が家のブログにはそれが無いので、寂しいらしいのです。

俺:「お前ら、どう思う?」
娘:「我が家のワイワイ感が伝わればいいんじゃないの?」
妻:「でも、最近は、滝に行ってるの、お父さんばっかりよ」
娘:「…確かに」
妻:「あれね、ログくらいは載せてもいいんじゃないかしら」

ふむ。

ボンクラ沢不動滝_その1
ボンクラ沢不動滝(落差60m)概観】(愛知県豊根村富山『ボンクラ沢』

ボンクラ沢には、水神滝の下流に、不動滝がかかっています。

俺:「水神滝は落差65m。不動滝も60mもあるんだ」
妻:「連瀑なの?」
俺:「そうじゃない。けど、高瀑が密集しているのは間違いないね」
娘:「一気に130m近く水が駆け下りるって、凄いね」
俺:「そしてこれが、不動滝訪瀑時のログだ」

ボンクラ沢不動滝・GPSログ
【ボンクラ沢不動滝・訪瀑ログ】

娘&妻:「「おお」」
娘:「これがログ!」
子:「ログは分かるんだけど、こっちの赤い太線は何?」

ログによると、訪瀑時のわたくしは、斜面を横にトラバースしたことになっているのですが、
実際は、尾根上を移動していました。

娘:「つまり、太線が実際に歩いたルートってこと?」
俺:「あくまでもイメージだけどね」
子:「なるほど」
妻:「結構、ログが荒れてるわね」
俺:「まあ、谷底ほどGPS電波を拾い難くなるからな」
子:「で、お父さん、この赤点は何?」

赤い太線上にある丸点のことですね。

俺:「スズメバチの巣だ」
みんな:「「は?」」
俺:「恐らくは、モンスズメバチかクロスズメバチ」
みんな:「「……」」
俺:「倒木の洞に巣を作ってたわ」


間。


妻:「よく刺されなかったわね」
俺:「働きバチが警告に来たからな」
みんな:「「ああ…」」

ボンクラ沢不動滝_その2
【ボンクラ沢不動滝・下部】

俺:「何より、愛知県下で一番キレイな滝だった!」
娘:「ええ~? 阿寺の七滝の方が美しいよ」
妻:「そもそも、一番とか断言できるほど、愛知県の滝、行ってないでしょ」
子:「それはそうだねえ」
娘:「ホントだ……。5つ?」


……。


子:「今後の目標が決まったな」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ドカーン

俺:「ここも、ひょっとしてひょっとするのか…?」

滝までの道中、
路肩崩壊などで交通規制がかかっていたので、
ネガティブな予感はしていたのです。

俺:「うああやっぱり……」

しかし、実際に目の当たりにすると、
その落胆感は半端ありませんでした。

福養の滝_その1
福養の滝(落差130m)・概観】(静岡県静岡市葵区大間 『藁科滝ノ沢』

子:「ここも倒木……」

そうなのです。
滝の手前に、上流から流されてきたと思われる流木の山がドカーン

娘:「滝に近づいて、接写すればよかったのに」
俺:「その前に、倒木の塊に撮影の情熱を吸い取られたわ」
子:「まさかのエナジー・ドレイン」
兄:「まるで魔物じゃね?」

車道が通行止めだったので、
通行止めゲート手前の草地に車を乗り入れ、
そこから徒歩で車道を歩いてゆくと、ようやく見えてくる観瀑道の入り口。
そこから荒れ気味の道を下ること、約20分。

俺:「ホントは10分で着くらしいんだがな」
娘:「苦労に見合わないね」
俺:「分かってくれるか!」
妻:「もったいない。緑がキレイなだけに」

その新緑の樹木も
枝が折れたり曲がったりで、
覆いかぶさるように滝の景観を邪魔していました。

子:「静岡県筆頭の高瀑なんだけどねえ」

福養の滝_その2
【福養の滝・中段部アップ】

妻:「滝そのものは、いい感じじゃない」
兄:「う~ん、惜しい」
娘:「この中段部の水流なんかステキなのに」
子:「磨きぬかれた岩肌が、滝の貫禄を感じさる」

まあ、もともとが観光滝ですし。

子:「これは、いつものあれだ」
娘:「何?」
子:「滝は一期一会!




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ダメージ

俺:「去年て、なんか大雨災害とかあったんだっけ?」
子:「なんで?」
俺:「いやもう、滝前が倒木だらけでさ……」
娘:「局地的大雨警報!」
俺:「あ~……」

うん、
警報とか、そういう話ではないんだよ。

機織淵_その1
機織淵(落差30m)・全景】(静岡県浜松市天竜区佐久間町 『機織沢』

そう、この機織淵
尋常じゃない倒木の数で、滝前がすっかり荒れ果てていたのです。

娘:「うわ~残念」
俺:「草ボウボウで、踏み跡も無かった」
子:「観瀑に来る人が、ほぼいないということだな」
俺:「案内板もヨレヨレだったわ」
兄:「しかも、この手前のシダがよ」
俺:「そうなのよ」

撮影のために、わざわざ草を除けて整地までしたのに
このありさま。

娘:「ホント鬱蒼としてる」
兄:「蚊のたぐいが涌いてきそうや」
俺:「おう、小さな羽虫がいっぱいいたぜ」
娘:「ゲロゲロ~」

機織淵_その2
【機織淵・上部アップ】

俺:「一番ダメージを感じたのが、滝の上部だ」

倒木によって、機織淵のハイライトが隠れてしまって、
滝の景観に、まさに大きなダメージを与えていました。

娘:「もったいな~」
妻:「ほんとね~」

滝姿が端整なだけに、
残念がる娘と妻。

子:「これさ、間滝のケースと似てね?」
娘:「間滝?」
子:「そう。岩盤の上に表土が乗っかっているだけなので、大量の雨が降ると、表層土砂が樹林ごと一気に崩れ落ちるヤツ」


間。


娘:「あ~なるほど」
妻:「そうかも」
兄:「しかし原因が判明したところで、倒木は無くなりましぇ~ん」

機織淵_その3
【機織淵・滝壺アップ】

俺:「フ。時が経てば、いずれ復活するだろう」
子:「……」
兄:「……」
娘:「先が長すぎ!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示