04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

入口だけ

俺:「どうも、行く季節を間違えたらしいんだ」

わたくし、乙女の滝を観瀑後、
以前に見損ねていた塩原渓谷の滝たちを訪問することにしたのでした。

回顧の滝_その1
回顧の滝(落差40m)・全景】(栃木県那須塩原市 『塩原渓谷』

娘:「そう?」
子:「きれいな直瀑だと思うけど?」

滝だけアップすると、そう見えるんですけどね。

俺:「だけど、滝壺の辺りを注目して欲しい」
娘:「フム。滝壺なんかないけど?」
俺:「そこが問題なんだ」
子:「あっ、そうじゃん、そうだったわ!」
娘:「なにが?」

ここで、回顧の滝を、遠景で撮影した画像を見せるわたくし。

回顧の滝_その2
【回顧の滝と塩原ダム湖】

子:「いつもの滝図鑑だと、ダム湖に直接落ちてるんだよ、この滝」

そうなのです。
塩原ダム湖の水量が、かなり減っていたのです。

娘:「干上がってるね。ということは……」
子:「梅雨時とか、滝も、もっと立派な可能性が高いな」
俺:「そういうことだ」

しかも、それだけではありません。

俺:「この看板を見て欲しい」

塩原渓谷看板_その1
【塩原渓谷看板】

子:「存外、滝が多いねえ」
娘:「コレ、竜化の滝って、前に行ったとこじゃん!」
子:「そうだねえ」
俺:「で、これらの滝が、全部、水量不足でショボかったら、どう?」
子:「……すげえイヤだ」
俺:「だろ?」
娘:「それは確かに、雨季とかに行くべき」

滝を廻る渓谷道も、結構、険しかったりして、
そうそう何度も行きたくなる感じではありませんでした。

俺:「だからさ、入口の回顧の滝だけ見て、帰ってきたワケ」
子:「ま、そう遠くないし、またリベンジすればいいんじゃね?」
娘:「いいね!その時は、あたしも連れてってよね」




人気ブログランキング
それは、今後の宿題ってことで…
↑こちらをクリック!
-- 続きを読む --
tb: 0 |  cm: 0
go page top

は?

俺:「名前が良い感じだろう?」
娘:「そうだね。お父さんが、お母さんを大好きってのは分かってるから」
俺:「いや、そういう話をしてんじゃねえよ」

乙女の滝@那須_その1
乙女の滝(落差10m)・全景】(栃木県那須塩原市板室『沢名川』

那須の観光名所の一つである乙女の滝
観光対策だろうな、とは思いつつも、
その名前に魅かれて、ちょこっと観瀑して来ました。

俺:「こう、落水する水の帯が、乙女の髪を思わせるからじゃないか?」
子:「でも、乙女にしては髪が薄いねえ」
娘:「分かる。歳を取ると、女子でもハゲるらしいし」
子:「マジ?」
娘:「うん。薬局行くと、女性用の養毛シャンプーとかあるよ」
子:「まじか~」

いや、お前ら、何の話をしてんだよ。

娘:「でも、おばあちゃんを乙女って呼ばないよね」
子:「場合によっては、強烈なイヤミになるな」
娘:「そう。すっごい失礼」
子:「では、この滝の真名は『姥ヶ滝』ってことで、どう?」

それ、石川県の百選滝だろ。

娘:「いいね。白い水を白髪に見立てるんだ」
子:「コンセプトは白髪三千丈!
娘:「でも、ホントは10mなんだけど~」

だから、高齢者の話から離れろや!

乙女の滝@那須_その2
【乙女の滝・滝壺アップ】

俺:「だいたい滝の水量が少ないのは、そういう季節だからだろ」
娘:「だって『乙女』とか、結局、お父さんのノロケ話になるじゃん?」
俺:「は?」
子:「やってらんねーよな」

いや、ちょっと待てよ!

娘:「リア充自慢もいいけど、外でやってよね」
俺:「いやいや、だから、俺は滝について語りたいんだが?」
子:「で、結論はノロケ話になる」
俺:「あ、いや……」
娘:「あ~あ。あたし、彼氏作ろうかなあ」
子:「やめとけ。これ以上、不幸な犠牲者を生み出す必要は無い」
娘:「は?」


……。





人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

黒部っぽい

富山県と言えば黒部峡谷
黒部峡谷と言えば富山県。

しかしながら、その険しさは言うに及ばす。
黒部峡谷に掛かる滝々は、
我が家にとっては、まさしく秘瀑中の秘瀑と言えましょう。

俺:「そうは言っても、こう、黒部っぽい滝っての、憧れるよな!」
娘:「わかる。ダメって言われると、余計に見たくなるから」
兄:「違うだろ」
子:「ふむ。そんな親父におススメがあるゼ」

みんなに、いつもの写真集を開いて滝を紹介してくれる次男君。

娘:「わ!」
妻:「これ、なんて滝?」
子:「ズバリ、岩室の滝だ!」

岩室の滝_その1
岩室の滝(落差24m)・全景】(富山県立山町虫谷)

と、そんな会話をしてからおよそ三ヶ月後。
ひょんな事からわたくし、岩室の滝を訪問する機会を得ることができました。

俺:「いや~、良い滝やったで!」
妻:「これは深山幽谷を地で行く感じ」
子:「そうだろ」

滝姿は、群馬の線ヶ滝を彷彿とさせます。

俺:「だがな、岩室の滝の方が断然水量が多いんじゃ」
娘:「うん」
俺:「水流の角度も、より直角にズドーン!」
娘:「うん」
俺:「そして、滝壺の深さが半端無い」
兄:「ほう」

岩室の滝_その3
【岩室の滝・滝壺アップ】

兄:「これは見るからに深そうやし」
子:「直径10m、水深5mだゼ」
娘:「激しい浸食だ」
子:それ!そうなんだよ!」

次男君によると、富山らしい…と言うか、黒部らしい滝というのは、

・激しい浸食
・激しい水流
・弱点の無い絶壁
・深い滝壺
・容赦無い冷水

この辺りの条件を満たすイメージらしいのです。

子:「一言でいうと、人間を拒絶してるって感じなんだ」
俺:「ほほう」
兄:「なるほどな。なんか分かるわ」
娘:「あたし、イメージが湧いた」
妻:「確かに黒部っぽいわね」
子:「まあ、岩室の滝って、ホントは黒部とは全然関係ない、富山の平野部にかかってるんだけどね」

そこ!
余計なコトまで言わない!

岩室の滝_その2
【岩室の滝・落口アップ】

俺:「ああ、そう言えば、もう一つ富山らしいポイントがあったわ」

不意に思いついたわたくし。

兄:「まだあんのか」
俺:「訪瀑した人だけが分かるヤツだ」
子:「ほう?」
娘:「なになに?」
妻:「だから何?」

俺:「虻、蚋、蚊が次々とタカってくる」

みんな:「「……」」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

第一の滝

幻の滝。

そう。
那須の御用邸の敷地内にかかっていた、
一般の目にはなかなか触れることのなかった駒止の滝

それが、2011年に今上陛下の御意向を受けて
「那須平成の森」として観瀑台が整備されると、
この名瀑を、誰もがお手軽に観瀑できるようになったのです。

駒止の滝
駒止の滝(落差20m)・全景】(栃木県那須町大島 『余笹川』

子:「おやじ、これ、駒ヶ滝の間違いじゃね?」

実は、次男君の愛読書によると、
「駒ヶ滝」が本名で、「駒止の滝」は別名になっているのです。

俺:「しかし、今や駒止の名こそ、今上陛下の御意向を受けての正式名称やな」
妻:「そういうことなんじゃない?」
娘:「しかもほら、写真集の方は1998年の撮影になってるから」
子:「あり? ホントだ」

恐らく駒止の滝という名は、
「那須平成の森」がオープンしてから周知されたものではないでしょうか。

兄:「要は、那須の御用邸には、敷地内に落差20mの美瀑がかかっていたと」
俺:「そや」
兄:「それを一般に公開したと」
俺:「そや」
兄:「ウ~ム。なんかスケール感が違うわ~」

しきりに感心している長男君。

娘:「ウチじゃ、絶対ムリだよね~」

娘よ。
我が家のいったいどこに滝がかかる要素があるというのだ……。

子:「しかも、ただの美瀑じゃないんだゼ」
兄:「ほう?」
子:「さらなる二つ名は『那須第一の滝』!」


間。


兄:「……それで?」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

謹賀新年


あけましておめでとうございます。

旧年中は、拙ブログにご訪問下さり、まことにありがとうございました。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。


富士山遠望_その1
【富士山遠望(美ヶ原より)


Waterfalls in Japan




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示