10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

全国区

俺:「八重滝群ってさ…」
娘:「うん」
俺:「滝の連なり方が、どことなく轟九十九滝群を彷彿とさせないか?」
娘:「え、あれ? そうだっけ?」

いま一つ、ピンと来ない様子の娘。

子:「だよねえ。一つ一つの滝の規模が全然違うし」
妻:「むしろ、竜吟の滝群の方が、実態に近いんじゃないの?」

え? あれあれ?

娘:「やっぱ、そうだよね」

いやいや、あちら竜吟は地元の観光地にしか過ぎないのに対し、
こちらは日本の滝百選。何と言っても全国区ですから。

俺:「論より証拠! 見よ!」

姥滝_その1
姥滝(落差3m)全景】(島根県雲南市掛合町 『竜頭八重滝自然公園』

俺:「どうや!」
子&娘:「「う~ん」」
俺:「ほら! 轟九十九滝群横見の滝に似てるだろ?」
子&娘:「「う~ん」」
妻:「横見の滝って、落差何メートルだっけ?」
俺:「10mや」
子:「で、こちらは3mですか~。話になりませんゼ」

むう。
わたくしの意見と家族の意見とが、どうしても一致しません。

俺:「おかしいな。なら、こっちの映像を見てくれ」

姥滝_その2
【姥滝・俯瞰】

子:「いやこれ、観光地化するために、カスにも名前を付けたとかじゃ…」
俺:「カスって…お前な」
娘:「竜吟の滝群って、梵天の滝が3mだったよね?」
子:「だな。昇竜の滝も3m。えびす滝三の滝が5m」
娘:「数字でみると、こっちの方がそっくり?」

むむう。なんか言い返せない……。

妻:「1mってのもあったわね」
子:「あんま滝ね」


間。


妻:「つまり、竜吟峡全国区版?
俺:「いやしかし……う~む」
子:「少なくとも、轟九十九滝群と比べるのは失礼だよねえ」
娘:「全国区……




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

それなりに

俺:「そういうワケで、滝尻滝は中々のゴルジュ滝だったんだけどね」
子:「うむ」
俺:「その後が、なんだか小滝が続くんだよ」
妻:「竜吟峡みたいな感じ?」

いや、そうですね。
あそこまで小粒ではありませんね。

俺:「もうちょっとスケールは大きいぞ」
子:「そりゃまあ、百選滝だし、小さかったら問題だろ」
娘:「つまり、その小滝ってのが、どの程度の小滝なのかが問題なワケだ」
妻:「それね」
俺:「まあ、映像を見て欲しい」

紅葉滝_その1
紅葉滝(落差3m)・全景】(島根県雲南市掛合町『竜頭八重滝自然公園』

子:「落差3mってか。これは厳しくね?」
娘:「一応、滝には見えるけど?」
妻:「少なくとも詐欺には当たらないんじゃない?」

いや、詐欺って……。

子:「次の滝はどうなの?」
俺:「こちらの映像をどうぞ」

河鹿滝_その1
河鹿滝(落差3m)全景】(島根県雲南市掛合町『竜頭八重滝自然公園』

子:「はあ?」
娘:「ゲ~」
子:「これ、3mないだろ!」
妻:「でも、2mはあるでしょ」

確かに、落差は3mも無いかもしれません。
でも、豊富な水量を落口に集めて一気に滝壺へと叩き込む様は、
それなりに滝の名に恥じないのではないでしょうか。

娘:「そう言われると、う~ん…」
子:「落差、無いけどな!」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

近づきたい!

俺:「ぐあ。しまった!」

わたくし、観光の滝と聞いていたので、通常の登山靴を履いてきたのですが……

俺:「これは沢登りスタイルで来るべきだったか!」

滝尻滝_その1
滝尻滝(落差8m)・遠景】(島根県雲南市掛合町 『竜頭八重滝自然公園』

わたくし、島根県の百選の滝である「八重滝」に行ってまいりました。

俺:「八重滝って言うけどね…」
子:「フム」
俺:「むしろ『八重滝群』と言った方が、実態に近いと思うんだ」
子:「ほほう」

そして、この「八重滝群」最初のハイライトが、この滝尻滝なのです。

俺:「ミニ・ゴルジュとでも言うべきか…」
娘:「うん」
俺:「その奥に、チョックストーン滝と思われる瀑布が隠れているのだ」
娘:「フムフム」

特に、右岸側壁の水流に磨きこまれた感じが、何とも言えません。

子:「いいねえ」
妻:「水質は良くないのかしら。少し濁って見えるわね」
俺:「ああ。それでも、もっと間近で観瀑してみたいと、つくづく思ったわ」
娘:「それ、わかる」

首辺りまで水に浸かってでも覗いてみたい衝動に駆られます。

子:「もうちょっと拡大して?」
娘:「ラジャー!」

滝尻滝_その2
【滝尻滝・アップ】

子:「あああ、これはもっと滝の真正面に回り込みたい!」
俺:「わかる?」
妻:「このゴルジュって、滝が後退した痕でしょ」
俺:「そうやな」
娘:「なんかゴルジュの奥ほど、水が深そうだよ」
俺:「それなのよ」

そうなのです。
どう考えても、ずぶ濡れ上等のフル装備でないと、奥に行くのが躊躇われます。
そして仮に、フル装備で突っ込むと、ここだけで一日が終わっていまいそう。

俺:「ここだけを沢登りする計画だったら、思い切って突入したんだけどなあ」
妻:「一箇所だけなんて贅沢しちゃダメです」
俺:「ハイ。分かってます」
子:「そういう贅沢、地元民じゃないとムリだろ」
俺:「だよなあ」
娘:「遠方の滝って、こういうところが難しいよね」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

だよな!

娘:「ショボイ」
俺:「まあな」

大泰の滝に引き続き、国土地理院地図に名前が載っている「高滝」の映像を、
家族に公開してみました。

子:「これは表裏の関係だねえ」
娘:「表裏の関係?」
子:「そう」

高滝_その1
高滝(落差64m)・全景】(奈良県十津川村高滝 『芦廼瀬川』

子:「だって、渇水期だから、ショボイじゃんね?」
娘:「それは当たり前」
子:「だからこそ、清納の滝はまさしく宝石だった」
娘:「ああ!」
妻:「なるほどね!」
子:「高滝が立派な時、きっと清納の滝の滝壺は、流れが強くて泳げない」

むう。
確かにそうだ。

子:「お前ならどっちを選ぶ?」
娘:「渇水期! 清納の滝に決まってんじゃん!」
子:「だよな!」

事実、わたくしの見た限り、高滝と比べて清納の滝の方が、滝としての美しさも人気度も、遥かに上のような感じでした。

子:「つまり、渇水期に来て正解だったワケだ」
娘:「つまり、高滝がショボイのは当然!」

高滝_その2
【高滝・落口アップ】

子:「しかしショボイな」
俺:「……」
子:「集水域が狭いんだろうねえ」
娘:「なんかチョロチョロ」
子:「ほんと、清納の滝の素晴らしさが際立っているねえ」
妻:「つくづく清納の滝の名が国土地理院地図に載っていないのが不思議ね」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

珠玉

俺:「清納の滝だとう?」

大泰の滝から高滝へ向かう途中、
比較的新しく建てられたと思われる滝の看板を発見しました。

俺:「ふむ。国土地理院地図には、名前が載ってないのか」

国道からは多少横道に入るようですが、
せっかくですので寄ってみることにしたのです。

清納の滝_その1
清納の滝(落差15m)・全景】(奈良県吉野郡十津川村大野 『大野川』

子:「ほう…」
妻:「滝の規模に比べて、やたら滝壺が広くない?」
娘:「それ!」
子:「これでもかってくらい、エメラルド・グリーン」
娘:「しかも、滝壺の右側が金色に光ってる」

そして、清納の滝の映像に感嘆する我が家。

俺:「当日は、滝壺プールでシュノーケリングしながら、河原でBBQしてる若者達がいたし…」
妻:「へえ」
娘:「なにそれ、いいじゃん!」
俺:「滝壺右岸の岩の上では、可愛らしいカップルがお弁当開いてたわ」
子:「なにそれ、いいな!」

聞けば、普段の清納の滝は、もっと水量があって流れがキツイらしい。

俺:「夏の渇水期こそ、滝壺シュノーケリングのベスト・シーズンなんだって」

しかも、わたくしが三脚を構えて撮影を始めようとしたら、
皆さん、陸に上がって、わたくしに場所を譲ってくれました。

子:「礼儀正しいBBQ」

今まで様々な滝を観てきましたが、
この清納の滝ほど滝壺スイミングにうってつけな滝を、私は知りません。

俺:「しかも、カップル達が来るのもわかる美しさ」
子:「フ~ム」
俺:「まさに、珠玉の滝であろう」
娘:「ホント、宝石みたいだ」

清納の滝_その2
【清納の滝・全体像】

俺:「一言で言うと、地元の人たちに愛されてる滝やな」
妻:「それも、信仰の対象でなく、レジャーの対象ってのが珍しい」
俺:「だろ?」

十津川村が新しい看板を立てて、力を入れているらしいのも納得です。

子:「僕も彼女と行ってみたいねえ」
娘:「いるの?」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示