FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

3滝だけ

俺:「但し! お前ら、先に言っておくけど、横谷渓谷のクライマックスは3滝だけだぞ」
娘:「3滝?」
俺:「そうや」

乙女滝
霧降の滝
王滝
おしどり隠しの滝


娘:「は? 4っつあるけど」
俺:「この霧降の滝ってのが、落差3mしかないんだよ」
娘:「ナルホド」
子:「むう。雑魚滝」

霧降の滝@横谷_その1
霧降の滝(落差3m)全景】(長野県茅野市北山蓼科中央高原『横谷渓谷』

子:「かろうじて、滝と認められないこともない」
娘:「微妙だ」

ちなみに、霧降の滝・上流には、「一枚岩の滝」という、落差6m・全長150mの滝があります。
ところがわたくし、何を勘違いしたのか、下流滑滝を撮影してきてしまったのでした。

無名滝@横谷_その2
【無名滝(落差3m)下部】

娘:「で、滑滝ね」
子:「しかも無名ね」
娘:「更に微妙だ~」




人気ブログランキング
こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

人工滝

娘:「ねね、この滝、名前がステキじゃない?」
俺:「お、どれどれ」

ふ~む。
長野の横谷渓谷にかかる『乙女滝』ですか。

子:「そういや、そんな名前のが、栃木にもあったねえ」
娘:「信州にあるってのが良いんじゃん!」
子:「そう? 栃木も捨てがたいだろ」
俺:「まあ待て。その、なんだ」
娘:「なに?」
俺:「横谷渓谷乙女滝ってのはね」
娘:「うん」
俺:「人工滝なんだよ」


沈黙。


乙女滝@横谷_その1
乙女滝(落差30m)概観】(長野県茅野市北山蓼科中央高原『横谷渓谷』

そんな家族の会話があった翌週、早速、横谷渓谷に向かいます。
駐車場に車をとめると、比較的すぐに乙女滝に到着。

俺:「おお。さっきの道路を横切ってた水路が、そのまま滝になってんのか」

パッと見、そんなに広くない水路なのですが、
推量が豊富なのか、滝になると、落ち口から一気に噴出する感じで、迫力があります。

俺:「それで、これのどこに『乙女』の要素があるんだろう?」

「龍」とか「不動」とか、むしろそんな感じの名前が似合いそうです。
もっとも、人工滝に、神霊を連想させる名前を付けるのは憚られたのかも知れませんが。

俺:「敢えて言えば、この末広がりな感じが、乙女の髪型っぽい?」

乙女滝@横谷_その2
【乙女滝・アップ】

俺:「で、どうや?」

子供たちに写真や動画を見せると、早速、感想を聞いてみました。

娘:「う~ん」
子:「これはどうやら観光対策っぽくね? 『乙女』ってのが」
娘:「所詮は人工滝だったね~」
子:「迫力があるだけに惜しいわ」

ま、だいたいわたくしと同じような感想ですな。

子:「そもそも、横谷渓谷って、もっと他に好い滝があっただろ」
俺:「あるね」
娘:「ふうん」

人差し指を頬にあてる娘。

娘:「じゃあ、そっちに行ってみよ」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

旧年中は、拙ブログにご訪問下さり、まことにありがとうございました。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。


御嶽山・継子岳_その1
【日和田富士(御嶽山・継子岳)2859m】


Waterfalls in Japan




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

滝の恥

俺:「こ、これは!」

美しい直瀑の雄滝と比べて、複合瀑布であるらしい「雌滝」
何と言うか、“見応えの無さ”が際立ちます。

竜頭ヶ滝・雌滝_その1
龍頭ヶ滝・雌滝(落差30m)正面】(島根県雲南市掛合町松笠『滝谷』

雄滝のすぐ下流にある雌滝
正面に立ってはみるものの、最後の一段が見えるだけで、あとは岩や樹木に隠されてしまっています。

俺:「いやあ、見応えが無さ過ぎじゃねえの?」

この雌滝百選滝に含まれているワケですから、このままじゃ納得できません。
どこかもっと全景が見渡せるポイントがないか探します。

俺:「もう一度、落口辺りまで登ってみるか」

せっかく降りてきた山道ですが、
滝の上部を目指して、登り返すことにしたのでした。

竜頭ヶ滝・雌滝_その2
【龍頭ヶ滝・雌滝・落口】

子:「滝の全景を見るのに、なんで落口へ戻ったし?」
娘:「雌滝下流の左岸や右岸の崖上から、とかダメだったの?」

まあ、観光の滝ってことで、カメラと三脚しか持って行きませんでしたし、
辺りは観光客だらけでしたので。

妻:「確かに、シルバー世代の皆様の中に、ただ一人、重装備ヘルメットじゃ、違和感だらけだわ」
俺:「分かってくれる?」
娘:「ちょっと待って。滝の恥はかき捨てじゃなかったの?」
俺:「は? なんだそれは!」
子:「あれだね。滝へ行ったって知り合いもいないし、長く滞在するワケでもないから、恥をかいてもその場限り」
俺:「え」

「一期一会」ってことで考えれば、その通りなのかも知れませんが、
この龍頭ヶ滝では、わたくし、それをする勇気はありませんでした。

俺:「だって考えてもみろよ。観光客だらけってことは、絶対に落石とか起こしちゃダメなんだぜ?」
妻:「リスクが高すぎるわ」
子:「ま、そうか」
娘:「ま、そうだよね」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック
tb: 0 |  cm: 0
go page top

帰路は登り

「龍頭八重滝」と称される、島根県の「百選の滝」

俺:「最近まで、これが『八重滝』『龍頭ヶ滝』の合わせ技で「百選」だったことを知らなかったんだよ」

「龍頭ヶ滝」は、雄滝雌滝の二滝で構成され、
「八重滝」は、八汐滝八塩滝姫滝姥滝河鹿滝紅葉滝滝尻滝猿飛滝の八滝で構成されています。

子:「そう書いてあるじゃん」

いつものバイブルを開いて宣う次男君。

娘:「お父さん読んでないでしょ。明らかに読んでないよね」
俺:「いや~済まない」

だって、遠方の滝って、行くつもりになって調査しないと、あまり記憶に残らないじゃないですか。

娘:「お父さん、滝への愛が薄らいでない?」
俺:「む。そんなことはないぞ」
子:「龍頭八重滝が、親父にとっては雑魚滝だっただけじゃね?」
娘:「ええー?百選だよ?」
俺:「むむむ」

娘の鋭いツッコミに、わたくし、たじたじ。

龍頭・雄滝_その1jpg
【龍頭ヶ滝・雄滝(落差40m)全景】(島根県雲南市掛合町松笠『滝谷』

龍頭ヶ滝はかなりの人気のスポットなので、早朝、誰もいない頃合いを狙って訪瀑してみました。

俺:「しかし世間は甘くなかった。プロっぽいカメラマンが、既に雄滝前を占拠してたわ」
子:「おおう」
妻:「あらら」

カメラマン氏の背後で三脚をセットし、いつでも入れ替われるよう待機すること15分。
遂にわたくしの出番が回って来ました。

娘:「それって、お父さんの威圧に根負けしただけじゃ…」

龍頭・雄滝_その2jpg
【龍頭ヶ滝・雄滝・落口アップ】

しかし、わたくしの撮影時間も15分しかありませんでした。

子:「頑張って早朝に来て、わずか15分って」
俺:「そうなのよ」
娘:「人気の滝って、動画撮影の難所だよね」
俺:「俺が車を駐めたのは、滝の上流にある『滝の上駐車場』って所だったんだけどな」
娘:「うん」
俺:「だだっ広い駐車場に俺の車しかなかったんで、もっと長時間撮影できると思ってたんだ」
妻:「なるほど」

ところが、滝の下流側からやってきたシルバー世代の団体様。
下流側は進入道路が狭い上に、車も15台しか駐められないと聞いていたので、これは想定外。
しかも、一団体ではなくて、次から次へとやって来るではないですか。

妻:「シルバーの皆様には、帰りが登り坂だと辛いんじゃないの?」
娘:「あ~ナルホド」
子:「そりゃ~無理してでも下流側から来るか」

言われてみれば、
あの坂を帰路で登るのは、かなりキツかったっけ。

龍頭・雄滝_その3jpg
【龍頭ヶ滝・雄滝・滝壺アップ】

娘:「なら、あたし達が行くときは、帰りが楽な下流側の駐車場だね」
子:「行く時なんか無いんじゃね?」
妻:「ぜひ、あなたのお小遣いを貯めて行ってね」
娘:「お父さん、登り道、ご苦労さまでした」




人気ブログランキング
↑こちらをクリック!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示